たかがヤマト、されどヤマト

2016年 09月 27日 ( 1 )


2016.9.21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.8.27 (記)

2016.8.21
今シーズン、まだ、ヤマトシジミの温暖期のオスを撮っていないことに気づく。気温が低く、曇り。こんな日は、空が少し明るくなるだけで翅を開くので、登山用のレンズ(18-135ミリ)だけを持って散歩に出かける。ほとんどスレているに違いないと思っていたけれど、どうしてどうして、そんなことはなく、新鮮なものが意外と多かった。
a0181059_1334013.jpg

葉陰でゆっくりと翅を閉じたり開いたりしていたので、前に回ったが隙間が狭すぎた。
a0181059_1332521.jpg

晴れていると前縁が光りすぎるが、曇っているとあまり目立たない。晴れているとくすんで灰色がかったブルーに撮れるが、しっとりしたブルーに撮れる。
a0181059_1342970.jpg

もう少し個体差があるかと思ったが、似たような感じばかりだった。
a0181059_1343996.jpg

Sビール本社前。モンシロチョウが2頭、吸蜜に余念がなかった。1頭が奥から手前にでてきたところを撮る。赤いボケは彼岸花。
a0181059_1351758.jpg

時には、南国出身のチョウらしく、どぎつく。
a0181059_15175694.jpg

シャトー前広場。イチモンジセセリに混じって、チャバネセセリ。どうしても、逆光で透けた白斑を撮りたくなってしまう。
a0181059_1352960.jpg

イチモンジセセリ。ボケたオレンジ色はなかなかいい。このレンズのテレ端は使えそう。
a0181059_1354055.jpg





   

by otto-N | 2016-09-27 20:10 | Comments(2)