たかがヤマト、されどヤマト

<   2016年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016.4.19 東京・多摩川河川敷(2) ミヤマチャバネセセリ   2016.4.30 (記)

2016.4.19 PM
午後からは、ミヤマチャバネセセリのテリ張りポイントに腰を落ち着ける。このセセリは、最初はとても敏感で、カメラを構え直すだけで飛び去ってしまうが、こちらが危害を加えないと判断したのか(ホントかな)、すぐには、逃げなくなる。直接、とまっている枯草を揺らすだけでは飛び立たず、直接、脚に触って初めて飛び立つくらいだった。飛んでもすぐ戻ってくるので、撮影チャンスは多かった。

まずは、とまっている姿から。
a0181059_1343666.jpg

テリを張る相手はほとんどベニシジミ。ミヤチャ対ミヤチャは見なかったけれど、この場で交尾が成立することもあり、メスが来るのを見張るのが主目的とは思う。
a0181059_134463.jpg

飛び出し撮影では、ほとんど後ろ姿ばかり。
a0181059_13122598.jpg

a0181059_13124870.jpg

a0181059_13113156.jpg
a0181059_13114818.jpg

後ろ姿のコレクション。
a0181059_1310393.jpg

少しは横向きもあるけれど、基本的には後ろ姿しか撮れない。
a0181059_1310135.jpg

矢のように飛んでいく。
a0181059_13102214.jpg

少しはバリエーションもある。
a0181059_13103353.jpg

以下同文。
a0181059_13123617.jpg

a0181059_13121058.jpg

a0181059_1311076.jpg

a0181059_13111979.jpg

a0181059_1311987.jpg

何度も戻ってくるので、たくさん撮ったけれど、最初は全然入らなかった。あっと言う間に遠くに行ってしまう。しかし、飛び出すとき少しホバリングすることに気がつき、置きピン距離を変えてみた。その結果、かなりの確率で入るようになった(2回に1枚)。量産できたのはそれ以降。飛び出し方向は前方が多く、少しは飛んでいる感じの構図を撮りたかったけれど、そう簡単には撮らせてはくれなかった。前に回ると逆光になるし(昨年はほとんど逆光)、横から撮るのがせいぜいだった。舞い戻って来たとき、とまる寸前のホバリングも狙ったが、これもなかなか難しかった。それにしても、夏とは違って心地よい河川敷、とは言っても、カンカン照りに変わりなく、首と腕がずいぶん日に焼けてしまった。


   

by otto-N | 2016-04-30 20:18 | Comments(2)

2016.4.19 東京・多摩川河川敷(1) ギンイチモンジセセリ   2016.4.29 (記)

2016.4.19
前日、ミヤマチャバネセセリを撮ろうとした時に曇り始め、姿を消してしまった。この日は快晴。ミヤマチャバネセセリの飛翔をなんとか撮ろうと、また、河川敷に繰り出す。

着いた時には、風が少し強かったせいか、気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリもミヤマチャバネも姿を現さず、ベニシジミだけが元気だった。前日、少し白かった個体を探すが見つからず、絡んでいたオスを連写したら、結構入っていた。ベニシジミの卍は、顔と顔を突き合わせ、ゼフさながらだ。
a0181059_10471135.jpg

この中での4コマ目がお気に入り。
a0181059_10472510.jpg

気温が上がり始めたのか、ギンイチも飛び始めた。
a0181059_10504370.jpg

結んで開いて・・・。結んだところはカット。
a0181059_10505477.jpg

気温の上昇とともに、メスを探して叢を飛び回るスピードが上がってくる。
a0181059_1059256.jpg

藪に潜り、
a0181059_1131665.jpg

枯ススキの上を飛び回る。
a0181059_1124043.jpg

1頭を追いかけていたら、突然、別のオスが絡む。咄嗟にレンズを向けたら2頭とも入っていた。
a0181059_1219451.jpg

残念、次はちょっとピンボケ。
a0181059_1219286.jpg

青空を入れようとしたが、あまり入らなかった。
a0181059_1132512.jpg

飛び疲れたのか、時々、休む個体が現れる。
a0181059_1125222.jpg

緑の中より、枯れ葉の中のほうがよく似合う。(と思う)
a0181059_11253626.jpg

吸蜜する個体も出てきた。と思ったら、もう昼が過ぎていた。
a0181059_11245128.jpg

昼からは、ほとんど、テリ張りミヤチャと遊んでいた。遊び疲れた3時過ぎ、まだ日が高いのに気温が低いせいか、 藪の中で休み、翅を開く個体が増えてきた。
a0181059_11251477.jpg

全開翅する個体は多くはなかったけれど、そっと近づき、翅を閉じるまで撮り続けた。
a0181059_22514031.jpg




   

by otto-N | 2016-04-29 20:11 | Comments(0)

2016.4.27 速報 ツシマウラボシシジミ   2016.4.27 (記)

2017.4.27

昨日、日本チョウ類保全協会からこんなメールが入っておりました。そこで、早速、行ってきました。

___________________________________________________________

会員のみなさま

 ツシマウラボシシジミの保全については、これまでニュースレター等でご報告をしておりますが、生息域外保全活動は、足立区生物園にて継続して実施されています。本協会も人工交配などで協力を行っておりまして、多くの会員のみなさんにボランティアでご協力をいただいており、たいへん感謝しております。

 今年度の第1化の成虫の交配は順調に進み、本日、羽化したメスをすべて交配させることができました。
 そのため、明日より、足立区生物園にて、オス成虫をチョウの温室に放し一般公開を行うことになりました。
 連休前半頃までは観察できることと思います。ツシマウラボシシジミに出会うよい機会ですので、ご興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
 足立区生物園ホームページ:http://www.seibutuen.jp/

*********************************************************
  特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
  140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
  TEL 080-5127-1696
  Email:jbcs@japan-inter.net
  http://www.japan-inter.net/jbcs/
  協会ブログ:http://jbcs.exblog.jp/

____________________________________________________________


吸蜜するツシマウラボシシジミ。可憐そのもの。
a0181059_16424945.jpg

飛んでいるとき、表翅が青く輝き、とても美しい。
a0181059_17291841.jpg


ご存知のように、ツシマウラボシシジミは絶滅寸前にありましたが、人工繁殖が実りつつあります。今年は、越冬に成功し羽化したメスが少なかったとのことで、ペアリングがかなり厳しい状況と聞いていましたが、飼育に携わっている方々の必死の努力でペアリングに成功し、今年も数を増やすことができそうです。これからも地味で大変な作業が続くと思いますが、飼育ボランティアの方々、関係者の皆様にエールを送ります。

オスは、他の南国のチョウとともに温室ドームの中を飛び回っていますが、メスは、飼育室におり、産卵シーンが見ることができるかもしれません。ぜひ、飼育室にもお立ち寄りください。本場の対馬に行っても見られず、日本では、ここでしか見られないチョウです。


   

by otto-N | 2016-04-27 22:23 | Comments(6)

2016.4.18 東京・多摩川河川敷 ギンイキモンジセセリ(2)   2016.4.24 (記)

2016.4.18
ギンイチモンジセセリの他、定番のミヤマチャバネセセリも健在だった。最初のテリ張りの1頭はすぐにいなくなり、2頭目は藪の中で不意に現れた(メスかもしれない)。午後になって、別な場所で、少し傷んだオスがしつこくテリ張りしていた。対戦相手はベニシジミ。
a0181059_853588.jpg

ベニシジミが多く、ギンイチやミヤチャと一瞬間違う。絡んでいたベニシジミの1頭はずいぶん擦れていると思ったが、とまったのでよく見ると、真っ白ではないけれど白化型のようだった。縁毛もそろい、超新鮮。もう少し、背景のいい所で撮りたかったが、飛び去ってしまう。
a0181059_852027.jpg

ツバメシジミも飛んでいるがオスはとまらず、メスはどういうわけか、黒いのばかり。黒くても新鮮であれば美しいのであるが、擦れ個体ばかりだった。ギンイチが突然、レンゲにとまり昼が過ぎたことを知る。頭の周りの柔毛が逆光に透ける。
a0181059_9392552.jpg

着いた時には晴れており、ギンイチモンジセセリは飛び回ってばかりいたけれど、昼すぎには日が翳り始めた。飛び回るギンイチの数が減り、ススキの藪に休み始めた。
a0181059_862037.jpg

日が翳ると飛んでもすぐとまる。葉被りが多いので結構撮りにくい。
a0181059_861019.jpg

水平の枯れ茎にとまるのは、一時的な休憩かと思う。それにしても、茎にしがみつく脚とフワフワの毛がかわいい。
a0181059_8412885.jpg

ときどき薄日が射すと、次々と翅を開いてくれた。なかなか、全開とはいかなかったけれど、黒褐色の翅表を撮ることができた。メリハリのない黒マント。モニターで確認しても、ピントが合っているのか合っていないのかよくわからず、必要以上に撮ってしまった。
a0181059_863328.jpg

全開する個体は少なく、半分開く個体は多かった。なかなかカッコいい。
a0181059_864622.jpg

翅を開き出したのを見つけ、翅を閉じるなよと念じつつ、後ろから前にそっと回り込む。
a0181059_840267.jpg

やはり前からがいい。しっかりと枯れ茎に掴まっている、かわいい表情が撮れた。
a0181059_8304317.jpg
風が出始め、気温も下がってきたので、1時すぎに撤収。


   

by otto-N | 2016-04-24 22:01 | Comments(0)

2016.4.18 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジセセリ(1)   2016.4.22 (記)

2016.4.18
多摩川の河川敷にギンイチモンジセセリを撮りに行く。別な所に寄ってからだったので、着いたのは10時半。気温は少し低いものの、晴れているので、ギンイチモンジセセリは飛び回りっぱなしだった。とまった時には静止も撮影したけれど、今回は飛翔写真をほぼ撮った順に並べます。

新緑の向こうが殺風景な枯草地帯。新緑といっても殺風景な河川敷、厚底の軽登山靴で走り回った。
a0181059_16424994.jpg

ギンイチモンジセセリは、障害物のないところでは飛び方は速いし、近づいたと思った瞬間、身をひるがえす。飛翔速度が遅いのは、茂みの中。当然、撮る方も自由に動くことはできないので、逃げられてばかりだった。
a0181059_13492657.jpg

昼ころ、急に日射しが弱くなり、飛翔スピードも落ちてきた。枯草の色も柔らかく撮れるようになった。
a0181059_13493856.jpg

日が翳り、背景の緑色が落ち着いてくると、翅の輪郭が浮き出て、とてもいい感じに撮れた。
a0181059_13505844.jpg

この翅の角度は、なんか可愛い。
a0181059_1350312.jpg

枯れススキと淡い緑。地味な表翅を引き立てる。
a0181059_13504536.jpg

あいかわらず、後ろ姿ばかりしか撮れなかった。
a0181059_13494798.jpg

ギンイチモンジセセリは緑の中も飛ぶけれど、やはり、枯れ草の中を飛ぶ姿が美しい。
a0181059_1350578.jpg

翅表は地味だけれど、翅裏を煌めかせながら飛ぶ姿は独特だ。
a0181059_1350184.jpg


(次回は、静止画像を中心に掲載します)


   

by otto-N | 2016-04-22 20:35 | Comments(0)

2016.4.16 東京・白金の森 トラフシジミ   2016.4.21 (記)

2016.4.16
晴天が続いた2日目、トラフシジミが出るはずと出かける。しかし、気温が低いせいか、なかなか出てこなかった。やっと出てきたのは、10時少し前。開翅を期待したけれど、飛び去ってしまった。
a0181059_12452854.jpg

その後はぷっつりと途絶える。別なポイントを探すもの見つからず、ムラサキハナナの群落でシロチョウを狙うが、モンシロばかりでスジグロは飛んでおらず、元の場所に戻ると、トラフが半開翅。しかし、茂みの引っ込んだ所なので、光が当たらずブルーが出ない。縁毛の痛みは少ないが、翅表に細かな傷多数。ブルーが出ないのは、飛び古した個体のせいかもしれない。
a0181059_12454636.jpg

この後、茂みに潜ったり、出てきたりして、しばらくとどまっていたが、飛び去ってしまう。
a0181059_12455820.jpg

別な個体も飛んできたが見失う。確かに、本日はトラフが舞い降りる日、他を探しに行くと路上で吸水していた。雨の翌日は晴れても下には降りてこない。しかし、晴天が2日続くと、樹上は乾き切ってしまうので、吸水や吸汁のため樹下に降りてくるものと考えている。他の方々の話を総合すると、この日は、5~6頭が降りてきていたらしい。
a0181059_12461049.jpg

その後はもうトラフは現れず、所在げなく、婚姻色に染まった白いサギを撮る。
a0181059_1246221.jpg

そして、再び、湿地の奥で望遠飛翔の練習。あいかわらず、チョウの飛び回っている場所は遠い。豆粒大のチョウを追う。比較的近くにやって来たメスのツマキチョウ。
a0181059_12463537.jpg

これでもチョウは小さいが、ムラサキのボケがきれい。
a0181059_12464483.jpg

産卵場所を探しているのか、ハナナにまとわりつくように、ゆっくりと飛び回る。
a0181059_12465414.jpg

かなり近づいてきた。しかし、このへんにはハナナは少ない。そして、体を隠すように産卵し始めた(撮影できず)。
a0181059_1247427.jpg

再び、池の畔。ヤマトシジミが飛んでいた。ここでは、カタバミは雑草として引き抜かれているようなので、道端にカタバミを見ることはない。だから、ヤマトシジミはルリシジミやツバメシジミより見る機会は少ない。
a0181059_12471541.jpg

ツボスミレでの吸蜜。初めて見た。
a0181059_12472750.jpg

チョウはある花で一度吸蜜すると、味をしめたのか、たて続けに同じ種類の花で吸蜜することがある。このヤマトは、少し離れたツボスミレでも長々と吸蜜していた。
a0181059_12474359.jpg

この時点まで、遠いトラフを撮るためにすべて、300ミリ+1.4テレコンでの撮影。35ミリ換算で630ミリ相当。ヤマトを撮るには、やはり苦しかった。
a0181059_1247568.jpg



    

by otto-N | 2016-04-21 20:10 | Comments(0)

2016.4.15 山梨県・坪山 イワウチワ   2016.4.20 (記)

2016.4.15
中央道の上野原で下りて、奥多摩方面にある坪山(1102m)に行く。目的は、ヒカゲツツジとイワウチワ。いずれも、一度見たことのある花だけれど、こんなに近い山で見られるとは思わなかった。

道路が狭く1車線部分もあり、そこで定期バスがやってきたらどうしようかと思いながらも、登山口のある飯尾という集落に着く。平日にもかかわらず20台ほどの駐車スペースはいっぱいでかろうじて駐めることができた。山の中にあるとはいえ集落は大きく桜が満開。とてものどかな所だった。登り始めは杉林を抜け、雑木林の急な尾根道を登る。
a0181059_1625058.jpg

ところどころにミツバツツジが咲いており、まだ緑の少ない山の中ではよく目立った。
a0181059_16252222.jpg

かなり登った所で、ヒカゲツツジが尾根道の両脇に現れた。色は奥ゆかしい黄色。
a0181059_16253226.jpg

木漏れ日の逆光で撮ると花びらが透け、とてもいい。北風が強く、一瞬、風が止んだときしか撮れなかった。淡い黄色の葉弁の中に橙色の雄しべが浮き立つ。
a0181059_16255346.jpg

ヒカゲツツジの下には、ひっそりとイワウチワが咲いていた。
a0181059_1638862.jpg

風に木漏れ日が揺れ、花が暗くなったり明るくなったり、表情が絶えず変わる。
a0181059_16381938.jpg

ピンクがかった花もあった。
a0181059_16383043.jpg

ただ、花の数はとても少なく、群落として咲いているのは2~3か所。
a0181059_16384071.jpg

17-135ミリでさんざん撮ってから、21ミリ装着のもう1台を持ってきていることに気がつき、あわててザックから取り出し撮ってみた。
a0181059_16465918.jpg

低い位置からの広角レンズは使いにくい。ほぼ這いつくばり撮り。登山道のところどころにしか咲いてないので、休日なら渋滞が起きそう。三脚を立てての花撮りはできないでしょうね。
a0181059_16471351.jpg

風で花は揺れ、光も揺れる。逆光側からしか撮影できなかったけれど、たぶん、逆光のほうが正解。
a0181059_16472451.jpg

広角で撮ったヒカゲツツジ。こちらのほうが実はリアル。
a0181059_1657329.jpg

花の尾根道に続く短い急登を登ると山頂(1102m)。右手には富士山。左手には奥多摩の三頭山(こちらは凡庸すぎて撮影しなかった)。
a0181059_17474873.jpg

しかし、景色よりチョウ。北風が強いので、飛んではいないと思っていたキアゲハが、風のない東斜面を飛び回っていたのだ。撮影時間を30分もらう。キアゲハは1頭。ときどき、アセビの上で休んでは、ヒオドシチョウを追い払うために飛び出す。
a0181059_1751490.jpg

ベタ開翅。左前翅にほんのわずかのひっかき傷。
a0181059_1772166.jpg

山登りの時にはピントリングのない17-135ミリで山頂のキアゲハを撮っていたのだが、さすがに21ミリは使い勝手がいい。こんなに楽だとは。背景を入れた花も撮れるし、これまで登山の時に持ってこなかったのが悔やまれた。
a0181059_1781782.jpg

正面の松の木と重なったのが少し残念だが、顔はこちら向き。
a0181059_1783360.jpg

頭の上を飛び回り、
a0181059_1785091.jpg

谷の方に飛んで行く。
a0181059_179614.jpg

実は上の画像は今一つピンボケ。この後に続く2枚の左がジャスピン、右は寄りすぎボケ。21ミリは軽くて小さいので腕の曲げ伸ばしで距離を調整でき、水平はとれないけれど必殺の手首返し可能。
a0181059_1792351.jpg

ボロボロのヒオドシが飛び回る。ときどき、ヒオドシ2頭とキアゲハを加えた三つ巴戦になる。バトルは激しい。体をぶっつけあう。ピンボケながら撮れた。
a0181059_1795494.jpg

逆光で難しいとしても富士山バックの飛翔を撮り損ない下山。麓の杉林に5本のヒトリシズカ。登るときは気がつかなかった。花撮影に広角もなかなかいい。
a0181059_1710540.jpg



   

by otto-N | 2016-04-20 20:10 | Comments(2)

2016.4.12 東京・白金の森 ヤマトシジミ   2016.4.19 (記)

2016.4.12
ノウルシに来て開翅したトラフシジミを撮影できたけれど、300ミリ単焦点でも遠くて細部まで撮れなかった。結果論だが、テレコンを付ける時間はあったはずと、あらかじめ1.4倍のテレコンをかませた300ミリで、ノウルシの前に陣取る。ところが、まるでトラフは現れない。そのまま、タイムアップ。しかたがなく、ムラサキハナナの群落の上を舞うシロチョウを撮ることにした。ロープで隔離され、まさにチョウの楽園のような湿地の奥。はるか向こうに、ツマキチチョウ、モンシロチョウ、スジグロチョウが舞う。距離は10m以上。

すぐ近くにもハナナはあるのに、飛んでいるのは遥か先。しばしば、3~5頭が絡む。MFで追いかけるが入りはしない。これも4頭が入るはずだった。右端にほんの少しだけ、4頭目が写っている。
a0181059_1435503.jpg

時おり、ものすごいスピードでシロチョウが絡むときがあった。何枚か撮り、ぼんやりと写ったモニターを見ると、その場合に限ってスジグロチョウが絡んでいた。モンシロ同志、あるいはツマキとモンシロの時はそんな激しい絡みはなかった。
a0181059_1436346.jpg

少しはホバってくれるけれど、スピードについて行けない。
a0181059_14361626.jpg

遠いけれど、ムラサキのボケの中で、スジグロの黒い筋が逆光で美しい。
a0181059_14362720.jpg

シャッターを切り続けても、そうはいるものではなく、嫌気をさして、トラフ探しに舞い戻ると、足元からシジミが飛び出した。最初はツバメシジミかと思ったが、メスのヤマトシジミだった。しかも、少し黒縁が太いが紛れもないスーパーブルー。曇り空で撮りたかった。
a0181059_14364284.jpg

このメスが飛び立ち、すぐ、他のシジミと絡んだ。メスをもう少し撮りたかったが、絡んだシジミはオスのヤマトシジミ。これも、300ミリ+テレコンで撮ったが、近すぎた。実は、ヤマトは今季初。
a0181059_14365330.jpg

トラフは現れず、また、シロチョウの楽園に。
a0181059_1437887.jpg

やっと近くにツマキが来たけれど、ハナナ上空では撮れなかった。
a0181059_14372199.jpg

モンシロとモンシロ。
a0181059_14373618.jpg

モンシロとスジグロ。
a0181059_14374898.jpg

掲載した飛翔画像は全部トリミングしなかった。チョウが小さすぎるけれど、ピンがきてないし、たいして写っているわけでもなく、これでよしとしよう。ファインダーを覗いていて、絶え間なくピントリングを動かし、ピンが来たと思ったらシャッターを切るだけ。構図なんてありはしない。うーん、でも、望遠飛翔は広角飛翔よりはるかに楽しい撮影だ。


   

by otto-N | 2016-04-19 20:21 | Comments(0)

2016.4.11 東京・新宿 ツマキチョウ   2016.4.18 (記)

2016.4.11 PM
ツバメシジミのメスはまだ出ていなかったけれど、今年も1頭のオスを撮影でき一安心といったところ。気温は低いが、風が強い分、日射しも強いので、ツマキチョウが飛んでいるかもしれないと新宿に移動した。

ムラサキハナナを背景に、21ミリで切ったシャッター数は489。ムリして空を入れずに撮ったせいか、ピンの歩留りが過去最高だった(絵的にいいのかは問わない)。編集するのも面倒なので、一部のものをトリミングしただけで、ほぼ撮った順に並べます。似たような写真で飽きるとは思いますので、最後まで見ていただけるかどうか・・・。

こちらに向かって来た1頭。
a0181059_10104095.jpg

瞬間、右にかわされたが、いい具合に撮れた。
a0181059_1010506.jpg

ムラサキハナナの間をメスを求めて飛び回る。
a0181059_1011049.jpg

ひたすら飛び回り、ハナナでもタンポポでも全く吸蜜しなかった。
a0181059_10111024.jpg

2枚連続の同じような写真。
a0181059_10115191.jpg

こちらのほうが少しいいかという感じ。
a0181059_1012013.jpg

向こうに歩行者。3枚連続。
a0181059_15104923.jpg

ツマキチョウの数は多くはなかった。飛んで来て一巡し飛び去ってしまう。
a0181059_1012111.jpg

昼休みには人が多かったけれど、午後は閑散としていた。
a0181059_10122138.jpg

水平補正してみたけれど、斜めは斜めで動きが感じられて悪くはない。
a0181059_10123690.jpg

白とびしているが・・・。
a0181059_10124975.jpg

こんなに日射しが強くないほうがいいのだけれど、ここは日射しがなければ、ツマキは巡回に訪れない場所。
a0181059_1013014.jpg

しっぽの影が翅に落ちていた。
a0181059_10131732.jpg

急旋回したので、腕を伸ばす。
a0181059_10133380.jpg

後ろの木の中の白い点はモンシロチョウ。
a0181059_10135473.jpg

モンシロチョウとはよく絡む。絡んでも、レンズの射程には入らない。
a0181059_10143549.jpg

実際には、ツマキチョウよりモンシロチョウのほうが多い。と言うより、常在するモンシロの縄張りにツマキが入ってくる感じ。
a0181059_101625.jpg

白とび。
a0181059_1015893.jpg

少し翅脈の影が写るくらいがいいのだが。
a0181059_10153690.jpg

左のハナナが暗すぎ。
a0181059_10163792.jpg

上翅の下端が妙に光りを反射する。
a0181059_10563947.jpg

なぜか翅の色がくすんでしまう角度だった。
a0181059_1017412.jpg

ここには、メスは1頭もいなかった。どのオスも見切りをつけるのが早かった。
a0181059_10171991.jpg

少し暗いけれど、裏翅だけの浮遊感は好きです。
a0181059_10505283.jpg

晴れても北風が強かったけれど、木立の間なので風が弱く、ツマキチョウが時々やってきたようだった。12時30分から撮り始め、14時に終了。
   

by otto-N | 2016-04-18 18:02 | Comments(0)

2016.4.11 (1) 東京・中目黒 ツバメシジミ   2016.4.17 (記)

2016.4.11
目黒川の桜が散ると、そろそろツバメシジミが出て来るころ。近くの公園に行く。

天気予報では朝から快晴のはずだったけれど、薄い雲が拡がり始め、気温も低い。外に出た瞬間、パーカーを着てくるんだっと後悔したが、このところ、軽登山靴で撮影に出向いているので、自宅に戻って履き直すが面倒でそのまま来てしまった。案の定、ツバメシジミは飛んでいない。日が射しそうだったので、ベンチで待機。それにしても寒く、日射しが出てきてホッとした。20m四方ほどの狭いポイントに行ってみると、オスが1頭、飛び回っていた。雑然としたところで翅を開いてはくれるが、少しはいい場所にとまるのを待つ。やっと、緑の中にとまってくれた。
a0181059_22153943.jpg

前に回っても撮る。
a0181059_22155644.jpg

しかし、日射しがあったのは束の間、完全に翳ってしまった。ならばと、縮こまってしまった裏翅を撮る。暇だったので、これはF2.8開放。
a0181059_2044568.jpg

また、日射しが復活したがすぐ翳ってしまう。翳ったとき、今度は枯れ茎の上にとまり、そのまま動かない。北風が冷たい。
a0181059_20333182.jpg

日が射すまで何分待っただろうか。寒いのはこちらも同じ。やっと日が射し始めた途端、もぞもぞと動きだし、体の向きを変え、そして開翅した。(諦めると、空がうっすら明るくなり、もう少しと期待すると暗くなる、の繰り返し。結局1時間も待った。何もツバメでと思うかもしれないが、私にとってはよくあること)
a0181059_22212882.jpg

青空が出始めてからは、メスを探して活発に飛び回り、ときどき翅を拡げて休む。他の個体はまだ出ていないようだ。ただ1頭だけのポイント。
a0181059_2212645.jpg
この後、新宿に移動した。


   

by otto-N | 2016-04-17 19:49 | Comments(0)