たかがヤマト、されどヤマト

2016年 07月 08日 ( 1 )


2016.7.1-2 OTTO & otto-N メスアカミドリシジミ(2)   2016.7.8 (記)

2016.7.1 続き
メスアカミドリシジミのポイントは、別にもあるとのことで、少し標高の高い所に移動した。

ポイント3
ポイントに着くそうそう1頭が奥の薄暗い林間に飛んでいった。とまったあたりを探すと、半分翅を開いていた。後ろからしか撮れなかったが、翅は金色に輝いていた。
a0181059_1513067.jpg

近くにとまったけれど、残念ながらこちらを向かない。翅の開きは水平以上。気持ちよさそう。
a0181059_14582192.jpg

やはり、前からが一番。しかし、高い位置で、ここまで。
a0181059_145920100.jpg

遠くて高い位置では、V字に開くのを待つ。ただし、開きすぎは禁物。
a0181059_14583689.jpg

とまって開くたびに一喜一憂する。4コマ目、やっと近くから横を撮ることができたのだが、葉が光り過ぎた。
a0181059_1458478.jpg

やっと、目より下でこちら向きに開いてくれた。
a0181059_14585863.jpg

チョウが位置を変えた。少しだけ後翅が金色っぽく輝く。風で葉が揺れ、もう少し翅が大きく撮れないかなぁ、そうしたら金色になるのに、と思った時、揺れたのはカメラとチョウの間にあったイタドリの葉。全くチョウが見えなくなってしまう。実は、このイタドリの葉の隙間から撮影していた。風が収まったときには、チョウの姿は消えていた。
a0181059_1459717.jpg

手前は明るく開けているが奥は薄暗い。そんな中で卍が始まる。
a0181059_1501680.jpg

300ミリ、MFでピントを合わせ、一番輝いたと思った時、連写し、またピントを合わせる。この繰り返し。しかし、シャッターが切れたときにはすでに遅い場合がほとんどだった。
a0181059_14595481.jpg

目より下にも降りてくる。そんな時は近づきすぎ。後ろに下がりながら連写する。
a0181059_150658.jpg

1頭はきれいに入った。でも、もう1頭は・・・。
a0181059_1504017.jpg

2頭とも入った。しかし、端すぎた。
a0181059_1502738.jpg

最後に、金色には輝かなかったけれど、これもメスアカの輝き方。(この色も真実。図鑑の真上から撮影した開翅標本の色がインプットされているだけ、と居直る)
a0181059_14593157.jpg
12時もすぎ、飛び去ったメスアカは戻って来なくなった。帰ろうとしたとき、ウラクロが飛んでいるのを見つけ追いかける。遠い所に少しとまり、薄暗い林の中に消え去った。

(まだ、続きます)


   

by otto-N | 2016-07-08 20:20 | Comments(2)