たかがヤマト、されどヤマト

2017年 02月 10日 ( 1 )


フライイング・バタフライズ 2016 (13)ミドリシジミ   2017.2.10 (記)

ミドリシジミ
ミドリシジミの夕刻の卍飛翔は、午後4時ころから始まり、宴たけなわになるのは太陽がほとんど森の影に隠れる午後5時半すぎだった。太陽が沈んでもミドリシジミは暗い中を狂ったように続けていた。

2頭がフレームになかなか入らない。それよりも、たまにしかピントが来ない。撮れそうで撮れないはがゆさ。
a0181059_09465783.jpg

日が暮れはじめる林縁。最初は樹上高く卍飛翔を行っているが、徐々に下に降りてくる。しかし、ほとんどが途中で分裂する。
a0181059_09471428.jpg

しかたがなく、1脚と数10cmの長いレリーズを急遽購入し、再再度の出陣。カメラを頭上に掲げ連写した。その効果は抜群と言いたいところだが、そんな甘いものではなかった。
a0181059_09472729.jpg

広い叢に下りてくる。逆光側だと、こんな風にしか写らない。
a0181059_09474471.jpg

撮影する方向は限られる。それにしても、暗すぎ。
a0181059_09473658.jpg

対峙する2頭。
a0181059_09480168.jpg

残念ながら、1頭しか入らず。
a0181059_09475375.jpg

日が落ちる頃、卍する2頭にさらに別のオスが次々と絡み、5頭を越える一団が、もはや卍飛翔の体をなさず、1頭を追いかける形で、残照の中を猛烈なスピードで飛び交っていた。ただただ唖然とするのみ。 


 

by otto-N | 2017-02-10 16:37 | Comments(0)