たかがヤマト、されどヤマト

<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2012.10.29 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.31(記)

2012.10.29
少し風があるが、晴れ。近くのヤマトシジミが心配で見に行く。実は、27日に草刈りが入った。大半は終わっていたが、ちょうど居合わせたので、係りの人に一部の残ったカタバミを刈らないようにお願いしてあった。全部刈ることになっているので、個人の一存ではできないとのことだったが、行ってみたら残っていた。感謝。

その残されたカタバミの花には、これまで以上にヤマトシジミが集まっていた。ほとんど刈られてしまったのでここに集中したようだ。
a0181059_13303756.jpg

さて、メスはというと、晴れているので写りが良くない。あいかわらず茂みの引っ込んだところばかりで翅を開く。一番日の当たるところで開翅するオスとは大違いだ。上はかなり青かったが、下は普通の青だが新鮮。
a0181059_13332228.jpg

芝の上に散在していたカタバミは、ちびたやつばかり残されていたが、それでも、集客力はあった。かなり青いのもいた。風があったので、なかなかピントが合わなかった。これでもメス。
a0181059_13412735.jpg

a0181059_1342361.jpg

小さな個体だったが、かなり青かった。
a0181059_13471852.jpg

これ1枚しか撮れなかったが、スーパーブルーといってよいほど、青の面積が広い。
a0181059_13473829.jpg

今年は、まだ1枚もヤマトシジミの交尾は撮っていなかった。つながったまま少し飛んだあと、解離したが、メスはかなり青かった。追っかけたが逃げられた。撮り逃がしたヤマトは青かっただけの話か・・・
a0181059_1446596.jpg


昨年も、この時期に公園の草刈りが行われ、カタバミの花のほとんどがなくなっている。それでも、機械で刈り取られなかった小さな花にヤマトシジミが来ていた。冒頭のカタバミは、高さ1.2mほどの石垣の上、はいつくばらなくても撮影しやすい場所。来年は、さらにカタバミを移植しようかとも思っている。
スーパーブルーっぽいのが現れたが、またもや、天気が良すぎた。曇りの日の開翅は一度も見ておらず、なんとか撮ってみたいものだ。

by otto-N | 2012-10-31 14:12 | Comments(4)

2012.10.26 白金の森 ムラサキシジミ    2012.10.30(記)

2012.10.26
近くでヤマトシジミを撮った後、自然教育園に向かう。徒歩15分。からっと晴れているので、ムラサキシジミが出ているはずのポイントに急ぐ。

路上には光があふれていたけれど、ムラサキシジミの気配なし。ふつうなら、次から次へとやってきて、両脇の低木の葉上で翅を拡げているはず。今年はなんか変だ。しばらく待っていたら、やっと1頭出てきて、ちょっと高いところにとまっただけだった(♀)。諦めて、別の場所に移動すると、ヤマトシジミに追われているムラサキシジミを発見。葉の上にとまり開翅した(♂)。ヤマトシジミはこんなに強かったっけと思った光景だった。チャバネセセリを見つけ横から撮る。今年初めてのムラサキツバメ(♂)。足元で吸水し近寄っても逃げなかったが、あまりにも位置が悪かった。当然、開翅はなし。
a0181059_12572051.jpg

ムラサキツバメも何処かへ行ってしまい、どうしようかとしていた時、ムラサキシジミが飛んできて葦の葉の上で開翅。ブルーが輝く位置を捜す。オスの濃いブルーは何度みても鮮烈だ。
a0181059_132616.jpg

教育園では、オオニガナが咲き始めた。その辺をムラサキシジミがチラチラしていたが、オオニガナに吸蜜をはじめた。長い吸蜜後、かすれた葦の葉の上で開翅。こんどはメスだった。
a0181059_13115978.jpg

オオニガナの花には、キタテハも来ていたが、イチモンジセセリがすぐ近くにやってきた。白紋が逆光できれいだった。
a0181059_13143358.jpg


今年はやっぱり変。ムラサキシジミがいつものようには出て来ない。ムラサキツバメに至っては、やっとの証拠写真。そういえば、まだ木枯らし1号が吹いていない。もう少し寒くならないと、出て来ないのかもしれないが、ちょっと不安だ。

by otto-N | 2012-10-30 13:27 | Comments(12)

2012.10.26 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.28(記)

2012.10.26
朝からからっとした快晴。自然教育園のムラサキを見に行く前に、ヤマトシジミの場所に立ち寄る。

いつもより早めで、カタバミもまだ咲いていなかったが、すぐに青メスが飛んできた。かなり青いと思ったら、前翅の前縁にも鱗粉が載っていた。スーパーブルー級だ。ただ、いい場所にとまってくれなかったし、晴れているので綺麗には撮れなかった。しかたがなく、左手で日を遮ったが、ピントが合っていなかった。日陰にした途端、どこかへ飛び去った。
a0181059_14561853.jpg

1頭目には飛ばれてしまったが、次々とスーパーブルーは現れた。1コマ目と2コマ目以降は別個体。
a0181059_1721837.jpg

a0181059_153051.jpg

日陰にするとすぐ飛ばれ、綺麗に撮れなかった。また、風が少しあり、なかなかピントも合わなかった。ここは、都心の高台にあり、30階建ての高層マンションの脇。風があって当たり前。逃げられても、すぐ見つかったものの、どれとどれが同一個体なのか、何頭いたのかさっぱりわからなくなった。
(画像ではわからないが、大きさも結構違っていたし、小さな傷、前翅の黒縁の幅で個体判別ができるが、判別が面倒になった。それと、4コマ画像、背景がうるさくてサイズを縮められず、絵が粗くなりちょっと失敗)
a0181059_17215984.jpg

とにかく、太陽を遮ると飛ばれるので、順光側に慎重に回り込んだ。ブルーの色合いは太陽の反射光の角度によって変わった。
a0181059_1535945.jpg

ふつうの青♀もいたが、とにかく、この日はスーパー・フライデーだった。
a0181059_15214189.jpg

周りの雑草を取り除き、整備した一塊のカタバミにやっと来てくれたのはオスだった。
a0181059_15233461.jpg


やっと、前翅の前縁まで青鱗粉が載ったスーパーブルーが現れた。一度に出て来ては面白みがないし、あまりにも天気が良く、写真写りは良くはなかったけれど、これまでにない鮮度のものばかりだった。曇った日に期待したいが、それまでにどこかへ行ってしまわないことを願うばかりだ。

by otto-N | 2012-10-28 15:36 | Comments(10)

2012.10.23-25 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.26(記)

「とことんヤマト」ということで、近所のヤマトシジミを見にいくことが日課となった。でも、すべて天気しだい。

2012.10.23
快晴なので、写真映りが良くない。ほとんど青くないメスと、ちょっと青いメス。
a0181059_14135371.jpg

風が強く、ヤマトシジミも必死にカタバミの花にしがみついていた。そんな中で、前縁にも少し青鱗粉が載っている、かなり青いメスを発見。
a0181059_14135785.jpg

2012.10.24
この日も晴れ。ふと見ると、「えっ!何?」というの見つけたので追いかけた。とまったので、裏翅を撮ろうとしたが、すぐ全開翅。
a0181059_15314573.jpg

ときどき翅を閉じたが、なかなか横から撮れないうちに、飛ばれ、また追いかけた。実は、前翅の紋流れ。産卵するのか叢に入ってごそごそやっていたが、ここは辛抱。やっと出てきたが、動き回るのでちゃんとは撮影できなかった。最後はオスに絡まれ天空に。
a0181059_14215164.jpg

石段の上にとまった別個体。反射光が少し翅を透かしていた。ヒカゲチョウ、ここで見たのは2回目。胸付近の毛が緑色に輝いていた。
a0181059_14222890.jpg

2012.10.25
どんよりとした曇り。寒い。少し空が明るくなったときに見に行った。少し空が明るくなると飛び出すが、暗くなるとその辺にとまる。翅は閉じたまま。じっと空が明るくなるのを待つ。LEDライトは全く効かない。しつこく当てると逃げられる。気温が低いとだめなようだ。空がほんの少し明るくなった瞬間、おずおずと翅を開く。
a0181059_14402549.jpg

青くない別個体。
a0181059_14403511.jpg

青いメスを発見。枯葉にとまり、翅を開いた。開いたままじっとしているので、縁毛まで綺麗に撮れる位置を捜した。翅の小さな傷から、どうやら、冒頭の個体と同じようだった。
a0181059_14412261.jpg

左右均等の位置はやはり難しい。少し引いて撮った。
a0181059_14425914.jpg

飛んだので追いかけた。こんないい撮影条件はない。笹の植え込みにとまった。右と左から撮影。
a0181059_1443557.jpg

これは別個体。少しの日差しで全開した。全く日が当たらない方がやはりいいようだ。
a0181059_14441512.jpg

エノコログサで休みに入った個体を見つけた。絞りF2.8解放で撮ってみた。
a0181059_14442789.jpg


これまで、ヤマトシジミの斑紋異常としては、前翅の紋が少ない個体、後翅の紋の1つが流れている個体を見ているが、前翅の3つが流れているのは初めてだった。翅の裏を撮りたくてヤマトシジミを追いかけたことも初めてだった。
青♀を撮るのは、やはり曇天がいい。晴れていると、なんの趣きもない。ただ、この時期、曇ると寒いので翅を開かない。ほんの少し空が明るくなるのをひたすら待つだけだった。

by otto-N | 2012-10-26 15:24 | Comments(4)

2012.10.12-24 白金の森 ムラサキシジミ    2012.10.25(記)

10月はムラサキシジミが出てくるころ。晴れたら開翅するはず、ということで、何度か自然教育園に出向いたが、ぱっとしない。ムラサキツバメに至っては、飛んでいるのを1度見ただけだった。

2012.10.12
珍しくアカタテハがいた他、キタテハなどいつものチョウばかりだった。
a0181059_108494.jpg

2012.10.17
ムラサキシジミがキク科の花にしつこく吸蜜していた。花に来ること自体珍しい。
a0181059_10562914.jpg

10時半すぎ、いつもの場所は日が当たるころ。行ってみると、ムラサキシジミが降りてきて、次々とはいかなかったが、開翅してくれた。
a0181059_10565533.jpg

あまり近くには来なかった。ピントもいまひとつ。特に、オスが合わない。突然すぐ近くのミゾソバで吸蜜した個体がいたが、近すぎてうまく撮れず。
a0181059_1011505.jpg

比較的傷んでいないクロアゲハとナミアゲハ。今年のタイアザミの花はしょぼい。そのせいかアサギマダラもとても少ない。これまで4頭来たとのことだが、1頭見ただけだ。
a0181059_10114986.jpg

2012.10.19
からっと晴れてたのにもかかわらず、ムラサキシジミは現れず。前日、雨が降ったせいか。キタキチョウとキマダラセセリ。
a0181059_10232333.jpg

2012.10.24
前日は前線の通過で雨。からっと晴れ上がり、少し風が冷たい。だが、園内ではムラサキシジミは現れない。雨の次の日は、どうやら降りてこないようだ。あいかわらずのツマグロヒョウモン、まだいた夏型のキタキチョウ、遠かったイチモンジセセリ、帰り道の生垣で翅を拡げるナガサキアゲハ。
a0181059_10263458.jpg

隣接した公園にいたムラサキシジミ。さっと降りてきて翅をちょっとだけ開いた。
a0181059_1026544.jpg


今年のムラサキシジミは、なんとなく少ない。からっと晴れた日、次々と樹上から降りてきて翅を拡げるはずだが、ただ晴れただけではだめなのかもしれない。夏のあいだもあまり見なかったような気がするが、これからが本番なので、期待しよう。

by otto-N | 2012-10-25 11:07 | Comments(4)

2012.10.22 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.23(記)

2012.10.22
薄く晴れ。自然教育園は月曜休みなので、ヤマトシジミに専念する。少し晴れているくらいが一番いい。

カタバミが咲き始めると、ヤマトシジミが集まってくる。今日のメスの1頭目は、部分的に日の当たったカタバミでの吸蜜だった。早い時間だと、と言っても10時ころは、体を温めるためか翅を開く。4コマ目は左手で影を作って撮影した。日が当たらないほうが、青鱗粉が綺麗だ。
a0181059_162442.jpg

あちらこちらで良く開いてくれた。
a0181059_16274410.jpg

この個体は、準スーパーブルーといってもいいほど、青い部分が広い。4コマ目、せっかく全部開いてくれたのだが、草の影の中。
a0181059_16284362.jpg
a0181059_16343948.jpg

いなくなっても、次々と青♀は見つかった。狭い場所なので、また舞い戻ってきた個体もあるとは思うけれど、とにかく、青♀のラッシュだった。
a0181059_16285795.jpg

日差しが強くなったせいか、半開きしかしなくなったが、アングルによって濃いブルーが輝く。
a0181059_16291486.jpg

おおーっ、すごい青だと思って追いかけたら、とても小さいムラサキシジミだった。日陰で撮影したがヤマトのオスは、やはり日向がいいかな。
a0181059_17425363.jpg

周りを掃除しておいたのに、カタバミの花が固まって咲いている場所にはなかなか来てくれなかったが、やっと撮れた。
a0181059_17335922.jpg

後ろにまわりこんだとき、一瞬、日が雲に隠れた。日差しは邪魔かもしれない。
a0181059_17182019.jpg

しかし、日差しがないと翅を開いてくれない。一瞬、影を作り撮影した。が、多くの場合、このとき逃げられる。
a0181059_17502263.jpg


青さの程度はさまざまだったが、次から次へと撮影した。同時に現れて、どっちにするか迷う場合もあった。スーパーブルーは出て来なかったけれど、このままのペースで撮り続けたら、似たような絵ばかりのヤマトシジミ、チョウはともかく(と思っているが)、背景に難あり、ちょっと恐ろしくなった。

by otto-N | 2012-10-23 17:09 | Comments(4)

2012.10.20 東京都・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.21(記)

2012.10.20
土曜日だったが、天気が良かったのでテニスには行かず、自然教育園に行く。

近くのヤマトシジミを見てから自然教育園に行ったのだが、ヤマトシジミの青い個体が出てきたようで、しばらく青メスを捜した。左は、少し翅が壊れているがいい感じだった。右はこれとは別個体。1枚撮っただけで、植え込みのほうに飛んで行った。
a0181059_19385041.jpg

植え込みに移った個体。しばらく待っていると翅を開き始めた。ちょっと小枝が邪魔だった。
a0181059_1939104.jpg

弱かった日差しが急に強まってきたので、教育園に移動。目的は、ムラサキシジミ。あわよくばムラサキツバメ。からっと晴れ上がった昨日も行ったが、明け方まで雨だったせいか1頭も現れなかった。今日は出るかと、教育園のポイントに急いだが、1頭のムラサキシジミを見ただけ。曇ってきたので、すぐに撤退し、ヤマトシジミの場場所に戻ってきた。

戻ってきた途端、青いメスが飛んできた。先ほどのとは別の個体のようだ。前翅の前縁に全く青鱗が載っていない。
a0181059_1950244.jpg
a0181059_19531090.jpg

薄日の中の撮影だったが、影の中に入ったほうが青鱗粉がしっとりと撮れる。日陰になると翅を閉じるので、閉じる前に素早くシャッターを切らなければならなかった。
a0181059_19535980.jpg

少し引くとこんな感じの全開。
a0181059_200324.jpg

また別の個体。大きい個体だった。2番目の個体と同じかもしれない。
a0181059_2031136.jpg

メスばかりでなく、オスも撮っていたが、あくまで、付け足し。付録。
a0181059_2083617.jpg
a0181059_2094533.jpg


やっと青いメスが出てきたようだ。青くないメスもいたけれど、ほとんど翅が傷んでいるものばかりだった。どうやら、最近羽化したものは青メスばかりのようだ。この自宅近くのポイント、せいぜい30m×30mの公園の片すみだ。そんなにカタバミは多くないし(雑草として引き抜かれる)、ヤマトシジミの数も多くはない。ただ、チョウの数が多くないということは、撮影しやすいということに最近になって気がついた。多ければ、これぞと思っていた個体にすぐちょっかいを出される。多ければ、せっかくのメスがオスに絡まれどこかへいなくなってしまうばかりか、オスでさえオスに絡まれる。

by otto-N | 2012-10-21 20:31 | Comments(10)

2012.10.15-16 福島県・安達太良山 キベリタテハ    2012.10.19(記)

2012.10.15
福島の安達太良山(1700m)の紅葉を見に行ってきた。少し遠いので温泉に前泊し、翌日に登ることにしたが、前泊する日はどうしょうということで、道路地図の紅葉マークを探した。紅葉マークはすぐ見つかり、その1つ、塩沢温泉の先が一番紅葉マークが多かったので、とりあえずカーナビを設定した。現地についてみると、スキー場になっており、なあーんだ、安達太良山の別ルートの登山口だった。途中に渓谷やら滝があるらしい。とりあえず、登山道を行くことにした。

スキー場の日だまりにいたクジャクチョウ。ボロボロ、これで冬を越す。
a0181059_13491643.jpg

木立の中の登山道を行けども、いっこうに紅葉めいたところは現れなかった。登山道を下ってきた男性に尋ねると、くろがね小屋から先でないとまだ紅葉はないとのこと、屏風岩という所もいいいらしい。1時間ほど登ると、屏風岩に出た。確かに紅葉していた。
a0181059_13483010.jpg

午後2時をすぎたので、引き返し、裏磐梯にある横向温泉・下の湯の一軒宿に向かった。宿に着いてから、近くを散歩していたら、ミヤコグサが咲いていた。ミヤコグサの画像だけではなんなので、他の花を捜した。
a0181059_140470.jpg


2012.10.16
天気予報どおり、快晴。車で20分ほどの、あだたら高原スキー場を目指す。8時40分ころ到着。駐車場はすでに半分は埋まっていた。ゴンドラは30分待ちだった。ゴンドラからの眺め。
a0181059_14114996.jpg

ゴンドラを降りても、途中でばらけ始めたが、登山道は人の列。この安達太良山の山頂を目指す。
a0181059_1413274.jpg

視界が開けたと思って、振り返ると全山が紅葉。
a0181059_2123299.jpg

山頂にはあっけなく、1時間で到着。山頂の岩からの180度の展望。(クリックすると大きくなります)
a0181059_14181520.jpg

パノラマ画像の左側下。ここの紅葉が素晴らしかった。
a0181059_21506.jpg

山頂付近に飛んでいたキタテハとクジャクチョウ。クジャクチョウは結構多かった。
a0181059_1427865.jpg

山頂付近にはホシガラスが多く、マツの実をついばむところが可愛い。
a0181059_1441299.jpg

山頂の裏側には、昔の噴火口があり、その周囲の山々の南斜面の紅葉。
a0181059_14245284.jpg

船明神山(1667m)から少し下の紅葉。
a0181059_21551331.jpg

少し大きくし、もっと大きくすると、
a0181059_21594749.jpg

この岩場で休んだ後、引き返そうと思ったとき飛んできたキベリタテハ。少し離れた岩の上で開翅。テレ端の135ミリで撮影した後、もっと近づこうと岩を回り込んで顔を出したとたん、飛ばれてしまった。残念。300ミリズームを持ってくるべきだった。
a0181059_14365341.jpg

鉄山(1709m)の下のほう。紅葉ではなく黄葉。
a0181059_14444526.jpg

牛の背という所から、くろがね小屋に下りる途中、振り返ると、
a0181059_14475994.jpg

さらに下ると、
a0181059_14493233.jpg

くろがね小屋をすぎ、振り返ると、
a0181059_14593371.jpg

そろそろ終わりかという所で、山頂が見えた。ここから見ると、なるほど「乳首山」(安達太良山の別名)。
a0181059_150390.jpg


今回、泊まった温泉、とてもぬるい。1時間以上入っていても大丈夫。評価はともかく、ちょっと変わった宿だった。(詳しくは神秘の湯」を参照のこと)
a0181059_15173520.jpg


朝から下山するまで、ずうーっと晴れていた。全山が紅葉。こんな紅葉と天気はめったにない。どこを見ても赤と黄と緑。すばらしかった。今年は、もう紅葉ハイキングに行く必要がないだろうと思うほどだった。それに、昨年、那須塩原の茶臼岳で撮り逃がしたキベリタテハを、今回は証拠写真ながら撮ることができた。もし、撮れていなかったら、表題は、「安達太良山 クジャクチョウ」になっていました。

by otto-N | 2012-10-19 15:40 | Comments(4)

2012.10.7-12 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.17(記)

10月上旬の近所のヤマトシジミ

2012.10.7
雨が上がり、まだどんよりしている中、LEDライトでヤマトシジミが翅を開くかを実験した。あまり見つからなかったが、3頭中2頭が開翅した。やはり、ぎりぎりにライトを近づけないと開かなかった。
a0181059_15313880.jpg

2012.10.10
曇っていたが、すぐに日が射してきた。まだ少し曇っていたときに見つけたヤマトシジミは、LEDで開翅。メスだった。この後、日が射してきたので、実験できず。
a0181059_14365711.jpg

別のメスを見つけたが、茂みの引っ込んだ所にとまり、翅を閉じたまま。手で影を作ると翅を開いた。影を作って開いたのは初めてのような気がする。日に当てても、開いたままだったので、方向を変えて撮影した。
a0181059_1584735.jpg

晴れていると、メスは日の当たる角度によって幻光を反射する。このメスは、まだ青鱗粉は少ないもののなかなか綺麗だった。
a0181059_14512059.jpg

a0181059_14514216.jpg

オスも新鮮なものを撮影したが、前翅の黒縁が微妙に変化していて面白い。
a0181059_145432.jpg

2012.10.12
青いメスを捜したが、まだ青くはないものしか見つからなかった。夏型に近いオスもいた。2と3コマ目は同一個体。
a0181059_14574424.jpg
a0181059_14581127.jpg


10月に入ったといえども、まだまだ気温が高い日が多く、ヤマトシジミのメスもあまり青くはなっていないようだ。LEDライトでによる開翅実験は、天気がよくてあまり進んでいないけれど、必ず開くとは限らないことは確かなようだ。それよりも、ライトで逃げる個体もあるので、どうしても翅を開かせたいときの最終手段である。

by otto-N | 2012-10-17 15:24 | Comments(12)

2012.10.11 栃木県・鬼怒川河川敷 ツマグロキチョウ    2012.10.14(記)

2012.10.11
天気予報だと快晴ではなかったのに、着いてみると眩しいくらいの日差し。先日、シルビアシジミをちゃんと撮れなかったので、再度、鬼怒川河川敷にきたものの、傷んだ個体さえ見つけることはできなかった。シルビアシジミを諦め、ツマグロキチョウを探したところ、ちょっと離れた場所では沢山見ることができた。

たくさんといっても、ほとんどはキタキチョウ。見慣れてくると飛び方と色で区別がつくようになった。ここでは、センダングサの吸蜜に余念がなかった。ただ、1つの花にとまっている時間が短く、しかも、敏感。一度、飛ばれると、茂みに潜ってしまう。数がほどほどいるので、深追いせず別個体を撮ろうとするのだが、なかなか思うようにはいかなかった。そして、思わぬ伏兵。センダングサの種。ズボンの生地を通して突き刺さってくる。最初は何事かと思った。
a0181059_19214712.jpg

同一個体を、順光と逆光で撮った。逆光のほうがいい。
a0181059_19222166.jpg

午後1時過ぎ、空に雲が拡がってきた。曇っていても吸蜜するようだ。草むらの中で休んでいる個体も見つけた。
a0181059_19223958.jpg

吸蜜しているときより、葉上で休んでいるときの方が撮りやすかった。しかし、同じような横向きばかりで少々飽きたことは確か。
a0181059_1923253.jpg

キタキチョウも撮影したが、やはり身が入らなかった。キタテハも同じ。ミヤマシジミは、メスをやっと2頭だけ見つけた。
a0181059_19232868.jpg


ツマグロキチョウは思った以上に河川敷にいたけれど、再挑戦したシルビアシジミは見つからず、ミヤマシジミは棲息の確認がとれただけ。ちょっと足取り重く、河川敷を後にした直後、突然の夕立。来年に期待することにした。それにしても、摺れたツバメシジミとヤマトシジミは何と紛らわしいことか。とまったとき、近づく前に300ミリズームで撮影しモニターを確認したが、ことごとくこの両種であった。

by otto-N | 2012-10-14 19:58 | Comments(2)