たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2017 #10月    2018.2.9 (記)

アオスジアゲハ
Sビールの花壇のノコンギクには、イチモンジセセリ、ヒメアカタテハ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、アオスジアゲハ等が来ていました。花壇に地味なノコンギクを植えるとはちょっと粋な計らいですが、枯れた部分もあり背景としては難しいものがありました。
a0181059_17265518.jpg


ウラナミシジミ
近くに萩にウラナミシジミが集まり時々絡みます。手前の♂は全くピントが来ていませんが、♀の翅の一部が輝いた瞬間です。翅のしなりも気に入ってます。
a0181059_17325228.jpg


チャバネセセリ
自然教育園のオオニガナの花の明るい黄色が好きですが、狙っていたキタテハは少なく、セセリばかりでした。
a0181059_17345972.jpg


ウラギンシジミ
10月下旬ともなると、人通りもある道路脇の植え込みにウラギンシジミの♀がよく日向ぼっこをしています。少しくらい脅かしてもまた戻ってくるのはどうしてでしょうか。
a0181059_17421505.jpg

(フライイング・バタフライ #11月に続きます)





# by otto-N | 2018-02-09 16:20 | Comments(2)