たかがヤマト、されどヤマト

2017.6.28 北海道・札幌 エゾシロチョウ   2017.7.9 (記)

2017.6.28
約束の時間まで、エゾシロチョウの広場で時間を潰す。ほとんど擦れているので、飛翔撮影に重点を置いた。翅の形は良くないけれど、ほぼ完品の♂。
a0181059_20485915.jpg


2頭が絡んでの飛翔。
a0181059_20532679.jpg


赤と白のクロバーが咲いている小さな公園のような空地。向こうに建築中の住宅。その中に、入れ替わり立ち代わり常に10頭を越えるエゾシロチョウが舞っていた。こんなに固まっているのは1度しか見たことがなかった。近くに発生源となる木があるのだろう。
a0181059_20534024.jpg

ウスバシロチョウのようにゆっくり舞い、急に反転することも少ないので比較的撮りやすい。
a0181059_21170003.jpg

吸蜜している♀に向かって舞う3頭の♂。
a0181059_20593107.jpg

この後の秒8コマの画像。最後はこの♀に折り重なって収束した。遺伝子を残す激しい戦い。
a0181059_21012376.jpg

1頭の♀を押さえつける♂。翅を大きく拡げ抵抗する♀。
a0181059_10032851.jpg



2頭がフワフワと絡んで舞うが、実は激しい空中戦。
a0181059_21031613.jpg


いつまでも戦い続けるわけではないが、脚を伸ばし体をぶつけ、激しさはナミアゲハ以上だ。
a0181059_21094749.jpg

その中の1コマ。ぶっとい腹部の♀はちょっと迫力があった。
a0181059_21095860.jpg

東京に帰って画像を編集していたら、この長く続く空中戦は♂が♀を追いかけるのでなく、♀が♂を追いかけているのに気がついた。♀の前翅は透き通り、触覚の先の黄色部が大きい。
a0181059_21161477.jpg

普通の追尾飛翔。♂がもう1頭の♂を♀と間違って追いかけていると思われ、追尾はそう長くは続かない。
a0181059_09574732.jpg


ところが、♀が♂に迫る場合はしつこい。この時は、路上に駐車してあった工務店の車のそばをかすめ、上に舞い上がった。あまりの激しさでフレームアウトの続出。相互にはめ込んだが、順として左から右。♀からの♂への求愛か、あるいは♂への反撃か、最初から見ていなかったのでよくわからなかった。
a0181059_22342595.jpg

吸蜜中に♂は翅を全開しない。全開を撮るのなら飛翔中か、あるいは♀を押さえつけて翅をバタバタしている時。
a0181059_10044203.jpg

きれいな♀を探した。最初から前翅はこんなに透き通っているのだろうか?この花には吸蜜しているわけではなく、ちょっと休んでいただけだった。
a0181059_10092017.jpg


帰りがけ、道端のラベンダーで吸蜜している♂を見つけた。車が通り過ぎてもそのまま動かなかった。
a0181059_10112188.jpg




# by otto-N | 2017-07-09 18:46 | Comments(0)