「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2011.06.29 白金の森 トラフシジミ    2011.06.29(記)

2011.6.29
梅雨明けとも勘違いするほどの青空と暑さ(都心の最高気温35.1℃)。昨日は、トラフシジミはいなかった。1つの仮説:雨上がりでは晴れても、木から降りてこない。なぜなら、木の葉に水があるから、地面で吸水の必要はない。今日は、晴れの2日目。木の葉は乾いているだろうと、トラフシジミ探しに行ってきた。

結果は、いた。先日ほどではないが、結構いた。しかしながら、翅は開いてくれない。10:00をすぎても、地面に吸水している。が、ときおり、地面から近くの草の葉に止まるのが出てきた。その中のあまりスレてなさそうな1頭。すりすりしながら、少しずつ葉の上を移動。そのとき、開き始めた。

この位置では、もっと青いはずだが、翅は紫色。光が反射しすぎるのかもしれない。
a0181059_15214652.jpg

むしろ横からのほうが青く輝いた。
a0181059_1522277.jpg

これがトラフの色に近いと思う。
a0181059_15222756.jpg

もう一度正面に回り込むと、色が薄れた。(ピントが翅に合っていないせいもあるが)
a0181059_15231531.jpg
この後、地面に降りて吸水。しばらくしてから全開した。あわてて、撮ったが、位置によって全く青く輝かない。輝くアングルはとても狭い。もっともっと青く輝く位置をと、アングルを探しているうちに飛ばれてしまった。(地べた写真は割愛)


今日のトラフシジミは開いてくれた。翅が少し傷んでいるのは残念だったが、上出来だ。じっくりと撮影することができた。順光でも全く光らない角度がある。青い色も微妙だ。
梅雨時、晴れたからといって、トラフシジミが下に必ず降りてくるわけではないが、連日、ここへ通ったおかげで少しは開翅する条件が絞れたかもしれない。

by otto-N | 2011-06-29 16:03 | Comments(10)

2011.6.28 白金の森 トウキョウヒメハンミョウ    2011.6.28(記)

2011.6.28
トラフシジミの多数開翅の翌日(6/25)も、天気がよかったが、自然教育園にトラフシジミの影さえ見なかった。撮ることのできたのは、ヒカゲチョウとツバメシジミだけ。26、27日と暗い梅雨空で、今日(6/28)は朝から晴れ。さて、トラフシジミはいるのだろうか。雨で路上は湿ったままなので、いないだろうとは思っていたが、やはり、いなかった。

さて、この2日間に撮ったチョウ。キマダラセセリ、アオスジアゲハ、ヒカゲチョウ、ツマグロヒョウモン(♂)。他に、ベニシジミ、キアゲハ、イチモンジセセリも撮ったが、カメラのモード・ダイヤルが動いていて没。
a0181059_1958129.jpg

ちょっと古めのツバメシジミのオスとメス。メスはクサフジに産卵。
a0181059_19584420.jpg

ここのチョウはそろそろ夏休み。種類も数もめっきり減ってくる。今日は、和名に「トウキョウ」がつくムシを見つけた。トウキョウヒメハンミョウ。クロオオアリより小さいが、いっちょ前のハンミョウだ。実は、幼虫はすでに見けていた。練馬区の石神井公園で成虫を撮影された方がいたので、Shinさんに探してもらった。このへんにいるはず、とあっけなく、道端の葉の上に複数見つかった。
a0181059_20101547.jpg
土の上にも。このほうがハンミョウらしい。
a0181059_20104013.jpg

1月11日以来の疑似3D画像。(バックが静かすぎてあまりよくないです)
a0181059_2011355.jpg
(クリックすると、少し大きくなります)


さて、そろそろ自然教育園のチョウも終わりかなぁ、とため息。これから、アゲハ類と、アカボシゴマダラ、ムラサキシジミ(開翅しない)くらいか。伝説のゴイシシジミを探しながら、ヤマトシジミを撮ることにします。

(自然教育園では、蝶をシュンの花と一緒に撮ることができるということに、今、気が付いた。蝶を中心ではなく、花を中心として見てください。花の解説はありませんが)

by otto-N | 2011-06-28 20:50 | Comments(8)

2011.6.24 白金の森 トラフシジミ    2011.6.25(記)

2011.6.24
朝、起きると晴れ。それほどのピーカンではない。しかし、風が強い。トラフシジミの開翅には気温が高いかもしれないが、自然教育園に開門とともに入る。

入園するやいなや、複数のトラフシジミが道端に飛び廻っているではないか。吸水し、翅を開くものまでいる。これは大変と思っているところ、「散歩」のShinさんも現れた。2人で撮影する。横顔も撮影したが、開翅を載せます。本当はもっと撮った。しかし、スレていたり、光る方向に回り込めなかったので没写真ばかり。4コマ目は、比較的きれいな別個体。
a0181059_181023100.jpg

この場所は入園してすぐの道路。いつものポイントはもっといるだろうと、ここを早めに切り上げた。しかし、そこにはおらず、元の場所に戻ってきたところ、周りの草の葉の上にもいるではないか。
a0181059_16352681.jpg

翅を閉じたトラフシジミの夏型。
a0181059_18121125.jpg

葉に止まっているトラフシジミを見ていても、すりすりするが、翅を開く気配がない。とにかく、横顔をマクロで撮っておこうと撮り始めたとき、いきなり、開いた。トラフのいる場所だけに日が当たった。
a0181059_1811435.jpg

位置を変え、全開を1枚撮ったところで、飛ばれてしまった。翅が傷んでいるのが残念。
a0181059_18123890.jpg

これは、別個体。右後翅が破けている。
a0181059_22215640.jpg

6月5日に発生したミズイロオナガシジミ。1頭だけいた。来年も楽しませてほしいものだ。
a0181059_1828549.jpg


この日の東京、最高気温は31.9℃であった。こんなに気温が高くてもトラフシジミは開翅し、予想は覆された。何が要因か、風が強く樹上から振り落とされたのか、風によって樹の葉の水が乾いたためなのか、開く要因がなんなのかさっぱりわからなくなった。この日、見たトラフシジミの数は数十頭(重複しているが)。そして、これを書いている今日は、気温はこの日と変わらなかったのに、1頭も見なかった。風が弱かったという違いしかない。
この日のトラフシジミは新鮮なものはほとんどいなかった(開くまで判らない)。吸水開翅と羽化とは関係がないようである。年1回のお祭りなのか。

by otto-N | 2011-06-25 19:23 | Comments(12)

2011.6.23 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン    2011.6.24(記)

2011.6.23
天気予報だと、朝は曇り、午後から晴れ。ひょっとしたら、午前中にも晴れてくるかもしれないと、自然教育園に、トラフシジミ探しに出かけた。

トラフシジミの開翅は、あまり気温が上がらないときに、午前中に晴れることが条件という想定。しかし、現地に着いても、晴れてこず、逆に小雨が降る始末だった。トラフシジミは全く目撃さえできなかった。ヒカゲチョウはあちらこちらにいたが、なかなか敏感。すぐ藪に潜り込む。やっと撮ることができた。
a0181059_14513043.jpg

クサフジの花がきれいだった。クサフジに集まるチョウたち。モンシロチョウ、クサフジに産卵中のモンキチョウ。ツバメシジミのメス、キタキチョウ。
a0181059_14495240.jpg

池の周りにある柳の木にコムラサキが来たけれど、すぐ行ってしまった。その代わりにルリタテハと遊ぶ。
a0181059_14552212.jpg

クサフジに集まるチョウが1種類足りず(4コマにするため)、池に戻ったとき、イヌヌマトラノオの花にヒョウモンチョウが来ていた。なんと、オオウラギンスジヒョウモンだった。
a0181059_1458135.jpg

羽化したてのオスのようだ。
a0181059_14584274.jpg


犬も歩けば棒に当たる。この日は、オオウラギンスジヒョウモンだった。ここで、今頃生まれ、夏には姿を消すが秋にまた現れるという。確かに、昨秋ボロボロのを撮った。この日のピカピカ個体にはちょっと感激した。それも、今がシュンのイヌヌマトラノオの花の上だ。

by otto-N | 2011-06-24 15:12 | Comments(4)

2011.6.22 トラフシジミ    2011.6.23(記)

2011.6.22
梅雨の間の晴れ間、夏型トラフシジミを探しに、自然教育園に9:00の開園とともに入った。

入園後すぐトラフシジミに遭遇。しかし、翅を開く気配がないので、春型のよく出たポイントに急いだ。着いてみると、吸水ポイントは(道路だが)、日に当たってない。日が当たるまで、他の場所を見回るものの、蝶影はなし。戻ってみると、ルリシジミのメスがいた。しかし、暑いせいか翅は閉じたままだった。
a0181059_17185816.jpg

ベンチに腰をかけ、気長に待つことにした。待っていると、ちらほらやって来る。地べたで吸水。しかし、翅は開かない。かなり擦れた個体もおり、新鮮な個体ばかりとはいえなかった。横顔しか撮れないので、11:00ころ撤収。ポイントから帰る途中にも、日の当たる地面には吸水するトラフシジミがいた。
a0181059_17191511.jpg

ちょっとだけ、緑の中に止まったトラフシジミ。しかし、翅を開いてくれない。
a0181059_17193818.jpg


この日、トラフシジミを7~8頭見たけれど、翅を全く開いてくれなかった。後で知ったが、東京の最高気温は、31.8℃。晴れても、暑いと開翅はムリなようだ。翅の傷んでいる個体が半分。翅を開くのは、気温が低めで、晴れている午前中を想定している。はたして、こんな条件の日がくるのだろうか。

by otto-N | 2011-06-23 17:46 | Comments(4)

2011.6.21 白金の森 ヤマトシジミ    2011.6.22(記)

2011.6.21
雨も降りそうもなく、まあまあの天気。久しぶりに自然教育園に行った。お目当ては、トラフシジミの夏型。

トラフシジミは全然見ず、撮れたのは、キマダラセセリとコミスジ。他に見たものは、ピカピカのウラギンシジミ(♀)とムラサキシジミ。それに、種類不明のヒョウモンチョウとヒカゲチョウ。今日はここまでと、門を出ると、道路拡張工事の雨あがりの水たまりにアオスジアゲハとナミアゲハが吸水中であった。
a0181059_14593681.jpg

さて、ヤマトシジミの2化目がいるかもしれないと、隣の児童公園を覗く。カタバミ畑できれいなメスが産卵中であった。
a0181059_150672.jpg

なかなかの美人。
a0181059_1515279.jpg

オスはといえば、2頭しかいなかった。1頭はボロボロだったので、まあまあのこの1頭を追う。
a0181059_1521519.jpg

あまり太陽がまぶしくなく、気温も高くはなかったので、開翅してくれた。
a0181059_1525218.jpg

カタバミの花が中心の、このポーズもまあまあ。
a0181059_1531229.jpg

オスは2頭しかいなかったと書いたが、その前に1頭いた。最初こ、ちょろちょろ飛んでいる1頭を見つけ、止まるのを待っていた。ところが、飛んでいる最中、何か茶色いものが飛んできて、ぶつかり、ヤマトシジミが消えた。どうしたんだろうと、茶色のものが止まったあたりを見ると、茶色の正体はアブ(ムシヒキアブ科?)だった。ヤマトはアブにキャッチされていた。まだこのとき、目は生きていた。右は、少し移動した後の写真。しっかり獲物に抱き付いていた。
a0181059_1532633.jpg


ヤマトシジミの2化目、オスはちょっと遅かったかもしれない。自宅付近でときどき探したけれど、なかなか見つからなかった。いざ探すといないヤマトシジミ、遠くまでわざわざ探しに行くのも面倒なヤマトシジミ、見つかってほっとした。

by otto-N | 2011-06-22 15:30 | Comments(4)

2011.6.19 横浜 ミドリシジミ    2011.6.20(記)

2011.6.19
梅雨空で、どんよりと雲がたれこめていたが、時々は雲は薄くなる。明日のほうが、予報では天気がいいようであったけれど、あてにはならないので、雨を覚悟で、横浜・舞岡公園行った(4回目)。

さて、現地に着いてみると、先客の方々は浮かぬ顔。クワの木に4頭も止まっているが、翅を拡げてくれない。空はどんよりと曇ったまま。動きが出るまで、その辺をうろつくと、ヨシの葉陰にヒカゲチョウがいた。柵の向こう、かなり遠かった。すぐ、翅を閉じてしまったが、逆光の後翅が透けてきれいだった。残念ながら、頭から下が草の陰。
a0181059_13415034.jpg

戻ってみても、ときおり移動し開翅するものもいるが、遠すぎた。撮っても暗い。諦めて去ろうと思ったき、1頭が、すぐ足元に降りて、再び、クワの木に移動した。飛び立つとき、赤い斑紋が見えた。
足元に来たとき、あわてて撮った1枚。
a0181059_13503819.jpg

クワの葉上で開翅するA型メス。尾っぽが見えないので、右に回り込んだがこれでせいいっぱい。
a0181059_13482039.jpg

このA型はすぐに上のほうに行ってしまい、降りてくる気配がなかったので、別の場所へ移動。
ここでは、次々とはいかなかったが、産卵にやってくる(?)メスの開翅を撮ることができた。
まず、撮れたのはB型。
a0181059_13574833.jpg

もう少し高い位置で撮りたかったが、贅沢というもの。
a0181059_145149.jpg

次は、O型の2個体(上、下段)。下の個体は格別大きかった。
a0181059_1464153.jpg

大型のO型メス。
a0181059_1410449.jpg

翅をよく見ると、わずかな傷があったが、O型といえども美しい。
a0181059_14102953.jpg

池の畔では、曇り空にもかかわらず、15:30ころから卍飛翔が始まっていた。16:00ころ、撤収した。

帰り道、1頭のベニシジミを撮っていたら、オスが絡んできた。メスは、オスなど眼中になく吸蜜を続け、オスも諦め、しかたがなく並んで吸蜜。最後は、もう1頭のオスがやってきて、解散となった。
a0181059_14184796.jpg

この日撮った他のチョウ。ストロボで撮った冒頭のヒカゲチョウ(明るいと、紋の青がきれい)。少し傷んだアカシジミ。スジグロシロチョウ。ベニシジミ。
a0181059_14212771.jpg


天気を待っていたら、ミドリシジミのシーズンが終わってしまう。ということで、また、行ってきた。午前中は全くダメであったが、午後になってから、A型、B型、O型のメスを撮ることができた。どんよりとした天気であったが、なんとかなるものだ。
(ここで、4月のギフチョウのとき、一緒になった2名に偶然再会し、楽しく撮影できました)

by otto-N | 2011-06-20 14:59 | Comments(4)

2011.6.15 さいたま市 ベニシジミ    2011.6.18(記)

2011.6.15
天気予報では、晴れそうだったのはこの日だけ。ミドリシジミを探しに、さいたま市の公園にクルマで行った。最近、首都高のC2という環状線ができたので、自宅から1時間もかからなかった。着いて早々、同好の方々が数人おられたので、蝶果を聞いたところ、朝6:00から来ているが全然いないとのこと。確かに、あちこちうろつき回ったが、ミドリシジミの影はなかった。今年は、昨年と違い、長靴でも入れないほど、水が多い。結局、帰るまでにミドリシジミの影を1匹見ただけであった。

ミドリシジミは撮れなかったが、この日遊んでもらったのは、ベニシジミ。ベニシジミといえども、自宅付近にはあまりいないので、それなりに楽しむことができた。
a0181059_13115725.jpg

赤紋が暗くなってきたが、まだまだ明るい。
a0181059_13121470.jpg

後翅に少し青紋が残っている個体もいた。
a0181059_1312313.jpg

暗がりの間をふわふわ飛んでいたアサギマダラ。キマダラセセリ、ヒメジャノメ。ここにもアカボシゴマダラがいた。コムラサキが樹液に来ていたが、すぐ逃げられた。
a0181059_13125044.jpg


ミドリシジミは不発に終わった。発生が遅れているだけだと思うけれど、このまま終わってしまうのか、ちょっと心配だ。水が多かったが、蛹化するために、それまでいた木が水に浸かって、地上に降りることができないとき、どうするのだろうか、木の上で蛹になるのだろうか?水が引くまで待っているのだろうか?幼虫は泳いで渡るのだろうか?そのまま蛹化できずにおわるのだろうか?ふと、疑問に思った。

by otto-N | 2011-06-18 13:38 | Comments(4)

2011.6.14 群馬県・赤城山(黒檜山) ミヤマセセリ    2011.6.17(記)

2011.6.14
昨年、現地まで行って、あまりにも寒くて登るのを断念した、群馬県の赤城山(黒檜山)1828mに登った。1828mとはいっても、登山口は1300m。標高差は500m程度。駒ヶ岳(1685m)経由で登ったが、登山道が整備されすぎているせいもあり、少し物足りなかった。

この季節はツツジがきれいらしい。確かに、シロヤシオ他、ツツジががあちこちに咲き、きれいだった。
1コマ目は、登り始めてすぐ、目の高さにあった黄色い花。4コマ目は、下山後、道端に咲いていた、野バラにような小さな花。
a0181059_15171937.jpg

黒檜山南斜面はこんな感じ。
a0181059_938159.jpg

さて、チョウだが、淋しかった。駒ヶ岳に至る尾根道にはミヤマセセリが新鮮。さすが1600m。登山道の至るところにいたキマダラヒカゲ(ヤマ、サトの区別がつきません)。見たのは、この他、モンキチョウとカラスアゲハくらいだった。
黒檜山からは、直下の急なルートで下山したが、ミズナラの林になっており、1月ほど経ったら、ゼフが舞いそうな雰囲気だった。
a0181059_15233993.jpg


この日は、東京は曇り、群馬県は晴れの天気予報。昨年のリベンジということで黒檜山に登った。しかし、さすが1500m。まだ木は芽吹いたばかりの新緑であった。そして、ミヤマセセリがまだピカピカで飛び回っていた。

by otto-N | 2011-06-17 15:57 | Comments(4)

2011.6.9 横浜 ミドリシジミ    2011.6.14(記)

2011.6.9
天気がよかったので、ミドリシジミが出始めた横浜・戸塚区の舞岡公園へ出かけた。本年3回目です。

クリの葉陰に休んでいたアカシジミ。少し遠く、暗かった。午後にも、下草に止まっているのを見つけた。
a0181059_20132668.jpg

ミズイロオナガシジミが道路脇、あちこちで見られた。羽化直後と思われ、新鮮だった(画像は2個体分)。
今まで気が付かなかったが、脚は黒と白の縞模様だ。
a0181059_20131123.jpg

ミドリシジミは、なかなか見つからなかった。しかし、午後、クワの木の葉陰にいた。少し移動するものの翅を拡げない。諦めかけたとき、前触れもなく、突然開翅した。ただ、位置が悪い。もっと低い所へと願ったが、同じような高さのところに移るだけだった。少し遠かったけれど、光が部分的に当たっていたので、よく輝いた。
4コマ目は、クワの完熟した実にしがみつくミドリシジミ。クワの実が吸蜜源とは知らなかった。
a0181059_20125298.jpg

数人で見守る中、少し低いところに移ってきた。そして開翅。今度はいい位置だ。翅が輝く右のほうへ回り込んで撮った。
a0181059_20123919.jpg

このポーズを数枚撮ったが、ピントが合っていたのはこの1枚だった。
この後、奥のほうに引っ込んでしまった。クワの実を吸っていたのだろうと思う。
a0181059_2012744.jpg

夕方、帰り際立ち寄った池の畔で、Hackenbacherさんが見守っていた羽化直後の4頭のうちの2頭。最後まで見たかったが、帰る時間となり、残念だった。
a0181059_20111637.jpg

ポイントを行ったり来たり、うろうろしていたわけだけれど、その間に道路で見られたチョウたち。
テングチョウ、アカボシゴマダラ、ウラギンシジミ、そして、アカシジミくらいの大きさしかない小さなキタキチョウ。
この日、ルリシジミが大発生していたが、どうせ開翅しないだろう、昨日撮ったしね、と思ったのは不覚。数頭の集団吸水シーンを撮っておくべきだった。
a0181059_20105481.jpg


やっと、ミドリシジミを撮ることができた。今年は、発生が遅れているとのこと。マクロでの撮影はできなかったけれど、まだチャンスはあるだろう。それにしても、ミドリシジミの開翅の瞬間にはいつも興奮する。その前のドキドキ感がいいのかもしれない。(ドキドキ感より、諦め感のほうが強いですが)
この日も、Hackenbacherさん、ありがとうございました。

by otto-N | 2011-06-14 21:12 | Comments(8)