たかがヤマト、されどヤマト

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (4) 鷲羽岳   2017.9.14 (記)

2017.8.28 (続き)
今年から改装された水晶小屋のベンチで昼食をとっている間にますますガスが濃くなってきた。覚悟して鷲羽岳(標高2924m)に向かう。小屋直下にイワオウギの群生地。標高が高すぎるのでA様は棲息できないだろうが、右下(西側)から吹き上げてくる風とガスの中を下る。すぐ平らになり一息ついたが、ガスで周りがよく見えないままワリモ北分岐に着く。ここからは登り。幸い登山路の風は弱く、ときおりガスが切れ緑の谷が見えるのでザックからカメラを取り出す。
a0181059_08481568.jpg

水晶岳に登る途中から見えたように、この尾根沿いのワリモ岳のジグザグ道は結構な急斜面だった。途中、尾根に吹く風の中を飛ぶセセリが目についた。何頭もである。イチモンジセセリとは思うが、時々斜面にとまるので撮ろうとするが、足元はガレ場。やっと1枚だけ撮ることができ(でも、ピンボケや)。風で吹き上げられたにしても、どうしてこんな所に集まっているのだろう。
a0181059_08533419.jpg

ワリモ岳の山頂でのルート取りが不安だったがあっさり通過した。晴れていたら素晴らしいに違いないが、相変わらずのガス。それでも、左側(東側)はガスが切れることが多くなった。いったん下り、鷲羽岳へ登り返す。
a0181059_08483273.jpg

もうすぐ山頂。青空が見えるようになった。左の出っ張りはワリモ岳。
a0181059_09112550.jpg

12時50分、鷲羽岳山頂。目的地の三俣山荘へはここを下るだけだったので、しばらくこの山頂に留まることにした。少しずつガスが上がっていく。眼下に鷲羽池と硫黄尾根。
a0181059_09154161.jpg

2つをまとめるとこんな感じ。この右上に槍ヶ岳が現れるはずなのだが・・・
a0181059_09224651.jpg

先ほどからイワヒバリが1羽。
a0181059_09252740.jpg

北側はすっかり晴れ上がった。野口五郎岳→水晶岳→ワリモ岳と、ここまでやって来た足取りがよく見える。感慨無量というところ。
a0181059_09265802.jpg

しかし、肝心の槍ヶ岳は全く姿を現さない。
a0181059_09261320.jpg

明日、向かう予定の三俣蓮華岳(2841m)も双六岳(2860m)の山頂は雲に覆われたままだった。14時、さて、諦めて下ることにしようか。
a0181059_09333825.jpg

右は黒部源流の谷。昨年はこの谷の底から上を見上げていた。この谷底から三俣山荘への登りは苦しかった。
a0181059_11280062.jpg

鷲羽岳を下りきった所に赤い屋根の三俣山荘があり、そこから上に三俣蓮華岳への登山路が一直線に伸びている。
a0181059_11380514.jpg

上を振り返る。ザレザレの登山路。滑落と落石に注意。登るのも急で大変そうだ。(こちらからは登りたくない)
a0181059_11305050.jpg

祖父岳の雪庇の名残り。
a0181059_11442847.jpg


下りきった所に咲いていた花。
a0181059_11394244.jpg


そこから見上げる鷲羽岳。なかなかいい形だ。
a0181059_11405040.jpg


15時、三俣山荘到着。やはり槍は見えず、左には大天井岳だけが見えた。この稜線が表銀座らしい。受付を済ましすぐビール。(予約し早めに着くと、いい場所を確保できる)
a0181059_11465527.jpg

夕食後、漂う雲の隙間から鉾先だけを覗かせた。
a0181059_11484024.jpg

やはり、空は焼けなかった。三俣蓮華岳の山裾に一瞬だけの赤。
a0181059_11502570.jpg

(北アルプス・裏銀座(5)に続きます)



# by otto-N | 2017-09-14 16:05 | Comments(0)