たかがヤマト、されどヤマト

7月、高尾山、オオムラサキ (2010.7.27)   2011.3.1

2010.7.27
オオムラサキを見たいものだと思って、近場はないかと調べたら、高尾山(599m)というのが出てきた。高尾山は、まだこんなに有名になる前、ケーブルカーを使わず、蛇滝コースから登り、相模湖へ抜けたことがある。9月の暑い日のことで、へとへとになり相模湖に着いてから飲んだ缶ビールがうまかった記憶がある。多少の土地勘はあるものの、ポイントはよく判らない。山頂付近とのことなので、行けばなんとかなるだろうと、だめもとで行ってみた。この日はリフトで上がり、山頂までそれらしい木はないかと捜しながら登った。しかし、あっけなく山頂。山頂に来ても何もないと、思ったとき、ありました。ルリタテハが樹液を吸っているのを見つけました。

幸運のルリタテハ。ブルーで統一された模様は、何度見ても飽きない。
a0181059_10445755.jpg

スミナガシも飛んできた。近くで見るとなななかの迫力。
a0181059_10452179.jpg

ほんとにここかなと、あきらめかけたとき、ついに、オオムラサキのオスが、空を切って登場。
少し翅がいたんでいるけれど、問題なしです。
a0181059_10454336.jpg
a0181059_1046316.jpg

ゴマダラチョウも来た。
アサギマダラがふわふわやってきて、近くの枯れた花の先に止まった。30分以上じっとしていた。昼寝?
帰りは稲荷山コース(途中から6号路)。登山道には蝶影はなかった。6号路登山口で吸水中の、ウラギンシジミ、キチョウ、クロアゲハ。
a0181059_104712.jpg


オオムラサキは中学生のとき、札幌の円山公園に採集に行ったとき以来、見ていなかった。最初に採ったのはメスだったが、手の震えが止まらなかった。北海道のものはこちらより小型。帰路、木々の上を猛スピード飛んでいるのを見た。小鳥をも追いかけるという話も信じられる。
スミナガシは、6月の茅ヶ岳以来。このときは越冬個体だったが、新鮮な個体はさすがきれいです。
この日は、山ガールに遠慮しながらの撮影でした。

# by otto-N | 2011-03-01 11:06 | Comments(2)