たかがヤマト、されどヤマト

2017.5.16 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.5.25 (記)

2017.5.16
今年の春、思ってはみないチョウが時々やって来る恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社のイングリッシュガーデン風の花壇が大改装された。どんな風になるのか期待していたのだけれどガッカリ。凡庸。チョウが集まる鬱蒼感がない。カタバミは新しく植えられた植栽に混じって少しあったけれど、そのうち抜かれてしまうだろう。近くにはクスノキ並木があり、必ずいたアオスジアゲハさえも飛んでなく、ただのアゲハとモンシロチョウが1頭いただけだった。
a0181059_08560997.jpg


動きのあるポーズを探す。
a0181059_08562042.jpg


モンシロチョウはすぐ逃げられてしまった。
a0181059_08593844.jpg



南のはずれにある小さな公園。ここも先日草刈りにあいすっかり雑草がなくなっていた。アカボシゴマダラが舞っており何度か樹上で翅を拡げた。背景はタワーマンション。
a0181059_09015345.jpg



昼食後、まだアカボシゴマダラがいるかもしれないとレンズを300ミリに付け替えこの公園に行く。アカボシはいなかったが、アオスジアゲハが飛び回っていた。蝶源を探すと薄紫の花が咲いている高さ10mほどの木だった。何の木だろうと思っていたら、そこは公園。センダンと記されていた。「栴檀は双葉よりかぐわし」のセンダンらしい。
a0181059_09020342.jpg


木の下からでは撮れず撮影できる場所を探すと、木から水平距離で10mと遠く、逆光ではあるが、少し高くなっている植栽のコンクリート枠に足場を見つけた。以下、連写する。
a0181059_09021351.jpg


時おり、2~4頭が空中に飛び出す。MFで後を追うがなかなかフレームに入らないし、入ってもピンボケばかりだった。
a0181059_09023092.jpg


アオスジアゲハの求愛はシンクロナイズド・フライイング。動きがぴったり合うと求婚が成立するようだったが、そんなペアの飛翔は撮れずに終わった。
a0181059_09022286.jpg




# by otto-N | 2017-05-25 16:44 | Comments(2)