たかがヤマト、されどヤマト

2016年 11月 07日 ( 1 )


2016.10.27 東京・白金の森 クロアゲハ   2016.11.7 (記)

2016.10.27
前日、自然教育園の帰り道に、花屋の前でアオスジアゲハがいたので、あわててザックからカメラを出し撮影し、自宅に帰ったら21ミリレンズのキャップがない。いつもは、ポケットかザックに入れるのだが、見つからない。さては、あの時、ザックに入れたつもりで入れなかったのだろうと、新しいのを買うつもりで値段を調べたら、あんなはめ込み式の簡単なものなのに、ちょっと悔しいくらいのお値段。ひょっとしたら、あの場所に落ちているかもしれないと、花屋に寄ってみた。えへへ、親切な人が置いてくれたのか、自分で置いたのか不明ですが(おそらく後者)、レンズキャップは舗道の車止めのポールの上にきちんとありました。その時に撮ったアオスジアゲハ。
a0181059_12393083.jpg

この花屋は、幹線道路にあるけれど人通りはとても少ない。通行人を背景に入れようとしても、全然来なかった。お客さんは、車横づけで買いに来るようだ。それはともかく、レンズキャップを回収した後、自然教育園に行く。紅白のウラギンシジミ。
a0181059_1246132.jpg

予想どおりムラサキ兄弟は出ず、収穫は新鮮なクロアゲハのメス。ほとんど枯れかかったアザミに吸蜜していた。
a0181059_12475038.jpg

これも新鮮なアカボシゴマダラ。逆光で撮ると赤紋が美しい。
a0181059_12484883.jpg

この後、池の中の石の上で吸水。水面に翅が写り込んだ。
a0181059_1250283.jpg



   

by otto-N | 2016-11-07 20:08 | Comments(2)