「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011.10.26 神奈川県 クロマダラソテツシジミ    2011.10.28(記)

2011.10.26
この日は冬型の気圧配置。快晴だが風が強い。ムラサキツバメを見に埼玉県に行こうかと思っていたけれど、ある方のブログで綺麗なクロマダラソテツシジミのメスが紹介されていた。メスはこんなに綺麗だったけ、というわけで、突然変更し神奈川県の発生地に行った。

現地に着いても、やはり風が強い。さて、ソテツはどこかと歩き始めた途端、なにかが飛んできて目の前に止まった。これが、ファーストコンタクト。
a0181059_16372014.jpg

ソテツはそこいら中にあるし、これは幸先がよいと思ったのは束の間、何も飛んでいない。ソテツの葉が刈り取られた後があったので覗くと、幼虫が数匹じっとしていた。いることには違いないと、とにかく探しまわっているうち、ソテツにまつわりつくように飛んでいるのがいた。近づくと垣根に止まった。やや擦れてはいるが、クロマダラソテツシジミのメスだった。7月に沖縄で撮影したメスとは、別種かと思うほど異なっていた。
a0181059_2045104.jpg

この個体は再び飛び回り始め、ソテツの籠の中に入り込んだ。翅を開くが、なかなかいいアングルがとれなかった。が、なんとか撮ることができた。産卵するかと思ったが、すぐ出て行ってしまった。
a0181059_16382439.jpg

1頭撮ったのはいいけれど、後が続かず、その辺をうろつき回るうち、ソテツの中にカメラを向けている方がいた。挨拶を交わすと、「美撮に夢中」のmidoriさんだった。いったん別れて探し始めたとき、midoriさんが羽化直後と思われる個体を見つけてくれた。二人してしばらく見守っていたら、突然翅を開き始めた。オスだった。そして、空高く舞い上がっていった。翅を開き始めてから1分間の出来事だった。
a0181059_1639351.jpg
a0181059_16392263.jpg
a0181059_16393710.jpg
a0181059_16395695.jpg
a0181059_16413361.jpg

なんとか撮れたので、また探索。そして、また、midoriさんが見つけた。今度は、なかなか翅を開かない。風が強いのでぶれぶれなので何枚も撮った。自宅のPCで見たら、ストローを伸ばしたり丸めたり、結構かわいい。
a0181059_1723694.jpg

柔毛につつまれ、羽化したばかりだ。こんなに新鮮な個体を撮ることはあまりなかった。
a0181059_173387.jpg

何時間たっても動く気配が全くなかったので、飛び去ることを覚悟でちょっかいを出したら、近くのソテツまで飛んで行った。これもオスだった。枯れてない所に止まって欲しかったが、またもや動かず。尾状突起の付け根にある紋の中のメタリックな輝きが美しい。
a0181059_1734171.jpg

2頭のオスの開翅を待っている間に撮った3個体のメス。新鮮なものはいなかった。
a0181059_17293134.jpg


クロマダラソテツシジミ、沖縄では、クモの巣だらけのソテツの回りを飛び回っている。いればすぐ見つかるだろうと思っていたら、とんでもない。よく考えたら、大発生しているわけではないので、簡単に見つかるわけはないことは明白。もし、現地でmidoriさんに出会わなかったならば、メスだけ撮って帰るところでした。midoriさんどうもありがとうございました。
ところで、冒頭の写真は1番のお気に入り。フロントガラスに止まったクマソですが、逆光を補正すると、写り込んだパームツリーがとんでしまうので、ほとんどそのままで出しました。
そして、2頭目のオス、最後の写真の後は、というと、お別れのつもりでちょっかいを出しました。案の定、舞い上がっていきました。

(「naoggioの写真日記」のnaoggioさん、この発生地を教えていただきありがとうございました)




by otto-N | 2011-10-28 17:56 | Comments(18)

2011.10.24 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.27(記)

2011.10.24
月曜日、自然教育園は休み。曇り空で気温は低めなので、ヤマトシジミは空が少しでも明るくなると開翅するはずと、Dの公園へ。

到着直後は暗かった空も、少し明るくなったとき、オスのヤマトシジミが全開した。きれいなオスだったが掲載は割愛。それより、このメス、なかなかのもの。一人で撮るのはもったいないので、「散歩」のShinさんを電話で呼び出す。Shinさんは10分で到着。呼び出しをかけたのはいいが、実は、来る前に逃げられたらと、気が気でなかった。
a0181059_16282095.jpg
a0181059_16323680.jpg

a0181059_16325559.jpg

「スーパーブルー」もやってきてイヌタデで吸蜜。上の個体と比べると、青面積が広く、色も薄いことが判る。どちらが綺麗かというと・・・
a0181059_16331944.jpg
a0181059_16333760.jpg
a0181059_1634221.jpg

他には、次の2個体。特に、下の個体は翅脈がくっきりとしていた。
a0181059_16343586.jpg


この日も「スーパーブルー」がやってきた。しかし、前日撮った同じようなアングルの写真と比較したところ、右に目立たないが立て傷があり、同一個体と判明。新鮮でないものが2回続き、もう新鮮な「スーパーブルー」はいないのかもしれないと思っていたので、少しほっとした。

by otto-N | 2011-10-27 17:05 | Comments(12)

2011.10.23 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.25(記)

2011.10.23
日曜日。たまには、少し遠い所へ行こうと思っていたが、あいにくの曇り空で挫折。とりあえず、日が差すことを期待して、Dの公園へ。半袖でも寒くなかった(22℃くらいか?)。午後からは晴れた。

Dの公園に着いても、日は差してこなかったので、しばらく待機していると、うっすらと日が差してきた。すると、ヤマトシジミのメスが現れた。初めは翅を閉じていたが、全開翅。ずいぶん青いと思っていたが、何枚か撮ってモニターを見たら、前翅の前縁にまで青鱗がのり、黒縁の後ろは狭い。勝手に名付けた「スーパーブルー」だった。日差しが弱く、綺麗に撮ることができたと思う。
a0181059_15405674.jpg
a0181059_15412169.jpg

「スーパーブルー」はオスに絡まれどこかに行ってしまったが、名前が判らない地味な花に吸蜜していたこの個体も綺麗だった。
a0181059_15445426.jpg
a0181059_15451229.jpg

上とは別の2個体。いずれも青が美しかった。
a0181059_15481978.jpg

昼ころ晴れてきたが、このポイントは木の陰になり、ヤマトシジミもいなくなったので撤退。教育園の前を通りかかったとき、日曜日の人出はどうなんだろうと気になり入園した。やはり人は多かったが、今季4頭目のアサギマダラがいた。メスだった。今年のタイアザミはあまり綺麗ではないが、アザミに来たチョウということで、ナミアゲハ(小さかった)、クロアゲハ、キタキチョウを撮る。
a0181059_15483473.jpg


やっと、ヤマト青♀「スーパーブルー」を撮ることができた。「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」の感がないこともないが、とにかく一段落、ほっとした。ただ、前に撮った個体もだが、縁毛が少し擦れており、新鮮度の点からと、青面積が少し狭い点から、もう少し探そうかという気になる。探すといっても、このポイントに通うだけだけれど・・・

by otto-N | 2011-10-25 16:11 | Comments(2)

2011.10.22 目黒区 ヤマトシジミ    2011.10.25(記)

2011.10.22
午前中、雨の土曜日。昼頃、雨が上がったとき、ちょっとだけ日が差した。近くのヤマトシジミのたまり場に顔を出す。ここも、先週、カタバミは雑草として刈り取られたけれど、その辺を飛び回っている。

ここには、Dの公園ではめっきり少なくなった新鮮なオスが多い。昼だというのに、気温が低いせいか、ぼんやりした日が差すたびに翅を拡げる。実は、日はなかなか差さず、根競べだった。この白っぽいオス、どの個体も裏面は、メスのように茶色っぽい気がする。交尾個体がいるとわかりやすいのだが・・・
a0181059_1353595.jpg

こうやって撮ると、テリ張りしているゼフみたいに見える。
a0181059_1363255.jpg
a0181059_1355957.jpg

メスもどこからか飛んできた。結構青かった。
a0181059_13131365.jpg
a0181059_13132756.jpg


毎日毎日、ヤマトシジミばかりだと、さずがに飽きます。が、目的は未達成。背景のいいところでも撮っていないし、もう少し遊んでもらおう。

by otto-N | 2011-10-25 13:29 | Comments(2)

2011.10.21 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.24(記)

2011.10.21
曇り、ときどき薄日。気温20℃くらい。翌日からは天気予報は雨。さて、今日はどうかなと出かける。

この日のヤマトシジミ、青いメスの1番手。このところの平均的な青さか。
a0181059_16182211.jpg
a0181059_16184499.jpg

2番手。前翅の前縁にも青鱗粉がのっている。
a0181059_16205084.jpg
a0181059_16192516.jpg
a0181059_162056.jpg
a0181059_16203137.jpg

3番手。青鱗は少なく、裏の斑紋が少し透けて見える小さめの個体。縁毛はそれほど傷んでいない。
a0181059_162152.jpg
a0181059_16212343.jpg


薄日が差し、暑くもなく寒くもなくヤマトシジミの開翅日和だったけれど、「スーパー」は現れず。ただ、それに近い、前翅の前縁にも青鱗粉がのっている個体を見つけた。逆に、青鱗粉のすくない個体もおり、なかなかヤマトの青♀も変化に富んでいる。ちょっとばかり感心した。

by otto-N | 2011-10-24 16:44 | Comments(2)

2011.10.20 白金の森 ムラサキツバメ    2011.10.22(記)

2011.10.20
薄い雲がかかっているが晴れ。気温は21℃と快適な日だった。

Dの公園で、ヤマトシジミを捜すものの、「スーパーブルー」は見つからない。この日に出会ったヤマトシジミのメスは4個体。
a0181059_16312716.jpg

日差しが少し強くなってきたので、ムラサキ系が出てくるはずと、あわてて園内のいつもポイントへ行くと、ムラサキシジミに混じり、ムラサキツバメ♂が1頭出てきた。しかし、高い所で開翅し、すぐ行ってしまった。撮れず残念。
a0181059_16324347.jpg
a0181059_1637574.jpg

このポイントは11:30ころ日が差さなくなるので、ここを諦め別な所へ移動。アザミに来たアオスジアゲハを少し撮った後、池の畔を通って帰ろうとしたとき、ムラサキツバメを発見。メスだった。少し遠いが開翅した。
a0181059_16373666.jpg
a0181059_16375286.jpg
a0181059_163856.jpg

もっと近くに移ってきて開翅するものの、アングルがいま一つよくなかった。
a0181059_16403069.jpg

数日前に職員の方に教えてもらったルリタテハの蛹。この場所での食草はシオデ。まだ幼虫もいた。これで、幼虫、前蛹、2時間前には前蛹だった蛹、後蛹の4枚が揃った。蛹の背中には金色のエンブレムが光っていた。
a0181059_16391593.jpg


毎日のように、近くの幼稚園の園児がやってくるこの公園に来て、不審者に間違えられそうな気がするが、今のところお咎めはない。たぶん、幼稚園の先生には顔を覚えられていると思う。
さて、捜し物は見つからなかったが、今年初のメスのムラサキツバメ♀を撮ることができ、大変満足だった。先日、オスを撮った場所と同じなのだが、マテバシイは近くになく、どこから来るのか不思議だ。
ルリタテハは今年中に羽化するはずだが、ぜひ羽化シーンを見てみたいもの。やはり日参することが必要なようだ。

by otto-N | 2011-10-22 17:20 | Comments(2)

2011.10.18 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.22(記)

2011.10.18
昼からは晴れたが、午前中は曇り空。Tシャツの上に長袖を着ても、じっとしていると風邪をひきそうなくらいだった。気温は18℃くらいか。

さて、ヤマトシジミはこんな寒い日はどうしているのだろうか?いるわけがないと思っていたら、葉の上でじっと寒さと風に耐えているのを何頭か見つけた。風がそよぐと、前翅を後翅の中に引きこむように、身を縮める。
a0181059_106353.jpg

一瞬、空が明るくなったとき、オスが飛んで来て、翅を拡げた。
a0181059_1071936.jpg

昼ころ、空は晴れてきたが、ビオトープは日蔭になる。開翅をあきらめた。ウラギンシジミが木の上に。教育園の前を通ると、ナミアゲハがアザミに。入園するつもりはなかったが、ちょっと入ってみた。
a0181059_1085690.jpg

園内に入ったら、アサギマダラ♀が来ていた。が、翅も拡げず、10分ほどで木々の間に消えた。頭は花粉でいっぱいだった。
a0181059_1092825.jpg

アザミにこんなに花粉があったのかと思って、アザミを見ると確かに花粉がきれいについていた。というわけで、花の写真を撮った。ノハラアザミ、ユウガギク、ホトトギス、イヌショウマ、アキノウナギツカミ、タイアザミ。載せなかったが、カリガネソウ、ツリフネソウ、シロヨメナもまだまだきれい。(チャの花を撮り忘れた)
a0181059_1095369.jpg

この時期、一番好きな花はミゾソバ。可愛いながらもあでやか。
a0181059_10102610.jpg


さすが、人間が寒いと思ったときは、チョウは出てこない。この次の日(19日)も完全に曇り。最高気温17.5℃で11月中旬並みの気温。薄日が差すのを期待してちょっと行ったが、やはりダメ。18℃でも日が差すと開翅するのだが・・・

by otto-N | 2011-10-22 10:43 | Comments(2)

2011.10.17 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.20(記)

2011.10.17
薄曇り、最高気温23℃。よい天気が続いた。この日も、、2時間ほど、ヤマトシジミ捜しに出かけた。

ヤマトシジミのオスが目につく。大きくて、白っぽいが、どれを撮っても個体差が少なくなってきた。前翅の黒縁の内側の白帯が意外と幅広い。
a0181059_1424796.jpg
a0181059_143457.jpg

この日の青いメス。順光で撮るより、少し逆光で撮ったほうが、青鱗粉が輝く。べた開翅より、前方斜め前からのアングルが好きだ。
a0181059_146631.jpg
a0181059_146273.jpg
a0181059_1464995.jpg


この日も「スーパーブルー」は見つからなかったけれど、結構きれいな個体を撮ることができた。「スーパー」は、前翅の黒縁が縁と並行ではなく、後ろのほうが細くなり、その分、青鱗粉がのる面積が広い。しかも、青鱗粉の密度が高い。そして、前縁ぎりぎりまで青鱗粉がのっている。この日の個体は、ちょっと惜しかったが、気長に捜すことにしよう。

この公園のカタバミとクロバーは、芝とともに刈り込まれてしまった。幸い、ここはビオトープなので、キツネノマゴや、イヌタデの花は健在。朝早すぎても、ヤマトは出てこず、日の当たる10:00~11:30が勝負のようだ。

by otto-N | 2011-10-20 14:38 | Comments(7)

2011.10.14 白金の森 ムラサキシジミ    2011.10.18(記)

2011.10.14
少し日差しが強い。教育園に行った後、隣でヤマトシジミを捜した。

日差しが強い午前は、ムラサキシジミが出てくることが多い。ポイントに着いて待ち構えていると、三々五々やってきた。4コマ目、樹上生活のシジミチョウが下草に降りてきたときは、草の葉の汁を吸っていることが多い。
a0181059_13593179.jpg
a0181059_13594748.jpg
a0181059_140481.jpg

ムラサキシジミを撮っていると、近くのアザミにアオスジアゲハが来襲。逆光で撮った。
a0181059_1403325.jpg
a0181059_1405551.jpg

ムラサキツバメが本命だったけれど、もう10:30。隣の公園でヤマトシジミを探す時間。急いで駆けつけるものの、止まらないオスばかりだった。ただ、黄色の花にここでは珍しいベニシジミが来た。右後翅に欠けがあり擦れてはいるが、悪くはない。
a0181059_1414058.jpg
a0181059_1415438.jpg

この日のヤマトシジミのメス。これは平凡、普通。
a0181059_1422131.jpg

青い部分は狭いが、後翅に青い鱗粉が散りばめられ、とてもゴージャス。青ければいい、というものではないようだ。
a0181059_1423549.jpg


この日も「スーパーブルー」は現れなかったけれど、青い面積が狭いがとても綺麗なメスがいた。光の当たり方によるのかもしれない。順光の位置に回りこんで撮るのが癖になっているが、検討の余地がありそうだ。

(画像は、クリックすると少し大きくなります)

by otto-N | 2011-10-18 14:40 | Comments(2)

2011.10.13 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.16(記)

2011.10.13
前日、ヤマトシジミの青♀の中でも、青部分が広いスーパーブルーは見つかったが、撮りきらないうちにオスのヤマトシジミにじゃまされた。この日も晴れ。自然教育園を少し見ただけで、隣の公園に行く。

羽化したばかりと思われるオスのヤマトシジミ。大きくて翅脈が白っぽい。
a0181059_19512314.jpg

a0181059_19514150.jpg

青っぽいメス。1、2コマ目は同一個体。3、4コマ目はそれぞれ別。
a0181059_19543093.jpg

a0181059_19551417.jpg

こちらのほうが、もう少し青いか・・・
a0181059_1956824.jpg
a0181059_19562625.jpg

ヤマトシジミ以外のチョウたち。ウラナミシジミ♂、園内にいたクロアゲハ♂、オオウラギンスジヒョウモン♀は、ボロボロでもまだ頑張っていた。よく見ると、右前翅に穴があいており、9/29に撮った個体だ。
a0181059_2002339.jpg


2度あることは3度はなかった。しかし、ヤマトの青♀はどんどん出てくるようだ。飛んでいるときに色で区別がつくが、ときどき擦れたオスと間違えることもある。それにしても、もう少し背の高い所に止まってほしいものだ。

by otto-N | 2011-10-16 20:15 | Comments(6)