たかがヤマト、されどヤマト

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 ケニア旅行 (16) マサイマラ ⑧   2014.2.18 (記)

2013.12.8 続きの続き
午後のサファリドライブは無理。ロッジで昼食後、高いフェンスで囲まれたロッジの敷地の中でチョウを探す。外には、ライオンはいなくても凶暴なバッファローがいるとのことで、フェンスの外に出ることは禁止。ざあーっとロッジ内を流してみた結果、高い木の梢に咲く花にチョウが飛んでいたけれど、低いところには飛んでいない。目立つのはチョウより綺麗な小鳥。しかし、木々の間、葉に隠れて、そう簡単には撮れせてもらえない。2コマ目と6コマ目、嘴の形状から、太陽鳥(サンバード)の種類らしい。太陽鳥はハチドリのようにホバリングできないが、花蜜を食料にしているとのこと。どうりで、木の花をつついて散らしていたわけだ。5コマ目、ズグロウロコハタオリというハタオリドリの仲間。1コマ目、猿に威嚇されちょっと怖かった。その横に追いかけていたシロチョウがとまったのだが。
a0181059_12242315.jpg

エントランスの前の道路際を飛んでいたシロチョウ3種。とても敏感。とまっても翅は開いてくれなかった。1コマ目、これまでさんざん見てきたツマアカシロチョウ(Colotis属)の類。ツマアカシロチョウは、動物がたくさんいた草原には多かったけれど、ロッジ近くではほとんど見なかった。2、3コマ目、少し大きい黄色いシロチョウは名前が不明。とにかく、ネットで調べても、アフリカのチョウはほとんどひっかからない。やっと出てきても、色褪せた標本の写真。Wikipediaでも名前は出ていても、写真がなかったり。ということで、掲載前に探蝶逍遥記」のfanseabさんに名前を教えていただいた。乾季型・雨季型を含めた完全版の図版でもない限り、同定は厳しいとのこと。翅の表裏の片面しか判らず、その後の整理中に出てきた画像もあったけれど、それでもほとんど名前がわかった。氏に同定していただいたチョウ名は緑の字で記載しました。fanseabさん、どうもありがとうございました。
a0181059_12235632.jpg

ロッジの中を一通り回り、チョウがあまりにもいないことに愕然としたけれど、ダイニングルームの前の芝生の横にある高さ3mほどの茂みの花にシロチョウが集まることに気がついた。集まるといってもポツリポツリと来る程度だったが、ここで粘ることにした。まず、目だったのは、ちょっと派手目な黄色、アフリカシロチョウ(Belenois creona)のメス
a0181059_12264115.jpg

なかなか背景の抜けた場所にはとまらないし、とにかく、これは木の花、低いところにはとまらない。
a0181059_1226565.jpg

翅裏は黄色いが、翅表は白が主体。
a0181059_1227991.jpg

アウロタヘリグロシロチョウ(Belenois aurota)のオス
a0181059_12253036.jpg

吸蜜時間が短く、ピントが合う前に飛ばれてしまう。どれもこれもよく似た模様。
a0181059_12255951.jpg

Belenois属。B.aurotaの白化型かもしれないとのこと。とにかく、乾季型と雨季型の幅が広そうとのコメントです。
a0181059_12344913.jpg

モンシロチョウより小ぶり。遠くてやっと撮ったけど、白すぎたせいかピンぼけ。Dixeia属(ヒメウスキシロチョウ)のオス?
a0181059_12335691.jpg

このロッジに着いた日に撮り、サバンナでも飛んでいたルエッペリネキシロチョウ(Mylothris rueppllii)
a0181059_1313775.jpg

飛び方は他のシロチョウよりゆっくりめ。翅を閉じているほうが美しい。日陰だと全体が黄色に見えるのはなぜだろうか。薄暗い中、風に揺れていた。
a0181059_1464856.jpg

画像整理中に出てきた。翅の付け根のオレンジからMylothris属と思う。上のチョウより大きく、下のチョウよりは小さい。
a0181059_12325442.jpg

ロッジの花壇は、ニチニチソウみたいな花しかなく、とても貧弱で期待はずれだった。それでも少しはチョウがときおりやってくる。ツマベニチョウより二回りくらい小さいが、それでも大型。ワタリウスアオシロチョウ(Nepheronia argia)のオス
a0181059_16101834.jpg

この花にはオナシアゲハも来ていたが、動きが激しく全然撮れず。問題は、黄色にオレンジの3コマ目。撮り損なってガックリ。
a0181059_1239309.jpg

でも、30分後、少し離れた場所で、高さ4mほどの所にとまったこの黄色。翅を拡げたら先がオレンジ。葉が被っていないところをやっと見つけた。レダシロチョウ(Eronia leda)
a0181059_12395077.jpg

左、ミスジチョウだが白条ではなく、円型紋。飛び方は完全なミスジチョウ系。とまってもすぐ飛ばれ、やっと撮れたのがこの1枚。これだけで断定はできないが、ペニントンミスジ(Netis pennington)の可能性が高いとのこと。アフリカには白条が円形のミスジが多いようだ。その後、姿を現さず撮影できず悔しかった。右、ロッジ内のちょっとした空地でたびたび見かけたカバタテハモドキ(Junonia terea)。みんなボロだったが、これが一番の美形。すぐ翅を開く。
a0181059_12433166.jpg

左、泊まっていたコテージの脇にいた、おなじみのカクモンシジミ(Synstarucus pirithous)。左、アフリカのヤマト、アフリカン・グラス・ブルー(Zizeeria knysna)のメス。ヤマトシジミよりかなり小型、飛び方の速いので、すぐ見失う。翅は開かなかった。
a0181059_12434460.jpg


夕食が済んでも、ガイド氏は車の修理から帰ってこなかった。翌朝、フロントで顔を合わせたら、午後9時まで修理していたとの話。マサイマラには車の部品屋があり、一般的なサファリカーの部品は調達できるという。それにしても、暗い中、必死に修理していたに違いない。何しろ、修理できなければ、この旅行自体がこれで中止になってしまうのだから。よくやったと感嘆と感謝。午後のドライブは中止になったけれど、一通りのチョウの撮影ができたので、それなりに満足。でも、チーターかオスのライオン、見たかった。


(ケニア旅行 (17) に続きます)

by otto-N | 2014-02-18 17:28 | Comments(6)

2012年 12月 ケニア旅行 (15) マサイマラ ⑦   2014.2.15 (記)

2013.12.8 続き
この川は、泊まっているロッジのそばを流れている川と同じものらしい。前方に、川底の様子を伺っているムーの群れ(写真左)。川を渡る気配だった。この場所では観察しにくいので、少しバックしてからもっといい場所に回り込んでいたとき、ただならぬ音。ヌーが渡り始めたようだった。なんとか間に合ったけれど、渡り終わったのが右の写真。
a0181059_1418689.jpg

やっと間に合ったヌーの群れの川渡り。
a0181059_1731524.jpg

有名なマラ川とは、川岸の高さが違うし、川幅も狭い。ヌーを襲うワニもいなかったけれど、対岸の崖を必死で登るヌーを見ることができた。崖の上にたたずんでいるヌーを撮ってから、最後の1頭が登り切るまで、たった1分10秒の出来事であった。
a0181059_17313320.jpg

その後も、川岸の茂みのライオンを探したけれど、休んでいるはバッファローくらいだった。こいつはオス。体が大きく、角も頭の中央から盛り上がって生えている。
a0181059_14192774.jpg

ビック5の一つ。とにかくデカい。
a0181059_14194034.jpg

川の畔の牧歌的な草原。ゾウとヌー。
a0181059_1422579.jpg

子連れのゾウの群れが移動を始めた。群れの正面に先回りしてくれた。
a0181059_14204386.jpg

メス3頭、中ゾウ1頭、子ゾウ2頭の正面。
a0181059_14533989.jpg

我々がどうも邪魔をしたらしい。左のゾウに促され、方向を変えて、ふたたび歩き始める。
a0181059_1420563.jpg

子ゾウが遅れ始めた。よちよちと母ゾウについていく。たまらない可愛さ。
a0181059_1955531.jpg

子をガードしながらゆっくりと歩く。4コマ目、子を見守る母ゾウの表情はやさしかった。
a0181059_19523941.jpg

やれやれ、やっと仲間に追いついたようだ。
a0181059_14213598.jpg

再び集合した昼下がりのゾウたち。
a0181059_14215657.jpg

トムソンガゼル。横顔、斜め顔、正面顔。インパラに似ているが、少し大きく、お腹に黒い横縞がある。
a0181059_1424659.jpg

数頭、群がっていた。前に名前が判らない動物に「鹿の一種」という表現を使ったが、アフリカには鹿はいないとのこと。角が枝分かれしているのが鹿、枝別れしていないのは牛の仲間だそうだ。確かに、立派な角を持っているけど、どれも枝分かれしていない。
a0181059_14243249.jpg

そのうちの1頭が駆け出したが、残念、すぐに立ち止まった。
a0181059_14244687.jpg

ヌー、1頭だけの疾走。
a0181059_1426666.jpg

親子のキリン、ではなかった。子供はいつものアミメキリンだが、親(大きい方)は数が少ないマサイキリン。斑点が複雑。キリンには、脚が白いロスチャイルドキリンという絶滅危惧種種もいる。
a0181059_14264263.jpg

もう1頭、子供が寄ってきた。その近くではイボイノシシが疾走中。しかし、この草原、川のすぐ向こうは町。ちょっと興ざめ。
a0181059_14271268.jpg

イボイノシシはグロテスクで恐ろしそう。でも、とても愛嬌がある。牙が立派なほうがオス。
a0181059_1427423.jpg

もう12時半。ロッジまで送ってもらい午前のサファリドライブは終了。午後のドライブは、車が直らず中止になった。


(ケニア旅行 (16) に続きます。どろそろ、動物写真の整理に飽きてきました)

by otto-N | 2014-02-15 22:15 | Comments(0)

2013年 12月 ケニア旅行 (14) マサイマラ ⑥   2014.2.11 (記)

2013.12.8 続き
相変わらずヌーが草を食む大草原。大型の動物がポツンと座っていた。エランドというらしい。
a0181059_19375299.jpg

立ち上がって欲しかったがいつまでも座り込んでいた。
a0181059_1938432.jpg

ハイエナが2匹。1匹は道路の水溜まりに浸かっていた。
a0181059_19383686.jpg

最初は、上の写真で遠くにいるほうも、水溜まりにいた。それが、少しずつこちらの様子を伺いながら遠ざかっていった。水溜まりに浸かったままのほうは首に無線発信器。前日に見た個体と同じかもしれない。
a0181059_1938497.jpg

川沿いの灌木地帯を流し、オスのライオンを探す。しかし、イボイノシシやマングースが飛び出すものの見つからない。ナイバシャ湖でよく見たサンショクウミワシ。
a0181059_19391697.jpg

所用のため休憩。やはり、車から出て大地をこの足で踏んでみたいもの。サバンナを実感する。あいかわらずツマアカシロチョウが飛んでいるが全く近くには来ない。そこへ、ツマアカよりゆっくりと飛んでいるシロチョウを見つけた。とまることはないと確信して、最初から飛翔撮影モード。この広角ズーム、距離リングがないため、伸ばした左の手のひらをAFで1枚撮影してすぐMFに切り替える。その他の設定をいじる暇はなかった。
a0181059_19394186.jpg

ルエッペリネキシロチョウ(Mylothris rueppellii)。ロッジの園内で撮ったことのあるシロチョウだった。ネキシロチョウの由来は、オレンジ色だけど、根本が黄色いシロチョウということかな?
a0181059_1940337.jpg

このシロチョウを追いかけて撮ったのがこの写真。ハイエースの後ろを回り込み、最後は灌木の向こうに行ってしまった。
a0181059_19401267.jpg

川岸のブッシュの中を探すが全然ライオンは見つからなかった。この川は、マラ川よりは狭い。川岸にはワニが日向ぼっこ。
a0181059_19404613.jpg

ワニはいつまでも大口を開けたままだった。ワニは周りに色が同化していて、あそこにいると言われてもすぐには見つからない。
a0181059_1941641.jpg

カバも気持良さそう。
a0181059_19412750.jpg


(ケニア旅行 (15) に続きます)

by otto-N | 2014-02-11 22:58 | Comments(0)

2014年 12月 ケニア旅行 (13) マサイマラ ⑤   2013.2.10 (記)

2013.12.8
朝から晴れ上がったマサイマラでのサファリドライブ最終日。これで最後かと、いつもの出発地点の景色、ポツンポツンと立木のある風景を撮っておく。しかし、これからという所で、我がハイエースは突然の不調。足回りがおかしくなったようだ。すぐには直りそうもなく、修理は午後にすることとして、通りかかったサファリカーに乗っけてもらった。ガイド氏によれば、「今日の私は明日の君」ということで、トラブルにあった場合、お互い助け合うのがサファリドライブの掟だそうだ。乗せてもらったハイエースの先客はアメリカ人の陽気なカップル。ガイドもチョー陽気。ガイド2人とはとても頼もしい。
a0181059_12164822.jpg

最初に出くわしたのは、ヌーの群れ。
a0181059_121863.jpg

近づいてもおとなしく、草を食んでいるいつもの眺めだった。
a0181059_12171740.jpg

しかし、何がきっかけだったのか、突然、走り始めた。走っているヌーは迫力がある。ちょっと、見直す。
a0181059_12172637.jpg

最初は右往左往していたようだったが、先頭集団が形成され、向こうに行ってしまった。
a0181059_1230239.jpg

そして、あっと言う間に、草原の彼方に。
a0181059_12175126.jpg

アメリカ人のカップルは、ライオンのオスが目当てらしい。いそうな灌木地帯を探す。まず、遭遇したのはキリン。1頭かと思ったら小さいのも出てきた。
a0181059_1218464.jpg

背の高い木の下に2頭のキリン。木にはハゲワシだろうか、大きな鳥がとまっていた。
a0181059_1219939.jpg

アメリカ人、なにやらドライバーに指示。ライオンがいるという。目を凝らすと茂みの奥に確かにライオンのメス。よく見つけたなぁと感心していたところ、昨日と同じ場所らしい。で、今日はオスというわけだ。
a0181059_12192351.jpg

そして、またキリン。1視野に6頭もいた。
a0181059_12195031.jpg

キリンはあまり同じ所にじっとしていないようだ。思ったより足が速い。
a0181059_1220611.jpg

正面の顔をもっと大きく撮りたかったが・・・。
a0181059_12201515.jpg

大草原にキリン。なんか現実離れした絵のようだ。
a0181059_12202895.jpg

キリンに目を奪われている間、アメリカ人がブッシュの中にライオンを発見。見つけるのがうまい。しかし、またもや、メス。もっと近づける場所だったが、決してメスを見飽きたというわけではないけれど、遠目から観察。ライオンは目をつむったり、開いたり、ぼおーっとしていた。
a0181059_1220427.jpg

ライオンのすぐ隣にはキリン。こんな場所だった。ヌーの群れもいたが、割愛。
a0181059_1221740.jpg

青い空、白い雲、草原に散らばる動物たち。地球は広い。
a0181059_12252974.jpg


(ケニア旅行 (14) に続きます)

by otto-N | 2014-02-10 13:29 | Comments(2)

2013年 12月 ケニア旅行 (12) マサイマラ ④   2014.2.6 (記)

2013.12.7 続き
ルーフの支柱の応急修理を終え、チーターを探すものの姿は見なかった。丘を下ったあたりはヌーとシマウマが多い。シマウマの子供は縞が黒ではなく茶色だった。母馬の横を甘えたように跳ねる。
a0181059_20301979.jpg

だだっ広いブッシュもない丘の上、カンカン照りの中、メスのライオンが座り込んでいた。右のほうに獲物が転がっていた。
a0181059_19474256.jpg

近づくと、左の方にも獲物。ただし、こちらは少し白骨化している。
a0181059_19475791.jpg

ゆっくりとライオンに近づく。そして、前に回り込む。
a0181059_1948951.jpg

ライオンの後ろに先ほどの獲物。
a0181059_19533918.jpg

でも、ライオンの様子が変だ。苦しそうに喘いでいる。顔にはびっちりと小さなハエ。
a0181059_19484896.jpg

車を停めてしばらくすると、苦しそうに立ち上がり、こちらの方にやって来た。でも、苦しそう。目も満足に開けていられない。
a0181059_19485960.jpg

そして、一瞬、不思議な表情。ぶるぶるっと顔を振る。そのとき、顔にたかっていたハエが飛び散った。やはり、ハエがうっとおしいようだ。後ろにはハゲコウが1羽。
a0181059_19541835.jpg

この直後、虚ろな目をしたまま、こっちにどんどん近づいてきた。
a0181059_19543721.jpg

そして、車の下に潜り込んだ。ライオンの苦しそうな呼吸音がすぐそこから聞こえる。実は、このライオン。狩った獲物の見張り。捕ったものの近くにブッシュもなく、カンカン照りの中、他の動物、ハイエナとかハゲワシとかに奪われないように見張りをしていたわけだった。ライオンは、普通、ブッシュの中で涼んでいる時間帯。せっかくの獲物を他に取られないように、暑さに耐え頑張っていたようだ。ガイド氏は、車の下に潜り込むのを予想していた。よくあることだそうだ。ライオンはそのまま動かなくなってしまった。かわいそうなので10分間の停車。その間、次々とサファリカーがやって来る。これではハイエナと変わらないようだ。餌を横取りされないだけましなだけだ。
a0181059_19545092.jpg

隙あらば餌にありつこうとしていたハゲコウ。
a0181059_1955579.jpg

上空を舞っているのはハゲワシか。嘘っ!この写真は午前中に別の場所で撮ったもの。ときどき、こうして草原の上空を舞っているのを見た。
a0181059_10261572.jpg

ライオンの獲物、2匹。1匹はカラカラだったがもう1匹はナマナマしい。キンバエが集っていた。
a0181059_10263822.jpg

ふたたび、チーターを探すが見つからない。名前の判らない鹿が、車と並走。
a0181059_19554960.jpg

チーターがダメなら、オスのライオンを探すがこれも見つからず。そこへ、バッファローの群れ。
a0181059_19562315.jpg

体につく虫をついばんでいる鳥(キバシウシツツキ?)もいた。子供もいた。草を食べては横になり、のどかなのどかな光景。
a0181059_19563517.jpg

大きいだけではなく、この面構え。強そう。
a0181059_1958579.jpg

バッファローは、獰猛とのこと。ゆっくりと傍を通り抜ける。
a0181059_19581682.jpg

これ以上、大物は見つからず帰る途中、情報交換でもしているのか数台のサファリカーが停まっている場所があったので、そこで小休止。ブッシュもほとんどなく、草食動物もいない。車を降りるとツマアカシロチョウが飛び交っていた。花に吸蜜するところを撮りたくても、とまるのは一瞬。全然、ダメだった。仕方がない、奥の手。オスとメスが絡んでいた。至る所に落ちているシマウマやらヌーの糞を踏まぬように追いかけた。
a0181059_1959392.jpg

最小距離が40cmくらいの18-135ミリズーム。小さくしか写らないのでかなりのトリミング。構図的に1番よかったのは、上の5コマ目だが、近すぎてピンボケ。一応、これがオスの表翅が写っていた。
a0181059_2004192.jpg

その後、やっと開翅が撮れた。後翅の黒条は1本のタイプ。fanseabさんの鑑定では、パレネツマアカシロチョウ (colotis pallene)
a0181059_200058.jpg

ロッジへの帰り道、体躯が小さくて小鹿のようだが、目が大きいディクディクという鹿。ほんと可愛い。
a0181059_201106.jpg

さすがのガイド氏も道に少し迷ったらしく、ロッジへの道を羊番の子供に尋ねていた。「たびそら」風写真。
a0181059_204419.jpg

ロッジへ着いたのは4時半ころ、まだ明るかったので、園内をうろつく。見つけたのはヤマトシジミ近縁種、African Grass Blue (Zizeeria knysna) のメス。表はほとんど黒かった。ネットの写真で見ると。オスはシルビアシジミのように外側の黒縁が太い。ジンバブエでも撮ったことがある。
a0181059_2042539.jpg

今回の旅行で持っていったカメラはK-5が2台。レンズは、動物用に55-300ミリズーム、風景用に18-135ミリズーム。ワイドズームは、ワイ端でマクロ的にチョウを撮影できる。以前、レンズ交換のときに、センサーに微小な水滴が付着したことがあったので、2台にした。でも、次々と現れる動物を撮影できたできないのと一喜一憂している夫に対し、小さな双眼鏡で動物を観察している妻のほうが、大自然を思いっきり楽しんでいるようだった。


(ケニア旅行 (13) に続きます)

by otto-N | 2014-02-06 13:54 | Comments(6)

2013年 12月 ケニア旅行 (11) マサイマラ ③   2014.2.3 (記)

2013.12.7 続き
ライオンのメスと赤ちゃんの次は、当然のことながら、ライオンのオスを探す。しかしながら、茂みから茂みを流しても、全然見つけることはできなかった。ヌーは相変わらず群れをなして草を食べていた。
a0181059_1050375.jpg

アルタミラの洞窟の壁画に描かれていたヌーを見てから、どんな動物かと思っていたが、意外と迫力不足。
a0181059_10504164.jpg

行けども行けどもヌーばかり。この付近は枯草よりも緑が多いせいか、あいかわらず、シロチョウが飛び回っていた。
a0181059_10505727.jpg

何も見つからないまま時間はすぎたが、クロサイが近くにいるとの無線。すでに、2台のサファリカーが停まっていたので場所はすぐわかった。でも、茂みの奥からなかなか出て来ず、1台はしびれを切らしてどこかへ行ってしまった。辛抱強く待ったかいがあって、やっと顔を覗かせた。車をよく見える位置に移動。ここからは、ぽっかりと空いている。
a0181059_10482374.jpg

あまり動き回らず、草を食べ続ける。なかなか茂みから出て来ない。まっ正面からだと、両目は写るが角は1本しか見えない。なかなか全容を現さない。
a0181059_1049418.jpg

目に光りが入ったのはこの1枚だけだったし、2本の大きな角を撮るアングルも微妙だった。そのうち、完全に茂みに入ってしまったので、ここを撤収。さすがビッグ5の一つ、大きかかった。因みに、ビッグ5とは、ライオン、ゾウ、ヒョウ、バッファロー、サイ(クロサイとシロサイがある)の5動物。サイとヒョウは遭遇したらラッキーとのことだ。
a0181059_10491813.jpg

近くにとまった綺麗な小鳥。
a0181059_10493641.jpg

ライオンをあきらめ、チーターを探す。しかし、ガイド氏は、ヒョウは難しいがチーターは簡単と言っていたのにかかわらず全然見つからなかった。水溜まりのある所にハイエナの小さな群れがいた。
a0181059_10524416.jpg

全部で5匹いた。たえずこちらの様子をうかがう。
a0181059_1053970.jpg

チーターは見つからない。
a0181059_1054386.jpg

トビの群れ、インパラ、あちこちに散らばっている動物の死体。インパラのオスの角は立派だ。
a0181059_10545676.jpg

小岩の多い道をたどっていくと、小高い丘の頂上に出た。サファリカーが集まっていた。ここで小休止。丘を下った向こうはタンザニア。
a0181059_114276.jpg

車から出たとたん、チョウの姿が。沖縄にいるアオタテハモドキかと思ったけれど、どうやらアフリカタテハモドキ(Junonia oenone)というらしい。テリを張っていた。
a0181059_10552955.jpg

ルリボシタテハモドキ(Junonia hierta)。これは、インドで撮影したことがある。翅をもっと開けば、輝くルリボシが見えたはず。
a0181059_114815100.jpg

アンボセリの小高い丘にもいたが、ここでも、メスアカムラサキ♂がいた。やはり開翅はしなかった。ツマアカシロチョウのオスとメスが絡んでいたが、メスだけ撮れた。詳しい種は不明だが、メスは先端がオレンジではなく、黄色だった。結局、オスはメスに拒否された。右上にぼんやりと写っているのがオスだが、後翅に黒い筋がなく、メスとは別種かもしれない。この他、オナシアゲハ、スジグロツマアカシロチョウもいたけれど、撮影はできなかった。
a0181059_10554845.jpg

丘を下りて、タンザニアとの国境にあるマラ川に向かう。マラ川。ヌーの大移動のとき、川を渡るヌーを襲うワニをTV番組を何度見たことか。この日は、まったり。カバの群れだけが目立った。
a0181059_1059185.jpg

カバの他、目を凝らすと大きなワニも見つかった。ワニは一度捕食すると数か月は食べなくていいとのこと。そして、川を渡り損なったヌーの死骸が散らばっていた。
a0181059_1123044.jpg

のんきそうなカバたち。
a0181059_1124611.jpg

子供のカバ。気持ちよさそうな大人のカバ。
a0181059_113265.jpg

川の畔の茂みのライオンを探したけれど、見つからず。いたのはサルと何種類かの鳥しかおらず、さきほどの丘のほうに戻る。
a0181059_1134333.jpg

丘に登ってランチの予定だったが、その途中の草原でロッジで作ってもらったランチボックスをあける。パン、チキン、バナナ、ヨーグルト、オレンジジュース。ところで、なぜ、ここで休んだかというと、車の修理のため。実は、ルーフを支えていたパイプの支柱の1本が折れてしまった。どうやって修理するのかと見守っていたところ、レンチの曲線部分を叩いて真っ直ぐにし、パイプの中に入れてしまった。これで、ルーフはしばらくは使えそう、ということで記念撮影。左修理前、右修理後。真ん中、顔にたかる小さなハエ。何10匹いるか判らない。刺されはしないが、その辺に転がっている動物の糞と、ライオンやそこいらじゅうの動物に集っていたヤツかと思うと気色が悪い。不思議なことに妻には集らず、集っていたのは男どもだけ。男は臭いのか?メンが割れるけど、目をつぶっているので、ま、いいか。でも、先ほどのレンチはパンクしたときのタイヤ交換用。パンクしたらどうする?かなり、気になった。
a0181059_1135890.jpg

大草原。今はヌーはタンザニアに行ってほとんどいないけれど、ここの草を全部食べ尽くすと言う。ということは、今は食べつくされてしまったということか。どうりで、緑らしい緑がないわけだ。
a0181059_1142043.jpg

緑がないとは言え、今は小雨季。ぼちぼち緑も出てきている。ツマアカシロチョウの類の飛んでいるが、敏感で、吸蜜時間がとても短く、開翅するのだけれど撮影はできなかった。
a0181059_1145735.jpg

ツマアカシロチョウ(Colotis)類は、黒帯が入るもの入らぬものと色々あり、それも乾季と雨季で入り方が違うようで同定が難しいとのこと。でも、翅が透けると、翅裏に緑の唐草模様のないクモマツマキチョウ風、ちょっといい。
a0181059_13103288.jpg



(ケニア旅行 (12) に続きます)

by otto-N | 2014-02-03 17:44 | Comments(6)