たかがヤマト、されどヤマト

2016年 11月 05日 ( 1 )


2016.10.26 東京・白金の森 ヤマトシジミ   2016.11.5 (記)

2016.10.26
久しぶりに、正確には25日ぶりに、自然教育園に行く。その前に、そろそろヤマトシジミのメスが青くなっている頃なので、近くの小公園に寄ってみた。

10月初めに、草刈りが行われたので、カタバミはかなり淋しい状態ではあるけれど、そこそこのヤマトシジミが飛んでいる。オスは飛び古した個体ばかり。それでも、夏と秋の中間くらいの白っぽいピカピカのオスや、青いメスが現れた。
a0181059_1935634.jpg

メスは晴れているので、きれいなブルーには撮れない。
a0181059_19365553.jpg

自然教育園では、ムラサキシジミやムラサキツバメが出て来るはずだったが、ムラサキツバメを1頭見ただけだった。さわやかな黄色のオオニガナが咲いており、キタテハが来るのを期待するが、ツマグロヒョウモンに占領されっぱなし。キタテハが飛んできたものの、蜜にありつけずに飛び去った。
a0181059_19424635.jpg

シロバナナガワレコモウで吸蜜するキタテハ。翅を開いたけれど、たまには、シブく、真横から。
a0181059_1945471.jpg

シロバナサクラタデがまだ咲いており、アオスジアゲハが飛び回っていた。
a0181059_19464976.jpg

しかし、アオスジアゲハはこの花ではなく、一面に咲いたオオミゾソバが目的。ピンクのボケを入れたいがために、少し遠くに来た時にシャッターを切る。したがって、画像は大きくトリミング。
a0181059_1948268.jpg

最初は9コマではなく、12コマを並べた。でも、1コマが小さすぎるし、1画像500KBの制限があるので、1番下の1列(3コマ)をカット。その中に好きな1枚があったので、独立させた。
a0181059_19544091.jpg

今年は教育園でヤマトシジミをよく見かける。以前は珍種。園内のカタバミを徹底的に退治していたためだと推測している。吸蜜している花はアキノウナギツカミ。また、今年は、ウラナミシジミがやたらと多い。まだ新鮮。
a0181059_19595120.jpg

ヤマトシジミ♂。翅脈が白く、とても美しい。もっと輝くような白さになるはず。
a0181059_2013496.jpg



   

by otto-N | 2016-11-05 20:24 | Comments(0)