たかがヤマト、されどヤマト

8月、北海道・十勝、ミヤマカラスアゲハ (2010.8.13)   2011.3.4

2010.8.13
昨日、台風の影響で雨と風の強い中、札幌から帯広へ移動した。帯広市の隣にある幕別町は、ワインで有名な池田町ほど名は知られていないけれど、最近、陸上競技の福島千里選手、スピードスケートの高木美帆選手の出身地ということで、少し有名になった。北海道では、住宅街の花壇に、ミヤマカラスアゲハがやってくる。

花壇の花で吸蜜中のスジグロチョウ。キアゲハとミヤマカラスアアゲハは、オニユリが大好き。クジャクチョウはどこにでもいる。
a0181059_12151311.jpg

ミヤマカラスアゲハのオス。花が派手なので少々どぎつい。結構敏感。人が近づくといなくなるが、またやって来る。
a0181059_12161739.jpg


午後、帯広空港近くにある中札内美術村に行った。気持ちのよいカシワの林に囲まれている。アカタテハとジャノメチョウがいた。
そして、ゴマシジミがワレモコウの穂先に産卵していた。
a0181059_123305.jpg

別の日影でも、ひっそりと産卵中。産み付ける場所を捜して、ぐるぐる回る。
a0181059_12333932.jpg


北海道では、ミヤマカラスアゲハはおそらくカラスアゲハより多いと思う。車で山道を走っていると、よく飛んでいるのを見かける。ときどきぶつかる。
2010年は、例年になく多かったような気がする。
ゴマシジミは、生まれ育った小樽にはいなかった(と思う)。十勝地方では普通のようだ。産卵中のメスはよく見かけるが、開翅した姿はなかなか見ることがなく、このときも残念だった。
(開翅したゴマシジミは、この2、3日後、別の場所で撮ることができました。)

PS:
スジグロチョウの別画像。
a0181059_20194532.jpg


# by otto-N | 2011-03-04 12:42 | Comments(4)