たかがヤマト、されどヤマト

<   2016年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(2)   2016.11.30 (記)

2016.11.22 続き
スーパーブルーより青い部分が広いだけで、ウルトラブルーとは大げさすぎるけれど、靑鱗が高温期のオスと見まがうばかりに広範囲に載っているのでウルトラとした。チョーきれいなのでウルトラとしたわけではない。スーパーブルーはまだ靑鱗という感じがするが、ウルトラではそれより色は薄く、空色だ。ただし、ぼおーっとした感じで、まるでインパクトがなく、決して美しくはない。
a0181059_17401893.jpg

日陰でも普通の靑♀のように靑鱗は輝かないし、ブルーの色みは日向とほとんど変わらない。いずれにしろ、ブルーは夏ほど灰色がかっていないが、色と形は高温期型のオス。擦れていたなら、全く区別がつかないだろう。
a0181059_1745491.jpg

近づきすぎては飛ばれ、オスに絡まれは大移動するが、とにかく、虎の子。大事に大事に追いかける。飛び着いた先は、土手の最下部。枯れたススキとセイタカアワダチソウのが密集する藪の中。枯れススキにとまったけれど、目より上。しかも遠かった。上方からの光で、メタリックに輝く。が、輝きすぎだ。
a0181059_17504579.jpg

枯れススキでの開翅は、ブルーがでなかった。全体を暗めにすると、明るい場所の雰囲気が出ないし、なによりチョウが暗すぎた。結局、ハイキー気味のほうがいい感じになった。
a0181059_17511581.jpg

藪の中なので身動きがとれない中、シャッター数だけは切った。腹部は大きいと思う。裏翅は普通。
a0181059_1751671.jpg

なんか変、背景が妙にソフト。このシーンではこれでいいのだが・・・
a0181059_17514043.jpg

何枚も撮っても、位置を変えても少し不鮮明。原因に気がついたのは、この枯れススキから飛ばれた後のこと。上の組写真の4コマ目から、いつもはF6.3なのに、F4.5になっていた。F4.5だと、手首に広角をぶら下げての撮影はキツかった。
a0181059_1751527.jpg

14時50分、スーパーブルーの登場。
a0181059_19414661.jpg

しかし、全開はしなかった。飛んで新たな場所にとまっても半分だけだった。4コマ目は、飛び立つ前の一瞬。
a0181059_1942423.jpg

太陽も低くなり、そろそろ活動の終わりの時間だった。
a0181059_19421811.jpg

セイタカアワダチソウで吸蜜しているわけではなく、ただとまって日を浴びているだけのようだった。
a0181059_19422850.jpg

こちらのアングルのほうがいい。
a0181059_19424959.jpg

お誘いのメールがなかったら、ウルトラブルーに遭遇できませんでした。楽しいヤマトシジミ探しでしたね。Favoniusさん、ありがとうございました。

   

by otto-N | 2016-11-30 20:08 | Comments(0)

2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(1)   2016.11.27 (記) 

2016.11.22
課題だったヤマトシジミの青♀のスーパーブルーの日陰での撮影ができ、もう江戸川河川敷に出向くこともなかろうと思っていたけれど、朝、誘いのメールが入り、また出かける。他の場所にはヤマトシジミが少ないことが判ったので、いつもの場所を行ったり来たりし、靑♀を探す。

オスは飛び古びたものばかりになってしまったが、見つかるメスはどれも新鮮だ。個体差が多いので、見つけるたびに後を追う。
a0181059_18345549.jpg

逆さにとまったこの個体。春のツバメシジミを彷彿とさせる。
a0181059_1835555.jpg

靑い面積は広くはないけれど、みんな綺麗だ。
a0181059_1838382.jpg

おそらく、上の3コマ目と同じ個体。青鱗粉を散りばめた翅がきりりと締まった。
a0181059_18351639.jpg

こんな中で、ずいぶん青いというか、オスのような白い個体が飛んできた。ウルトラブルー。スーパーブルーより、青面積が広く、鱗粉の色も靑ではなく空色。まるで夏のオス。昨年、最初見た時はメスとは信じられないかった。
a0181059_18352727.jpg


(ウルトラブルー(2)に続きます)



   

by otto-N | 2016-11-27 20:08 | Comments(2)

2016.11.18 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.25 (記)

2016.11.18
前日、課題の新鮮なスーパーブルーを撮影できたけれど、あれだけシャッターを切ったのによく見たら、肝心なシーンでは、ピントに納得のいかない画像が多かった。1日で、こんなに青♀が出てきたことはなく、今後はもう2度とないかもしれない。あのポイントでは青♀が今が旬。と、いうわけで連続の出撃。自営業のFavoniusさんも、仕事の都合をつけて来るという。

前日より1時間も早く着いたというのに、ヤマトシジミの数が少ない。晴れているのに気温が低いせいか。土手の叢に入ってみると、夜露で足元が濡れてしまう。都心では夜露がおりることは決してないのに、やはり郊外は夜の気温が低いようだ。Favoniusさんと青♀を探すが、パッとしない。最初の3個体。2コマ目のものは青鱗粉が分散しとても少ないが、よく見るとそれなりにいい感じだった。3コマ目は、少し摺れた黒♀。
a0181059_15355953.jpg

翅脈だけが浮き出て、青鱗がそこそこ載っているが、地味な個体。光の加減かと思うが、背景だけは申し分なかった。
a0181059_15482324.jpg

小さいが青♀。とまってはすぐ翅を拡げたが、毎回、同じようなアングルでしか撮れなかった。
a0181059_19315513.jpg


オスもあまり飛んでおらず、前日が嘘のよう。気温が低いせいか。そんな中でアカツメクサでくるくると回りながら吸蜜しているメスに遭遇。縁毛に小さな欠けがあり、この個体は先ほどと同じようだ。
a0181059_1544820.jpg

光の加減で一瞬、キラッと輝く。
a0181059_15455329.jpg

黒♀。少しだけ青鱗粉を全体に撒き散らしているが、ほとんど真っ黒。ここまで新鮮だと、とてもきれいだ。この時期の黒♀は、夏のように茶色くない。
a0181059_17122290.jpg

ヤマトがあまりにもいないので、離れた場所まで探しにいくが、いいポイントは見つからず、元の場所で探すこととした。新鮮なオスの飛翔を撮ったりしながら、メスを探すが新しい個体は見つからず、帰ろうと思った14時40分。スーパーブルーが現れた。
a0181059_9205161.jpg


もう少し左に寄り、右の翅の縁毛まで撮る。羽化直なのかとても新鮮。普通の青♀よりも、青鱗の粒が小さく、色も薄い。藍ではなく、青。
a0181059_920294.jpg

飛ばれたので慎重に後を追う。飛んでいる時の色はオスに近いが、飛び方はメス。とまったので、開くまで待つ。一度開いたら、次も開くことが多い。逆に、開かない個体は、とまる場所が変わってもなかなか開かない。
a0181059_1601958.jpg

このアングルのほうが可愛らしい。
a0181059_9245489.jpg

また、飛ばれる。しかし、今度はいい位置だった。横顔を撮っておく。もう夕方?光がずいぶん黄色い。
a0181059_15593782.jpg

半開翅。左から右から、何枚撮ったことだろう。数打ちゃピントも合うだろうと思って撮るのだが、そうはいかない。生き残った画像は僅か。このアングル、なぜピントが合わないのだろう?
a0181059_1603096.jpg

翅を開き始めた。寄り過ぎたが下がれなかった。
a0181059_14234121.jpg

右の翅が半透けで、最高の全開翅。
a0181059_9231176.jpg


少し引いて、ちょっとだけ下から撮ったら、4翅縁までピントが合っていたが、逆光の表現が難しい。
a0181059_1758163.jpg

この後は、光が薄く気温が下ってきたせいか、翅を開くことはなかった。それにしても、2日続けてのスーパーブルー、この全開は格別だった。


    

by otto-N | 2016-11-25 15:17 | Comments(0)

2016.11.17 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.23 (記)

2016.11.17
江戸川の千葉県側の河川敷にヤマトシジミを探しに行く。ATPファイナルの錦織・ワウリンカ戦を見ていたので、朝早くに起きることができず、ポイントに到着したのは10時半。先に来ていたFavoniusさんは、セイダカワワダチソウの前に座り込んでカシャカシャやっていた。思ったより気温が高く、ヤマトの出が早かったらしい。とりあえず、こちらは青♀探し。

最初の個体はすぐ見つかった。
a0181059_1648126.jpg

日陰にしても撮ってみた。
a0181059_16463746.jpg

かなり青いと思ったら、早くも2頭目でスーパーブルーの登場。
a0181059_16493544.jpg

数年前、ヤマト青♀のうち、ただ青いだけではなく、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的にスーパーブルーと定義した。(もっと青面積が広く、オスと見まがうばかりの個体もおり、これはウルトラブルーと名づけている)
a0181059_1649532.jpg

スーパーブルーも、日向より日陰のほうがブルーがきれいだ。というより、日向で撮ってもブルーはそれほど目立たない。
a0181059_16492450.jpg

日陰だと、背後の緑が薄暗くはなってしまうけれど、青鱗粉の粒立ちまで捉えると、異常な輝き。JPEGで十分だ。
a0181059_16521431.jpg

3頭目。かなり青かった。青いと前翅中室が輝く。
a0181059_1720513.jpg

黒縁は太くても、鱗粉の青さが違うようだ。あまり静止を撮らないFavoniusさんは、ファインダーで覗きながら、こんなに青♀はきれいだったけ?と言いながら、飛翔はそっちのけで、メスを探し回る。
a0181059_17201948.jpg

オスの飛翔を時々撮りながら、メスを探し続ける。4頭目と5頭目、似ているが、ちょっとだけ違う。
a0181059_17281951.jpg

撮った順に、6頭目。青面積は狭いが、ブルーが明るい。すぐに飛ばれ、かなり追いかけた。
a0181059_17321767.jpg

土手の上。刈られた草の隙間から撮影。
a0181059_20592954.jpg

もう少しいい背景で撮りたかったけれど、7個体目は青面積は普通。狭くても、明るいブルーだと、とてもきれい。
a0181059_1864160.jpg

そして、8個体目は再びスーパーブルー。最初はカタバミで吸蜜していた。
a0181059_19221697.jpg

「前縁にも青鱗粉」という条件に少し足りないけれど、よく見れば載っている。
a0181059_19231666.jpg

この個体は日向(左)でもブルーがきれいだった。これ以上は開かず。
a0181059_2063234.jpg

上からのアングル(日向)。日陰にしても撮りたかったが・・・
a0181059_2064370.jpg

気配を察して、別な場所に飛び移る。
a0181059_19292560.jpg

ヤマトシジミとは信じれないほどのブルー。
a0181059_19293934.jpg

やっと大きく開いてくれた。
a0181059_19295197.jpg

左のエッジを撮りたくて、右に移動。10枚以上撮って、足場が悪くやっと1枚。
a0181059_1930129.jpg

がさっとやってしまい、飛び移ったところで開翅。スーパーブルーのラストショット。
a0181059_19301247.jpg

その後に現れた3個体。2コマ目、このアングルはどうしてもピンぼけになってしまうのはなぜだろう。
a0181059_20344838.jpg

14時30分、ヤマトは草の穂先で眠りの体制につくものがでてきた。オスは横からの日を全開で浴びるが、せっかく見つけたメスは翅を開かず、撮影は終了。
a0181059_9112920.jpg

    

by otto-N | 2016-11-23 18:14 | Comments(4)

2016.11.12 東京・恵比寿 ルリシジミ   2016.11.22 (記)

2016.11.12
雨の翌朝、いつもの場所。ヤマトシジミは少なく、飛び方が違うと思ったらルルシジミだった。時々、11月にも見ることがある。しばらく、後をつけていたら、開翅した。
a0181059_23173030.jpg

後ろに回り、1枚だけ撮れた。
a0181059_1458117.jpg

2016.11.13
青いのは全然いない。4コマ目、オスだって夏の装いに近いのもいる。今どきとしては珍しい。
a0181059_14582470.jpg

2016.11.15
晴れていても寒く、もう12時だというのにカタバミが咲いていない。新鮮なオスとメスのカップル。メスの様子が気になるが、オスに先をこされた。
a0181059_14583571.jpg

あいかわらず青いメスが見つからない。
a0181059_1522276.jpg

上の1コマ目と同じ個体。時間を変えても、行動範囲が狭いせいか、同じ個体ばかりに出くわす。
a0181059_1459544.jpg

2016.11.20
江戸川河川敷に行って、新鮮なスーパーブルーを撮影でき、今年の目標を達成できたけれど、まだ、近所のヤマトの観察は終わったわけではない。日曜日、テニスに出かける前のルーティン。しかし、30分とはいえ、淋しい状態だった。
a0181059_19385594.jpg


   

by otto-N | 2016-11-22 18:52 | Comments(2)

2016.11.9 東京・ソテツの公園 クロマダラソテツシジミ♀   2016.11.20 (記)

2016.11.9 続き
いつもまにか足元から這い上がって飛び去るものがあったが、風に流され追いかけてもムダだった。それより、背景としてソテツの葉を撮りたいので、じっと待つ。12時、メスが開き始めた。これはちょっと寄り過ぎた。
a0181059_20344118.jpg

太陽の光をまともに反射し、ギラギラ輝く。EVは-1.7。オオミドリシジミ並みの眩しさだった。
a0181059_20345250.jpg

上からでも輝きがきつい。
a0181059_20351532.jpg

このアングルが一番だった。何枚も撮ったのに、残念。右の尾状突起が写っていない。風になびく尾突の白点はポイント。ウラナミシジミを撮っていて気付いた。
a0181059_2056752.jpg

メス第2号は、ソテツの廊下の奥。
a0181059_2057951.jpg

次々と開くので、同じ個体なのか移動したのか、何頭目か判らなくなってきた。
a0181059_20574264.jpg

これは上と同じことは確実。クマソ♀は、こんなにメタリックとは意外だった。
a0181059_20575187.jpg

またもや、メス。右前翅はなかなか開かなかった。ルーミスの時もこんな個体がいた。寒いと左右同時に開かないのかもしれない。
a0181059_20572052.jpg

少し位置を変える。後ろのソテツの葉が交差し、いい感じだった。
a0181059_20573143.jpg

12時40分、開き始めた別個体を撮っているとき、前日お会いしたTさんが来られた。
a0181059_953966.jpg

しかし、これ以上はなかなか開かず、どこから撮ったらいいのか撮りあぐねていた。
a0181059_21115786.jpg

半分開いているのに、触角は2本そろえたままだ。体だけが日射しに反応?
a0181059_21121923.jpg

開き始めたのは13時15分。
a0181059_2112750.jpg

翅の基部にかけてのブルーのグラデーションは新発見。
a0181059_21123124.jpg

この間も、飛び出した個体もいた。オスはメスに較べ、開くとすぐに飛んでいってしまう気がした。いつまでも残っていたのはメス。ソテツの葉の上ばかりを注視していたが、足元の叢でも、出てきては開翅する。ただ、あまり撮らなかった。
a0181059_9191562.jpg

飛び出して、フラフラと風下に流される。そうはさせまいと、風下に立ちはだかり、広角で撮ったけれど、ムダ。ソテツを入れたかったけれど、隣の植栽の下のほうに潜り込む前に1枚ピン甘が撮れただけ。どさくさに紛れて掲載します。
a0181059_9192997.jpg

13時30分、全開したメス。やはりソテツの葉の上が美しい。
a0181059_9194127.jpg

ときおり強風が紛れ込み、翅で懸命にバランスをとる。そろそろ、ソテツに日が当たらなくなってきた。
a0181059_9195884.jpg

13時40分。植栽にふと目をやると、メスが翅を開いていた。青く輝く翅脈が美しい。
a0181059_9201696.jpg


木枯らし1号が吹き荒れたこの日、ギャンブルではあったが、次々と開翅するクロマダラソテツシジミを撮ることができ、嬉しい1日となった。このシジミチョウは、沖縄でさんざん見ており、東南アジアの観光旅行でも、ボロボロに食われたソテツの周りでゴミのように飛んでいる。ただ、オスばかりだし、擦れた個体ばかりで、新鮮な個体を撮ることは難しかった。この日に開翅し飛び立った個体は、当日羽化した個体ばかりでなく、その前に羽化したものの、寒くて動くことのできなかった個体も多かったはず。蛹化は葉の付け根の隙間で行われることが多いので、木の下の叢のから顔を出した個体は、羽化後に落ちたものと思っている。事実、ソテツの葉はつるつるなので、葉から滑り落ち、寒くてはばたきもできないまま、叢の中に落ちてしまった個体も目撃した。(クマソもソテツから落ちる。)これからは、ソテツの新芽もなく、吸蜜源も近くには少なく、何よりも気温が低い日が続く。もう生存するにはキツそうだ。

   

by otto-N | 2016-11-20 20:20 | Comments(0)

2016.11.9 東京・ソテツの公園 クロマダラソテツシジミ♂   2016.11.18 (記)

2016.11.9
夜に雨が降り、朝から北風。ソテツの葉の上で動けなくなったクロマダラソテツシジミはどうなっているのだろうと、見に行く。北風が強いけれど、茂みの南向きの葉上なので、風は当たらないはず。葉の上にまだいるのなら、日が射したら開翅するに違いないという下心。空は曇っているので気温が上がらない。ポイントに着くまでに日が射さないでくれと祈りながら、10時30分、現場到着。

まだ、空は曇ったままだった。北風が強く、寒いのでダウンを着こむ。前日6~8頭いたクロマダラソテツシジミは、4頭残っていた。ソテツの葉の上で横になっているのもいる。
a0181059_17465894.jpg

10時50分、日が射し始め、1頭が開翅した。
a0181059_174786.jpg

もう少し撮りたかったが、飛び去る。
a0181059_17471836.jpg

他の個体に期待するけれど、少し場所を変えるだけで、全く開かない。閉じた画像の山を築く。いくらソテツの葉が美しいといっても、さすがに飽きてしまった。
a0181059_17473812.jpg

11時15分、もう1頭が開翅。しかし、ソテツの葉の谷間。半分しか開かないし、どう撮ればいいのやら。
a0181059_17481598.jpg

この構図が気に入った。主役はソテツの茎の緑のグラデーション。
a0181059_20482438.jpg

10時40分、こちら向きの顔を撮っているとき、開翅したオス。
a0181059_17482531.jpg

ほとんど開いたが、向きがよくなかった。翅脈の影が強すぎる。
a0181059_17485444.jpg

少し、左へ回り込む。肩のはったクマソらしい姿。
a0181059_17491255.jpg

開翅したオスは次々と飛び立ち、強風にあおられながら遠くに飛んでいってしまった。残り少なくなった虎の子だが、風が強いが晴れて気温が上がったせいか、新たな個体が次々とはオーバーだが、足元の叢から現れた。どうやら、ソテツから落っこちたか、地面で羽化したのか判らないけれど、寒い間、じっとしていたに違いない。


(クロマダラソテツシジミ♀に続きます)
   

by otto-N | 2016-11-18 20:30 | Comments(2)

2016.11.8 東京・ソテツの公園 クロマダラソテツシジミ   2016.11.16 (記)

2016.11.8
クロマダラソテツシジミはもう収束していると思ったけれど、場所が近いので行ってみることにした。10時半ころに到着すると、すでに3名がソテツに茂みを取り囲んでいた。挨拶し、仲間に加えていただく。クマソは6頭。曇っているし、ソテツの葉が邪魔で撮りにくく、全部撮るのはムリだった。どの個体も、寒いのか、触覚を2本束ねて、全く動く気配がない。
a0181059_17203440.jpg

11時ころ、最後にソテツの幹部分にとまっている個体を撮ろうとした時、翅の表を少し見せたと思ったらすぐに翅をパタパタさせた。まだ、翅は伸びきっていない。その後は、再び翅を閉じる。
a0181059_17265120.jpg

気がつくと少し空が明るくなったおり、葉の隙間から日がわずかだが当たり始めた。気温も少し上がったのか、クマソに動きが出る。足元の下草の中でメスが開翅、下草の中から這い上ってくる個体も出始めた。日陰なのでチョウだけが明るく、EV補正は-1。少し日が当たると白とびしたので、さらに下げた。
a0181059_17273285.jpg

ソテツの葉の上の個体は、最初の場所から移動していた。触角は開いていた。やっと起きたようだ。
a0181059_17274426.jpg

こうなっては、翅を開いて欲しいところ。一同、固唾をのんで見守る中、最初に翅を開いたのはメス。場所が悪く、開翅している途中を撮影できなかったけれど、最後に撮れたメタリック・ブルー。
a0181059_17401310.jpg

オスも開翅してくれた。ファインダーで見ると、真っ白。メスの開翅は-0.7EVだったけれど、このオスは-1.3EVまで下げた。
a0181059_1863240.jpg

翅の角度はここまで。しかし、時間が長かったので別アングルでも撮った。
a0181059_17511055.jpg

少し翅を開いた時、裏翅が透ける。
a0181059_17525895.jpg

このオスが飛び去ってしまい、残っている個体に期待する。もう1頭が開いたけれど、これも半分。これ以上は開かず、翅を閉じてしまう。
a0181059_17531556.jpg

日射しがもう少し欲しかったところだが、逆に雲は厚みを増し、気温も下がり、クマソは全く動かなくなる。
a0181059_17533153.jpg

12時半、これ以上待っても、空が明るくなりそうもないので、撮影隊は解散。他の場所のソテツを見廻ってから、元の場所に戻ると、数頭ともそのままの場所にいた。背景がいいので1頭だけ撮影したが、暗くてよくは撮れなかった。
a0181059_17534519.jpg
この日、お会いした方の一人は品川区在住のTさんだった。初対面でしたが、今年亡くなった Iさんからお名前は存知あげていた。関東のクロマダラソテツシジミについてとても詳しく、色々とお話を伺った。今年は9月4日に1kmほど離れたソテツでクマソを見つけ、以後、観察を続けていたとのこと。クマソはソテツの新芽を探して発生場所を移動し、今はここがピーク。10月下旬に、撮影者が急に増えたそうである(ブログ記事が原因?)。撮影者の増加はともかく、ソテツの葉ごと幼虫を持っていかれたのことには困惑されていた。ソテツの多い東京湾の千葉側では全く発生しないのが不思議とのことです。ともあれ、毎年、どこかで見つかるクロマダラソテツシジミ、最初の個体の由来が謎のままです。寒くてなかなか開きませんでしたが、Tさん、ご一緒した皆さん、楽しく撮影できました。ありがとうございました。

(この日の夜は冷たい雨。ソテツの葉の上にいたクマソのことが気になり、翌日、再訪することになります)



P.S.
クロマダラソテツシジミの個体の多くは、口吻を伸ばしたり、丸めたり、とにかく、引っ込めるより出していることのほうが多かった。そして、画像をよく見ると、口吻は2つに割れている。この画像は、少しピンボケだが、口吻の根元から2つに分かれていることが良く判る。本田計一・加藤義臣編「チョウの生態学」を調べてみると、2つに分かれているという直接の記載はなかったが、掲載されていた「口吻先端部の外部形態」の写真では、確かに口吻は2つに分れているように見える。動物の体は左右対称が基本。分れていても不思議はない。人間の二枚舌は上下に重なっているらしいので、これには当てはまらないだろう。
a0181059_20512893.jpg



   

by otto-N | 2016-11-16 20:12 | Comments(0)

2016.11.7 東京・中目黒 翅の中にレインボウ   2016.11.14 (記)

2016.11.7
パッとしないルーティンワーク。
a0181059_2023465.jpg

白いオス。
a0181059_2024236.jpg

先日現れたちょっと変なメスに似ているメス。ちょっとピンボケだが、撮れたのはこの1枚きり。シブい。
a0181059_20242160.jpg

たぶん傷んでいるので、こちらが先日の変なメス。前、後ろとも、翅脈に沿って青鱗粉が細かく載っている。
a0181059_20243675.jpg

ついにスーパーブルーが現れたかと思ったけれど、今一つ。この後、オスに追われて戻ってはこなかった。
a0181059_20244830.jpg


午後、中目黒に所用があり、ここの公園へ半年ぶりに寄る。コミスジがポツン、ヤマトはあまりいない。
a0181059_2025845.jpg

何か飛んできたと思ったら、ベニシジミ。まあ撮っておくかとファインダーを覗いたらびっくり。
a0181059_20251924.jpg

秋型というより夏型に近い。赤い翅の付け根が緑~オレンジに輝くことがあるけれど、ここまでのは初めてだった。
a0181059_20253011.jpg

飛び去ったので近くを探すと見つかった。しかし、ヤマトシジミがちょっかいを出し、その後は行方不明。
a0181059_20254395.jpg

少し大きくしてみよう。翅の中にレインボウ。
a0181059_947262.jpg




   

by otto-N | 2016-11-14 20:20 | Comments(4)

2016.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.11.13 (記)

2015.11.5
日課となった近所でのヤマトシジミ。数は少ないが、その分、他の個体にちょっかいを出されないので、撮影にはいい。
a0181059_1812268.jpg

少しはきれいな個体を見つけては撮影する。時間の経過に従って並べてみたけれど、個体は重複しているはず。
a0181059_20433792.jpg

似たような構図ばかりになってしまう。
a0181059_20432861.jpg

イヌタデの周りを少し掃除した.
a0181059_204439.jpg

青いことは青いが、まだまだスーパーブルーにはほど遠い。
a0181059_20434997.jpg

アベリアには、メス探しのオスが飛び交う。2~3頭が絡んだ時もあったのだが、いつものことながら、1頭しか写っていない。
a0181059_2217157.jpg

うるさいのは花が近すぎるせいか。こんな斜め向きのほうがいい感じだ。
a0181059_20575351.jpg

後ろが決まっているので、もっと確率がいいはずなのだが、そうもいかなかった。
a0181059_20574077.jpg




   

by otto-N | 2016-11-13 20:08 | Comments(0)