たかがヤマト、されどヤマト

2016年 08月 08日 ( 1 )


2016.8.5 東京・日比谷公園 アオスジアゲハ   2016.8.8 (記)

2016.8.5
10時30分、地下鉄の銀座で下り、銀座4丁目交差点に出て、松屋銀座の隣にあるルイ・ヴィトンまで行き、三越のある交差点まで戻る。花壇は昨年以上にきれいに作られていた。カタバミが少し残されていたけれど、ヤマトシジミは1頭もいない。昨年とどこが違うかと言えば、花壇の花が単一、きれいなだけでどうやら蜜源とはならない花のようだ。新橋寄りも探すが見つからず。帝国ホテルの横を通り、日比谷公園に行く。

日比谷花壇の裏の木立の中でヤマトシジミのメスが産卵場所を探して飛んでいた。この薄暗い雰囲気は自宅付近にはなく、いい雰囲気だったので粘って撮ったが、触角にしかピンがきていないこの1枚しか撮れていなかった。
a0181059_1615872.jpg

その後、園内を歩くがヤマトは飛んでおらず、松葉ボタンの花壇でモンシロチョウが吸蜜していたので、手に届く範囲で飛翔を撮る。花壇の右半分は日が当たっているが、モンシロチョウは日の当たらない左ばかりで蜜を吸い、日向にはほとんど来なかった。松葉ボタンの花は日向では開かないのか、日向部分はすでに花が終わっているのかよくわからなかったが、さんざん撮影した日陰ではチョウの白とびはなかったけれど花の色が出ず、逆に、日向では花の色が出たけれどチョウが白とびするので輝度を抑えざるをえなく、結局、花の色も出なかった。モンシロチョウは難しい。
a0181059_16254560.jpg

アオスジアゲハがさかんに飛び回っていたが、21ミリしか持ってきていなかったので撮影は諦めていた。それでも、少しはゆっくり飛ぶ場所があり、ここから撮ればあのビルが入ると、皮算用をしながら待っていると、紫の花に吸蜜に来ていた。このアオスジアゲハはピンを外したけれど、アゲハチョウもやって来たので、シャッターを切ると、ペニンシュラの全景が入ったものが1枚。
a0181059_16372067.jpg

この後、ここにしばらく張り付いたけれど、全くアゲハは来ず、近くで昼食後(涼みに行ったのが本音。さすが銀座は高い)、再び園内をうろつく。本当は、他の所に電車で移動する計画だったけれど、この日、東京は32℃、暑さでひるんでしまった。1コマ目は上を撮る前のもの。2コマ目、ヤマトシジミはそこそこ飛んでいたけれど、気が狂ったように飛び回るだけ。3コマ目、アオスジアゲハの飛んでいる場所にはヤブカラシがあったが、高い位置ばかりで手が出ず。このヤブカラシは地上に這っていたので、撮ることができた。人が写っていないが、もう少し左はポケモン・ポイントらしく、一時、20人ほど集まっていた。4コマ目、建築中のビルを撮ろうと、長時間カンカン照りのなかを粘ったがツマグロヒョウモンはこれしかピンが来ず。
a0181059_16384877.jpg

アオスジアゲハ、21ミリでの置きピン撮影。(マクロを持ってこなくて良かった)
a0181059_16484667.jpg

a0181059_16482386.jpg
a0181059_16483316.jpg

午後2時40分、暑すぎてこれ以上我慢できず撤収。テニスコートの横でチョウトンボが1頭舞っていたが、撮影はできなかった。後で調べると、どうやら皇居が発生源のようだ。


   


   

by otto-N | 2016-08-08 20:08 | Comments(0)