たかがヤマト、されどヤマト

2016年 11月 10日 ( 1 )


2016.11.4 東京・恵比寿 (1)ヤマトシジミ   2016.11.10 (記)

2016.11.5
今日も近くのヤマトシジミ。最初に現れた青いメス。とても新鮮。青鱗粉部分は微妙な色彩だった。
a0181059_14525989.jpg

黒いメスは風格を感じさせる。
a0181059_14535522.jpg

イソギクに移動し、すぐ開翅。翅を微妙にパタパタさせると微妙に色が変わる。
a0181059_1454207.jpg

イヌタデで吸蜜するメタリックブルー。
a0181059_151265.jpg

しかし、光を反射しなければ、ただの青メス。日陰に入ると、全く感じが変わる。
a0181059_1513770.jpg

4個体目はあまり撮らせてもらえなかった。
a0181059_1591794.jpg

5個体目は大型。オスに絡まれ逃げ去ってもすぐに舞い戻ってきた。
a0181059_15114674.jpg

アベリアにはあまりヤマトは吸蜜に来ない。
a0181059_15113618.jpg

これは大きいと思ったらウラナミシジミ。メスはともかく、オスはこの時期としてはとても新鮮だった。
a0181059_1454981.jpg

夏と秋の中間型のオス。黒い縁取りが厚い。
a0181059_15213332.jpg

真夏だと、灰色がかったブルーだが、かなり白い。
a0181059_15212364.jpg

気温が上がり、とまらぬオス。
a0181059_16272394.jpg

昼食後にまた出動。黒いメス。新鮮だとつい後を追ってしまう。
a0181059_1515415.jpg

少しは青鱗粉が載っているが、中途半端でないのがいい。角度によって虹色が出るが写しとれず。
a0181059_1515317.jpg

この日の問題児。細かな青鱗粉が薄く載り、後ろ翅の斑紋は丸くなく、四角形。縁毛は薄茶色。初めて見た気がする。
a0181059_16162519.jpg

もう少しいい背景で撮りたかった。
a0181059_16163468.jpg

午後2時が過ぎただけなのに、だいぶ日が傾いてきた。自分の影になりアングルを選べない。
a0181059_16215053.jpg



   

by otto-N | 2016-11-10 20:50 | Comments(0)