たかがヤマト、されどヤマト

2017年 11月 02日 ( 1 )


2017.10.27 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2017.11.2 (記)

2017.10.27
晴天2日目。港区にある自然教育園にムラサキツバメを探しに行く。例年、10月中旬がここではシーズンであるが、天気が悪く行く機会がなかった。9時過ぎにポイントに着くが、周りの木立が高くなったなったせいか道路にまだ日が射していない。湿地に行ってみると、ルリシジミ♀が1頭だけ弱々しく飛んでいた。
a0181059_10363239.jpg


そろそろ日が射し始める時間と、ポイントに戻るもののムラサキの類はなかなかやって来ない。9時50分、やっと1頭目が出てきたが、翅を開かず飛び去ってしまう。結局、この日は全部で4頭しか姿を現さなかった。翅を開いたのは10時に現れた2頭目の♂だけ。
a0181059_10444226.jpg

いつ見ても、このブルーは強烈だ。
a0181059_10415172.jpg


ムラサキツバメに至っては1頭だけ。葉陰で吸水しやっと姿を現したがこんな場所。翅を拡げてから飛び去ってしまった。
a0181059_10525926.jpg


このポイントではウラギンシジミが高い樹上でテリ張りなのか複数がいつものように飛び回っており、ときどき下にも降りてくる。近くには小鳥が群れているが、赤い木の実が目的でウラギンは無事なようである。
a0181059_10433381.jpg


♀もその20mほど下で木に絡むように舞っており、ときどきとまっては翅を開いていた。2頭いたが、この付近でよく見ることなので、樹上の♂と関連があるのかもしれない。
a0181059_10420100.jpg


11時すぎ、ムラサキを諦め撤収。湿地に寄るとオオニガナにキタテハがいた。
a0181059_11115872.jpg


ムラサキシジミとキタテハ。苦し紛れにただ撮っただけの感。
a0181059_11132428.jpg


門を出て信号待ちしていたら、ウラギンシジミが植え込みで舞っていた。日光浴が目的のようだが飛んでも飛ばせてもすぐ何度も戻って来る。こういう所でよく見るのは♀ばかりのようだ。
a0181059_19195394.jpg



by otto-N | 2017-11-02 16:27 | Comments(2)