たかがヤマト、されどヤマト

2017年 07月 26日 ( 1 )


2017.7.18 東京・恵比寿 モンキアゲハ   2017.7.26 (記)

2017.7.18
晴れた日が続いているのに、まだ関東の梅雨は明けていない。アオスジアゲハとアゲハチョウは撮り飽きたけれど、緑の芝生の上を飛び回るツマグロヒョウモンを撮りたくて、また同じ場所に行く。あいかわらずツマグロヒョウモンは芝生の中ほどを飛び回っているが近くには来ない。しかし、カメラを敵と思うのか、こちらに向かって飛んでくることがあり(雀さえスクランブル発進する)、その時だけが撮影のチャンス。しかし、なかなか当たるものではなく、やっと1枚だけ撮ることができた。
a0181059_08483942.jpg


最初はクロアゲハだと思った。飛び方が妙にゆっくりだったし、ここでは見たことがなかったので気がつくのが遅れた。飛び回ってばかりいてとまる気配がないので、広角で追いかけた。暗い木陰ばかり飛び回るので、黄色い紋がなければどこに写っているかわからないほどだった。
a0181059_08492692.jpg


何度か飛び去り姿を消すが、しばらくすると舞い戻ってくることを繰り返した。そのたびに後を追うが、踏み込めない場所ばかりだった。
a0181059_12374177.jpg


この新しい庭の散策路は木道になっており、お洒落ではあるけれどワイルド感に乏しい。
a0181059_08583330.jpg

頭上に舞い上がった。しかし、当然ながら真っ黒。
a0181059_12393299.jpg

突然、姿を消した。あわてて近くを探したら、セコイアの葉上で翅を拡げていた。最初から休む場所を探して飛び回っていたのかもしれない。黄紋は半分しか見えなかった。
a0181059_12405735.jpg


ツマグロヒョウモンはうまく撮れずに終わり、いつものアゲハチョウとアオスジアゲハを撮る。
a0181059_08515672.jpg

2頭が絡んでいた。どうやら、吸蜜する花の争奪戦らしい。以前、脚で相手に絡みつく空中での争いを見たことがあるが、花を巡る争いも激しい。最後は、後から来たほうが先にいたほうを追い出してしまった。こんな激しい争いは他のチョウでは見たことはなかった。
a0181059_12481690.jpg
a0181059_12482637.jpg
a0181059_12483545.jpg

アオスジアゲハはこの紫色によく映える。
a0181059_20053221.jpg

グリーンを少し入れてみる。
a0181059_12451764.jpg


小刻みに翅を震わせ、花の蜜を吸う。
a0181059_12543014.jpg


もう完全にアオスジ・ムラサキ中毒。
a0181059_20343420.jpg


いつまでも撮っていたいけれど切りがない。このへんで止めることにしよう。
a0181059_12545181.jpg



by otto-N | 2017-07-26 16:59 | Comments(0)