たかがヤマト、されどヤマト

2016年 09月 18日 ( 1 )


2016.8.31-9.4 北アルプス・雲ノ平(7) 鏡平   2016.9.18 (記)

2016.9.3 続き
三俣蓮華岳の山頂でそうこうしているうち、ふと気がつくと、槍ヶ岳に雲がかかり始めていた。
a0181059_1138314.jpg

まずは双六岳を目指して下山を始める。左手の見える槍ヶ岳を時々摂る。右の穂高岳のほうから雲が漂い、山頂が見えたり隠れたりする。
a0181059_2059429.jpg

尾根筋に登山道はどこまでも続く。
a0181059_11385973.jpg

登りはキツイ。登っては下る。
a0181059_1422746.jpg

右手の黒部五郎岳の向こうは日本海が見えるはずだが・・・。
a0181059_13555418.jpg

平らな所で休み、
a0181059_1259253.jpg

再び、前進。あいかわらず、槍ヶ岳は雲がかっかたり、消えたり。
a0181059_12591397.jpg

逆光なのでシルエットにしか撮れない槍。
a0181059_13565298.jpg

こちらの方が低いはずなのに、低く見える黒部五郎。
a0181059_13571480.jpg

登ったり下ったり、それほど大きくは変わらない風景。丸山を下った付近。この谷はカールらしい。
a0181059_13561093.jpg

このまま双六岳に進もうとしたところ、雲が増えてきたので、中道にショートカット。だらだら楽チンロードを下る。しかし、また登り。槍の穂先だけが顔を出す。
a0181059_13573530.jpg

足元には、ウメバチソウと風車。
a0181059_143681.jpg

登り切り平坦部に出て、後ろを振り返る。
a0181059_154553.jpg

そこからすぐ下り。まだ槍は無事で一安心。
a0181059_14552095.jpg

槍のアップ。しかし、前の山が邪魔(樅沢岳?)。
a0181059_1455432.jpg

双六岳を登る3人。距離は短いとはいえ、急斜のゴロゴロ岩の登山道で大変そう。(下りるのも大変そうなので、パスして良かった。)登山口にからの双六岳。
a0181059_15163790.jpg

やっと、合流点に到着。ここからは槍は見えない。
a0181059_154409.jpg

双六小屋までのハイマツの下りは10分ほど。ほぼ直登。登りはかなりキツイと思う。双六小屋は水洗トイレ。生ビールあり。しかし、この先は長い。
a0181059_15375787.jpg

10時出発。後ろを振り返る。双六小屋の向こうは鷲羽岳?
a0181059_1624735.jpg

右手は緑が美しい。
a0181059_1631486.jpg

目の前にシジミが飛んできた。ウラギンだった。ナナカマドの実が写っていれば面白かったかもしれない。ここは標高2600m。
a0181059_1633110.jpg

本日のハイライト。のはずだった。残念ながら、頂上付近に雲がとれず。10分も待った。(この後、何箇所も槍ヶ岳の根本まで見える場所があったけれど、双六から最初のここが一番ポイントだった。)
a0181059_1012406.jpg

少しずつ尾根道を下り(実際には登りもあるが)、槍ヶ岳の雲を伺うが、雲はますます増えてきた。
a0181059_16381286.jpg

ついには、北鎌尾根も風前の灯。
a0181059_1803779.jpg

弓折乗越まで下がってきたけれど、結局、山頂は姿を見せずとぼとぼと下山する。
a0181059_16383293.jpg

後ろの方は晴れているのに、谷の向こうは雲のカーテンがどんどん下がる。
a0181059_17411251.jpg

12時10分、鏡平に到着し、しばらく休む。小屋の前はこれから登る人でいっぱいだった。そうか、土曜日だ。
a0181059_1941282.jpg

名物の逆さ槍の池。あいかわらず、あいかわらず雲が立ち込めていたが、雲に動きだす気配なので、待ってみることにした。待つこと15分。一瞬、雲に隙間。ほんの一瞬。
a0181059_17415389.jpg

急いで、ズームアップ。
a0181059_17423731.jpg

13時20分、何とか小槍まで見えたので、新穂高まで急ぐことにした。思った以上に斜度があり。途中、何度も休んだ。この時間でも登ってくるバテバテの登山者が多い。ときどき、撮影しながら下りてきたのだが、モニターを見ると何か暗いような気がしていた。もうすぐ、川を渡り平地になるという時、とてもきれいなイチモンジチョウが飛んでいた。敏感だったが、やっととまったので撮れたが、真っ暗。少し、EVを上げてもそれほど変わらない。そして、別個体(1コマ目はアサマイチモンジかもしれない)。広い林道で、スジグロシロチョウ。これも暗い。わさび平で(何かで有名ですね。食草は咲いていました)、他に咲いている花がないからか、珍しくサラシナショウマに吸蜜するヒメキマダラヒカゲ。暗い林道だったので、こんなもんかなと思っていたが、カスタムイメージが、「銀残し」になっていた。銀残しは、コントラストを強くし、彩度を抑え、超アンダーに設定されるようで、ソフトで輝度を上げ明るくするのがやっと。夕方の薄暗い中なので、その雰囲気は出ているが、色はくすんだままだった。
a0181059_22221333.jpg

林道の途中で見上げた銀残しで撮った絶壁。結局、鏡平から下の画像は全部ボツ。
a0181059_20182996.jpg
17時、新穂高の登山口に無事到着。温泉だ!


2016.9.4
この記事を書くために画像をチェックしたところ、げげっ、9月4日も、「銀残し」のままだった。せっかくのミドリヒョウモンの黒っぽいメスはだいなし。この日は、新穂高温泉から平湯経由で新宿まで、高速バス。途中、日曜日とあって中央道は渋滞し、首都高では事故渋滞もあり新宿着16時。渋滞は、談合坂SA付近からの軽い渋滞であったが、中央道の渋滞を高速バスはどう走るか、観察してみた。談合坂では走行車線は通行禁止。これはSAから車が出やすくするため。バスは談合坂での休憩後、上野原まで3車線の一番右をキープ。2車線になったら追い越し車線へ移り、例のゼブラゾーンで一番右に入り、小仏トンネルへ。渋滞が抜けたら走行車線に戻った。談合坂からは走行車線、ゼブラの前には追い越し車線がポイントらしい。と言っても、談合坂で抜いたはずのBMWのスポーツカー(i8と言うらしい)には、小仏を出て数分後に抜かれてしまった。それほど時間は違わないようだ。


   

More 日本最後の秘境・雲ノ平

by otto-N | 2016-09-18 18:20 | Comments(2)