たかがヤマト、されどヤマト

2017年 09月 04日 ( 1 )


2017.8.22 東京・恵比寿 ツマグロヒョウモン   2017.9.4 (記)

2017.8.22
300ミリを持って近所を散歩。本命はヤマトシジミの黒い♀だが、擦れた個体しか見つからなかった。そもそも数が少ないのだが、とまった♂を見るととても新鮮だった。
a0181059_14335061.jpg


まだ気温が低いせいか、それほど活発には飛び回らず近くのカタバミで吸蜜した。もっと沢山咲いている場所があるというに寄りつかなかった。右のコマのほうが少しだけれど花も見え、ヤマトらしいアングルと思う。
a0181059_14352825.jpg


このセセリが出てくるともう夏の終わり。
a0181059_14385166.jpg


赤煉瓦色のサッポロビール本社の庭に移動すると、弱々しく吸蜜するアゲハチョウが2頭。中央の芝生の周りに植えられたこの花の名前がやっとわかった。中南米原産の多年草、バーベナ・ボナリエンシス(Verbena bonariensis)。
a0181059_14395647.jpg


最近はカメラを向けることのなくなったツマグロヒョウモンだが、こうして撮ると♀の前翅の白紋が透けて美しい。動くたびに何ショットも撮ってしまった。
a0181059_21421085.jpg
a0181059_21422793.jpg
a0181059_21423889.jpg



黄色い花に飛び移る。南国出身らしくちょっと毒々しい。
a0181059_14460286.jpg


真横からも一発。
a0181059_14480942.jpg


イチモンジセセリも混じっているが、花壇なので撮影できる位置は限られる。
a0181059_14485706.jpg
a0181059_14501714.jpg



別の花壇のチャバネセセリ。セセリは目より鮮度が一番のようだ。
a0181059_14504189.jpg



by otto-N | 2017-09-04 16:28 | Comments(0)