たかがヤマト、されどヤマト

2017年 03月 02日 ( 1 )


フライイング・バタフライズ 2016 (24)クロコノマチョウ   2017.3.2 (記)

クロコノマチョウ
クロコノマチョウが大発生し、10月中旬、もう遅いかと思ったけれど、まだまだ羽化が続いていた。光と影の交錯する中、一番の出来。
a0181059_17085316.jpg
 

不気味な目、ふわりふわりと飛ぶ姿はまるで怪鳥。とにかく暗いので大苦戦した。
a0181059_17550849.jpg


ゆっくり飛ぶので楽かと思ったけれど、そこは大型のチョウ。1回のはばたきで飛ぶ距離が大きい。ぬめーっとした表翅の質感。ピントが合っていても合っていないような、白と赤がずれた前翅の斑紋。翅をしのらせて飛ぶ怪蝶クロコノマ。
a0181059_17091553.jpg


なかなか表翅4枚を撮らせてくれなかった。
a0181059_10520030.jpg


後ろから追い切れず、横に並走するが、すぐ暗いほうに飛んでいく。すぐにとまるけれど、下は藪。
a0181059_17093515.jpg


食草のジュズダマは食い尽くされ、幼虫は近くの田圃にも移動したらしい。確かにジュズダマはイネ科の植物。何頭かとまっていた。
a0181059_11411522.jpg




by otto-N | 2017-03-02 16:52 | Comments(2)