たかがヤマト、されどヤマト

2016年 09月 24日 ( 1 )


2016.9.15 東京・恵比寿ガーデンプレース モンシロチョウ   2016.9.24 (記)

2016.9.15
四季折々、ここ恵比寿ガーデンプレースのシャトーレストラン横の広場には臨時の花壇が作られる。色彩中心の園芸種なのでチョウはあまり来ないけれど、秋には、青紫の花にイチモンジセセリがよく集まる。この日、イチモンジセセリを撮っているとき、1頭のモンシロチョウが迷い込んできた。

晴れていると、シャトーのほうは逆光になるのだが、この日は明るい曇り空。柔らかな色合いのシャトーを背景に撮影する。
a0181059_1121994.jpg

近づき過ぎると飛ばれるけれど、すぐ舞い戻る。21ミリ、ISO1600、1/4000、F3.5。
a0181059_11203537.jpg

背景に緑を入れずにシャトーだけにしたかったのだが、この紫の花だけは入ってしまう。
a0181059_11204630.jpg

シャトーの前は、石畳の広場。真ん中がぼおーっと明るい。
a0181059_11205850.jpg

間接照明を受けたような白い翅と、背景のシャトーの色合いは絶妙だった。
a0181059_11202234.jpg

裏の翅ばかり撮れてしまった。チョウは自分の背中に日の光が当たるように吸蜜している。撮影する場合、順光側に回り込むので、結果として、静止にしろ、飛び立ちにしろ、チョウは後ろ向きになってしまう。翅を開くのは体を温めることが主目的だと思うが、翅を閉じて吸蜜するチョウも日を背中に受けていることが多い気がする。吸蜜中、何かに襲われた時、影がよぎることで難を逃れているのだろうか。翅を閉じて吸蜜するチョウの向きに注意することにしよう。



   

by otto-N | 2016-09-24 16:02 | Comments(5)