たかがヤマト、されどヤマト

2017年 12月 18日 ( 1 )


2017.12.5 千葉・マテバシイの公園 ムラサキシジミ   2017.12.18 (記)

2017.12.5
晴れて気温は高め。10時、数頭いるはずのムラサキツバメの塒はすでにもぬけの殻で、近くに翅を休めているかと思ったのだが姿はなく、何箇所か探すが高いサザンカで擦れた♀を1頭見ただけだった。最後にサザンカが咲いている少し薄暗いマテバシイの木立の中に行くと、何頭か吸蜜に訪れていた。
a0181059_09243651.jpg


このサザンカも高いので思うようには撮れず、日の当たる葉上で翅を開くムラサキツバメやムラサキシジミを撮る。しかし、きれいな個体は全くいない。
a0181059_09263163.jpg


白い病葉の上のムラサキツバメ。気色悪いと言えば気色が悪いが・・・
a0181059_09281867.jpg


翅の割れたムラサキシジミも。
a0181059_09294569.jpg



ムラサキシジミ♀。どの個体も長い間木漏れ日のスポットを浴びていた。
a0181059_10173905.jpg



昼すぎ、ムラサキシジミは塒に戻り始める。
a0181059_09362102.jpg



最初はAFのまま撮っていたが、途中でMFに切り替える。木漏れ日の中に入った時だけが撮影できる。それ以外は真っ黒になってしまう。
a0181059_10010990.jpg


木漏れ日の中に浮かぶブルーがとても美しい。
a0181059_09405019.jpg



4枚の翅を入れるのは難しいがなんとか写っていた。
a0181059_09491119.jpg




スポットライトに照らされたように、ムラサキシジミが浮かび上がる。
a0181059_09410625.jpg





by otto-N | 2017-12-18 10:16 | Comments(2)