たかがヤマト、されどヤマト

2016年 10月 05日 ( 1 )


2016.9.29 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2016.10.5 (記)

2016.9.29
少し晴れたので散歩に出る。Sビール前も飽きてしまったけれど、犬も歩かないと棒にも当たらない。

花壇にはほんの少しだけ、小さな花がカスミソウのように咲く、高さが30cmくらいの花があり、ときどきヤマトシジミが吸蜜しているが、この日のヤマトシジミは擦れていたので撮る気もなく、ぼんやり見ていたら、オスのウラナミシジミが飛んで来た。2、3ショット撮っただけいなくなったがメスがすぐやってきた。
a0181059_16145240.jpg

ウラナミシジミ♀の一番のチャームポイントは、尾状突起の根元にある大きな2つの紋。翅の地色がくすんでいるので、白く縁取られた紋はよく目立つ。
a0181059_1615910.jpg

チャームポイントの2番目いうより、こちらの方が一番かもしれない。飛び立つ時に撮れるピンボケ写真で素晴らしく輝く前表翅の青い構造色(?)。一番輝く位置を探すが、輝くのは一瞬。撮り損ねてばかりいた。ピントが合うと輝かないのか?
a0181059_16151829.jpg

もう少し、背丈のある花だといいのだが、膝に痛くなる苦しい体制。飛ばれてしまっては元も子もないので大事に大事に撮り続けた。
a0181059_16153010.jpg

もう少し前から撮りたかったけれど、ここは花壇。これが精一杯だった。
a0181059_16154267.jpg
この白い小さな花の名前は何だろう。「庭のチョウ」の花に推薦したいです。


   

by otto-N | 2016-10-05 16:48 | Comments(2)