たかがヤマト、されどヤマト

2017.6.28 北海道・クサフジの海岸 カバイロシジミ   2017.7.11 (記)

2017.6.28
朝は曇っていたが少しずつ晴れ上がり、午後からは快晴。時間ができたので砂浜の続く海岸線の荒地にカバイロシジミを探しに行く。数年前、十勝でカバイロシジミを撮影したことがあるが、食草のクサフジはどこにでもあるにもかかわらず、それほど多いチョウではないと思う。現地にやっと着き、食草のクサフジを探すとあちらこちらに咲いている。しかし、まるでチョウが飛んでいる雰囲気ではない。晴れて暑すぎるのかと思いつつ、柏林の外側の藪の中の小道に分け入ることにした。とりあえず、目の前にいたヒメウラナミジャノメ、テリ張り中のコキマダラセセリ、ギンイチモンジセセリ(海岸だがススキが多い)を撮っておく。
a0181059_17403506.jpg


藪の中のトレイルの傍らにはクサフジとそれより花の大きなクサフジ(後で調べるとヒロハノクサフジかヒロハクサフジのいずれか)がポツンポツンと咲いていたが、どこにもカバイロは飛んでいない。未発生なのか、こんな広い場所のどこにいるのかと諦めていた時、目の前のクサフジに突然やってきた。よし、撮れたと喜んだのは束の間。モニターを見ると、あらかじめEVをー0.7補正していたにも関わらず白とびしていた。落胆して、トレイルを進むとクサフジにすぐ見つかった。しかし、位置が悪すぎ撮れずに終わる。よく見ると、クサフジはトレイルに沿って咲いているが、日当たりの関係か、藪の中には咲いていない。なあーんだ、クサフジの前で待っていればいいのか。と言うわけで、果てしなく続いているトレイルの先までは行かず、クサフジの群落を行ったり来たりした。EVはー1.0ではまだ白とびするので、結局、-1.3まで下げた。
a0181059_21130039.jpg


カバイロシジミの真っ白い裏翅の付け根は青みがかっており、これがこのチョウの特徴かもしれない。
a0181059_17593473.jpg


逆光側からだとうまく撮れなかったし(1コマ目)、すぐ花の中に潜るのでそれほど撮りやすくはなかった。なによりも、晴れていたせいか翅は閉じたままがほとんどだったが、それでも、少しは開いた。すぐ半開翅したが陰むらがいやだったので手で陰を作ったら、即、飛ばれてしまった(2コマ目)。近すぎ、残念ながらピンボケ(3コマ目)
a0181059_12574012.jpg


クサフジの間を行ったり来たりしている時、目の前のクサフジから飛び去っても、トレイルに沿って飛び10mほどのクサフジで吸蜜を繰り返す個体がいることが判った。ひょっとしたら巡回コースが決まっているのかもしれなかった。こんな個体の飛翔速度はそれほど速くはなく、トレイルに沿うので追いかけられないほどではない。そこで、21ミリで追いかけてみた。置きピン距離はチョウを驚かせない30cm。しかし、甘かった。ピンがなかなか届かない。1コマ目、小さかったのでツバメシジミが絡んだのかと思ったが、カバイロだった。カバイロシジミの飛翔写真は、鮮明に撮れなければ寒冷期の白いヤマトシジミと変わらない。
a0181059_22001674.jpg


裏翅を撮ってもしよーがないのだが・・・
a0181059_13343866.jpg



これも・・・
a0181059_13333195.jpg



とても悔しかったのがこの3枚。1コマ目は少しピンボケ。2、3コマ目はジャスピンだが翅が一部しか入っていなかった。ただ、背景に海が写る場所ではなく雑然とした景色なので諦めはつく。
a0181059_22022332.jpg



広角の静止画像。不本意ながら、追いかけているとき突然花にとまっただけのこと。
a0181059_13363888.jpg



半開翅撮影に2回も失敗し(実際は3回)、やけくその飛翔撮影に走っていたのではあるけれど、半開翅が撮影できた。少しずつ翅を開いていったが半分までだった。
a0181059_13415368.jpg
a0181059_13445603.jpg
a0181059_13460188.jpg
a0181059_13463110.jpg
a0181059_13470125.jpg


ここにはツバメシジミもおり、夏だというのにまだ靑♀がいた。その中でとびっきりのスーパーブルー。一瞬、アサマシジミかと思ったほどだ。
a0181059_13533070.jpg


擦れていたのがただただ残念で、北海道のツバメシジミの♀は侮れない。
a0181059_13553558.jpg

翌日、千歳から帰る前に、機内持ち込み可能な鮎竿を持ってきていたので、郊外のリンゴシジミを見に行く。発生木の下には整然とした踏み跡はあったけれどチョウの姿はなかった。発生しなくなったのか採集されたのかは不明。それにしても、カバイロとは樺色と書くと思うが、調べてみると白樺の白色ではなく、山桜の樹皮の色(=赤味を帯びた黄色)とのことで、「樺」を白樺と間違ったのだろうか、♀の色から命名されたのだろうか、名前の由来がわからない。おそらく前者だろうなぁ。




# by otto-N | 2017-07-11 16:40 | Comments(0)