たかがヤマト、されどヤマト

2016年 10月 10日 ( 1 )


2016.9.30 栃木県・鬼怒川河川敷(3) ツマグロキチョウ   2016.10.10 (記)

2016.9.30 続き
ミヤマシジミを撮っているとき、傍のツマグロキチョウも撮ろうとするがすぐ飛ばれ、藪の中に逃げ込まれる。叢の表にとまっている姿を撮るが、どれも似たような感じで飽きてしまう。花があっても無表情、キタキチョウのほうが可愛らしい気がする。
a0181059_113350100.jpg

結局、キツネノマゴではこれしか撮れなかった。
a0181059_11353410.jpg

飛翔も狙うが、背景に難あり。
a0181059_11373591.jpg

いつもより距離を詰める。
a0181059_1924925.jpg

この後の追跡写真。草が邪魔でも手を伸ばす。
a0181059_19251563.jpg

いつまでもだらだら撮っているわけにもいかないので、シルビア探しに先に進むが、バッタが飛び交うだけの不毛地帯。河川敷はやはり淋しい。時間だけが過ぎていくので、元の場所に戻り、ツマグロキチョウの飛翔撮りに専念する。
a0181059_19255463.jpg

空には薄い雲が増えてきたので、黄色が飛ばない。むしろ、露光不足。背景に河川敷の道路を入れてもわびしい感じ。2頭が絡んだ5、6コマは残念ながらピンボケ。
a0181059_19261847.jpg

2頭同時にピンは来ない。
a0181059_19273872.jpg

道路を入れるより藪を入れたほうが、黄色が強調され、いい感じだ。それと空。
a0181059_19263961.jpg

片側しか撮れなかったが、尖がった翅先と、黒縁のかすれ具合がツマグロキチョウのいいところか。
a0181059_19291235.jpg

藪の中に入り込み、逆光気味で撮影。黄色がきれいだ。
a0181059_1929347.jpg

翅4枚。ただし、背後は雑然。撮る前にわかっていたのだが、手が動いてしまう。
a0181059_19295637.jpg

種を確かめる前に手が動く。ジャスピンと思ったらキタキチョウ。この鮮やかなキタキチョウのレモンイエローは、色飛びが激しく(翅表面の反射?)、かなりアンダーでないと色が出ない感じ。(よく見たら1コマ目はツマグロキチョウでした) → と、書きましたが、Favoniusさんから、キタキチョウの中間型とのこと。連続写真の次のコマにこの個体の裏翅が写っていました。連絡ありがとうございました。
a0181059_1930167.jpg

やっと、いい位置で撮れた。
a0181059_11554039.jpg

14時過ぎ、最初のシルビアポイントに戻る。シルビアらしきものは2頭、飛んでいた。しかし、とまらなかったし、空が暗くて、あくまでらしきものとしか言えなかった。

   

by otto-N | 2016-10-10 18:16 | Comments(0)