たかがヤマト、されどヤマト

カテゴリ:未分類( 1098 )


2017.5.24 神奈川・まだ半開のイボタ ウラゴマダラシジミ(2)   2017.6.4 (記)

2014.5.24 続き
午後になっても完全には晴れないせいか、ウラゴマダラシジミは活動していた。風は相変わらず強い。とまって休むものは少なく、飛翔撮影に専念したが、あれだけ撮ったのにろくなものがなかった。
a0181059_13451897.jpg


羽化直の♀がふあふあと飛び出したのだが、風にあおられ飛び方が不安定だった。というせいではないけれど、ピンがちょっと情けない。前翅の白紋がやけに目立つ。そして白とびする。
a0181059_13475247.jpg


木の下の鳥の糞は相変わらず人気があった。♂の回遊コースの上、風がない場所だ。上2コマと下2コマとも黒いタイプだが、撮影時刻が違うし、翅のキズも違う。
a0181059_14300336.jpg


鳥の糞、泡吹き虫の他、蜘蛛の巣にも♀と間違えやって来る。
a0181059_13525355.jpg


翅をピンと4枚立っていたが、スレていた。
a0181059_13554170.jpg


午後一番に撮れた新鮮な♂。
a0181059_13580611.jpg


♀が開く場合は新鮮な個体が多い。羽化直後に翅を乾かすためなのだろうか。日陰でひっそり翅を開いていた。
a0181059_14012215.jpg


翅のキズから同一個体。
a0181059_14022289.jpg



ますます風が強くなり、吹き飛ばされまいとして懸命に蔓につかまる♀。けなげで可愛かった。これも正常型。探していた黒化型の♀は、♂はたくさんいたのに、結局、見ることもできなかった。
a0181059_14050887.jpg


午後3時を過ぎると飛び回る♂の数が増えてきた。中には疲れたのか一休みする個体も出て来る。ただ、半分しか開かない。午後4時30分、風もますます強くなり飛ぶ数も減ったので撤収。同じ場所に10時間半もいたことになる。
a0181059_13573142.jpg

(ウラゴマダラシジミはもう1回掲載します)



by otto-N | 2017-06-04 18:38 | Comments(2)

2017.5.24 神奈川・まだ半開のイボタ ウラゴマダラシジミ(1)   2017.6.2 (記)

2017.5.24
一番近い街に前泊し、朝からウラゴマダラシジミを撮りに行く。天気予報どおり薄曇りの絶好のウラゴ日和。6時に現地に着くと、早速、薄暗い足元に♂がフラフラと下りてきて翅を開いた。その次も少し翅が傷んでいたけれどすぐ全開。朝早いとほんとうに開くのだ。ウラゴの♂は朝開く。日が当たる場所にもとまるが、ほとんどは薄暗い茂みの中だった。ただ、全開は最初だけ、時間が経ち気温が上がると半開までがほとんどだった。
a0181059_14325507.jpg


7時をすぎると♀を求めて飛翔速度も速くなった。それでも、鳥の糞や泡吹き虫の泡を♀と間違えるのかその近くでとまり、半開翅することも多い。
a0181059_14391012.jpg


静止ばかりでなく飛翔も撮った。この日も風が強く、♂が飛ぶのは風が弱い藪の中。この鳥の糞には入れ替わり立ち代わり次々と♂がやって来た。
a0181059_14510241.jpg


風は前日ほど強くはなかったが、表通りはさすがに強風でほとんど♂は飛んでいない。それでも、大きな木は風が弱く、そこにあった鳥の糞は集客力が抜群だった。ただし、暗すぎ。しかも、蚊の棲家。飛んで来た時だけ、藪に潜り込み連写したがボコボコに刺されてしまった。
a0181059_14583627.jpg


♂にとってあくまで本命は♀。ホバリングしていると思ったら♀がいたということが多かった。
a0181059_14482306.jpg


21ミリでの置きピン距離はヤマトシジミの時と同じ26cm。小さなヤマトシジミと違い、チョウが大きく写りすぎた。まあ、撮るべき背景がないのでこれはこれでいいのかもしれない。
a0181059_15045068.jpg



同じような構図。陰と陽。
a0181059_15131221.jpg


この日のベスト構図。しかし、うーん、翅が傷んでいた。
a0181059_15141216.jpg



まだ半開のイボタの花。もうスレてしまったウラゴマダラシジミの♂。
a0181059_15081456.jpg



♀は新鮮だった。
a0181059_15175801.jpg


8時を過ぎると数が激減した。そんな中に♀が1頭。こんな細い先端で開くとは珍しいと思う。風で揺れ揺れ。
a0181059_15184262.jpg




♂が全開したのは6時から6時半。それからは開く個体は少なかった。この黒い個体は何度も糞にやって来た。そして時々翅を開いた。
a0181059_15202342.jpg


いい場所にとまって開いたと思ったら、翅の傷から同一個体だった。
a0181059_15251089.jpg



無傷のノーマルの♂がやっと撮れた。こっちのほうが綺麗だ。
a0181059_15274236.jpg


11時58分。♂だと思うのだが・・・・
a0181059_15263188.jpg


(午後の部に続きます)


by otto-N | 2017-06-02 16:20 | Comments(2)

2017.5.23 神奈川・まだ半開のイボタ ウラゴマダラシジミ    2017.5.30 (記)

2017.5.23
そろそろイボタの花が咲く頃。ウラゴマダラシジミを見に行く。晴れて気温も高いので昼には活動していないはずと午後2時ころ現地到着。満開だろうと思ったイボタはまだ半分も咲いていなかった。風が強いせいかウラゴマダラシジミがは飛び出していい時間なのにまるで飛んでいない。風で流されて飛ぶことができないのかもしれないが、今年は不作かと思い始めた午後3時、両脇が藪になっている風当たりの弱い場所にやっと飛んできた。数が少ない割には裏翅が傷んでおり、きれいな個体を選んで撮る。
a0181059_16424464.jpg


飛んできてもなかなかとまらない。広角で飛翔を狙うが、風にあおられ動きの予想がつかず、歯が立たなかった。
a0181059_16491848.jpg



風当たりの弱いこの場所のイボタは藪の中に隠れてしまっているので、背景がイボタという構図はムリ。アワフキムシや鳥の糞に絡んでくる♂しか撮れなかった。ただ、こういう場所は真っ暗。写してもムダかもしれないと思いつつも連写する。とまらないので仕方がない。
a0181059_16503693.jpg

このアワフキムシの泡にはよくやって来た。しかし真っ暗。ソフトで増感しても粗くなるだけだった。
a0181059_16515214.jpg


次々とやって来る♂。その中に黒いタイプの個体もいた(3、4コマ目)。
a0181059_16533397.jpg


偶然明るいところに出て来てくれれば、という期待を込めて撮っていたのだが・・・
a0181059_16563990.jpg


ジャスピンだったが暗かった。
a0181059_16565061.jpg


気がつくと近くにとまっている、ということが多かった。日陰がほとんどだが、日向にもとまる。
a0181059_17003616.jpg


♂の開翅がやっと撮れた。ただ、前翅の白い部分が少なくなにか違和感を感じた。よく見ると、後翅の靑面積が狭く黒い縁取りもあいまいだった。
a0181059_17031385.jpg


後翅表がほとんど黒いタイプ。突然、目の前で開翅した。近すぎるし、残念ながら日が当たる場所との境目だった。
a0181059_17053041.jpg


この日のハイライト。羽化直とおぼしき♀の開翅。遠くからでもブルーがよく目立った。
a0181059_17063304.jpg


風にあおられときどき翅を閉じかけるが、長い間開いてくれた。最後は♂に見つかり飛んでいってしまう。
a0181059_17085731.jpg


その後は全開する個体は見つからず。左後翅が壊れた♂の半開翅が精一杯だった。
a0181059_17103653.jpg


サトキマダラヒカゲが飛び始め、午後5時、パタッと飛んでいる♂がいなくなった。空はまだ明るく、舞い終わるには少し早い気がするが、風が強すぎたせいかもしれない。
a0181059_17125471.jpg




by otto-N | 2017-05-30 16:20 | Comments(0)

2017.5.21 東京・恵比寿 アサギマダラ   2017.5.28 (記)

2017.5.21
暑すぎた日曜日。出かける前にアオスジアゲハの様子を見に行くが、やはり早い時間だと(9時ころ)、ほとんどいない。♀を探しているのだろうか、1頭が全く吸蜜する気配もなくセンダンの木の上を飛び回っているだけだった。帰ろうとしたとき、下のほうで何やら動くものがあり、木の向こうへ行ってしまった。色からしてアサギマダラ? 急いで道路側に下りて探すといた。しかし、葉の間からしか見えない位置。少し飛んでとまった時にやっと撮ることができた。♂だった。この時期にアサギマダラを見るのは滅多にない。ひょっとしたら、自然教育園で羽化した個体?ここから自然教育園まで直線距離で500mほど。ありえない話ではない。
a0181059_08390731.jpg


アサギマダラが飛び去って、代わりに足元に飛んできたヤマトシジミ♀。連休過ぎから少しずつ見るようになってきた。センダンで吸蜜していたアゲハチョウ。
a0181059_08391782.jpg



2017.5.22
朝からドピーカン。青空の元で撮りたいと思っていた。しかし、午前中は数が少ない。時おりもう1頭と絡むけれど、1頭が木の上や枝の間を舐めるように飛び回っているだけだった。それと♂らしいアカボシゴマダラがタテハチョウらしい飛び方で木々の間を往復するが、飛翔は何度やっても撮れず。そんな時、大型のアカボシゴマダラが産卵のために現れた。点在するエノキの幼木の中に潜り込んではふあふわと飛び回る。が、これも飛翔は撮れず。
a0181059_08483035.jpg


道路の脇の暗い場所にとまったので撮っていたら、偶然車が通りかかった。
a0181059_08484103.jpg


11時すぎ、アオスジアゲハはやっと数を増したが、あまりにも逆光。日陰部分では真っ暗くしか写らなかった。
a0181059_08485068.jpg


午後1時から再出動。アオスジアゲハは数を増していた。やはり、青空だと気持ちがいい。
a0181059_08572825.jpg


青空で絡む姿。
a0181059_08583689.jpg


時には3~4頭。でも、全部はなかなか入らない。ピンボケも多数。
a0181059_08584581.jpg


木の中だとアオスジアゲハは目立たず、
a0181059_09343481.jpg


花から離れ、背景が暗い場所でなければ、チョウが引き立たなかった。
a0181059_09041441.jpg

ちょっと距離が遠いが、暗い中にアオスジが逆光で透ける瞬間はとてもいい。
a0181059_09045147.jpg



1頭の飛び立ちを狙っていたら2頭が寄ってきた。最初のは♀だったらしい。この間1秒足らず。
a0181059_09211834.jpg


結局、晴れると色は出るが、光の当たる部分と当たらない部分の落差が大きい。
a0181059_09080142.jpg


センダンの花は薫りがなかったように思う。ざあーっと調べてみると、「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことらしい。それにしても不覚。徒歩3分の場所に22年間も住んでいたのに、アオスジアゲハの集まる木があるとは知らなかった。
a0181059_09080942.jpg





by otto-N | 2017-05-28 16:10 | Comments(4)

2017.5.19 東京都・奥多摩 三ツドッケ シロヤシオ   2017.5.27 (記)

2017.5.19
これまでシロヤシオを見に山に登ったけれど、時期を逸してばかりいた。今回は、奥多摩に行くという提案。奥多摩でもいいのか、楽勝と思って出かけた。駐車場も狭そうだし、高速を下りてからも距離が長いので、JRとバスを乗り継いで東日原というバス停から、三ツドッケ(天目山:1576m)に登る。ドッケというのは「尖った峰」とのことらしい。先日登った三頭山もこれに近い。

10時40分、登り始める。登山口の標高は620m。いきなり杉林の急登。登り切ると、右に杉林、左に広葉樹林の境目に登山道が延々と続いていた。暗い登山道の左に浮かび上がる広葉樹の新緑がとても美しい。
a0181059_16291655.jpg


そこを過ぎると今度はヨコスズ尾根という気持ちのよい平らな尾根道が続く。その上部にシロヤシオが咲いているはずだが一向に現れない。ミツバツツジもまばらだ。上から下りて来たグループに尋ねると、今年は不作、全然咲いてないとのこと。それでも、やっとちょこっと咲いているシロヤシオを見つけた。たった2株。暗い中での逆光。
a0181059_16344740.jpg

少し日の当たる尾根筋でミヤマセセリが2頭絡んで飛び去ったので、しばらく待ったが戻ってこなかった。シロヤシオが見つからないまま、13時ころ、標高1440mの一杯水避難小屋に到着。このころには空が曇っていた。登ってもしかたがないと思いながら、残り20分の辛抱だからと登り始めると、左手にシロヤシオが咲いていた。ほんの少しだけれど、先ほどよりはいい。
a0181059_16345852.jpg

13時30分、頂上到着。ここは奥深いことは奥深いけれど、たいした眺めではないし、この山頂だけに日が射していないのでヒオドシチョウも飛んでいない。そそくさと下山。
a0181059_16440913.jpg


登っている途中で見たミヤマセセリには遭遇せず、撮るものもないのでカメラをザックにしまい込んで下っているとき、登山道から少し離れた斜面に1本だけ満開のシロヤシオを発見。
a0181059_16541601.jpg


ただし、花は向こう向き。足場の悪い斜面から見上げて撮る。みんな逆光、
a0181059_16505085.jpg


このツツジは雌蕊が長くない。花弁も尖がってないのでとても品がある。
a0181059_16510522.jpg


1本のシロヤシオしか見られなかったけれど、満足だった。もうこの花のために3時間も登らなくてもいい。帰りも逆光の新緑が美しかった。
a0181059_16511649.jpg


延々と続く杉林との広葉樹の境界にある登山道はこんな感じだ。思ったより急。脚への負担が大きく、もう少しというところで、左膝に違和感。ペースを落とす。15時50分バス停に到着。バスは16時24分、じゅうぶん間に合った。
a0181059_16512640.jpg




by otto-N | 2017-05-27 16:14 | Comments(0)

2017.5.17 東京・恵比寿  アオスジアゲハ   2017.5.26 (記)

2017.5.17
自宅から3分のセンダンの木の花に群がるアオスジアゲハ。かなり遠いので300ミリにテレコン(×1.4)をつけての撮影。
a0181059_10421205.jpg



アオスジアゲハの撮影は楽しい。飛びそうな瞬間にシャッターを切る。さすがにカメラが重い(ニコンはいいなぁ)。
a0181059_10415520.jpg



その中からピントが来ているのを1次スクーリングにかけ、さらに選別すると残ったのはわずか。
a0181059_10420246.jpg


なかなか4枚の翅を撮ることができなかった。
a0181059_10422019.jpg


空中ランデブー。3頭だと少しは空中を漂っているが破局するのは必然。2頭だとしばらく漂っているうち、はばたきが同調し、遠くへ行ってしまう。
a0181059_10423205.jpg


背景が曇り空では締まらない。やはり都会らしくビルの背景を狙う。が、やっと1枚。
a0181059_10424133.jpg



2017.5.18
朝10時すぎ。アカボシゴマダラが植え込みにとまっていたがコンクリートの階段に移動し微動だにしない。空の雲が薄れ木漏れ日が射し始めた。春型♀をこんなにじっくり撮るのは初めてだ。それにしてもピントが合っていても合っていないようなぼおーっとした黒い筋。ちょっと薄気味悪い感じがしないこともない。
a0181059_20063704.jpg


空が晴れてきた。アオスジアゲハは朝は少ないようだ。アゲハチョウが珍しくやって来た。
a0181059_11052002.jpg

11時過ぎにやっと数を増し始め、空に飛び出す。近いとフレームアウトの連続。遠くてもフレームアウトだが・・・
a0181059_11053602.jpg


求愛が成功するかどうかは判別できるようになった。まず、♀を見つけた♂は♀の上でホバリング(この時点でMFでピントを合わせ始める)。♀にその気があれば、ゆっくりと浮上し始め、第3者の介入がなければ、2頭が空中を漂い始める。そして、はばたきをシンクロナイズさせながら、空高く舞い上がる。足場が完全でないので、撮るのが大変だった。
a0181059_11054497.jpg



正午ころ、突然の雨。この日は、修理依頼していたカメラが出来上がる日。午後に新宿のリコーに引き取りに行く。夕方、雨が上がったので公園を覗いてみると、アオスジアゲハは飛んでなく、羽化直と思われるヒメジャノメが1頭、ツツジの花にとまった。
a0181059_11055742.jpg


別の花にとまり直し翅を開いたので、下がれるだけ下がって撮影。300ミリ+テレコンはキツイ。
a0181059_11060654.jpg





by otto-N | 2017-05-26 16:37 | Comments(2)

2017.5.16 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.5.25 (記)

2017.5.16
今年の春、思ってはみないチョウが時々やって来る恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社のイングリッシュガーデン風の花壇が大改装された。どんな風になるのか期待していたのだけれどガッカリ。凡庸。チョウが集まる鬱蒼感がない。カタバミは新しく植えられた植栽に混じって少しあったけれど、そのうち抜かれてしまうだろう。近くにはクスノキ並木があり、必ずいたアオスジアゲハさえも飛んでなく、ただのアゲハとモンシロチョウが1頭いただけだった。
a0181059_08560997.jpg


動きのあるポーズを探す。
a0181059_08562042.jpg


モンシロチョウはすぐ逃げられてしまった。
a0181059_08593844.jpg



南のはずれにある小さな公園。ここも先日草刈りにあいすっかり雑草がなくなっていた。アカボシゴマダラが舞っており何度か樹上で翅を拡げた。背景はタワーマンション。
a0181059_09015345.jpg



昼食後、まだアカボシゴマダラがいるかもしれないとレンズを300ミリに付け替えこの公園に行く。アカボシはいなかったが、アオスジアゲハが飛び回っていた。蝶源を探すと薄紫の花が咲いている高さ10mほどの木だった。何の木だろうと思っていたら、そこは公園。センダンと記されていた。「栴檀は双葉よりかぐわし」のセンダンらしい。
a0181059_09020342.jpg


木の下からでは撮れず撮影できる場所を探すと、木から水平距離で10mと遠く、逆光ではあるが、少し高くなっている植栽のコンクリート枠に足場を見つけた。以下、連写する。
a0181059_09021351.jpg


時おり、2~4頭が空中に飛び出す。MFで後を追うがなかなかフレームに入らないし、入ってもピンボケばかりだった。
a0181059_09023092.jpg


アオスジアゲハの求愛はシンクロナイズド・フライイング。動きがぴったり合うと求婚が成立するようだったが、そんなペアの飛翔は撮れずに終わった。
a0181059_09022286.jpg




by otto-N | 2017-05-25 16:44 | Comments(2)

2017.5.12 東京・高尾山麓(2) アオバセセリ   2017.5.23 (記)

2017.5.12 (続き)
14時30分、日が射しそうもないので帰ることにした。林道の片隅でオナガアゲハが小さな花で吸蜜をしていた。さらに暗い林道をとぼとぼと下る。また、オナガアゲハかと思ったら、カラスアゲハの♀だった。
a0181059_20500058.jpg



15時40分。アオバセセリは曇天でも現れる。1頭目はすぐ飛び去ったが2頭目がすぐやってきた。暗いけれど飛び立ちを狙う。
a0181059_20420430.jpg


一瞬離れて顔をこちらに向けたままホバリング。
a0181059_20401942.jpg


ホバリングの続きとその他。
a0181059_20403276.jpg



ISO1600、絞り優先(F4開放)、シャッタースピードは遅くブレブレだがこけはこれで面白い。
a0181059_20405358.jpg


比較的近くに来た。このくらいだといいのだが、やはり暗いし、すぐファインダーから消える。
a0181059_20410887.jpg



16時10分。最後のミツバウツギ。暗くてもアオバセセリが飛び回っていた。
a0181059_20412476.jpg



珍しくクロアゲハがいた。
a0181059_20422497.jpg


カラスアゲハが上のほうで翅を開く。
a0181059_20421569.jpg



撮ってみると意外と明るい緑。いつまでも影絵のようにアゲハが飛び回る姿は幻想的だった。
a0181059_20413570.jpg






by otto-N | 2017-05-23 16:35 | Comments(0)

2017.5.12 東京・高尾山麓(1) クモガタヒョウモン   2017.5.21 (記)

2017.5.12
行く予定はなかった。朝起きたら晴れ。午後には曇るかもしれないがこのところ天気予報は当たっていない。

いつもの時間、いつもの場所。前日とは違い数頭のウスバシロチョウが斜面を舞っている。近くに飛んできてハルジオンで吸蜜。今季初のハルジオン吸蜜。
a0181059_09343306.jpg


次いで300ミリで飛翔を追うと1枚だけ撮れていた。ただ、近すぎて背景がきたない。サンヨンでやってできないこともない。
a0181059_09344028.jpg


渓流沿いのヒメウツギではサカハチだけ。サカハチはしばらく待っていても向きが悪すぎ、飛んできたコミスジを撮る。
a0181059_09414631.jpg


いつもの吸水ポイントには黒系アゲハが4頭。オナガ2頭、カラス1頭、ミヤマカラス1頭。ミヤマカラスはとても敏感。近づくだけで飛び去りいつも2度と戻らない。カラスは尾部を欠損していた。林道をさらに登る。
a0181059_09415883.jpg


不覚だった。カーブの先に水が浸み出た場所があることは知っていた。でも、一度も吸水しているのを見た場所ではなかった。暗い足元にアゲハが飛び立つ。MFに切り替えあわてて連写していると不意に吸水体勢。AFに戻したが後裏翅に白条が見えないので、このときはカラスアゲハと思った。
a0181059_09420867.jpg


さらに屈み込んで撮ろうとすると飛び立ち、近くを舞う。再度MF。遠くへ行ってしまったが、手ごたえがあったのでモニターを見るとミヤマカラスだった。
a0181059_22205211.jpg


ウツギ街道の暑い時間帯。ウツギにはカラスアゲハもミヤマカラスアゲハもアオバセセリもやって来ず、舞うのはオナガアゲハだけ。
a0181059_09582783.jpg



さかさまのサカハチチョウ。
a0181059_09584244.jpg



昼下がりのウスバシロチョウ。ふあふあ飛んでいるが広角レンズに替えるのも面倒で300ミリ一辺倒の撮影。もちろん、飛翔を狙うが失敗ばかりだった。
a0181059_09585424.jpg


そんな中で、クモガタヒョウモンが飛び回っているのが目についた。どうやら複数頭いるようだ。ヒメウツギの高い場所から下りてきた個体がイタドリ?の茂みに入り込んだ。葉の隙間からやっと撮る。
a0181059_09591246.jpg


少し飛んで場所を変えた。今度は全開した。
a0181059_09592023.jpg


林道をさらに進みクモガタヒョウモンを探す。飛び回っているがなかなか下には来なかったけれど、あきらめずに後をつけたところ、やっと低いミツバウツギで吸蜜したがすぐ飛び去る。クモガタはミツバよりヒメが好きらしい。
a0181059_09593307.jpg



ウスバシロチョウはヒメもミツバもおなじように好きなようだが、ミツバウツギのほうが花に潜り込まないぶん撮りやすい。
a0181059_09594349.jpg

午後1時半、先日トラフシジミが卍飛翔した場所の対岸の斜面にトラフシジミが何度か飛んでいたので、期待が高まったけれど、その後、急に日が翳り始め万事窮。


(高尾山麓(2)に続きます)





by otto-N | 2017-05-21 18:27 | Comments(0)

2017.5.11 東京・高尾山麓  ミヤマカラスアゲハ   2017.5.19 (記)

2017.5.11
チョウ撮影としては2回目の高尾山の山麓歩き。晴れて暑いせいかウスバシロチョウもなぜか飛んでいなかった。最初のミツバウツギで案山子さんと会い、2つめのミツバウツギではあきる野市のKさんに出会う。アオバセセリは出て来ていないとのこと。少し話をした後、先を急ぐ。とにかく網屋さんが多いのだ。途中の林道にはスミナガシもいなかったし、黒系アゲハの吸水も見られなかった。暑すぎるせいかなぁと思いながら、ウツギをチェックしながら林道を登る。オナガアゲハだけは目につくが、ウツギにとまっても撮りにくいのでほとんどスルー。サカハチチョウも少しくらい待っただけではいい位置にとまってくれない。最初に撮れたのは、日陰のヒメウツギに来たカラスアゲハ♂だった。
a0181059_10312629.jpg

アオバセセリも日陰。撮るには撮ったが露出がとんでもない飛翔設定のまま。真っ黒になってしまった。
a0181059_17341916.jpg

なんとかソフトで修正したが、粒子の粗さが目立つ。日向だと必ずウツギが白とびするので、露出不足のほうがいいかもしれないが、ISO3200ではちょっとキツイ。
a0181059_17353138.jpg

時々ウスバシロチョウが飛んでいるが、むしろツマキチョウのほうが目についた。どれも新鮮。
a0181059_19415172.jpg


いちばんの目的はトラフシジミの卍飛翔の確認。しかしながら、午前中あれだけ晴れていたのに午後になると空が曇り始めてしまった。でも、曇ったのが幸いしたのか、満開のヒメウツギに突然♀のミヤマカラスアゲハが現れた。
a0181059_17441897.jpg


翅を拡げながらどんどん花の中に潜り込んでいったので、真後ろに回ったとたんに飛ばれ、ピンボケの全開画像が残されていた。
a0181059_22140577.jpg


何年かぶりのミヤマカラスアゲハ♀だというのに、全開を撮れなかったことはショックだった。見上げればウツギの花にサカハチチョウ。
a0181059_17524041.jpg


オナガアゲハだけはたくさんいた。しかし、黒いのでピントが合わないし、ウツギの白とのバランスが難しい。
a0181059_17590331.jpg


満開のヒメウツギ。
a0181059_18022448.jpg



全部白バックよりこのほうがいい感じだ。
a0181059_17534438.jpg


ミヤマカラスアゲハの全開を撮り損なってから1時間半、二度目の遭遇。今度は暗い中にぶら下がっていた。
a0181059_18055001.jpg


暗い中だと満天の星が輝かないし、せっかくの赤いクジャク紋もくすんだままだった。最後まで明るい所には出て来なかった。
a0181059_18064090.jpg



そして、この30分後。二度あることは三度ある。しかし、またもや日陰の中だった。
a0181059_09170339.jpg


シャッターを切ながら明るいところへ移動するよう願う。小さく飛び少し明るいところへ移動。
a0181059_09171783.jpg


さらに小飛。今度はもっと明るいがウツギの花が少ない。
a0181059_18112646.jpg



やっと満面のヒメウツギ。小刻みに翅を震わせながら吸蜜していた。遭遇した時間は違ったがは距離にして50mほど。右翅表の中室下の小さな傷から判断して同一個体のようだった。
a0181059_18130705.jpg


トラフシジミは諦め、下山する。薄暗くなってもアオバセセリが吸蜜に訪れていた。しかし、暗すぎる。
a0181059_19365084.jpg


夕刻、暗いミツバウツギの木の中を亡霊のように飛び回るオナガアゲハ。
a0181059_19361075.jpg




by otto-N | 2017-05-19 16:57 | Comments(0)