たかがヤマト、されどヤマト

6月、さいたま、ミドリシジミ 1 (2010.6.15)  2011.2.17

2010.6.15
ミドリシジミを求めて、さいたま市の秋ヶ瀬公園に行った。
河川敷にある運動公園の一番奥まったところにハンノキの林があった。時間が遅いせいもあり、最初、ミドリシジミはなかなか見つからなかった。やっと見つけても、撮影できそうもない場所に止まったり、ちょうど良い場所に止まってもなかなか開翅してくれなかった。
あきらめかけたとき、目の高さくらいの茂みに止まり、しばらく待っていると、翅を開いてくれた。B型に近いAB型のメスだった。1枚撮り、もう少し高い位置でと思ったとき、飛ばれてしまった。
a0181059_19341421.jpg

開翅したオスを撮りたかったが、日も高くなったので、あきらめて帰った。
芝生の張ってある運動場には、クロバーが咲き乱れ、ツバメシジミやベニシジミが飛び回っており、そこそこ楽しく帰ることができた(都心に較べ天国)。1枚目は、ハンノキ林にいたヒメジャノメ。
a0181059_1935859.jpg


子供のころ一番好きだったのはゼフィルス、中でもミドリシジミの類。北海道・小樽では、ジョウザンミドリ、アイノミドリ、メスアカミドリ、オオミドリ、ミドリがたくさんいた。住宅街近くの裏山がポイントだったが、あれから47年、今はもういないのかもしれない。

# by otto-N | 2011-02-17 20:24 | Comments(2)