たかがヤマト、されどヤマト

2017.5.12 東京・高尾山麓(2) アオバセセリ   2017.5.23 (記)

2017.5.12 (続き)
14時30分、日が射しそうもないので帰ることにした。林道の片隅でオナガアゲハが小さな花で吸蜜をしていた。さらに暗い林道をとぼとぼと下る。また、オナガアゲハかと思ったら、カラスアゲハの♀だった。
a0181059_20500058.jpg



15時40分。アオバセセリは曇天でも現れる。1頭目はすぐ飛び去ったが2頭目がすぐやってきた。暗いけれど飛び立ちを狙う。
a0181059_20420430.jpg


一瞬離れて顔をこちらに向けたままホバリング。
a0181059_20401942.jpg


ホバリングの続きとその他。
a0181059_20403276.jpg



ISO1600、絞り優先(F4開放)、シャッタースピードは遅くブレブレだがこけはこれで面白い。
a0181059_20405358.jpg


比較的近くに来た。このくらいだといいのだが、やはり暗いし、すぐファインダーから消える。
a0181059_20410887.jpg



16時10分。最後のミツバウツギ。暗くてもアオバセセリが飛び回っていた。
a0181059_20412476.jpg



珍しくクロアゲハがいた。
a0181059_20422497.jpg


カラスアゲハが上のほうで翅を開く。
a0181059_20421569.jpg



撮ってみると意外と明るい緑。いつまでも影絵のようにアゲハが飛び回る姿は幻想的だった。
a0181059_20413570.jpg






# by otto-N | 2017-05-23 16:35 | Comments(0)