たかがヤマト、されどヤマト

2016年 11月 25日 ( 1 )


2016.11.18 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.25 (記)

2016.11.18
前日、課題の新鮮なスーパーブルーを撮影できたけれど、あれだけシャッターを切ったのによく見たら、肝心なシーンでは、ピントに納得のいかない画像が多かった。1日で、こんなに青♀が出てきたことはなく、今後はもう2度とないかもしれない。あのポイントでは青♀が今が旬。と、いうわけで連続の出撃。自営業のFavoniusさんも、仕事の都合をつけて来るという。

前日より1時間も早く着いたというのに、ヤマトシジミの数が少ない。晴れているのに気温が低いせいか。土手の叢に入ってみると、夜露で足元が濡れてしまう。都心では夜露がおりることは決してないのに、やはり郊外は夜の気温が低いようだ。Favoniusさんと青♀を探すが、パッとしない。最初の3個体。2コマ目のものは青鱗粉が分散しとても少ないが、よく見るとそれなりにいい感じだった。3コマ目は、少し摺れた黒♀。
a0181059_15355953.jpg

翅脈だけが浮き出て、青鱗がそこそこ載っているが、地味な個体。光の加減かと思うが、背景だけは申し分なかった。
a0181059_15482324.jpg

小さいが青♀。とまってはすぐ翅を拡げたが、毎回、同じようなアングルでしか撮れなかった。
a0181059_19315513.jpg


オスもあまり飛んでおらず、前日が嘘のよう。気温が低いせいか。そんな中でアカツメクサでくるくると回りながら吸蜜しているメスに遭遇。縁毛に小さな欠けがあり、この個体は先ほどと同じようだ。
a0181059_1544820.jpg

光の加減で一瞬、キラッと輝く。
a0181059_15455329.jpg

黒♀。少しだけ青鱗粉を全体に撒き散らしているが、ほとんど真っ黒。ここまで新鮮だと、とてもきれいだ。この時期の黒♀は、夏のように茶色くない。
a0181059_17122290.jpg

ヤマトがあまりにもいないので、離れた場所まで探しにいくが、いいポイントは見つからず、元の場所で探すこととした。新鮮なオスの飛翔を撮ったりしながら、メスを探すが新しい個体は見つからず、帰ろうと思った14時40分。スーパーブルーが現れた。
a0181059_9205161.jpg


もう少し左に寄り、右の翅の縁毛まで撮る。羽化直なのかとても新鮮。普通の青♀よりも、青鱗の粒が小さく、色も薄い。藍ではなく、青。
a0181059_920294.jpg

飛ばれたので慎重に後を追う。飛んでいる時の色はオスに近いが、飛び方はメス。とまったので、開くまで待つ。一度開いたら、次も開くことが多い。逆に、開かない個体は、とまる場所が変わってもなかなか開かない。
a0181059_1601958.jpg

このアングルのほうが可愛らしい。
a0181059_9245489.jpg

また、飛ばれる。しかし、今度はいい位置だった。横顔を撮っておく。もう夕方?光がずいぶん黄色い。
a0181059_15593782.jpg

半開翅。左から右から、何枚撮ったことだろう。数打ちゃピントも合うだろうと思って撮るのだが、そうはいかない。生き残った画像は僅か。このアングル、なぜピントが合わないのだろう?
a0181059_1603096.jpg

翅を開き始めた。寄り過ぎたが下がれなかった。
a0181059_14234121.jpg

右の翅が半透けで、最高の全開翅。
a0181059_9231176.jpg


少し引いて、ちょっとだけ下から撮ったら、4翅縁までピントが合っていたが、逆光の表現が難しい。
a0181059_1758163.jpg

この後は、光が薄く気温が下ってきたせいか、翅を開くことはなかった。それにしても、2日続けてのスーパーブルー、この全開は格別だった。


    

by otto-N | 2016-11-25 15:17 | Comments(0)