「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

<   2017年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017.2.16 群馬県・谷川岳天神平 羨望のシュプール   2017.2.18 (記)

2017.2.16
昨年3月、妻のスキーブーツが志賀高原で壊れてしまい、暮れに新しいブーツを買ったのはいいけれど、まだスキーに行っていなかった。いつものように、スキー場の天気がいい時を狙っていたのだが、平日には毎日雪の日が続いていた。この日、移動性高気圧に覆われ、絶対晴れるとの予報。急遽、出かけることにした。場所は天神平スキー場。ここには、30年ほど前、春スキーに行ったことがある。確か、滑走面が3色のK2ファイブ・ウィンターヒートを履いていたころだったと思う。コブばかり滑っていたので、エッジを折ってしまった記憶がある。前日15日の午前中は所用があったため、午後に水上温泉に移動し前泊した。

当日の朝、起きると予報どおりの快晴。スキー場のロープウェイ駅に9時ころ到着。すでに列が長いと思っていたが、ガラガラ。山頂駅に着き、3本あるリフトのうち2本だけ運行していたが、乗っている人はまばらで、斜面にも人影は少ない。ただ、斜面にはすでにまんべんなくトラックが付けられ、残された雪は少なかった。まず1本滑ることとし、リフトに乗る。リフトを降りたら、こんな谷川岳が拡がっていた。(写真はすべて、クリックすると大きくなります)
a0181059_14031833.jpg

谷川岳(標高1977m)のアップ。一度、夏にここから登ったことがあるし、下からも何度か見上げている。厳冬期にこんなに晴れる日は数少ないと思う。
a0181059_09251509.jpg


谷川岳の右の向こうに3つの山。真ん中の一番奥が朝日岳(1945m)。その右前が白毛門(1720m)、左が傘ヶ岳(1851m)。白毛門からの谷川岳はすばらしいとのこと。
a0181059_09252926.jpg


数日間、雪のためゴンドラが運休していたので、新雪はたっぷりあるだろうと思っていたら、意外と少なく深いところで30cmくらい。積雪量より問題は、表面がウィンドクラストしていてパリパリ。すでにつけられていたボードのトラックの多くはターン弧が浅く直線的なものが多かったが、ターンが難しかったのだろうと納得。それにしても、ボードの滑り方はもったいない。昔のスキーヤーは1本ずつ丁寧に滑り、新雪がなくなると「8」の字を描き、深雪を楽しんだものだった、と言うと年寄の繰り言になるか。この急斜面は、吹き溜まりとクラストがミックスされていて、見かけより難しい雪だった。斜面の全景はパノラマ合成がうまくいかなかったので3分割のまま載せます。
a0181059_14035540.jpg



天神平ではボーダーが8割。スキーヤーもほとんどセミファットかファット。そして、ここでもかと思ったくらいオーストラリアからのスキーヤーが多い。リフトにはポツンポツンとしか乗っておらず、斜面にもほとんどいない。どこを滑っているんだろうと思ったら、滑走禁止地域での「ツリーラン」のようだった。ヘルメットにザック、少し登山道を登った場所から、ゴンドラ始発駅に滑り込むようだ。それはさておき、普通のロッカーで滑った私のトラック。ターン径が小さく、ときどき先割れし不均一。少しでも滑った後のない新雪を求めて滑ってましたが、空いている所はクラストばかり。失敗の連続でした(矢印)。ファットならどう滑れるのか興味深いところです。
a0181059_14041165.jpg


谷川岳の大斜面(肩の広場ということを後で知る)に3本のボードのトラックを見つけたのは9時半ころ。この3本は、雪の亀裂の下の急斜面に続き、奈落の底に下りていた。午前中なので雪崩の恐れはないようだが、それにしても気温が高い。ロープウェイの始発は8時半。1時間であそこまで登れるとは思われないので、避難小屋に泊ったのだろうか?うーん、すごい!そして正午すぎ、大斜面にもう1本の、ボードではなくスキーのトラックが新たに加わっていた。
a0181059_09254163.jpg


大斜面をズームアップ。すばらしいトラックだった。八方尾根でも第一ケルンあたりから南俣に滑り込むトラックを見たことがあるけれど、斜面全体を見ることはできなかったので、これほど感嘆はしなかった。大きな雪庇の下の片流れの斜面を一直線に滑り下りていた。まさに羨望のシュプール。(私にはスキーを担いで登る体力がなさそうです)
 →午後になってからも谷川岳を登る人の姿が見られた。19日、「ヤマレコ」を検索したら、この日の登頂記事が5件アップされていました。登頂、おめでとうございます。すばらしい。それにしても、このシュプールをつけたスキーヤーが滑っているところを撮りたかったです。
a0181059_09255418.jpg


14時、残された新雪はなくなり、3本のリフトしかない小さなスキー場。もう飽きてしまった。せめて田尻沢Bコースが開いていればもっと楽しめたのだが・・・。ということで、少し早いが撤収。
a0181059_14055513.jpg


田尻沢を下っているとき、脇の林の中に入ったらクラストなし(当たり前だ)。これなら、ツリーランしたくなるわけだ。途中で撮った谷川岳。少し陰影がついていた。田尻沢コースは登山道に造られた長いコースだが、幅が狭い。沢の急斜面には雪が転げ落ちている箇所もあり、管理するのも大変そうだった。
a0181059_14060566.jpg

冬に初めて天神平に来たけれど、他のスキー場とは異質だった。ほとんどが、いわゆるバックカントリー派。ボダーがほとんどで、スキーヤーもファットスキーとヘルメットとは恐れ入った。ニセコ以外に(野沢もそうかもしれないが)、こんなマニアックなスキー場があるとは思わなかった。ニセコの場合、降雪後、アンヌプリのゲートが開いたなら、1時間で深雪はなくなってしまう。ここなら、そんなことはなさそう。関越トンネルの手前、東京からはとても近いので、ツリーランをしなくても、天気さえ良ければものすごい穴場だ。ところで、心配だった妻の新しいブーツは当たる箇所もなく問題は全くなかったけれど、板はカービング板。この不整地はかなりきつかったようだった。よく頑張りました。

水上に着いたら、気温13℃。終日、久しぶりの無帽、サングラスでのスキーでした。




More : 水上温泉 「天野屋」 ←クリック

by otto-N | 2017-02-18 18:26 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (17)タカネヒカゲ   2017.2.16 (記)

タカネヒカゲ
常念岳では、ミヤマモンキチョウの他にタカネヒカゲを撮影した。ただ、昨年は発生が早く、オスはほとんどスレ個体だった。

山小屋に着いた午後は、左の方に太陽があるため、槍ヶ岳方向は半逆光になり、槍ヶ岳もチョウも色が出ないのが残念だった。
a0181059_16291250.jpg



翌日も晴れ。どぎついほど空が青く写る。とまっているとどこにいるかもわからないほど、岩に溶け込むタカネヒカゲの飛翔画像は、写っていることさえも、モニターでしっかり見ないと判らなかった。
a0181059_16292663.jpg


表翅の斑紋は赤くてきれいなはずだが、スレ個体ばかり。メスはあまりハイマツの藪から出てこないようだ。オスに見つかり追いかけられても、すぐ藪の中に入り込む。
a0181059_16295150.jpg


飛ぶスピードは速いが、長い距離は飛ばず、すぐにどこかにとまる。しかし、どこか判らない。近づくと足元から飛び出す。そんなことばかり繰り返していた。
a0181059_16300420.jpg


次の瞬間、背景に槍ヶ岳が入ったのだが、翅の向きが・・・
a0181059_17114635.jpg


時々、オス同志が絡む。しかし、一瞬で終わる。
a0181059_16301289.jpg


またもや、悔しい1枚。あと3cm。
a0181059_09250275.jpg




by otto-N | 2017-02-16 21:26 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (16)ミヤマモンキチョウ   2017.2.15 (記)

ミヤマモンキチョウ
7月、北アルプス・常念岳に登った。いつものように登山のついでにチョウ撮影ということではあるが、山小屋に一泊すると、到着後と下山後に撮影時間が2~3時間とれた。

昼過ぎ、山小屋に荷物を預け、カンカン照りの中を歩き、そして走り回った。槍ヶ岳バックにやったと思ったが、東京へ帰ってから、オスは普通のモンキチョウと気づいた。標高2000mならいざ知らず、標高2600mまでモンキチョウが昇ってくるとは・・・。ちょっと油断した。
a0181059_10245933.jpg


ミヤマモンキチョウはそれほど多くはなくポツンポツンと飛んでいるだけで、見つけるたびに、ハイマツその他の植物を踏まぬように近づくか、飛んでくる方に先回りした。ときどき、オスとメスが絡む。300ミリのフォーカスをマニュアルに切り替え、飛翔を狙うが、ボケ画像ばかり。メスがオスを追いかける行動は、モンキチョウと同じだった。
a0181059_10251174.jpg


翌朝、山頂に登ってから、チョウを追いかける。前日の午後とは違い、午前中は槍ヶ岳方向は順光。岩場のところどころに咲いているミヤマダイコンソウで吸蜜するので、そこで待ち伏せる。
a0181059_22151657.jpg


少しの上の群落。なんとか槍が入った。
a0181059_08523469.jpg



登った山は入らなかった。これはメス。
a0181059_10252643.jpg

ミヤマダイコンソウに近づくオス。
a0181059_10255297.jpg
しゃにむに槍ヶ岳が入るであろう方向にカメラを向けた。
a0181059_10260141.jpg

とまる前にはホバリングしてくれるので撮りやすいと思ったけれど、翅の向きやピントはまるで不合格。個体数が多くはないし、スレ個体も多い。10時半すぎ、チョウも出なくなり、下山時間となったので撤収。
a0181059_10261023.jpg

ハイマツの上を飛び回るオス。悔やんでも悔やみ切れないこの1枚。あと5cm届かず。
a0181059_10262131.jpg



by otto-N | 2017-02-15 10:58 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2016 (15)ウラジャノメ   2017.2.13 (記)

ウラジャノメ
7月中旬、長野県のウラジャノメ。汗を吸いにシャツやザックにまとわりつくが、近すぎて思うようには撮れなかった。
a0181059_14465114.jpg

近づくのではなく、一瞬身を引き離して撮った。
a0181059_14463239.jpg


明るい方にも飛び回るが、翅は逆光になってしまい暗くしか写らず、逆光補正したものの背景は薄ボケてしまう。
a0181059_14464324.jpg


木道に置かれた木のテーブル。数頭が何かの汁を吸っていた。近づくと一斉に飛び立つ。これも逆光。補正がむずかしい。
a0181059_14470021.jpg





by otto-N | 2017-02-13 16:58 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (14)メスアカミドリシジミ   2017.2.12(記)

メスアカミドリシジミ
7月の初め、OTTOさんに仙台のゼフィルスを案内していただいた。昨年は、他のチョウと同じく、東北のゼフの発生も混乱しており、行った時にはメスアカミドリシジミが発生したばかりだった。

林道でテリを争う2頭。ミドリシジミは夕刻の暗い中での卍飛翔だが、メスアカミドリは正午ころの明るい中での卍飛翔。シャッター速度を稼ぐことができるのだが、翅が輝きすぎ、翅に合わせるとどうしても背景は暗くなってしまう。
a0181059_15165115.jpg

近いところへはなかなか来てくれず、広角での撮影のチャンスは多くはなかったが、雰囲気だけは捉えられたと思う。
a0181059_10392343.jpg


別のポイント。暗い林の中で何度も卍飛翔を繰り返していたが、遠いので300ミリで撮るしかなかった。マニュアルフォーカスにして、キラッと光った時連写する。あまり近いとピントが合わず、そもそもフレームに入らない。結局、遠い卍しか撮れなかった。以下、6016×4000 →3600×2394 に一律のトリミング。
a0181059_10393431.jpg

望遠だと、チョウの表情がよくわかるし翅の色もきれいだ。しかし、翅が輝きすぎるので露出は低め。そうすると、遠い時は背景が真っ暗になる。この4コマは、上記と同じ比率でトリミングしたが、このくらい近いと背景がボケらしくボケる。でも、いくらホバリングしていても、ピンボケ・フレームアウトの続出だった。
a0181059_10394348.jpg

下草の上の卍。これはノートリ。
a0181059_11350669.jpg


輝く表翅。しかし、2頭同時はムリだったし、金緑色の輝きにはほど遠かった。
a0181059_12114048.jpg

他にも、アイノミドリシジミ、フジミドリシジミ、ジョウザンミドリシジミ、ウラクロシジミなどのゼフを見ることができ仙台は素晴らしいゼフ天国。OTTOさん、どうもありがとうございました。それにしても、住宅地のすぐ傍でカモシカに遭遇したのには驚きました。

  




by otto-N | 2017-02-12 09:18 | Comments(2)

お知らせ 「チョウ類の保全を考える集い」      2017.1.28 (記)

2月11日まで、このお知らせをトップに掲載いたします。新しい記事はこの下になります。と言っても、昨年掲載した画像の焼き直し。個人的な忘備録にすぎませんが、それなりに少し直してあります。
日本チョウ類保全協会の活動については、その会誌「チョウの舞う自然」に詳しく掲載されていますが、「保全を考える集い」ではもっと詳しい生の報告があると思います。非会員の方も、ぜひ、ご参加ください。

*************************************************************************************************************

2
4日(土) 「第7回 関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い」 大阪市立自然史博物館 (大阪府大阪市)
211日(土) 「第13回 チョウ類の保全を考える集い」 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)

 24日の関西・中国地区での集いでは、近畿・中国地方で近年問題となっているシカの悪影響について継続的に取り上げ、今回は、ギフチョウやウスバシロチョウへの影響に注目して、ご報告をいたします。
 211日の集いでは、今回もさまざまなお話をいただきますが、特別企画として韓国の研究者を招待し、韓国のチョウ類の現状や保全に関する講演を頂く予定です。
また、生物多様性の観点から外来種問題を取り上げますが、この分野の最前線で数十年を過ごしてこられた岸本年郎氏とともに、アルゼンチンアリの研究者で、かつ昨年の田淵行男写真展の入賞者、砂村栄力氏をお招きします。さらに、保育社の蝶類生態図鑑の著者である高橋昭氏から、かつてのチョウが「豊か」だった頃の自然環境について、お話をいただきます。もちろん、例年と同じくチョウ類の保全の活動紹介や、絶滅危惧種の保全状況もご紹介します。
 いずれも日本の生物多様性の現状や問題点を、チョウという点から幅広く考える機会にできればと思っております。
 どなたでも参加できますので、多くのご参加をお待ちしております。お知り合いの方にもぜひお声かけください。

 多くのみなさまのご参加をお待ちしております。 


211日(土) 第13回 チョウ類の保全を考える集い>

日時:2017211日(土) 10:3017:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木) 研修室416(センター棟4階)

プログラム:
10:00
~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30
10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45
11:50  外来種はなぜ悪いのか~昆虫の世界に見る外来種の影響~
         「昆虫の世界で起こっている外来種問題」
          岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
         「アルゼンチンアリは何を起こしているのか」
          砂村栄力氏(アリ研究家)
11:50
13:00  昼食 (会員総会 11:5012:30
13:00
14:30  韓国におけるチョウの現状と保全
         金 聖秀(Kim, Sung-Soo)氏(ResearchInstitute for East Asian Environment and Biology
14:30
15:10  かつての自然の「豊かさ」~チョウから描く環境の変化~
         高橋 昭氏(名古屋昆虫同好会)
15:10
15:40  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
15:40
16:30  チョウ類の保全活動報告
          「長野県飯山のオオルリシジミ」   福本匡志氏(北信濃の里山を保全活用する会)
          「オガサワラシジミの生息域外保全の取り組み」 石島明美・古川紗織氏(多摩動物公園)
16:30
17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
         ・絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミ、ウスイロヒョウモンモドキほか)
         ・庭のチョウ類調査 ほか
17:45
      閉会
18:00
20:00  懇親会(同施設内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 会費3,500
(中締め19:30

参加申し込み
参加費:1,000円 
 関心のある方は、どなたでもご参加できます。
 参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しください。

懇親会:また、終了後、18:00から同施設内のレストランにて懇親会を開催します(会費3,500円)。
懇親会に参加を希望される方は、必ず25日までに事前のお申し込みをお願いいたします。
  申込み先:Email:jbutterflyconservation@gmail.com (事務局井上)
  懇親会場 カフェ・フレンズ(センター棟2F TEL:03-3467-7203



24日(土) 第7回 関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い>

 チョウや自然環境の保全を考える「チョウ類の保全を考える集い」を下記の要領にて 開催いたします。
近年、ニホンジカの増加によりさまざまな問題が発生していますが、今回はチョウの生態にどのような影響を与えているかに焦点を当ててみました。
ご興味・ご関心のある方はどなたでも参加できますので、是非ご参集下さい。なお事前の申し込みは不要です。(懇親会参加者のみ要申込み)。

日時 2017 2 4 日(土) 13:0017:00
場所 大阪市立自然史博物館 http://www.mus-nh.city.osaka.jp/ TEL 06-6697-6221
参加費 300 円(+入館料300 円)

【プログラム】
13:00
開会 (12:30 受付開始) 総合司会:小野克己 氏
13:00
開会挨拶 山本 治(チョウ類保全協会 理事)
13:10
14:00 基調講演 「シカの増加によって生じている生態系異変と生物多様性回復の試み」:京都大学農学部 森林科学科 高柳 敦 先生
14:00
14:50 近畿地方のウスバシロチョウ産地の現状
       京都府・滋賀県・福井県の現状:小野 克己 氏
       兵庫県の現状:近藤 伸一 氏
14:5015:00 休憩>
15:00
15:30 西日本のギフチョウ産地の現状について 永幡 嘉之 氏
15:30
16:10 近畿地方・中国地方のシカの食害によるチョウへの影響
      奈良県の現状:伊藤 ふくお 氏
      中国地方の現状:田村 昭夫 氏
16:10
16:40 総合討論:コーディネーター 鎌田 邦彦 氏
16:40
17:00 日本チョウ類保全協会の紹介及び活動報告 中村 康弘
17:00
閉会
18:00
頃  ~ 懇親会

懇親会
 懇親会費 : 3000 円 (予定)
 参加希望者は2 1 日までに必ずご連絡をお願いします。
 (会費は当日会場で徴収します)
 連絡先:森地 papiliomorichi@leto.eonet.ne.jp
または090-4292-5897 まで


************************************************************************************************************************

 特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会

 140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201 TELFAX03-3775-7006 TEL携帯:080-5127-1696
Email
jbcs@japan-inter.net

**************************************************************************************************


飯山ではありませんが、食草クララにまとわりつくオオルリシジミ♀の画像がありました。2013年、保護地での撮影です。

a0181059_10000884.jpg


by otto-N | 2017-02-11 20:20 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (13)ミドリシジミ   2017.2.10 (記)

ミドリシジミ
ミドリシジミの夕刻の卍飛翔は、午後4時ころから始まり、宴たけなわになるのは太陽がほとんど森の影に隠れる午後5時半すぎだった。太陽が沈んでもミドリシジミは暗い中を狂ったように続けていた。

2頭がフレームになかなか入らない。それよりも、たまにしかピントが来ない。撮れそうで撮れないはがゆさ。
a0181059_09465783.jpg

日が暮れはじめる林縁。最初は樹上高く卍飛翔を行っているが、徐々に下に降りてくる。しかし、ほとんどが途中で分裂する。
a0181059_09471428.jpg

しかたがなく、1脚と数10cmの長いレリーズを急遽購入し、再再度の出陣。カメラを頭上に掲げ連写した。その効果は抜群と言いたいところだが、そんな甘いものではなかった。
a0181059_09472729.jpg

広い叢に下りてくる。逆光側だと、こんな風にしか写らない。
a0181059_09474471.jpg

撮影する方向は限られる。それにしても、暗すぎ。
a0181059_09473658.jpg

対峙する2頭。
a0181059_09480168.jpg

残念ながら、1頭しか入らず。
a0181059_09475375.jpg

日が落ちる頃、卍する2頭にさらに別のオスが次々と絡み、5頭を越える一団が、もはや卍飛翔の体をなさず、1頭を追いかける形で、残照の中を猛烈なスピードで飛び交っていた。ただただ唖然とするのみ。 


 

by otto-N | 2017-02-10 16:37 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (12)ウラゴマダラシジミ   2017.2.7 (記)

ウラゴマダラシジミ
6月、満開のイボタにウラゴマダラシジミを撮りに行った。中途半端な時間に着いてしまい、静止写真も満足に撮れず長い昼休み。午後の飛翔タイムに期待した。
a0181059_14314008.jpg

午後になり、それまでどこかに潜んでいたオスがメスを求めてぽちぽちと飛び始める。
a0181059_14340566.jpg

数が少ないうちはほぼ一定の飛行コース。しかし、暗い茂みの間にも入り込むので、日の当たっている花の先で撮ろうとするのだが、なかなか簡単には撮らせてもらえなかった。私の機材では、茂みの中は暗すぎて手に負えない。
a0181059_14342279.jpg


数は少ないが、黒化型の個体も混じっており、飛んでいる時に見分けがついた。(逆に、とまると判らない?)
a0181059_14312590.jpg

イボタの群落の外れでも飛び回るが、ただの茂みだと、撮れても、やはり淋しい。(この2枚は、翅の形が好みだったので、とても残念)
a0181059_15575259.jpg

白くて大きな個体だった。腹部の感じからメスと思う。オスに見つかる前に撮るのに苦労した。
a0181059_14344197.jpg


こうして、日が傾くにつれてその数を増し、日が落ちる頃には、飛翔速度が一段と増し、5~10頭が束になって狂ったように飛び交い、ゼフィルスの名に恥じぬ大乱舞となった。しかし、飛び回る位置が高く、空も暗いので、撮影はままならず、ただただ茫然と眺める他なかった。

   

by otto-N | 2017-02-07 16:28 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (11)アオバセセリ   2017.2.5 (記)

アオバセセリ
ミツバウツギの前でアゲハ類が来るのを待った。しかし、ポツンポツンとしかやって来ず。昼下がり、アオバセセリが顔を出した。
a0181059_10154936.jpg


撮れるのはホバリングした時。でも、真横すぎた。
a0181059_10153963.jpg

静止も撮るのでオートフォーカスのまま。静止が撮れたら、フォーカスをチョウから近くの葉や花に移し、飛びを狙う。しかし、飛び出す方向が予想を外れ、空振りばかりだった。
a0181059_10150064.jpg

時々、2頭が絡み卍になる。あわててフォーカスをマニュアルにして後を追うが、フォーカスどころか、2頭入れるのもままならなかった。
a0181059_10160010.jpg

かなりの接近戦。もう少しシャッタースピードが欲しかった。
a0181059_10160853.jpg

これも、1頭は正面顔。2~3回、こんな絡みがあったのだが、これだけしか撮れなかった。以上、300ミリ。
a0181059_10161722.jpg


by otto-N | 2017-02-05 16:44 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (10)ウスバシロチョウ   2017.2.3 (記)

ウスバシロチョウ
裏高尾のウスバシロチョウは、年々数が減ってきた。数年前まであんなにいた広場の裏斜面には皆無。林道の奥にやって来てやっと飛んでいると言う状態。ゆっくり飛んでいるので、飛翔撮影は簡単かと思うが難しく、当分卒業できそうにもない。背景にただの叢を入れても仕方がないので、選びすぎということもある。が、林道をとっても、やはりしょーがなかった。
a0181059_09502895.jpg

右奥に続く林道。といっても、この雰囲気は伝わらない。
a0181059_09500522.jpg

せめて青空を入れてみるかと、下からあおる。
a0181059_09501742.jpg



by otto-N | 2017-02-03 16:48 | Comments(0)