たかがヤマト、されどヤマト

2016年 11月 27日 ( 1 )


2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(1)   2016.11.27 (記) 

2016.11.22
課題だったヤマトシジミの青♀のスーパーブルーの日陰での撮影ができ、もう江戸川河川敷に出向くこともなかろうと思っていたけれど、朝、誘いのメールが入り、また出かける。他の場所にはヤマトシジミが少ないことが判ったので、いつもの場所を行ったり来たりし、靑♀を探す。

オスは飛び古びたものばかりになってしまったが、見つかるメスはどれも新鮮だ。個体差が多いので、見つけるたびに後を追う。
a0181059_18345549.jpg

逆さにとまったこの個体。春のツバメシジミを彷彿とさせる。
a0181059_1835555.jpg

靑い面積は広くはないけれど、みんな綺麗だ。
a0181059_1838382.jpg

おそらく、上の3コマ目と同じ個体。青鱗粉を散りばめた翅がきりりと締まった。
a0181059_18351639.jpg

こんな中で、ずいぶん青いというか、オスのような白い個体が飛んできた。ウルトラブルー。スーパーブルーより、青面積が広く、鱗粉の色も靑ではなく空色。まるで夏のオス。昨年、最初見た時はメスとは信じられないかった。
a0181059_18352727.jpg


(ウルトラブルー(2)に続きます)



   

by otto-N | 2016-11-27 20:08 | Comments(2)