たかがヤマト、されどヤマト

2017年 09月 19日 ( 1 )


2017.9.1 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.9.19 (記)

2017.9.1
300ミリだけ持ってガーデンプレースのSビールの花壇に行く。今年になって植えられたバーベナ・ボナリエンシスが次々と新しい花に咲きかわる。この花の高さは1mを越える。赤紫のボンボリ状の花だが大写しにしても可愛らしい花だ。(庭チョウの花として推薦します。)一番多いのはツマグロヒョウモン、次にナミアゲハ。アオスジアゲハはたいてい2~3頭が吸蜜している。
a0181059_17533767.jpg

アオスジアゲハを撮るのはとても楽しい。花から離れた瞬間、あるいは次の花にとまる瞬間に連写する。この個体はよく見たら先端に2つの小さな過剰紋があった。
a0181059_17540679.jpg


4枚をあえて横に並べてみた。ただし、4コマ目はピンが来ていない。ブッドレアの背景の芝生のグリーンが美しい。
a0181059_17542774.jpg


徹底的に逆光側に回り込んで撮る。もちろん順光からの真珠色の帯も好きだが、逆光だと傷はほとんど目立たない。
a0181059_17545740.jpg


赤紫と緑と煉瓦色が今年の背景。
a0181059_17562781.jpg


ナミアゲハ、アゲハ、アゲハチョウ、どれが正式の名前かいつも迷う。
a0181059_17581816.jpg


黄色い花も咲いている。
a0181059_17583824.jpg


翅を開き切ったところより、こんなバランスで動いている瞬間がいい。
a0181059_17575187.jpg


どちらへ飛ぶかはわからない。動いた瞬間シャッターを切る。
a0181059_17592757.jpg

クロアゲハも来るけれど、この花にはほとんどとまらない。たまに飛んでくるモンキアゲハには全く無視されている。
a0181059_18003900.jpg


一面の黄色。オミナエシだと思う。ナミアゲハはこの花にも吸蜜するが頻度は少ない。アオスジアゲハはまったく寄りつかない。
a0181059_18010985.jpg


真後ろに回り込む。思い切って黄色を明るくした。
a0181059_18012606.jpg


キアゲハがやって来た。ここではとても珍しい。吸蜜するわけではなく、ただの日向ぼっこ。
a0181059_18015772.jpg


そっと後ろへ回り込んだが気づかれて飛び去ってしまう。が、また、やって来た。今度は吸蜜。
a0181059_19493014.jpg


ナデシコも咲いており、この花への執着はすごかった。ストローを花の奥まで差し込む。
a0181059_19532937.jpg


再び、バーベナに戻ってきた。
a0181059_19542015.jpg


同じような後ろ向き構図にしか撮れなかったが、少しは近かった。山で見るのとは違い、ちょっと嬉しかった。
a0181059_19560096.jpg




by otto-N | 2017-09-19 20:33 | Comments(0)