たかがヤマト、されどヤマト

6月、横浜、ミズイロオナガシジミ (2010.6.7)   2011.2.4

2010.6.7
ゼフィルスを見たくて、有名な横浜の谷戸のある公園に行った。この日、ミドリシジミの開翅は撮れなかったけれど、ミズイロオナガシジミを見つけた。尾のあるシジミチョウはやはりかわいい(5枚とも同一個体)。
右下は、なかなか翅を開かなかったミドリシジミ。よく見るとアリに付きまとわれている。なにかイミがあるのだろうか。
a0181059_19453821.jpg

この公園は、なかなか広い。この公園で最初に見たのはウラギンシジミ。
アカシジミもいるとのことで、栗林を探索すると、いた。尾っぽが写っていないけど。すぐ飛ばれてしまった。
その近くでテリを張っていたダイミョウセセリ。ダイミョウセセリは白金の森にはいない。
そして、これもまた白金の森にいそうでいない、イチモンジチョウ。
a0181059_1951991.jpg


この公園には、ミドリシジミなど5種のゼフィルスがいるという。広そうな公園で、いる場所もわからなかったけれど、行ってみればなんとかなる。と思って、電車とバスを乗り継ぎ、行ってみた。
少し歩きまわった後、ハンノキは水辺だ!と思い出し、それらしい場所に行ってみると、カメラマンが数人。聞くと、鳥撮影だろうと思ったが、鳥ではなく、ミドリシジミの翅が開くのを待っているとのこと。なかなか開かないので待ちきれず、少しこの場所を離れたところ、舞い降りてきたのが、ミズイロオナガシジミ。
この日、ミドリシジミの開翅を撮ることができなかったけれど、親切な方に栗林を案内していただき、アカシジミにも会うことができた。オオミドリシジミも見つけたが、高い場所だったので撮れず。ゼフィルスに会うのは、何十年ぶり。
夕方、卍飛翔も見ることができた。公園のみなさん、ありがとうございました。

# by otto-N | 2011-02-04 20:26 | Comments(0)