たかがヤマト、されどヤマト

カテゴリ:未分類( 1098 )


8月、北海道・札幌、コヒオドシ (2010.8.18)  2011.3.15

2010.8.18
昨日、幕別から、狩勝峠経由で、親のいる札幌・手稲区に移動した。この日、手稲山(1023m)に登った。実は、この日、小樽近郊の余市岳(1488m)に登る予定で入山地点のキロロスキー場に行ったけれど、登山時間を大幅に短縮できる林道が閉鎖されていたため、登山を断念。天気も良く、このままではしゃくなので、急遽近くの山にハイキングしたわけです。山の頂上付近の緩斜面には、ベニヒカゲがいると踏んでのことです。
手稲山は、冬にはスキーで何度か来ているので、地形的には何となく判る。ロープウェイ前の駐車場から、少しだけ緩やかだけれど、すぐ急斜面(女子大回転コース)の直登。この直登は、冬、カリカリのこぶ斜面となる所で、結構きつかった。直登を過ぎると、待っていたのは、ヒヨドリバナの咲き乱れる緩斜面。コヒオドシ、クジャクチョウ、ヒョウモンが集まっていた。

ヒヨドリバナに吸蜜するコヒオドシ。こんなに見たことはなかった。
a0181059_10302559.jpg

さて、ベニヒカゲはというと、いたにはいた。が、新鮮なものは少なく、しかも暑いので活発すぎ、なかなか止まらない。
a0181059_10304367.jpg

麓の日影にいたミドリシジミのメス(ピンボケ)。オオミドリシジミのような気がするが、メスはよく判りません。
ヒメキマダラヒカゲ(少し翅が壊れていて残念)とクロヒカゲ。キアゲハもいました。
a0181059_1031884.jpg


夏の手稲山は初めてだった。頂上からは、札幌の街が一望でき、昔とはえらい違いと、リフト降り場の日影で休んでいたら、さすが北海道、涼しさを通り越してすぐ寒くなってきました。すぐそばに見える山なのに、標高1000mもあることを忘れていました。

ヨーロッパのコヒオドシ:
2010年の今ころ(3月)は、退職したら半月はヨーロッパでスキーをという願いがかない、フランス/シャモニー・モンブランとスイス/ツエルマットに行っていた。そのとき、ツエルマットのスキー場の中で撮ったコヒオドシの画像です。
コヒオドシはガントというゴンドラの駅の日だまり(ゴンドラが停止する枠の所)で日光浴をしていた。日だまりとはいえ、春スキーではなく冬スキー、まさかと思いました。
ガント(2323m)からはホーテリ(3286m)に1本のゴンドラが架かっています。標高差963mの急斜面。全山コブです(拡大すると判ります)。この斜面、スキーヤーはまばらで、自然の中で遊ばせてもらっているという感じで、やっとスキーらしいスキーを楽しむことができました。
a0181059_1056534.jpg

このコヒオドシはデジカメ(Canon Pawer Shot A720 IS)で撮ったもので、ボケていますが、日本のコヒオドシ、ヒオドシチョウ、エルタテハと較べてみると、前翅はコヒオドシ、後翅はヒオドシチョウと両者の中間みたいな感じです。大きさはコヒオドシより大きめ。
a0181059_10555776.jpg


3月11日の地震発生当時は、自宅にいた。いったん揺れが収まり、外出していた妻から無事との電話があり、ほっとしたのもつかの間。津波に襲われているリアルタイムのTV映像を見て以来、どうしようもない無力感で、ブログ更新もする気になれませんでしたが、昨年の画像を整理していると何となく落ち着くので、ブログの更新を再開することにしました。

この地震で亡くなった方のご冥福を心から祈ります。
そして、被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。
がんばって下さいとしかいいようがありません。

by otto-N | 2011-03-15 12:02 | Comments(2)

8月、北海道・十勝、ゴマシジミ (2010.8.16)  2011.3.10

2010.8.16
ゴマシジミを探して林道に入ったところで、オオモンシロチョウがいた。この茂みをよく見ると、萩の花が咲き、ワレモコウがあった。ゴマシジミがいるかも知れないと捜してみると、すぐに見つかった。

産卵中のゴマシジミ。ぐるぐる回り、停止することがない。ピントがなかなか合わない。
気に入らないと、違うところに飛び移る。なかなかこちらの都合のよい所へは来てくれない。
a0181059_19552250.jpg

草陰に潜んでいたのを見つけた。しばらくすると開翅。しかし、ピントが合ったのはこれ1枚。
a0181059_19563424.jpg

近くの穂先に飛んで来たのが、何と開翅。もう少しと、思ったところで他のが来て一緒に飛び去ってしまった。
a0181059_1957944.jpg

この林道で撮った他のチョウたち。
イタドリの花の蜜を吸うミヤマカラスアゲハ。イタドリでの吸蜜を初めて見た。
珍しく、ノリウツギの花にクロヒカゲ(♀)がいた。近づくと飛ばれた。
ヤナギに産卵するコムラサキ。少し遠いがジャノメチョウ。
最後、サカハチチョウかと思って軽く撮っておいたが、アカマダラだった。妻の実家(幕別)の庭先にいた。
a0181059_19575182.jpg


ゴマシジミの産卵シーンは、いつ見ても、けな気というか一生懸命というか、そんな気がして、産む瞬間の力みがよく判り、ついガンバレと応援したくなる。目がかわいいせいなのかなと思う。
飛んでいるのが茂みに入ったら、メスがいると思っていいようだ。茂みの中の密かな営みにおいても、開翅シーンは見られたが、残念ながら、ピントが合っていなかった。営み中のものは、この狭い場所で何組か見た。かなりしつこく途中介入するオスもいた。
穂先での開翅はラッキーだった。色は飛んでいるのを見て想像はついたが、細かな模様までは判らなかった。落ち着きのあるブルーで、思ったより斑点が小さかった。図鑑で見るよりずうーっといい。

by otto-N | 2011-03-10 21:20 | Comments(2)

8月、北海道・十勝、オオモンシロチョウ (2010.8.16)  2011.3.10

2010.8.16
前日、昼ころから振り出した雨は朝には止んだ。札内川の土手を散策。その後、天気があまりにもいいので、こころあたりはないけれど、「道に迷ったらカーナビがあるさ」とだめもとで、ゴマシジミ探索に出かけた。

朝の札内川の土手。水滴のついたアカツメクサがきれいだった。
飛びまわっていたのはモンキチョウと、ヒメアカタテハ。スジグロシロチョウもなかなかきれい。
毎年、ここのジャノメチョウは擦れっからしだけれど、今回はピカピカ。
ベニシジミ(夏型)もいた。
a0181059_10555092.jpg

前日、雨が降り出す前、ジャガイモ畑にいたミヤマカラスアゲハのメス。カメラを持っていなかったので、走ってカメラをとりに行った。
尾状突起が少し壊れているのがほんとに惜しかった。
a0181059_10585947.jpg

ゴマシジミを探して入った、林道脇のちょっとした茂み。咲きみだれていた背の高いキク科の花の中にモンシロチョウが飛んでいた。
藪に入ってファインダー越しに見ると、前翅がこんなにとんがっていたっけ、何か変。そのうち、翅を開き始めた。やっぱり変。紋がない。これが、昔はいなかったオオモンシロチョウか。
a0181059_10561698.jpg

表翅に紋がないオオモンシロチョウ。なかなかきれいでした。
a0181059_10592837.jpg


この日、ミヤマカラスアゲハを久しぶり(何十年ぶり)にじっくり見たが、多彩な色が散りばめられているメスはオスよりきれいかもしれない。しかし、なぜ、線路脇のジャガイモ畑にいたのだろう。寒くて、身動きがとれなくなったのだろうか?
オオモンシロチョウはそれとなく探してはいた。やっと見つけた。紋がないのはどうやらオスらしい。メスにはちゃんとついているみたいだ。幼虫はすでに見ている。この前年、家庭菜園のキャベツを食い荒らすこの幼虫を退治した。青虫とはほど遠い、蛾の幼虫のような毒々しさだった(チョウの幼虫でもどぎついのがいますが)。北海道では大害虫。軍手ごしでも触れるのはあまり気持ちのよいものではなかった。

by otto-N | 2011-03-10 11:57 | Comments(0)

8月、北海道・十勝、シータテハ (2010.8.14)   2011.3.9

2010.8.14
「十勝千年の森」、ヒョウモンチョウに混じって、クガイソウに集まったいたチョウたちです。

本州のキタテハに相当するシータテハ。キタテハより翅の切れ込みが大きい。新鮮な個体が多かった。
a0181059_1032297.jpg
a0181059_10321841.jpg
a0181059_1033064.jpg

エルタテハも1頭ながら見つけた。それにしてもエル(L)の紋はエルに見えない。ヒオドシチョウそっくりだ。
クジャクチョウも多い。翅を閉じているのを逆光で撮ると、裏の黒に表の赤が滲み出る。
a0181059_10334271.jpg

いつもは翅を擦り切らしているジャノメチョウだが、吸蜜する新鮮な個体が目に付いた。
黄色いセセリは、コキマダラセセリ。大きなセセリはキバネセセリ。
最後のキベリタテハは、森の中の散策路を歩いていたときに、ミズナラの樹液に群がるボロボロのクロヒカゲを追っ払った。そのとき、一番下から出てきた。まだ、樹液にご酩酊の様子だった。
a0181059_103449.jpg


近寄りすぎて失敗も多かったが、シータテハはなかなか華麗だった。北海道では晩秋になると、野菊みたいなキク科の花に、シータテハ、エルタテハ、クジャクチョウが集まるが、秋よりも、夏のほうが断然きれいだ。
セセリチョウは、蛾のようなので大嫌いで、子供時代、採集したことがなかった(例外は、ギンイチモンジセセリ)。巨大なキバネセセリは特に嫌いだった。ところが、写真を撮り始めて、眼が大きく、行動面でも意外とかわいいことに気がつき、出会ったら撮るようになった。

by otto-N | 2011-03-09 11:17 | Comments(0)

8月、北海道・十勝、ギンボシヒョウモン (2010.8.14)  2011.3.8

2010.8.14
「十勝千年の森」のヒョウモンチョウの続きです。

ギンボシヒョウモンは、北海道ではごく普通のヒョウモンチョウ。
中学生のとき、「子供の科学」という雑誌には、昆虫標本交換ページというのがあって、このチョウは結構人気があった。
a0181059_2021281.jpg

a0181059_2022692.jpg
a0181059_2031692.jpg

クガイソウに集まるヒョウモンのうち、圧倒的に多かったのはミドリヒョウモンのオス。
あまりの多さに、撮る気も失せていたが、再認識したのは、ミドリヒョウモンのメス。少し黒ずんで、一見、汚いが、どうしてどうして、とても渋くて美しい。気品のある美しさです。
最後の2枚はオス。
a0181059_2011189.jpg

この画像は、お気に入り。
a0181059_2012189.jpg

ボツ同然の画像ですが、少なかったコヒョウモン。ヒョモンチョウかもしれない。(区別がつきません)
→ヒョウモンチョウと訂正します。 2011.3.10
a0181059_20114097.jpg


ウラギンヒョウモンもいるかなと思っていたけれど、画像を見ると全部ギンボシヒョウモン。
前回掲載画像では、ウラギンスジヒョウモンばかりで、オオウラギンスジヒョウモンはいない。うーん、どうして?と唸るばかり。

by otto-N | 2011-03-08 20:41 | Comments(2)

8月、北海道・十勝、メスグロヒョウモン (2010.8.14)  2011.3.8

2010.8.14
帯広から国道38号線を札幌方面に向かって40分位のところに、「十勝千年の森」という自然公園がある。以前きたとき、メスグロヒョウモンが多かったことを思い出した。他にも何かいるにちがいないと、この日、一人でやってきた。入り口風景は、前に来た時と同じであったが、中はがらっと変わっていた。花壇があり、セグウェイの草地があり、すっかり人工的になっていた。「これではなぁ」と思って料金を払い、入場したところ、うれしい誤算。花壇にはチョウが集まっていた。メスグロヒョウモン、ウラギンスジヒョウモン、ギンボシヒョウモン、ミドリヒョウモン、コヒョウモンなどのヒョウモン類、クジャクチョウ、シータテハ、エルタテハ、ジャノメチョウなど、クガイソウに集まっていた。こんなにチョウが集まる風景はめったにない。

まず目についたのは、メスグロヒョウモンのメス。オスを探したがいなかった。なぜ?
a0181059_10252735.jpg

a0181059_10254625.jpg

a0181059_1026517.jpg

次は、ウラギンスジヒョウモン。後表翅の黒班がくっついておらず、まさに豹柄。なかなかよろしい。
a0181059_10355966.jpg
a0181059_10361971.jpg
a0181059_10364938.jpg


このクガイソウは園芸種なのか、野生種なのかはよく判らなかったが、とにかくチョウが集まっていた。これだけ多いと、すぐ目移りし、10頭追うもの1頭も得ず状態であった。
メスグロヒョウモンのオスは、探し方が悪いのか、この花に集まらないのか、1頭も撮れなかった。
ウラギンスジヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンの区別は、自信がないけれど、撮ったものを見るとすべて前者だった。オオウラギンスジは1頭くらいいてもいいのに、不思議だ。

by otto-N | 2011-03-08 10:59 | Comments(2)

8月、北海道・十勝、ミヤマカラスアゲハ (2010.8.13)   2011.3.4

2010.8.13
昨日、台風の影響で雨と風の強い中、札幌から帯広へ移動した。帯広市の隣にある幕別町は、ワインで有名な池田町ほど名は知られていないけれど、最近、陸上競技の福島千里選手、スピードスケートの高木美帆選手の出身地ということで、少し有名になった。北海道では、住宅街の花壇に、ミヤマカラスアゲハがやってくる。

花壇の花で吸蜜中のスジグロチョウ。キアゲハとミヤマカラスアアゲハは、オニユリが大好き。クジャクチョウはどこにでもいる。
a0181059_12151311.jpg

ミヤマカラスアゲハのオス。花が派手なので少々どぎつい。結構敏感。人が近づくといなくなるが、またやって来る。
a0181059_12161739.jpg


午後、帯広空港近くにある中札内美術村に行った。気持ちのよいカシワの林に囲まれている。アカタテハとジャノメチョウがいた。
そして、ゴマシジミがワレモコウの穂先に産卵していた。
a0181059_123305.jpg

別の日影でも、ひっそりと産卵中。産み付ける場所を捜して、ぐるぐる回る。
a0181059_12333932.jpg


北海道では、ミヤマカラスアゲハはおそらくカラスアゲハより多いと思う。車で山道を走っていると、よく飛んでいるのを見かける。ときどきぶつかる。
2010年は、例年になく多かったような気がする。
ゴマシジミは、生まれ育った小樽にはいなかった(と思う)。十勝地方では普通のようだ。産卵中のメスはよく見かけるが、開翅した姿はなかなか見ることがなく、このときも残念だった。
(開翅したゴマシジミは、この2、3日後、別の場所で撮ることができました。)

PS:
スジグロチョウの別画像。
a0181059_20194532.jpg


by otto-N | 2011-03-04 12:42 | Comments(4)

8月、南北海道、オオヒカゲ (2010.8.8)  2011.3.3

2010.8.8
下北半島・大間から北海道・函館にフェリーで渡り、一気に札幌まで行こうと思えば行けるけれど、この日は、かねてから泊まりたいと思っていた道南の温泉に泊まった。
温泉宿には日が高いうちに着いたので、カメラを持って付近を散策してみると、懐かしいチョウたちがいた。

まずは、タテハ類。キベリタテハ、懐かしのシータテハ、ぼろだがコムラサキ。そして、幸せの青い蝶ルリタテハ。
a0181059_16263110.jpg

ヒメジャノメ、クロヒカゲ、翅が痛んでいるが逆光でジャノメチョウ。
a0181059_16272245.jpg

ここで、一番目立ったのはオオヒカゲ。日が傾きはじめると、あちらこちで飛びだした。
翅が痛んでいるのが多かったが、比較的きれいな個体を並べると、斑紋が微妙に違う。(少し翅が壊れていても撮っておくんだった)
a0181059_16275369.jpg

黄昏どき、川に向かって翅を拡げるキベリタテハ。
a0181059_16441156.jpg


いやー、懐かしかった。そのへんのミズナラの木からしみ出る樹液に、ほとんどボロだったけど、チョウが重なり合って集っていた。
クロヒカゲ、キベリタテハ、シータテハ、コムラサキ、オオヒカゲ、ヒカゲチョウ、ジャノメチョウ。
しかしながら、この林のオオヒカゲの数には驚いた。少し日が落ち、気がつけば、あっちこっちで飛んでいた。中学のころ、行けば必ず採集できたオオヒカゲのポイントというのがあったが、こんなにはいなかった。オオヒカゲは子供時代それなりに憧れのチョウ。こんなにいてもいいのかな。私だけがたくさんいる所を知らなかっただけなのかなぁ。

by otto-N | 2011-03-03 17:22 | Comments(2)

8月、東北縦断、キベリタテハ (2010.8.4-7)  2011.3.3

2010.8.4-7
毎年8月、お盆には北海道へ墓参りに行っている。北海道ではクルマがないと動きがとれないため、新潟まで300km走り、そこからから小樽までフェリーで行っていたが、東北の温泉をいくつか回ってから、下北半島の大間から函館に渡ることになった。

8月4日:東京から東北道を一気に盛岡ICまで北上し、国見温泉「石塚旅館」に泊まった。秋田駒ヶ岳の麓にある鄙びた旅館だ。ここの温泉はほんとに素晴らしい。それまで見たことのない緑色の硫黄泉だった。朝の内風呂は印象的だった。
8月5日:田沢湖をかすめ、阿仁町、森吉町と山の中を走り、能代市に出てから、十二湖に行ってハイキング。人気のないブナの原生林は素晴らしかった。その後、「黄金崎不老不死温泉」へ。夕食前に、岩浜にある露天風呂に入り、太陽が沈むのを待つ。日が沈んだ後の赤く染まった空と海は圧巻だった。まさに黄金色だった。
8月6日:この日、白神ラインを通り、弘前に抜けた。事前にどうするか調べた結果、「めったに来ない所、走ってみよう」と、ちょっと無謀だったが走ることにした。1車線の砂利道が40km続いた。幸い、前半のタイトなところでは、対向車は1台だけだったけれど、先の見えないカーブが連続し、アップダウンを繰り返す薄暗い砂利道を4時間走った。途中カラスアゲハ(ミヤマ?)が吸水していたが、撮る余裕はなかった。津軽峠を通り、暗門の滝を見て、弘前に。そして、八甲田山麓の「猿倉温泉」に泊まった。
8月6日:七戸町、野辺地町を抜け、恐山へ。恐山は2回目だったが、やはり不気味。境内に温泉(硫黄泉)があったが、外が暑くて入る気にならず。山を下りて、尻屋崎に行った。そこで、予期せぬ野生の馬「寒立馬」の集団に出会う。この日は、下風呂温泉「まるほん旅館」に泊まる。濃厚ないい湯だった。
8月7日:朝、マグロの1本釣りで有名な大間へ。11:30発の函館行きフェリーに乗る。

さて、下の画像は、
 国見温泉「石塚旅館」の渡り廊下にいたヒメキマダラヒカゲ。
 朝の内風呂。朝日の反射がきれいだった。
 黄金崎不老不死温泉の夕焼け。(この4枚はコンデジ撮影)
 沖縄の海と錯覚するブルー。恐山の山頂の湖。
 偶然出会った寒立馬。たくましい体だった。
a0181059_15114970.jpg

チョウの画像はわずかです。
 国見温泉、駒ヶ岳登山口にいたルリシジミ。朝、旅館前にいたキベリタテハ。
 十二湖のサカハチチョウ。猿倉温泉の駐車場では、アカタテハとウラギンヒョウモン。
a0181059_1512817.jpg

クサギで吸蜜するぼろぼろのクロアゲハ (8/5 15:57 十二湖)
a0181059_15272434.jpg


温泉めぐりをしたわけだけれど、夏に東北の温泉に行くのは少し考えたほうがよいです。この夏はとても暑かった。大旅館はともかく個人的に好きな小さめの旅館は、冷房設備がない(北海道もです)。温泉から出ても汗が引かない。大誤算だった。
下北半島・大間から北海道に渡ったが、ちょっと失敗した。大間はゴマシジミの棲息地であることを北海道から帰ってから知った。大間では時間が結構あったのに、残念。
(ゴマシジミは北海道・十勝で撮ることができましたが、大間でも見たかったです。それから、弘前側から途中までならよいですが、白神ラインの走行はお勧めしません。)

by otto-N | 2011-03-03 16:12 | Comments(0)

7月、白金の森、ムラサキシジミ (2010.7.31)   2011.3.2

2010.7.31
この日も、自然教育園へ。

日影で、黙りこくっていたムラサキシジミ。この日、やっと、開翅シーンが撮れた。
日向に出て翅を拡げ、近くに飛び移り翅を拡げることを繰り返していた。
a0181059_14343142.jpg
a0181059_14344959.jpg

クサギの花にはクロアゲハがときどき来ていた。
a0181059_1435818.jpg


これを書いている今(2011.3.2)、なぜ教育園に日参していたか覚えていない。多分、ムラサキシジミの開翅を撮りたかったのだろうと思う。その前日、いいアングルで開翅シーンを撮っているが、夕日が強く当たりすぎ、青紫色が水色に潰れたのが悔しかったものとみえる。
日影でじっとしているムラサキシジミは多かったが、なかなか翅を開いてくれなかった。行く時間を変えた結果、真昼はだめで、朝11時前と午後3時過ぎに、日の中に出てくる個体が少しはいることが判った。やっと撮ることができ、嬉しかった。
クサギで待ち構えていても、クサギ自体が薄暗いところに生えているので、クロアゲハはただ真っ黒になるだけ。明るくても、真っ黒になってしまうクロアゲハは難しい。

by otto-N | 2011-03-02 15:10 | Comments(0)