たかがヤマト、されどヤマト

2017年 07月 20日 ( 1 )


2017.7.10 東京・恵比寿 ナガサキアゲハ   2017.7.20 (記)

2017.7.10
カタバミの花が散ってしまう前にとヤマトシジミを撮りに行く。実は、花が散ることよりも草刈りが入るのことのほうが心配だった。この日もヤマトシジミの数はとても少なかったが、新鮮な♂を確保できた。
a0181059_15575983.jpg


カタバミの花が散り始めている。
a0181059_15580756.jpg


光の加減で翅脈が強く出過ぎた。
a0181059_15593813.jpg



こちらのほうがいい感じだ。
a0181059_16021482.jpg



この日も、周りを掃除し手ぐすね引いて待っているにもかかわらず、一束のカタバミにはあまり来ず、石垣付近を飛び回っていることが多かった。(万歳三唱)
a0181059_16040596.jpg



石垣は目の高さ。撮りやすいことは撮りやすいけれど、光の陰影が強い。日影に入ると真っ黒だし、日向では白とびした。
a0181059_16043630.jpg


ちょうどいい光加減。しかし、背景にカタバミは入らなかった。
a0181059_16042482.jpg


すぐ近くにアベリアの花が咲いており、クロアゲハがやってきた。が、すぐ立ち去る。
a0181059_16254165.jpg


ナガサキアゲハもやって来た。これも一瞬。5回しかシャッターがきれなかった。どうやら花から蜜が出ていないらしい。久々の綺麗な♀。もう少し撮りたかったのに残念だった。(万歳四唱)
a0181059_16102663.jpg




by otto-N | 2017-07-20 16:51 | Comments(0)