たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 47 ) タグの人気記事


2017.9.1 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.9.19 (記)

2017.9.1
300ミリだけ持ってガーデンプレースのSビールの花壇に行く。今年になって植えられたバーベナ・ボナリエンシスが次々と新しい花に咲きかわる。この花の高さは1mを越える。赤紫のボンボリ状の花だが大写しにしても可愛らしい花だ。(庭チョウの花として推薦します。)一番多いのはツマグロヒョウモン、次にナミアゲハ。アオスジアゲハはたいてい2~3頭が吸蜜している。
a0181059_17533767.jpg

アオスジアゲハを撮るのはとても楽しい。花から離れた瞬間、あるいは次の花にとまる瞬間に連写する。この個体はよく見たら先端に2つの小さな過剰紋があった。
a0181059_17540679.jpg


4枚をあえて横に並べてみた。ただし、4コマ目はピンが来ていない。ブッドレアの背景の芝生のグリーンが美しい。
a0181059_17542774.jpg


徹底的に逆光側に回り込んで撮る。もちろん順光からの真珠色の帯も好きだが、逆光だと傷はほとんど目立たない。
a0181059_17545740.jpg


赤紫と緑と煉瓦色が今年の背景。
a0181059_17562781.jpg


ナミアゲハ、アゲハ、アゲハチョウ、どれが正式の名前かいつも迷う。
a0181059_17581816.jpg


黄色い花も咲いている。
a0181059_17583824.jpg


翅を開き切ったところより、こんなバランスで動いている瞬間がいい。
a0181059_17575187.jpg


どちらへ飛ぶかはわからない。動いた瞬間シャッターを切る。
a0181059_17592757.jpg

クロアゲハも来るけれど、この花にはほとんどとまらない。たまに飛んでくるモンキアゲハには全く無視されている。
a0181059_18003900.jpg


一面の黄色。オミナエシだと思う。ナミアゲハはこの花にも吸蜜するが頻度は少ない。アオスジアゲハはまったく寄りつかない。
a0181059_18010985.jpg


真後ろに回り込む。思い切って黄色を明るくした。
a0181059_18012606.jpg


キアゲハがやって来た。ここではとても珍しい。吸蜜するわけではなく、ただの日向ぼっこ。
a0181059_18015772.jpg


そっと後ろへ回り込んだが気づかれて飛び去ってしまう。が、また、やって来た。今度は吸蜜。
a0181059_19493014.jpg


ナデシコも咲いており、この花への執着はすごかった。ストローを花の奥まで差し込む。
a0181059_19532937.jpg


再び、バーベナに戻ってきた。
a0181059_19542015.jpg


同じような後ろ向き構図にしか撮れなかったが、少しは近かった。山で見るのとは違い、ちょっと嬉しかった。
a0181059_19560096.jpg




by otto-N | 2017-09-19 20:33 | Comments(0)

2017.7.18 東京・恵比寿 モンキアゲハ   2017.7.26 (記)

2017.7.18
晴れた日が続いているのに、まだ関東の梅雨は明けていない。アオスジアゲハとアゲハチョウは撮り飽きたけれど、緑の芝生の上を飛び回るツマグロヒョウモンを撮りたくて、また同じ場所に行く。あいかわらずツマグロヒョウモンは芝生の中ほどを飛び回っているが近くには来ない。しかし、カメラを敵と思うのか、こちらに向かって飛んでくることがあり(雀さえスクランブル発進する)、その時だけが撮影のチャンス。しかし、なかなか当たるものではなく、やっと1枚だけ撮ることができた。
a0181059_08483942.jpg


最初はクロアゲハだと思った。飛び方が妙にゆっくりだったし、ここでは見たことがなかったので気がつくのが遅れた。飛び回ってばかりいてとまる気配がないので、広角で追いかけた。暗い木陰ばかり飛び回るので、黄色い紋がなければどこに写っているかわからないほどだった。
a0181059_08492692.jpg


何度か飛び去り姿を消すが、しばらくすると舞い戻ってくることを繰り返した。そのたびに後を追うが、踏み込めない場所ばかりだった。
a0181059_12374177.jpg


この新しい庭の散策路は木道になっており、お洒落ではあるけれどワイルド感に乏しい。
a0181059_08583330.jpg

頭上に舞い上がった。しかし、当然ながら真っ黒。
a0181059_12393299.jpg

突然、姿を消した。あわてて近くを探したら、セコイアの葉上で翅を拡げていた。最初から休む場所を探して飛び回っていたのかもしれない。黄紋は半分しか見えなかった。
a0181059_12405735.jpg


ツマグロヒョウモンはうまく撮れずに終わり、いつものアゲハチョウとアオスジアゲハを撮る。
a0181059_08515672.jpg

2頭が絡んでいた。どうやら、吸蜜する花の争奪戦らしい。以前、脚で相手に絡みつく空中での争いを見たことがあるが、花を巡る争いも激しい。最後は、後から来たほうが先にいたほうを追い出してしまった。こんな激しい争いは他のチョウでは見たことはなかった。
a0181059_12481690.jpg
a0181059_12482637.jpg
a0181059_12483545.jpg

アオスジアゲハはこの紫色によく映える。
a0181059_20053221.jpg

グリーンを少し入れてみる。
a0181059_12451764.jpg


小刻みに翅を震わせ、花の蜜を吸う。
a0181059_12543014.jpg


もう完全にアオスジ・ムラサキ中毒。
a0181059_20343420.jpg


いつまでも撮っていたいけれど切りがない。このへんで止めることにしよう。
a0181059_12545181.jpg



by otto-N | 2017-07-26 16:59 | Comments(0)

2017.7.17 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.7.25 (記)

2017.7.17
晴れて暑い日が続く。午前9時では朝の散歩にしては遅すぎるし暑すぎるが、アゲハチョウたちと遊ぶしかない。
a0181059_10543012.jpg

アオスジアゲハは食樹のせいだろうが都会のチョウだと思う。緑の背景より高層ビルの窓枠の背景がよく似合う。
a0181059_10553579.jpg


あるいは、こんな花壇。背景が単純なほど美しい。
a0181059_10554509.jpg



ナミアゲハも連日集まる。といってもせいぜい4頭くらいだが。
a0181059_11054297.jpg


少し遠かったが、連写した一部。
a0181059_11312106.jpg


飛び立つ瞬間にシャッターを切るが、アオスジアゲハと同様、ピンボケの量産。
a0181059_11075779.jpg


捻り技も見せてくれた。
a0181059_11084470.jpg


花から花へ飛び移る瞬間を撮るのは楽しい。
a0181059_11073570.jpg


まだ9時半なのに暑すぎるが、せめて10時まで頑張るとしよう。
a0181059_11074464.jpg



by otto-N | 2017-07-25 18:49 | Comments(0)

2016.7.16 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.7.24 (記)

2017.7.16
連日の晴れ、朝のサッポロビール本社前。暑くてもアオスジアゲハだけは元気だった。
a0181059_18030847.jpg


この紫色の花の中を飛び回る。
a0181059_18031806.jpg


これでは近すぎ。
a0181059_18041508.jpg


背景にウェスティンホテルの窓ボケを入れる。
a0181059_18043496.jpg


最後の一っ飛び。
a0181059_18051385.jpg


この花は芝生をぐるっと取り囲むように咲いており、芝生の中をテリ張りするツマグロヒョウモンが飛び回る。緑の中を飛ぶオレンジを撮ろうとするが思うようにはいかなかった。当然、芝生の中は立ち入り禁止。
a0181059_08525155.jpg



by otto-N | 2017-07-24 16:57 | Comments(0)

2017.7.15 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.7.22 (記)

2017.7.15
今年の春に大改装したサッポロビール本社前の花壇。当初は植物の背丈が低く地面だけが目立っていたがやっと植物が育ち、ちょっといい感じになってきた。名前はわからないがこの花にはナミアゲハとアオスジアゲハに人気があった。
a0181059_12115467.jpg

アオスジアゲハは逆光に限る。裏翅の真珠の光沢が出ないが、何よりも少々の傷は目立たない。赤紫色の背景はサッポロビール本社の壁面。
a0181059_12143186.jpg



アゲハチョウが2~3頭、吸蜜で舞っていた。順光では写りが少々固い。
a0181059_12224656.jpg

花の密度が高いところにやっと来てくれた。
a0181059_12275332.jpg

これも、少し翅が開いた時と閉じた時。少し逆光。
a0181059_12273084.jpg


逆光で翅が透け、表の黒筋が滲む。
a0181059_12195582.jpg

近すぎるがこれ以上後ろへ下がれなかった。至近距離で300ミリのピント合わせはきつい。
a0181059_12262049.jpg


むむっ、やっとフレームに収まったが構図がよくないためトリミング。茎が1本真ん中に被っているけれど、ちょっと大型蝶の迫力が出た。
a0181059_12264973.jpg



by otto-N | 2017-07-22 16:24 | Comments(0)

2017.5.21 東京・恵比寿 アサギマダラ   2017.5.28 (記)

2017.5.21
暑すぎた日曜日。出かける前にアオスジアゲハの様子を見に行くが、やはり早い時間だと(9時ころ)、ほとんどいない。♀を探しているのだろうか、1頭が全く吸蜜する気配もなくセンダンの木の上を飛び回っているだけだった。帰ろうとしたとき、下のほうで何やら動くものがあり、木の向こうへ行ってしまった。色からしてアサギマダラ? 急いで道路側に下りて探すといた。しかし、葉の間からしか見えない位置。少し飛んでとまった時にやっと撮ることができた。♂だった。この時期にアサギマダラを見るのは滅多にない。ひょっとしたら、自然教育園で羽化した個体?ここから自然教育園まで直線距離で500mほど。ありえない話ではない。
a0181059_08390731.jpg


アサギマダラが飛び去って、代わりに足元に飛んできたヤマトシジミ♀。連休過ぎから少しずつ見るようになってきた。センダンで吸蜜していたアゲハチョウ。
a0181059_08391782.jpg



2017.5.22
朝からドピーカン。青空の元で撮りたいと思っていた。しかし、午前中は数が少ない。時おりもう1頭と絡むけれど、1頭が木の上や枝の間を舐めるように飛び回っているだけだった。それと♂らしいアカボシゴマダラがタテハチョウらしい飛び方で木々の間を往復するが、飛翔は何度やっても撮れず。そんな時、大型のアカボシゴマダラが産卵のために現れた。点在するエノキの幼木の中に潜り込んではふあふわと飛び回る。が、これも飛翔は撮れず。
a0181059_08483035.jpg


道路の脇の暗い場所にとまったので撮っていたら、偶然車が通りかかった。
a0181059_08484103.jpg


11時すぎ、アオスジアゲハはやっと数を増したが、あまりにも逆光。日陰部分では真っ暗くしか写らなかった。
a0181059_08485068.jpg


午後1時から再出動。アオスジアゲハは数を増していた。やはり、青空だと気持ちがいい。
a0181059_08572825.jpg


青空で絡む姿。
a0181059_08583689.jpg


時には3~4頭。でも、全部はなかなか入らない。ピンボケも多数。
a0181059_08584581.jpg


木の中だとアオスジアゲハは目立たず、
a0181059_09343481.jpg


花から離れ、背景が暗い場所でなければ、チョウが引き立たなかった。
a0181059_09041441.jpg

ちょっと距離が遠いが、暗い中にアオスジが逆光で透ける瞬間はとてもいい。
a0181059_09045147.jpg



1頭の飛び立ちを狙っていたら2頭が寄ってきた。最初のは♀だったらしい。この間1秒足らず。
a0181059_09211834.jpg


結局、晴れると色は出るが、光の当たる部分と当たらない部分の落差が大きい。
a0181059_09080142.jpg


センダンの花は薫りがなかったように思う。ざあーっと調べてみると、「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことらしい。それにしても不覚。徒歩3分の場所に22年間も住んでいたのに、アオスジアゲハの集まる木があるとは知らなかった。
a0181059_09080942.jpg





by otto-N | 2017-05-28 16:10 | Comments(4)

2017.5.17 東京・恵比寿  アオスジアゲハ   2017.5.26 (記)

2017.5.17
自宅から3分のセンダンの木の花に群がるアオスジアゲハ。かなり遠いので300ミリにテレコン(×1.4)をつけての撮影。
a0181059_10421205.jpg



アオスジアゲハの撮影は楽しい。飛びそうな瞬間にシャッターを切る。さすがにカメラが重い(ニコンはいいなぁ)。
a0181059_10415520.jpg



その中からピントが来ているのを1次スクーリングにかけ、さらに選別すると残ったのはわずか。
a0181059_10420246.jpg


なかなか4枚の翅を撮ることができなかった。
a0181059_10422019.jpg


空中ランデブー。3頭だと少しは空中を漂っているが破局するのは必然。2頭だとしばらく漂っているうち、はばたきが同調し、遠くへ行ってしまう。
a0181059_10423205.jpg


背景が曇り空では締まらない。やはり都会らしくビルの背景を狙う。が、やっと1枚。
a0181059_10424133.jpg



2017.5.18
朝10時すぎ。アカボシゴマダラが植え込みにとまっていたがコンクリートの階段に移動し微動だにしない。空の雲が薄れ木漏れ日が射し始めた。春型♀をこんなにじっくり撮るのは初めてだ。それにしてもピントが合っていても合っていないようなぼおーっとした黒い筋。ちょっと薄気味悪い感じがしないこともない。
a0181059_20063704.jpg


空が晴れてきた。アオスジアゲハは朝は少ないようだ。アゲハチョウが珍しくやって来た。
a0181059_11052002.jpg

11時過ぎにやっと数を増し始め、空に飛び出す。近いとフレームアウトの連続。遠くてもフレームアウトだが・・・
a0181059_11053602.jpg


求愛が成功するかどうかは判別できるようになった。まず、♀を見つけた♂は♀の上でホバリング(この時点でMFでピントを合わせ始める)。♀にその気があれば、ゆっくりと浮上し始め、第3者の介入がなければ、2頭が空中を漂い始める。そして、はばたきをシンクロナイズさせながら、空高く舞い上がる。足場が完全でないので、撮るのが大変だった。
a0181059_11054497.jpg



正午ころ、突然の雨。この日は、修理依頼していたカメラが出来上がる日。午後に新宿のリコーに引き取りに行く。夕方、雨が上がったので公園を覗いてみると、アオスジアゲハは飛んでなく、羽化直と思われるヒメジャノメが1頭、ツツジの花にとまった。
a0181059_11055742.jpg


別の花にとまり直し翅を開いたので、下がれるだけ下がって撮影。300ミリ+テレコンはキツイ。
a0181059_11060654.jpg





by otto-N | 2017-05-26 16:37 | Comments(2)

2017.5.16 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.5.25 (記)

2017.5.16
今年の春、思ってはみないチョウが時々やって来る恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社のイングリッシュガーデン風の花壇が大改装された。どんな風になるのか期待していたのだけれどガッカリ。凡庸。チョウが集まる鬱蒼感がない。カタバミは新しく植えられた植栽に混じって少しあったけれど、そのうち抜かれてしまうだろう。近くにはクスノキ並木があり、必ずいたアオスジアゲハさえも飛んでなく、ただのアゲハとモンシロチョウが1頭いただけだった。
a0181059_08560997.jpg


動きのあるポーズを探す。
a0181059_08562042.jpg


モンシロチョウはすぐ逃げられてしまった。
a0181059_08593844.jpg



南のはずれにある小さな公園。ここも先日草刈りにあいすっかり雑草がなくなっていた。アカボシゴマダラが舞っており何度か樹上で翅を拡げた。背景はタワーマンション。
a0181059_09015345.jpg



昼食後、まだアカボシゴマダラがいるかもしれないとレンズを300ミリに付け替えこの公園に行く。アカボシはいなかったが、アオスジアゲハが飛び回っていた。蝶源を探すと薄紫の花が咲いている高さ10mほどの木だった。何の木だろうと思っていたら、そこは公園。センダンと記されていた。「栴檀は双葉よりかぐわし」のセンダンらしい。
a0181059_09020342.jpg


木の下からでは撮れず撮影できる場所を探すと、木から水平距離で10mと遠く、逆光ではあるが、少し高くなっている植栽のコンクリート枠に足場を見つけた。以下、連写する。
a0181059_09021351.jpg


時おり、2~4頭が空中に飛び出す。MFで後を追うがなかなかフレームに入らないし、入ってもピンボケばかりだった。
a0181059_09023092.jpg


アオスジアゲハの求愛はシンクロナイズド・フライイング。動きがぴったり合うと求婚が成立するようだったが、そんなペアの飛翔は撮れずに終わった。
a0181059_09022286.jpg




by otto-N | 2017-05-25 16:44 | Comments(2)

2017.5.4 東京・皇居東御苑 アオスジアゲハ   2017.5.15 (記)

2017.5.4
ゴールデンウィーク中に、大手町・丸の内界隈で開催される日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン2017」の一環として、音大でバイオリンを勉強しているテニス仲間のお嬢さんが丸の内オアゾで演奏するとのことで聴きに行った。彼女とは子供のころから知っており、バイオリンの習い始めのころ、自宅でキラキラ星を演奏した時のことが忘れられない。
a0181059_19373436.jpg



演奏会の後は東御苑に野の花を見に行く。入園無料とあって観光客、特に外国人が相変わらず多い。本丸でヒメウツギが満開。アオスジアゲハが集まっていた。ズームのテレ端(135ミリ)で撮ってみたが、100ミリマクロよりも写りが硬い感じだ。ただし、AFでの合焦はとても速い。
a0181059_19473608.jpg


このヒメウツギは草丈が低く、背景が抜けている箇所もあり悪くはない。あえて逆光側に回り込む。
a0181059_19474762.jpg


2頭が絡んで飛び去り、15分ほどの撮影時間だった。アゲハの訪花で一番好きなのはアオスジアゲハ。ほとんど外しまくってばかりだが、花から花への瞬間的な移動を撮るのがとても楽しい。いいポイントだ。来年また来よう。
a0181059_19475637.jpg


さて、東御苑の野の花。本丸の日陰に咲いていたオドリコソウ。ヒメオドリコソウしか知らなかったが「ヒメ」がつかないものもあるらしい。初めて見るハクウンボク、下から撮ってみた。二の丸には雑木林がありチゴユリも咲いていた。4コマ目は不明。
a0181059_19495163.jpg


この雑木林では、キンランとギンランが有名なようだ。いずれも絶滅が心配されている。まだ蕾だったが、全開することはないとのこと。
a0181059_19500405.jpg


木の花は目立たないが大きく写すととても可愛い。下草の花も地味だがその分味わいがある。ダイモンジソウに似ていた3コマ目の花は、調べるとユキノシタという名前だった。
a0181059_19501151.jpg


ツツジに吸蜜するわけでもなく、1頭のジャコウアゲハ♂が同じところを飛び回っていた。とまる時を待った。
a0181059_19503533.jpg



横向きに位置を変えた。腹部の赤が毒々しい。
a0181059_19502874.jpg




by otto-N | 2017-05-15 16:32 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (8)アオスジアゲハ   2017.1.30 (記)

アオスジアゲハ
4月下旬、川崎のアオバセセリを撮影に行った時、近くにはクレソンの花が咲いており、アオスジアゲハがたくさん来ていた。肝心のアオバセセリの飛翔は撮れずに終わる。
a0181059_1635546.jpg

5月、サッポロビール本社前の花壇。黄色い花は色を出すのが難しい。
a0181059_13330474.jpg

8月、目的は銀座のヤマトシジミだったが見つからず。しかたなく、日比谷公園で時間をつぶす。アゲハ類の中でアオスジアゲハが最多。交建築中の高層ビルはクレーンを積んだてっぺんまで入らなかった。
a0181059_13341999.jpg
公園内ではポケモンGOで人だかりができていた。ヤブカラシはアオスジアゲハが大好きな花。木陰から日向に出たところを捉えることができた。これはトリミング。
a0181059_13343286.jpg

10月、川崎の公園。キバナコスモスにきていたアオスジアゲハ。翅のひび割れがちょっと残念だった。
a0181059_13344648.jpg

同じ頃、自然教育園。湿地にはミゾソバが一面に咲き、アオスジアゲハが飛び交う。背景にピンクのボケが入る場所に飛んで来るのをじっと待った。
a0181059_13285662.jpg


by otto-N | 2017-01-30 18:20 | Comments(0)