たかがヤマト、されどヤマト

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011.7.28 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.7.31(記)

2011.7.28
この日も、梅雨前線が戻ってきたかのような曇り空。前日のヤマトシジミのペアは、両方とも新鮮だったので、また探しにいった。

ヤマトシジミのオスがちらちら飛び回っていたが、なかなか止まらない。が、やがてメスがやって来て、翅を拡げた。縁毛もきれいに残っていた。
a0181059_11133566.jpg

前翅にかすかに青い鱗粉を散りばめ、とてもゴージャス。
a0181059_1114082.jpg

このメスは、たぶん別個体。
a0181059_11141583.jpg

この日、メスばかりが目に着いた。狭い場所なので、同じ個体を何度も撮っていると思う。派手なカンナの花にも止まっていたのも発見。
a0181059_11144239.jpg

オスも撮ることができたが、鮮度はいま一つだった。
a0181059_1115718.jpg

飛ぶのが速いと思っていたら、ウラナミシジミだった。今年初めてだ。
a0181059_1115286.jpg

今年もアオスジアゲハが多いが、翅はよれよれ。このセセリはおそらくオオチャバネセセリ。ツマグロヒョウモン(♂)は、曇り空なので、オレンジ色に見えるほどだった。定番のオニユリ?にナミアゲハ。
a0181059_11154967.jpg


ヤマトシジミのメスは、黒くてもなかなかきれいだ。夏なので、真っ黒かと思っているとそうでもない。ほのかに青い鱗粉を散りばめたのもいる。それにしても、こんなに鮮度がよくても、産卵しているのは不思議だ。交尾済みということだ。オオミスジのように、メスの羽化を待ち構えているわけではないと思うが、オスがメス探しで飛び回っているのは、競争が激しく無理からぬことらしい。やっとメスを見つけても、ほとんど振られっぱなしだ。

by otto-N | 2011-07-31 11:51 | Comments(2)

2011.7.27 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.7.29(記)

2011.7.27
最近のヤマトシジミはどうだろう。この日は、曇天。あまり暑くないので開翅するだろうと、自宅から3分の恵比寿ガーデンプレースに様子を見に行く。

あまりいなかったが、晴れていないので、オスは翅を開いてくれる。
a0181059_11432655.jpg

ギボウシの葉の上が好きなようだ。
a0181059_11472412.jpg

オスを目で追いかけていると、メスを見つけてくれた。しかし、このオス、すぐ振られてしまった。
a0181059_1146279.jpg

近くには、別のペアがいた。いつもは、あまり熱心には撮らないけれど、オスもメスもピカピカだったのと、背景の緑がきれいだったので、他を撮っている間、断続的に撮影した。その間、位置が微妙に変わっていた。
a0181059_11475359.jpg

こうして、左右を比べてみると、オスとメスの斑紋の違いがよく判る。メスのほうが濃い。
a0181059_11491144.jpg

数日前、夕方、1頭のナガサキアゲハが来ていた。風に流され、花から離されるが、すぐ舞い戻る。30分以上これを繰り返していた。翅が少し壊れているところが、都会の郷愁をさそう(?)。
a0181059_1254748.jpg


都心では、ヤマトシジミさえ貴重な遊び友達だ。天気しだい、背景しだいで、2時間はすぐ過ぎてしまう。
ほんとうはもっと背の高い花がいいのだけれど、贅沢はいっていられない。都会の路地裏、路傍、公園の草花は、毎年変わる。昨年咲いていた花が今年もあるとは限らない。多くは、雑草として引き抜かれることが多い。カタバミくらい残してほしいものだ。

by otto-N | 2011-07-29 12:37 | Comments(6)

2011.07.26 白金の森 オナガアゲハ    2011.7.28(記)

2011.7.26
自然教育園では、今年は、クロアゲハよりオナガアゲハが多いという。ここでのオナガアゲハは未撮影。クサギの花も咲いたというので、行ってみた。

池のほとりにいたツバメシジミ。少しスレがきているが・・・
a0181059_13323423.jpg

あちこち行っても、何もいない。アカボシゴマダラがエノキに止まった。産卵場所を求めて歩きまわる。
a0181059_1333880.jpg

逆光で撮りたかったが、好機を逃した。
a0181059_13332932.jpg

クサギの花にオナガアゲハがやっと来た。他に、クロアゲハとナガサキアゲハ(♂)が来たが、すぐに行ってしまった。
a0181059_13334395.jpg

このクサギの木は、木陰にあり撮りにくい。
a0181059_1334652.jpg

7月13日に来たときの、カラスアゲハ(萎れかかったヤブカンゾウに来なくていいのに)、イチモンジセセリ、ゴマダラチョウ。
a0181059_13342671.jpg

7月15日の、コミスジとツバメシジミ。(この日はこれだけだった)
a0181059_13344820.jpg


昨年は、ここでオナガアゲハは一度も見なかった。その年によって発生が違うようだ(園内で発生しているとは限らないが)。これまで、教育園で見たアゲハチョウは、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、この日のオナガアゲハで計7種(飛翔中のジャコウアゲハも見ているので8種)。いそうでいないのがモンキアゲハだが、昔は普通だったという。ぜひ、ここで撮りたいものだ。

by otto-N | 2011-07-28 14:02 | Comments(4)

2011.7.22 山梨県・雁ヶ腹摺山 ギンボシヒョウモン    2011.7.23(記)

2011,7.22
先日、会津駒ヶ岳に登るつもりだったが、雨で断念。台風6号も太平洋の向こうへ去り、関東は晴れの予想。近場のお手軽な山を探し、雁ヶ腹摺山(1874m)に行くことにした。「がんがはらすりやま」と読み、旧500円札の山です。

中央道・大月ICを出たところ、曇り空に変わった。せっかくきたのだから、ひたすら舗装された林道を登るうち、上のほうに青空が見えてきた。山登りの起点の大峠という所に着いたころは、空は晴れ。車外にはアブが飛び回っており、それを振り切るように山登りを開始。急登が終わり、視界が開けたとき、雲海から富士が飛び出していた。
a0181059_13232690.jpg

頂上には、登り始めてから50分で着いた。頂上よりも、ここでの富士が素晴らしかった。(ところどころにゴミのよう写っている黒点は飛んでいるトンボ)

大峠付近にはミズナラの林があり、ミドリシジミが飛翔を繰り返していた。(時刻は10:00ころ)
1コマ目、比較的近いところにテリを張っていたのを撮ったが、翅はボロボロだった。2~4コマ目は、すぐ傍にいた別個体。横から撮ったのでは、後翅が光らず、前に回った。ずいぶん色が変わる。が、全開はしてくれなかった。後翅の黒縁の幅が判らないが、前翅の黒縁が少し太いような気がするので、アイノミドリかとも思うが、種名は不明。
a0181059_20402339.jpg

この個体は翅がきれい。期待したが、指先をアブに刺されたすきに、どこかへ行ってしまった。
a0181059_2040413.jpg

頂上付近は、原っぱになっていて、ギンボシヒョウモンがいた。それにしても、アブが多く落ち着けなかった。
a0181059_20481333.jpg

キアゲハが飛んできた。が、ギンボシヒョウモンにせっかくのアザミの花を奪われてしまう。
a0181059_20412254.jpg

山頂付近にいたルリタテハ、ヒメキマダラヒカゲ。大峠に戻ったときに、コムラサキがいた。エルタテハもいたが撮り損ねた。最後は、昼過ぎに、葉の上の水を求めて飛び回っていた〇〇ミドリシジミ。
a0181059_2041622.jpg


雲海上の富士山を見るのは初めてだった。たった50分の登りで、こんな富士を見られる場所は少ないと思う。それにしても、50分。この日の東京の最高気温は25.5℃。気温が低くあまり汗をかかなかったせいもあるが、山登りの満足感は得られなかった。時間が余ったので、反対側の黒岳に登りかけたが、笹で道が覆われていたので、すぐ登るのを止めた。
もうミドリシジミ系のオスは、終わっていたけれど、ポイントの足掛かりを見つけた。来年、探してみようかと思う。自宅から、片道100km。少し遠いが、首都高のC2ができ便利になったので、何とかなる。

by otto-N | 2011-07-23 21:15 | Comments(10)

2011.7.18 福島県・桧枝岐 ウラキンシジミ    2011.7.19(記)   

2011.7.18
福島県の桧枝岐に行った。翌日(7/19)に、会津駒ヶ岳(2133m)に登るためだった。しかし、朝から雨、登山は断念。することがないので、近くの湯ノ花温泉の共同浴場(湯端の湯)に寄った後、台風6号の影響による大雨で視界不良で50km制限の東北道を帰ってきた。

東北道・西那須野塩原ICを出て、塩原温泉をすぎ、栃木・福島県境付近の蕎麦屋に入ったところ、入口の網戸にミドリシジミ属のメスがいた。手乗りにして外に放したとき、大きな赤い紋が見えた。後裏翅の橙紋の黒点からメスアカミドリシジミのような気がする。2コマ目は、蕎麦屋の空地にいた、なじみのないセセリチョウ。開翅を撮り損ねたので、スジグロチャバネセセリかヘリグロチャバネセセリかよくわからない。
桧枝岐村に着いたときは、晴れだった。しかし、突然の豪雨。15:00過ぎ小降りになったので、竜ノ門滝というところへ行った。その林道脇のあちこちで、曇り空にもかかわらず、名前は判らないがミドリシジミの卍飛翔が見られた。ミドリシジミ以外のミドリシジミの卍飛翔は、実に47年ぶり。忘れていた感触がよみがえった。しかし、止まる位置が高く撮影は無理だった。近くにアサギマダラが飛んできたので、数枚撮ったが上の空だった。4コマ目は、久しぶりのヒメシジミのメス。ただ、少し位置が悪かった。
a0181059_2035307.jpg

宿にクルマをおき、近くを散歩したものの、暗い雲が立ち込めチョウのいる雰囲気がなかった。一度宿に帰り、桧枝岐歌舞伎の舞台を見に行った。そのとき、旅館の路地裏で、ウラキンシジミが吸水しているのを発見。ワイドズームしか持っていなかったが、それで撮影。下がコンクリートなのが残念だった。
a0181059_20354964.jpg


大雨のドライブで疲れたせいもあるが、やはり、山に登れなかったというのは気落ちがする。しかし、泊まった桧枝岐の旅館の料理は、山の料理としての統一感があり、なかなかのものだった。山は再挑戦しよう。
近くの林道で、ミドリシジミ属の夕方の飛翔を久しぶりに見た。結構暗く曇っていても飛び出していた。雨さえ上がれば、撮るチャンスがあるということか。
翌朝、起きたときは曇り。天気さえもってくれれば、登るつもりでいたが、登山口に着いた途端、雨。ミドリがいるかもしれないと、その辺を探すが、いたのはトンボだけだった。

by otto-N | 2011-07-19 21:10 | Comments(12)

2011.7.8 東京都・高尾山 オオムラサキ    2011.7.14(記)

2011.7.8
そろそろオオムラサキの季節。曇っていたけれど、高尾山に出かけた。

現場に9:00に到着した。空は曇っていたが、風はない。ご神木のこのコナラ、樹液の出ている位置が昨年とは違うようだ。アカタテハ、ボロボロのスミナガシ、カナブン、スズメバチ、ヒカゲチョウがすでに集まっていた。待つこと10分、1頭目のオオムラサキがやってきた。早速、シャッターを押すが、暗くてピンボケ。ストロボを焚くとピカピカに写りすぎ、しかも、連続してシャッターが切れない。しかたがなく、ISOを1250に上げた。

まだピカピカの新鮮個体だった。
a0181059_1114303.jpg

オオムラサキはほとんど翅を閉じて、樹液を吸う。そばに邪魔者が、特に、スズメバチがきたら、一瞬翅を拡げる。拡げた瞬間にシャッターを押しても後の祭り。まるで遅い。スズメバチが来て、ぶつかると思った瞬間フライングでシャッターを押した。(ボツ写真を量産した)
a0181059_1246498.jpg
a0181059_12472753.jpg

スズメバチへの威嚇の他、飛来した直後、翅を開閉しながら、樹液の出ているほうに歩いて移動するときもチャンスだった。
a0181059_1248366.jpg

樹液の出ている箇所はいくつもあったが、逆光なので、撮影箇所は限られた。
a0181059_1130667.jpg

普通サイズのスズメバチには勝つが、オオスズメバチには勝てる個体はいなかった。席取りに負けても、舞い戻ってくる。戻ってきたところを撮った。(勝負にならないが、オオスズメバチとの絡みを撮っておくべきであった)
a0181059_11291785.jpg

この個体、黄色の斑紋が白っぽい。紅点も薄い。(裏翅が、黄色と白っぽいのがいたのに気が付いた。裏が白いほうなのか?)
a0181059_11311118.jpg


オオムラサキを待っている間、樹上やその近くにいたチョウその他。
ピカピカのルリタテハ。どういうわけかボロボロのスミナガシ。タマムシの一種とムラサキシジミ(♀)。
a0181059_11432021.jpg

テリを張るオオムラサキ(午後、テリ張りが多くなった)。クロヒカゲ。何度かやってきたアサギマダラ。アカタテハ。
a0181059_11433438.jpg


オオムラサキが飛んでくるとき、空を切る音がする。翅を開く瞬間は、ウォーと声を上げたくなる。
午後から、近くの木の上に翅を拡げる個体が増えた、緑の葉上の開翅を撮りたかったが、あまり低い所には来なかった。
この日、結局15:00まで粘った。半径20mの狭い場所に、こんなに長くいたのは初めてだった。昼からは晴れたが、午前中は曇っていたので、それほど疲れなかった。オオムラサキを堪能した1日だった。

(この撮影で、ご一緒した「いつでもアートゾーン」さん、楽しいお話ありがとうございました)

by otto-N | 2011-07-14 12:19 | Comments(4)

2011.7.7 白金の森 ナミアゲハ    2011.7.14(記)

2011.7.7
東京のほうが、沖縄より暑い感じがした。久しぶりに、自然教育園に行く。ただし、チョウは期待できない。

池ではチョウトンボが舞っていたが、やはり、何もいないといっていい状況だった。池のそばに咲くイヌヌマトラノオにナミアゲハがきた。この花もそろそろ終わりかもしれない。
a0181059_9263569.jpg

園内はあきらめ、隣の児童公園でヤマトシジミを探すことにした。いたにはいたけれど、もう11:00、暑くて翅を開かない。
a0181059_9282214.jpg

きれいなメスを見つけた。珍しくクロバーで吸蜜していた。
a0181059_9283827.jpg


そろそろ、都内では、目標とするチョウがいなくなる。散歩のつもりで教育園に行くが、行き帰りの20分が暑くてあまり楽しいものではない(成果が上がらないせいもあるが)。

by otto-N | 2011-07-14 09:49 | Comments(2)

2011.7.5 沖縄・宮古島 アオタテハモドキ    2011.7.13(記)

2011.7.5
宮古島、最終日も晴れ。

朝食前にいつもの空地に出かけた。途中、ハイビスカスにシロオビアゲハが吸蜜。頭が見えないが、ハイビスカスにチョウという組み合わせ、そんなにあるものではなかった。空地のヤマトシジミは相変わらずだったが、すぐに、アオタテハモドキのメスが飛んできたので、ヤマトシジミはそっちのけで撮る。
a0181059_12544399.jpg

飛んでもすぐ近くに止まってくれた。
a0181059_12594476.jpg

メスを撮っている最中、オスが来たが、撮影位置を選んでいるうちに飛ばれてしまった。しばらくすると、また飛んできたので、日蔭ながら撮影できた。翅の傷み具合から、逃げられたのとは別個体だった。こちらのほうがきれい。
a0181059_1302846.jpg


朝食後、イムギャーマリンガーデンというところに出かけた。潮溜まりの湾から外に出るとよかったのかもしれない。亀がいたらしいが、まるでダメ。1回入ったところで、撤退。駐車場にはソテツがあったので、体が乾く間、クロマダラソテツシジミを撮影。
a0181059_1383070.jpg


さて、どうするか?迷ったあげく、池間ブロックへ行くことにした。
この写真は、宮古島と池間島の間の海。池間大橋(全長1425m)で結ばれている。
a0181059_131828100.jpg

池間ブロック前の荒地には、ベニモンアゲハがセンダングサを求めて飛んでいた。
a0181059_1321057.jpg
このビーチは、こじんまりしている分、ゆったりできる。砂も細かい、サンゴも生きている。すぐ近くに、池間ロープというところがある。ここは、浜に出るのに2mくらいの崖を降りる。崖にはロープが下がっておりこれをつたって浜に出る。クーラーボックスその他の荷物があるとき難渋した覚えがあるので、止めた。

池間ブロックからの帰り、まだ行ったことのなかった西平安名崎による。向こうの橋は池間大橋。湧き出た雲がきれいだった。
a0181059_13264862.jpg


宮古島発の最終便(東京行)、19:35。この夕日は、宮古島に来て以来一番の夕日だった。
a0181059_13313427.jpg



今回の沖縄旅行は、5泊6日と長かった。昨年は雨にたたられたので予備日をとったのだが、スノーケリング的にはその必要がなかったかもしれない。そろそろ、スノーケリングも飽きたのかなぁとも思う。沖縄一とされるスノーケリングポイントをほとんど回ったせいかもしれない。(これまで行った中では、波照間島のニシ浜、阿嘉島のニシ浜、座間味島の無人島がベスト3)
チョウ撮影では、ホテルのそば、あるいはビーチで、思いもしない種類を撮ることができた。あまり期待しないで行ったことが幸いしたようである。

by otto-N | 2011-07-13 14:45 | Comments(4)

2011.7.4 沖縄・宮古島 ヤマトシジミ    2011.7.12(記)

2011.7.4
この日も晴れ。8:00ころ、ホテル近くの空地にヤマトシジミのメスを撮りに行った。実は、昨日の夕方も行ったのだが、あまりにも蚊が多く、撮影どころではなく早々に退散した。

この空地には、これまで見たこともないくらいの数のヤマトシジミがいた。すべてが新鮮個体とは限らない。また、これだけ多いと、目移りしてしまう。オスのほうが、朝日を浴びてよく開翅する。2、3コマ目は同一個体だが、前翅の黒縁に個体差がある。
a0181059_11193481.jpg

朝日の影が長く伸びる。
a0181059_1122209.jpg

オスより、メスを探した。裏翅が黒っぽいのがメスだが、なかなか開かない。開いても半分。
a0181059_11231050.jpg

それでも、目星をつけたメスを目で追っていると、全開してくれた。
a0181059_11232960.jpg

東京では、寒冷地型として青メスが出るのに、どうして?
a0181059_11235351.jpg
もっと撮りたかったが、開く個体はなかなか見つからず、時間切れ、ホテルに戻った。

どこに行こうかと、ガイドブックを見ていたら、保良泉(ボラガー)・ビーチというのがあった。行ってみると、波が高く、潮が引いてからのほうが良いとのこと。浜には、シーカヤックが並んでいた。カヤック軍団が出た後、やれやれと海に入ったが、サンゴはなし、サカナもいなかった。1回入っただけで撤収。海は上から見ただけではわからない。
a0181059_11433854.jpg


次に向かったのは、有名な新城(アラグスク)・ビーチ。潮が引き始め、サンゴの間をすり抜けるのに苦労した。サンゴは大きいが、種類が少ない印象。向こうに見える島は大神島。
a0181059_11441015.jpg

このビーチでも砂浜との境目には、モンバノキ、クサトベラが茂っており、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハが来ていた。が、翅が傷んでいるものばかりだった。観察していると、モンバノキ(葉が白っぽい)にはベニモンアゲハ、クサトベラにはシロオビアゲハと花が決まっていた。
クサトベラに来たシロオビアゲハとウスキシロチョウ。
a0181059_11493359.jpg

モンバノキには、スジグロカバマダラが集まっていた。クサトベラには来ない。
a0181059_11495750.jpg

セセリを撮ったが、どうやらユウレイセセリというらしい。変な名前だ。それと、ゴマダラカミキリ。
a0181059_11501444.jpg


パイナマガ・ビーチの夕焼け。明日も晴れ。(夕焼けモードはなかなかのもの)
a0181059_12122813.jpg



やっと、ヤマトシジミのメスの開翅を撮影できた。宮古島に来て以来、毎日、翅の開く瞬間を探していたが、5日目にしてやっと撮ることができた。それにしても、同じヤマトシジミとは思われない。オスだって、東京のものより一回りは小さい。色も白っぽい。飛び方も、朝夕だけかもしれないが、ゆっくりだ。
スジグロカバマダラは、逆光気味でよかったが、前翅が少し欠けていたのが残念。PCで見て気が付いた。

by otto-N | 2011-07-12 12:31 | Comments(4)

2011.7.3 沖縄・宮古島 ベニモンアゲハ    2011.7.10(記)

2011.7.3
伊良部島の中の島ビーチがよかったら、また、行こうと思っていたが、まあいいかなと、朝、早めのフェリーで宮古島へ戻った。が、どこへ行こうか迷ったあげく、真謝(マジャ)という港の隣の浜辺へ行ってみた。

真謝の浜辺。沖に大神島が見える。砂地から海に入るとしばらく何もサンゴはないが、すぐにリーフ。リーフエッジの先を覗くと、急にドロップオフ。テーブルサンゴその他大きなサンゴの見事な崖。海岸からこんなに近いところで見たのは初めてだった。潮の流れが判らず危険であるし、リーフ内はあまり面白そうではなかったので、すぐに撤退した。(曇っていて海の中が暗かったこともあるが)
a0181059_1957282.jpg

実は、スノーケリングどころではなかった。砂浜に咲いているグンバイヒルガオにシロオビアゲハが飛び回っていたからだ。
a0181059_19493181.jpg

ベニモン型のメスもいた。
a0181059_1951211.jpg

胴体が赤いのも飛んでいた。ベニモンアゲハというらしい。
a0181059_1952354.jpg

赤い胴体は毒々しいほどだが、なかなか南国的でいい。
a0181059_2061292.jpg

よく見ると、ベニモンアゲハはヒルガオには来なかった。モンバノキだけに吸蜜していた。
a0181059_1950298.jpg

タテハモドキも吸蜜に来ていた。
a0181059_19524516.jpg

この紋様は、なぜか脳天気。
a0181059_1953675.jpg

オオゴマダラが飛んできたが、すぐに遠くに行ってしまった(3回も!)。しかたがなく、センダングサのスジグロカバマダラを撮った。
a0181059_19533919.jpg

チャバネセセリとウラナミシジミ。
a0181059_19541591.jpg


午後は、宮古島の北、池間島の手前にある狩俣(カリマタ)という町の浜に降りてみた。伊良部島から、砂浜が点在しているのが見えたからだ。ガイドブック、ネットにもスノーケルのことは載っていない。海の向こうは伊良部島。
a0181059_20224640.jpg

ここのだれもいない海には、サンゴはところどころしかなかった。しかし、クマノミがあちこちにいて、結構遊ぶことができた。そして、シロオビアゲハが潮が引いた浜辺で、吸水をしていた。海水のはずなのに。
a0181059_20252530.jpg


泊まっていたホテルの前、パイナガマ・ビーチの夕焼け。明日も晴れだ。
a0181059_2045408.jpg


この日、初めて、ベニモンアゲハとシロオビアゲハのベニモン型のメスに遭遇した。実は、撮っているときは、同じ種類だと思っていた。期待していなかっただけにラッキーだった。
そして、浜辺を取り囲むように生えているモンバノキの花にチョウが集まるということが判明したことは、大収穫。スノーケリングの合間にも撮影のチャンスがあるということだ。
それにしても、オオゴマダラを撮れなかったことは、ちょっと悔しかった。

by otto-N | 2011-07-10 20:52 | Comments(6)