たかがヤマト、されどヤマト

<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2011.9.25-28 奈良 ツバメシジミ    2011.9.30(記)

2011.9.25-28
仏像、神社・仏閣ににほとんど興味がないのだけれど、奈良へ旅行。メインは興福寺の阿修羅像。実は、2009年の春に上野で行われた阿修羅展、その秋に行われた興福寺・仮金堂での阿修羅展に行っている。この2回とも、長蛇の列。ゆっくり見ていることはできなかったが、阿修羅はすごい。阿修羅フィバーが収まってから、再会する機会をうかがっていたところ、「こだま」利用だけれど、3泊4日で29、800円の個人ツアーがあったので、即、申し込んでおいた。
この旅行で、興福寺、新薬師寺、元興寺、法隆寺、中宮寺、法起寺、唐招提寺、薬師寺(京都)をゆっくり回った。しかし、チョウはいなかったというに近いほど、いなかった。

奈良という所は、ほんとにチョウが少ない。東大寺がある奈良公園は、鹿に芝狩りをさせているような印象。鹿が雑草を残らず食べている。ヤマトシジミさえいなかった。お寺にの境内には萩の花が満開、萩につきもののチョウだけはいた。新薬師寺境内にいたウラナミシジミ、ルリシジミ、キタキチョウ。新薬師寺から春日大社に行く途中、樹齢数100年のイチイガシの大木の看板。イチイガシ?どこかで聞いた名前。そうだ、ここはルーミスシジミの発見地。裏山は特別保存の原始林らしい。法起寺にいたウラギンシジミ(♀)とヒメジャノメ。
a0181059_1430550.jpg

薬師寺の白い萩で見つけたツバメシジミのカップル。
a0181059_14361922.jpg


2年前には阿修羅像をゆっくり見ることができなかったが、今回は、静かにゆっくり心置きなく対面することができた。阿修羅像だけではなく、周りに安置されている十大弟子像・八部衆像も、表情がすばらしい。今回、他の有名な仏像も見て(拝んで)きたけれど、興福寺のものは仏像の範疇を超えていると思う。
建物で素晴らしいいと思ったのは、法隆寺と唐招提寺。ただ古いというのでななく、スケールと風格に凄みを感じた。

(チョウは不作ではあったけれど、新幹線で天竜川に差しかかったとき、ここがクロコムラサキの産地か!ちょっと遠いが、来年は絶対来ようと決心しました)


PS:
普通種ばかりのチョウでは、少し淋しいので、お寺の画像を2枚。あまりに素晴らしく写真を撮るのを諦めた。
法隆寺の金堂と五重塔。この後、修学旅行生でごった返した。朝一番の静けさは素晴らしかった。
a0181059_23493591.jpg

唐招提寺の金堂。スケール感は写真ではとうていわからない。
a0181059_23505657.jpg


by otto-N | 2011-09-30 14:59 | Comments(2)

2011.9.25 目黒区 ヤマトシジミ    2011.9.29(記)

2011.9.25
奈良旅行に出かける前、時間が少しあったので、自宅近くの公園で、ヤマトシジミの探索。

ヤマトシジミのオスは、新鮮な個体が多かった。涼しくなったせいか、吸蜜中でも半分は翅を拡げてくれる。
a0181059_14112010.jpg
a0181059_14125626.jpg

さて、メスはというと、少しは青鱗粉がのってきた。よく見ると、前翅の前端に青~緑の幻光が浮かび上がっている。
a0181059_1419440.jpg

後翅に青紋が少し出ていた個体。これも、アングルによっては緑の幻光が出る。
a0181059_14193120.jpg

このメスは、旅行から帰ってきた28日の夕方、見つけた個体。
a0181059_14194557.jpg


春先には少なかったヤマトシジミが数を増し、この公園でもずいぶん見られるようになった。そして、メスも、少しは青く色づいてきた感じがする。メスの前翅、アングルによって、青~緑の幻光が浮かび上がることに気がついた。完全に開くと消えてしまう。どうやら、前回の記事中、メスの翅の隙間から見えたブルーは、開くと消えてしまう幻のブルーだった。

by otto-N | 2011-09-29 14:39 | Comments(6)

2011.9.22 白金の森 ウラナミシジミ    2011.9.28(記)

2011.9.22
台風15号が去った翌朝、自然教育園は開園していたのだけれど、奥のほうは倒木などで立ち入り禁止。隣の公園で少しチョウを探す。

教育園との境には、キツネノマゴが咲いており、キタキチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリなどが集まっていた。ヤマトシジミは暑い上、日も出ているので翅を開かず。ウラナミシジミは、ほとんど草藪の奥で吸蜜していたが、上に出てくるのを待って撮った。
a0181059_19455111.jpg

a0181059_19483919.jpg

ヤマトシジミのメス、ほんのちょっと開いた隙間からは不思議な幻光が漏れていた。
a0181059_19512915.jpg


台風一過、道路のあちこちにはちぎれた木の枝が散乱し、風の強さを物語っていた。この日撮ったヤマトシジミのメスの不思議な青い幻光。おそらく、ある角度だけで現れ、全開すると出てこない青ブルーと思われるが、ちょっと気になる色だった。そろそろ、メスも青い鱗粉がのるころだ。


(2011.9.14)
ハイビスカスに吸蜜するナガサキアゲハ。これは、沖縄ではなく、近所の路地裏。撮ったのをすっかり忘れていた。鉢植えのハイビスカスが日蔭だったのがちょっと残念。日が当たっていると、青い鱗粉が輝くのだけれど。
a0181059_2014372.jpg
a0181059_2015862.jpg


by otto-N | 2011-09-28 20:15 | Comments(4)

2011.9.16 栃木県・鬼怒川河川敷    2011.9.23(記)

2011.9.16
鬼怒川の河川敷、ミヤマシジミのいた道と1本ずれた道、ゴミが散乱し、何もいそうもなかったが・・・。

イチモンジチョウかと思って、あまり撮らなかったが、自宅でPCで確認したら、アサマイチモンジだった。横からも撮っておけばよかった。
a0181059_20251342.jpg

藪の隙間の向こうにはススキが生い茂っていた。そのススキの間に、見慣れないセセリ、ギンイチモンジセセリか、昔(50年前!)北海道にいたものより大きい感じ。すぐ、追いかけるものの見失った。しかし、ここは、ツマグロキチョウが飛び交っていた。でも、止まってくれない。観察していると、メス探しではなく、どうやら、葉陰で休みたい様子。けれど、休む場所が、藪の奥の根本。前の草が邪魔をしてなかなか撮ることが難しい位置ばかり。前の葉をよける間に何度か逃げられたが、止まる個体はすぐ止まる。なんとか撮ることができた。その後、花での吸蜜シーンも少しは撮れた。夏型もまだいた。と、思ったが、これはキタキチョウ、とのコメントをいただいた(1コマ目)。訂正します。(鍵コメさん、ありがとうございました)
a0181059_20383015.jpg
a0181059_20401542.jpg
a0181059_20385265.jpg

この付近で撮ったチョウ。ウラギンシジミ(♂)、キタキチョウ、ウラナミシジミ。
a0181059_20442277.jpg


やっと、ツマグロキチョウに会うことができた。翅の裏の模様と色の個体差がこんなに大きいとは知らなかった。自宅のPCで見たとき、撮影条件の差で、黄色になったり白くなったりするのかと思った。それにしても、白っぽい枯葉色の裏翅、特に、白地に浮かぶ黄色の前翅は綺麗で、いかにも南国出身のシロチョウという感じがした。

by otto-N | 2011-09-23 21:05 | Comments(6)

2011.9.16 栃木県・鬼怒川河川敷 ミヤマシジミ    2011.9.22(記)

2011.9.16
シルビアシジミはなかなか現れず、1頭撮ったことだし、まあいいか、その辺に何かいるかもしれない、とミヤコグサの咲いている場所を離れ、四駆が時おり入ってくる荒地の中の道路を歩いた。

キタキチョウに交じって、ツマグロキチョウらしきものも飛んでいたが、止まらないので諦めていたとき、ミヤマシジミのオスを見つけた。ヒメシジミより、大きく、黒縁が細い感じだ。
a0181059_13172769.jpg
a0181059_13174717.jpg

a0181059_131889.jpg

さらに進んだところで、メスが同じ枝に2頭。しかし、翅を開いてくれなかった。寄りすぎたせいか両方に飛ばれてしまい、後の祭りだった。
a0181059_13183920.jpg
a0181059_13185779.jpg


こんな所でミヤマシジミに出会うとは思ってもみなかった。実は、ミヤマシジミは初めて。ヒメシジミでさえ、北海道では何とか新鮮な個体を撮影できているけれど、本州では摺れたボロボロのものしか撮っていない。
ミヤマシジミは大きくて、撮りやすかったけれど、少し風があり、なかなかピントが合わなかった。もっとも、このオス、風が吹いていなかったら翅を拡げてくれなかったかもしれないが。

by otto-N | 2011-09-22 13:48 | Comments(4)

2011.9.16 栃木県・鬼怒川河川敷 シルビアシジミ    2011.9.20(記)

2011.9.16
ヤマトシジミの親戚、シルビアシジミを撮らなくては、と、栃木県・鬼怒川の河川敷に行った。この日も晴れ。気温30℃以上。河川敷にはあまり行ったことがなく、暑くてたまらないだろうと、スポーツドリンクだけはたっぷり用意した。

シルビアシジミの食草のミヤコグサをまだ見たことはなかったので、とにかく、黄色い花を探す。見つかった。が、ぽちぽち咲いているだけだった。もっといっぱい咲いていると思ったのは間違いだった。ミヤコグサには何もおらず、周辺で飛び回っていたのはヤマトシジミのオス。とりあえず、止まったら撮り、モニターで斑紋を確認する。少ないとは聞いてはいたが、とにかく、ミヤコグサのあるところを探しまわった。そのうち、ヤマトより小さく、すばしっこく飛んでいるのを見つけた。ミヤコグサに止まった。シルビアのメスだった。この後、ミヤコグサのあるところを巡回し、ときおりやって来るシルビアを撮った。
a0181059_12271614.jpg

a0181059_1229312.jpg
a0181059_12341886.jpg

産卵行動中のメス。まだ花をつけていない小さな株に産卵するようだ。
a0181059_1233953.jpg

ヤマトシジミに絡まれたメス。
a0181059_12294375.jpg

シルビアは、ミヤコグサの他、このマメ科と思われる小さなピンクの花も好き。個体によっては、ミヤコグサに見向きもせずこの花だけを探す。6コマ目はヤマトシジミのオス。横から撮る分にはシルビアと美しさは変わらない。
a0181059_12351425.jpg

半分だが翅を開いたメス。2ショット撮り、もう少し上からと動いた瞬間、飛ばれてしまった。
a0181059_13151088.jpg

付近にいたチョウたち。ヤマトシジミ、ツバメシジミ、とても新鮮なヒメアカタテハ。
a0181059_12361477.jpg

ミヤコグサはとてもかわいい。ベニシジミの顔も黄色に反射する。後で気がついたが、ミヤコグサにヤマトは来なかったような気がする。
a0181059_1331625.jpg


初めてのシルビアシジミ。残念ながら、オスを撮ることができなかったけれど、メスはそこそこ撮ることができた。小さく色も目立たないので、たびたび見失い、また発見という具合で、この日遭遇したシルビアの全個体数は不明。撮影時刻は違っても、同じ個体を撮っている可能性がありそう。
シルビアシジミ、翅を開かねければヤマトと同じ、ということで、なんとか開翅を撮りたいものだけど、難しそうです。(自宅から往復258km、ちょっと遠いでした)

by otto-N | 2011-09-20 13:51 | Comments(10)

2011.9.14 白金の森 ヒカゲチョウ    2011.9.18(記)

2011.9.14
30℃以上の日が続く。期待はできないが、少しは期待しつつ、この日も自然教育園に行く。

この日、ヒカゲチョウの新しいものがずいぶん見られた。少し明るいところに止まると、なかなかのもの。
a0181059_20141659.jpg

ヒメジャノメ。くっきり撮るとそれなりに美しい。
a0181059_20143666.jpg

ツマグロヒョウモンのオスが、アザミの花に来たが、翅裏を透かすと、オレンジがきれいだ。
a0181059_20145697.jpg

この日のチョウ。ツバメシジミ、ヤマトシジミ(♀)、ウラギンシジミ(♀)、ウラナミシジミ(♀)。
(2コマ目のヤマトシジミの表翅の縁の辺りに青い幻光。あまり開かないこの角度だからこそ見えるものと思うが、実はこの幻光を放つメスの開翅を撮ろうとしているのだが)
a0181059_20151875.jpg


ウラナミシジミも現れ、ウラギンシジミも秋型だ。9月のチョウは他に何がいたっけ?と思いながら、2年前に出た黄色いチョウをさがしている。たぶん迷蝶・・・・・。

by otto-N | 2011-09-18 20:33 | Comments(4)

2011.9.12 白金の森 アカボシゴマダラ    2011.9.17(記)

2011.9.12
台風14号が去った後、毎日30℃以上の晴れの日が続く。自然教育園、正確には、コンクリート塀1枚で隔てられいる隣の公園のビオトープ。アカボシゴマダラの新鮮個体をじっくりと撮影した。昨日もこの場所でアカボシゴマダラを撮ったが、少し翅が欠けていた。この日のものは新鮮そのもので、羽化直後だったかもしれない。ここには、エノキの幼木が草の中に埋まっている。

近接しても逃げない。100ミリマクロで撮った1枚。
a0181059_19432714.jpg

寄りすぎると、少しだけ飛んで別のところへ移動した。
a0181059_19434255.jpg

逆光で撮るとアカボシがきれいだ。
a0181059_1944046.jpg

日が翳ったり差したり。日の差すのを待って撮ると、うっすら緑が透ける。もっと逆光のいい位置で撮りたかったが、かなわなかった。
a0181059_19441245.jpg

冒頭のマクロで撮る前、300ミリズームで押さえに撮った1枚。
a0181059_19452934.jpg


アカボシゴマダラは、由緒に問題があるようだけれど、やはり目立つし、それなりに美しいと思う。都心では、数が減っているように見受けられ、その分、郊外に拡散したのかもしれない。ここでは、ゴマダラチョウが減ったという形跡はみられないし、もう少し長い目で見ようと思っている。

by otto-N | 2011-09-17 20:12 | Comments(8)

2011.9.8 大菩薩峠 キベリタテハ    2011.9.16(記)

2011.9.8
晴れそうなので、前日行くことにした突然のハイキング。大菩薩峠(1897m)・大菩薩嶺(2057m)。富士は見えたが、チョウは不首尾だった。これもお手軽ハイキング。何しろ上白川峠(1592m)までクルマで入り、登りは3時間足らずで、これだけの富士。人気があるわけだ。問題は、裂石温泉から上白川峠までの林道、狭くて急で、すれ違える所の少ない道路だった。3台のタクシーとすれ違ったが、それは奇跡というもの。帰りは、嵯峨塩温泉へ抜ける別ルートを通りほっとした。

大菩薩峠(付近)からの南アルプス。
a0181059_19494830.jpg

富士山に雪がないと、ちょっとつまらない。が、それは贅沢というもの。
a0181059_19501091.jpg

林道にいた驚くほど新鮮なイチモンジチョウ。シータテハもいたが無視。
a0181059_1950523.jpg

大菩薩峠には、介山荘という山旅館があり、その前に数頭のキベリタテハが舞っていた。翅は壊れているうえ、かなり敏感で撮るのを諦めた。涼しいのでヒカゲチョウ(クロ?)は開翅。登山道で吸水していたアサギマダラ。アサギマダラは、大菩薩峠の上空を次々超えていった。そして、何かと思ったら、正体不明のミドリシジミのメスと、登山道にいたハンミョウ。
a0181059_19511670.jpg

夏の終わりを感じさせるミヤマカラスアゲハのメス。ボロボロ。長々と吸蜜していた。
a0181059_19513880.jpg


平日にも関わらず、駐車場はほぼ満杯だった。それにしても、登りやすい山だった。このところ、簡単に登れてきちんと富士が見える山ばかりをハイキングしているような気がする。そして、「苦労しない登っても富士山のありがたみがない」というのが、ツマとの一致した感想です。
それにしても、こんなにキベリタテハを見たのは初めてだった。林道、登山道で少し開けた所には、必ずとはいわないまでも、結構いた。ただ、敏感で撮れなかったけれど。

by otto-N | 2011-09-16 20:27 | Comments(6)

2011.9.7 白金の森 コミスジ    2011.9.14(記)

2011.9.7
この日も、あまり期待できない自然教育園へ。

池のほとりで撮ったコミスジ。最初、トンボに捕まったのかと思った。よく見ると、トンボも無残な状態。さらに、よく見ると、勝者はコミスジ。ゆらゆら揺れながら、クモが食べ残したトンボの残骸を吸っていた。
a0181059_1445242.jpg

吸い終わり満腹のコミスジ。ではなく、全くの別個体。
a0181059_14452595.jpg

ヒメジャノメが数頭発生していた。これは日向に出てきた個体。
a0181059_144772.jpg

よく見ると、前翅の左右の紋が違う。
a0181059_1513151.jpg

ツバメシジミ、逆光の縁毛がきれいだった。
a0181059_1522420.jpg

ヌスビトハギの小さな花で吸蜜中のツバメシジミ。
a0181059_1532161.jpg

イチモンジセセリ。花が主体なのだが、名前を忘れてしまった。
a0181059_154557.jpg

アジアイトトンボというらしい。可愛いので初めてトンボを撮る気になった。しっぽの先が青い、左がオス。右がメス。
a0181059_1542390.jpg


昆虫の死骸を吸うチョウを初めて見た気がする。へたをすると、自分もクモに捕まってしまう気がするが・・・。
萩の花も咲き始め、ヌスビトハギも種に変わろうとしている。この暑さはもう少しの辛抱。すぐ秋だ。しかし、チョウの種類もぐっと少なくなり、淋しくなる。

by otto-N | 2011-09-14 15:37 | Comments(2)