たかがヤマト、されどヤマト

2016年 07月 05日 ( 1 )


2016.7.1-2 OTTO & otto-N メスアカミドリシジミ(1)   2016.7.5 (記)

2016.7.1-2
前夜、雨の仙台に入り、翌朝からゼフィルスを撮りに行く。すべて、「OTTOの蝶々ブログ」のOTTOさんにおんぶに抱っこの撮影です。

2016.7.1
降っていた雨もあがり、朝5時半に起きた時には晴天。まずは、2、3日前に出始めたばかりのアイノミドリシジミのテリ張りポイントに向かう。

ポイント1
7時半ころ到着。OTTOさんの友人のFさんと3人でアイノミドリが出て来るのを待つ。まだ、出始めなので数が少ないらしいが、すぐ樹上でテリを張り始めた。頭の上なので、シルエットにしか撮れないが、戻ってくるたびにシャッターを切る。
a0181059_1543488.jpg

卍飛翔を始めても、下にはまるで降りては来ない。これもシルエット。
a0181059_1544362.jpg

トリミングしないと、300ミリではこんな大きさだった。
a0181059_1545335.jpg
実は、我々3人の他に、ネットが1本。卍を撮っている最中にも、横からネットが伸びてきて採集された。ご老体なので、なかなかネットに入らないのだが、それでも6頭を捕獲。ついに、頭上のアイノはいなくなった。それでも、ご老体が去った後、2頭が卍を始めたが、時すでに遅し。このポイントでは、樹上でのテリ張りに敗れた個体が、林道の脇の日の当たるイタドリの葉の上で開翅するそうな。これを待っていたのに、こう数が少なくては、アブレ個体も出てこない。まあ、雨上がりなので、下には降りて来ないのかもしれないが。

ポイント2
そろそろメスアカミドリシジミのテリ張りの時間ということで、そちらへ移動。着くなり、卍が始まったのだが、300ミリは痛恨の設定ミス。とまった横顔を撮っておく。
a0181059_15213165.jpg

離れた場所でのV字開翅。
a0181059_15263484.jpg

なかなか低いところにはとまってくれなかった。ゼフを撮っていて一番悔しいシーン。
a0181059_15312771.jpg

とまったので開くのをじっと待つ。
a0181059_15313818.jpg

このポイントにはジョウザンミドリもいるとのこと。肝心の肛角部が写っていないけれど、ジョウザン?
a0181059_1743276.jpg

卍飛翔が何回かあった。300ミリで追いかける。
a0181059_15405749.jpg

300ミリだと遠いほどピントは合いやすい。近くに来て、ノートリでほどよい大きさになった時は、ことごとくピンボケ。
a0181059_1541761.jpg

2頭とも表というのは撮れなかった。
a0181059_15411841.jpg

翅の色も上から撮らなければ金緑色には撮れないようだ。
a0181059_15413130.jpg

3人とも望遠で「くるくる」を撮っていたのだが、近すぎて撮れないこともあったので、ちょっとだけ広角で失礼させてもらう。
a0181059_15511043.jpg

レンズは15ミリだと思っていのだが、21ミリだった。2頭入る確率が下がるけれど、レンズの明るさを考えたらこのほうが良かったかもしれない。2コマ目、配置もよくせっかくピンがきたのにスレ個体。
a0181059_1747259.jpg

どちらかというと、望遠よりも、画質は荒れても、背景がぼんやり写る広角のほうが好きである。ISO800、1/4000秒、F3.5。露出はマニュアル。やはり、暗いところに入った時にはこれでも写らなかったが、明るいので、もう少し絞ってもよかったかもしれない。
a0181059_15514370.jpg

向こうも翅が開いてくれたらと思うのだが、こんな時、1秒8コマではちょっと物足りない。
a0181059_15513413.jpg

とまったら静止撮影、卍が始まったら飛翔撮影。カメラの設定がどちらになっているか確認もせず撮り始め、失敗することも多々ある中、やっと少し高いところから撮ることができた。
a0181059_15521110.jpg

もう1枚。
a0181059_15523673.jpg



(ダブルオットーは、まだ続きます)


   

by otto-N | 2016-07-05 20:20 | Comments(2)