たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 42 ) タグの人気記事


2017.5.21 東京・恵比寿 アサギマダラ   2017.5.28 (記)

2017.5.21
暑すぎた日曜日。出かける前にアオスジアゲハの様子を見に行くが、やはり早い時間だと(9時ころ)、ほとんどいない。♀を探しているのだろうか、1頭が全く吸蜜する気配もなくセンダンの木の上を飛び回っているだけだった。帰ろうとしたとき、下のほうで何やら動くものがあり、木の向こうへ行ってしまった。色からしてアサギマダラ? 急いで道路側に下りて探すといた。しかし、葉の間からしか見えない位置。少し飛んでとまった時にやっと撮ることができた。♂だった。この時期にアサギマダラを見るのは滅多にない。ひょっとしたら、自然教育園で羽化した個体?ここから自然教育園まで直線距離で500mほど。ありえない話ではない。
a0181059_08390731.jpg


アサギマダラが飛び去って、代わりに足元に飛んできたヤマトシジミ♀。連休過ぎから少しずつ見るようになってきた。センダンで吸蜜していたアゲハチョウ。
a0181059_08391782.jpg



2017.5.22
朝からドピーカン。青空の元で撮りたいと思っていた。しかし、午前中は数が少ない。時おりもう1頭と絡むけれど、1頭が木の上や枝の間を舐めるように飛び回っているだけだった。それと♂らしいアカボシゴマダラがタテハチョウらしい飛び方で木々の間を往復するが、飛翔は何度やっても撮れず。そんな時、大型のアカボシゴマダラが産卵のために現れた。点在するエノキの幼木の中に潜り込んではふあふわと飛び回る。が、これも飛翔は撮れず。
a0181059_08483035.jpg


道路の脇の暗い場所にとまったので撮っていたら、偶然車が通りかかった。
a0181059_08484103.jpg


11時すぎ、アオスジアゲハはやっと数を増したが、あまりにも逆光。日陰部分では真っ暗くしか写らなかった。
a0181059_08485068.jpg


午後1時から再出動。アオスジアゲハは数を増していた。やはり、青空だと気持ちがいい。
a0181059_08572825.jpg


青空で絡む姿。
a0181059_08583689.jpg


時には3~4頭。でも、全部はなかなか入らない。ピンボケも多数。
a0181059_08584581.jpg


木の中だとアオスジアゲハは目立たず、
a0181059_09343481.jpg


花から離れ、背景が暗い場所でなければ、チョウが引き立たなかった。
a0181059_09041441.jpg

ちょっと距離が遠いが、暗い中にアオスジが逆光で透ける瞬間はとてもいい。
a0181059_09045147.jpg



1頭の飛び立ちを狙っていたら2頭が寄ってきた。最初のは♀だったらしい。この間1秒足らず。
a0181059_09211834.jpg


結局、晴れると色は出るが、光の当たる部分と当たらない部分の落差が大きい。
a0181059_09080142.jpg


センダンの花は薫りがなかったように思う。ざあーっと調べてみると、「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことらしい。それにしても不覚。徒歩3分の場所に22年間も住んでいたのに、アオスジアゲハの集まる木があるとは知らなかった。
a0181059_09080942.jpg





by otto-N | 2017-05-28 16:10 | Comments(4)

2017.5.17 東京・恵比寿  アオスジアゲハ   2017.5.26 (記)

2017.5.17
自宅から3分のセンダンの木の花に群がるアオスジアゲハ。かなり遠いので300ミリにテレコン(×1.4)をつけての撮影。
a0181059_10421205.jpg



アオスジアゲハの撮影は楽しい。飛びそうな瞬間にシャッターを切る。さすがにカメラが重い(ニコンはいいなぁ)。
a0181059_10415520.jpg



その中からピントが来ているのを1次スクーリングにかけ、さらに選別すると残ったのはわずか。
a0181059_10420246.jpg


なかなか4枚の翅を撮ることができなかった。
a0181059_10422019.jpg


空中ランデブー。3頭だと少しは空中を漂っているが破局するのは必然。2頭だとしばらく漂っているうち、はばたきが同調し、遠くへ行ってしまう。
a0181059_10423205.jpg


背景が曇り空では締まらない。やはり都会らしくビルの背景を狙う。が、やっと1枚。
a0181059_10424133.jpg



2017.5.18
朝10時すぎ。アカボシゴマダラが植え込みにとまっていたがコンクリートの階段に移動し微動だにしない。空の雲が薄れ木漏れ日が射し始めた。春型♀をこんなにじっくり撮るのは初めてだ。それにしてもピントが合っていても合っていないようなぼおーっとした黒い筋。ちょっと薄気味悪い感じがしないこともない。
a0181059_20063704.jpg


空が晴れてきた。アオスジアゲハは朝は少ないようだ。アゲハチョウが珍しくやって来た。
a0181059_11052002.jpg

11時過ぎにやっと数を増し始め、空に飛び出す。近いとフレームアウトの連続。遠くてもフレームアウトだが・・・
a0181059_11053602.jpg


求愛が成功するかどうかは判別できるようになった。まず、♀を見つけた♂は♀の上でホバリング(この時点でMFでピントを合わせ始める)。♀にその気があれば、ゆっくりと浮上し始め、第3者の介入がなければ、2頭が空中を漂い始める。そして、はばたきをシンクロナイズさせながら、空高く舞い上がる。足場が完全でないので、撮るのが大変だった。
a0181059_11054497.jpg



正午ころ、突然の雨。この日は、修理依頼していたカメラが出来上がる日。午後に新宿のリコーに引き取りに行く。夕方、雨が上がったので公園を覗いてみると、アオスジアゲハは飛んでなく、羽化直と思われるヒメジャノメが1頭、ツツジの花にとまった。
a0181059_11055742.jpg


別の花にとまり直し翅を開いたので、下がれるだけ下がって撮影。300ミリ+テレコンはキツイ。
a0181059_11060654.jpg





by otto-N | 2017-05-26 16:37 | Comments(2)

2017.5.16 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.5.25 (記)

2017.5.16
今年の春、思ってはみないチョウが時々やって来る恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社のイングリッシュガーデン風の花壇が大改装された。どんな風になるのか期待していたのだけれどガッカリ。凡庸。チョウが集まる鬱蒼感がない。カタバミは新しく植えられた植栽に混じって少しあったけれど、そのうち抜かれてしまうだろう。近くにはクスノキ並木があり、必ずいたアオスジアゲハさえも飛んでなく、ただのアゲハとモンシロチョウが1頭いただけだった。
a0181059_08560997.jpg


動きのあるポーズを探す。
a0181059_08562042.jpg


モンシロチョウはすぐ逃げられてしまった。
a0181059_08593844.jpg



南のはずれにある小さな公園。ここも先日草刈りにあいすっかり雑草がなくなっていた。アカボシゴマダラが舞っており何度か樹上で翅を拡げた。背景はタワーマンション。
a0181059_09015345.jpg



昼食後、まだアカボシゴマダラがいるかもしれないとレンズを300ミリに付け替えこの公園に行く。アカボシはいなかったが、アオスジアゲハが飛び回っていた。蝶源を探すと薄紫の花が咲いている高さ10mほどの木だった。何の木だろうと思っていたら、そこは公園。センダンと記されていた。「栴檀は双葉よりかぐわし」のセンダンらしい。
a0181059_09020342.jpg


木の下からでは撮れず撮影できる場所を探すと、木から水平距離で10mと遠く、逆光ではあるが、少し高くなっている植栽のコンクリート枠に足場を見つけた。以下、連写する。
a0181059_09021351.jpg


時おり、2~4頭が空中に飛び出す。MFで後を追うがなかなかフレームに入らないし、入ってもピンボケばかりだった。
a0181059_09023092.jpg


アオスジアゲハの求愛はシンクロナイズド・フライイング。動きがぴったり合うと求婚が成立するようだったが、そんなペアの飛翔は撮れずに終わった。
a0181059_09022286.jpg




by otto-N | 2017-05-25 16:44 | Comments(2)

2017.5.4 東京・皇居東御苑 アオスジアゲハ   2017.5.15 (記)

2017.5.4
ゴールデンウィーク中に、大手町・丸の内界隈で開催される日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン2017」の一環として、音大でバイオリンを勉強しているテニス仲間のお嬢さんが丸の内オアゾで演奏するとのことで聴きに行った。彼女とは子供のころから知っており、バイオリンの習い始めのころ、自宅でキラキラ星を演奏した時のことが忘れられない。
a0181059_19373436.jpg



演奏会の後は東御苑に野の花を見に行く。入園無料とあって観光客、特に外国人が相変わらず多い。本丸でヒメウツギが満開。アオスジアゲハが集まっていた。ズームのテレ端(135ミリ)で撮ってみたが、100ミリマクロよりも写りが硬い感じだ。ただし、AFでの合焦はとても速い。
a0181059_19473608.jpg


このヒメウツギは草丈が低く、背景が抜けている箇所もあり悪くはない。あえて逆光側に回り込む。
a0181059_19474762.jpg


2頭が絡んで飛び去り、15分ほどの撮影時間だった。アゲハの訪花で一番好きなのはアオスジアゲハ。ほとんど外しまくってばかりだが、花から花への瞬間的な移動を撮るのがとても楽しい。いいポイントだ。来年また来よう。
a0181059_19475637.jpg


さて、東御苑の野の花。本丸の日陰に咲いていたオドリコソウ。ヒメオドリコソウしか知らなかったが「ヒメ」がつかないものもあるらしい。初めて見るハクウンボク、下から撮ってみた。二の丸には雑木林がありチゴユリも咲いていた。4コマ目は不明。
a0181059_19495163.jpg


この雑木林では、キンランとギンランが有名なようだ。いずれも絶滅が心配されている。まだ蕾だったが、全開することはないとのこと。
a0181059_19500405.jpg


木の花は目立たないが大きく写すととても可愛い。下草の花も地味だがその分味わいがある。ダイモンジソウに似ていた3コマ目の花は、調べるとユキノシタという名前だった。
a0181059_19501151.jpg


ツツジに吸蜜するわけでもなく、1頭のジャコウアゲハ♂が同じところを飛び回っていた。とまる時を待った。
a0181059_19503533.jpg



横向きに位置を変えた。腹部の赤が毒々しい。
a0181059_19502874.jpg




by otto-N | 2017-05-15 16:32 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2016 (8)アオスジアゲハ   2017.1.30 (記)

アオスジアゲハ
4月下旬、川崎のアオバセセリを撮影に行った時、近くにはクレソンの花が咲いており、アオスジアゲハがたくさん来ていた。肝心のアオバセセリの飛翔は撮れずに終わる。
a0181059_1635546.jpg

5月、サッポロビール本社前の花壇。黄色い花は色を出すのが難しい。
a0181059_13330474.jpg

8月、目的は銀座のヤマトシジミだったが見つからず。しかたなく、日比谷公園で時間をつぶす。アゲハ類の中でアオスジアゲハが最多。交建築中の高層ビルはクレーンを積んだてっぺんまで入らなかった。
a0181059_13341999.jpg
公園内ではポケモンGOで人だかりができていた。ヤブカラシはアオスジアゲハが大好きな花。木陰から日向に出たところを捉えることができた。これはトリミング。
a0181059_13343286.jpg

10月、川崎の公園。キバナコスモスにきていたアオスジアゲハ。翅のひび割れがちょっと残念だった。
a0181059_13344648.jpg

同じ頃、自然教育園。湿地にはミゾソバが一面に咲き、アオスジアゲハが飛び交う。背景にピンクのボケが入る場所に飛んで来るのをじっと待った。
a0181059_13285662.jpg


by otto-N | 2017-01-30 18:20 | Comments(0)

2016.10.26 東京・白金の森 ヤマトシジミ   2016.11.5 (記)

2016.10.26
久しぶりに、正確には25日ぶりに、自然教育園に行く。その前に、そろそろヤマトシジミのメスが青くなっている頃なので、近くの小公園に寄ってみた。

10月初めに、草刈りが行われたので、カタバミはかなり淋しい状態ではあるけれど、そこそこのヤマトシジミが飛んでいる。オスは飛び古した個体ばかり。それでも、夏と秋の中間くらいの白っぽいピカピカのオスや、青いメスが現れた。
a0181059_1935634.jpg

メスは晴れているので、きれいなブルーには撮れない。
a0181059_19365553.jpg

自然教育園では、ムラサキシジミやムラサキツバメが出て来るはずだったが、ムラサキツバメを1頭見ただけだった。さわやかな黄色のオオニガナが咲いており、キタテハが来るのを期待するが、ツマグロヒョウモンに占領されっぱなし。キタテハが飛んできたものの、蜜にありつけずに飛び去った。
a0181059_19424635.jpg

シロバナナガワレコモウで吸蜜するキタテハ。翅を開いたけれど、たまには、シブく、真横から。
a0181059_1945471.jpg

シロバナサクラタデがまだ咲いており、アオスジアゲハが飛び回っていた。
a0181059_19464976.jpg

しかし、アオスジアゲハはこの花ではなく、一面に咲いたオオミゾソバが目的。ピンクのボケを入れたいがために、少し遠くに来た時にシャッターを切る。したがって、画像は大きくトリミング。
a0181059_1948268.jpg

最初は9コマではなく、12コマを並べた。でも、1コマが小さすぎるし、1画像500KBの制限があるので、1番下の1列(3コマ)をカット。その中に好きな1枚があったので、独立させた。
a0181059_19544091.jpg

今年は教育園でヤマトシジミをよく見かける。以前は珍種。園内のカタバミを徹底的に退治していたためだと推測している。吸蜜している花はアキノウナギツカミ。また、今年は、ウラナミシジミがやたらと多い。まだ新鮮。
a0181059_19595120.jpg

ヤマトシジミ♂。翅脈が白く、とても美しい。もっと輝くような白さになるはず。
a0181059_2013496.jpg



   

by otto-N | 2016-11-05 20:24 | Comments(0)

2016.10.12 神奈川県・ジュズダマの湿地 ムラサキツバメ   2016.10.20 (記)

2016.10.12
晴れたので、少しは明るいところで飛翔を撮れるだろうと3回目のクロコノマチョウ。9時半に現地へ着いたけれど、湿地はほとんどまだ日陰でチョウはまるで飛んでなかったが、最初に現れたのは元気ないキタテハだった。少し明るくなった10時すぎ、小さな黒い影が飛んでくる。何かと思ったらムラサキツバメ。その後、ムラサキシジミも飛んできたけれど、シラカシの林に囲まれているにもかかわらず、ムラサキシジミは少なかった。マテバシィは近くに見当たらない。肝心のクロコノマは、羽化の最盛期はとうに終わったらしく、湿地が明るくなった10時から12時ころまでに出て来たのは5頭に満たず。以下、クロコノマを探している間に撮ったチョウを順に並べます。
a0181059_178686.jpg

翅を開いたヒカゲチョウは思ったより傷んでなかった。横は完璧。( →先入感とは恐ろしいもの、クロヒカゲ♂でした。)
a0181059_1785334.jpg

ムラサキシジミはオスばかりが目についた。クロコノマは撮りやすい場所にとまったときだけ撮る。
a0181059_1781718.jpg

ヒメジャノメも新鮮。光の加減で翅脈が目立ちすぎるが、ツリフネのピンクをなんとか入れる。
a0181059_179467.jpg

ムラサキツバメは、日が当たる部分が増えるとともに次々現れた。ここは吸水ポイントらしい。葉上や路上で吸水し、満足すると近くの葉で開翅する。メスが多かった。
a0181059_1782923.jpg

蔓性の草が絡まっている叢なので、近づく前に叢全体が揺れてしまい、よく逃げられた。しかし、すぐ、舞い戻る。
a0181059_1791799.jpg

背景がすっきりとはいかないのは、チョウが新鮮なだけに、ちょっと悔しいものがある。
a0181059_17554785.jpg

ウラギンシジミもピンクのボケを入れて。しかし、もう1m右にとまったなら、ピンクがたくさん入ったのだが。
a0181059_1793099.jpg

ウラギンシジミは飛び去っても、すぐ戻ってくる。
a0181059_17292098.jpg

産卵の訪れたスジグロシロチョウ。速くて撮れないムラツ。元気なくゆっくり飛ぶヒメジャノメ。
a0181059_17283096.jpg

さて、本題のクロコノマというと、またしても、こんなのばっかりだった。残念な3コマ目。
a0181059_17284295.jpg

なかなか4枚の翅が撮れない。上から被せるか飛び立ちの時だけしか4枚同時は撮れそうにない。
a0181059_17285620.jpg

背景が煩すぎたので、かなりのトリミング。出っ張った赤い目、大きくしなる翅、まるで怪蝶だ。
a0181059_1729813.jpg

入口のキバナコスモスにアオスジアゲハが来ていた。動くたびにシャッターを切る。1頭だけなのだが、こうして並べると、たくさんいるようでなかなか楽しい。
a0181059_20105445.jpg

これが一番いい感じだった。残念なことに、左前翅に亀裂。はばたくたびに、亀裂が深まりそうだ。
a0181059_19534148.jpg

ヒメアカタテハは2頭。オレンジが背景いっぱいになる位置を狙う。
a0181059_1954571.jpg

飛んだ瞬間はほとんど撮れなかったが、この背景は裏面の細かな模様を引き立てる。
a0181059_19553830.jpg



   

by otto-N | 2016-10-20 18:20 | Comments(4)

2016.8.5 東京・日比谷公園 アオスジアゲハ   2016.8.8 (記)

2016.8.5
10時30分、地下鉄の銀座で下り、銀座4丁目交差点に出て、松屋銀座の隣にあるルイ・ヴィトンまで行き、三越のある交差点まで戻る。花壇は昨年以上にきれいに作られていた。カタバミが少し残されていたけれど、ヤマトシジミは1頭もいない。昨年とどこが違うかと言えば、花壇の花が単一、きれいなだけでどうやら蜜源とはならない花のようだ。新橋寄りも探すが見つからず。帝国ホテルの横を通り、日比谷公園に行く。

日比谷花壇の裏の木立の中でヤマトシジミのメスが産卵場所を探して飛んでいた。この薄暗い雰囲気は自宅付近にはなく、いい雰囲気だったので粘って撮ったが、触角にしかピンがきていないこの1枚しか撮れていなかった。
a0181059_1615872.jpg

その後、園内を歩くがヤマトは飛んでおらず、松葉ボタンの花壇でモンシロチョウが吸蜜していたので、手に届く範囲で飛翔を撮る。花壇の右半分は日が当たっているが、モンシロチョウは日の当たらない左ばかりで蜜を吸い、日向にはほとんど来なかった。松葉ボタンの花は日向では開かないのか、日向部分はすでに花が終わっているのかよくわからなかったが、さんざん撮影した日陰ではチョウの白とびはなかったけれど花の色が出ず、逆に、日向では花の色が出たけれどチョウが白とびするので輝度を抑えざるをえなく、結局、花の色も出なかった。モンシロチョウは難しい。
a0181059_16254560.jpg

アオスジアゲハがさかんに飛び回っていたが、21ミリしか持ってきていなかったので撮影は諦めていた。それでも、少しはゆっくり飛ぶ場所があり、ここから撮ればあのビルが入ると、皮算用をしながら待っていると、紫の花に吸蜜に来ていた。このアオスジアゲハはピンを外したけれど、アゲハチョウもやって来たので、シャッターを切ると、ペニンシュラの全景が入ったものが1枚。
a0181059_16372067.jpg

この後、ここにしばらく張り付いたけれど、全くアゲハは来ず、近くで昼食後(涼みに行ったのが本音。さすが銀座は高い)、再び園内をうろつく。本当は、他の所に電車で移動する計画だったけれど、この日、東京は32℃、暑さでひるんでしまった。1コマ目は上を撮る前のもの。2コマ目、ヤマトシジミはそこそこ飛んでいたけれど、気が狂ったように飛び回るだけ。3コマ目、アオスジアゲハの飛んでいる場所にはヤブカラシがあったが、高い位置ばかりで手が出ず。このヤブカラシは地上に這っていたので、撮ることができた。人が写っていないが、もう少し左はポケモン・ポイントらしく、一時、20人ほど集まっていた。4コマ目、建築中のビルを撮ろうと、長時間カンカン照りのなかを粘ったがツマグロヒョウモンはこれしかピンが来ず。
a0181059_16384877.jpg

アオスジアゲハ、21ミリでの置きピン撮影。(マクロを持ってこなくて良かった)
a0181059_16484667.jpg

a0181059_16482386.jpg
a0181059_16483316.jpg

午後2時40分、暑すぎてこれ以上我慢できず撤収。テニスコートの横でチョウトンボが1頭舞っていたが、撮影はできなかった。後で調べると、どうやら皇居が発生源のようだ。


   


   

by otto-N | 2016-08-08 20:08 | Comments(0)

2016.6.24 横浜・ダイヤモンド プリンセス  アオスジアゲハ   2016.6.25 (記)

2016.6.24
有効期限が迫った2枚の切符、「横浜クルーズ・赤レンガ倉庫」。日中は雨は降らないとの予報だったので行ってみる。

大桟橋には巨大なクルーズ船が停泊していた。ダイヤモンド・プリンセスとある。船籍はロンドン。まるで巨大なビル。
a0181059_1053293.jpg

ダイヤモンド・プリンセスが停泊していたのは、切符に記された観光船のこの向かい側。13時15分の出航までに40分ほどの時間があったので、近くのクスノキを飛び回っているアオスジアゲハを撮る。こんなこともあるかと思って、15ミリだけを持ってきていた。時々、クスノキの低い位置にも飛んで来る。産卵場所を探しているらしい。目の前で産卵したが、残念ながらピンボケ。まとわりつく姿だけ撮れた。それにしても、暗かった。
a0181059_107071.jpg

背景に巨大なクルーズ船を入れたかったが、入ったのはここまで。アオスジアゲハは望む位置には飛んでこなかった。
a0181059_1072439.jpg

もう少し遊びたかったが、出航の時間。出航後、まず、目の前のダイヤモンド・プリンセスに近寄る。でかい尻。説明によるとこの朝に入港したそうだ。
a0181059_1055013.jpg

日本丸という日本で一番のクルーズ船も停泊していたけれど、写真は割愛(あまりにも小さい)。ベイブリッジをくぐり抜け、さらに沖へ。不思議な形の巨大な船。輸出車の搬送船とのこと。
a0181059_106928.jpg

面白かったのは、コンテナ用の巨大なクレーン。ガントリークレーンと言うらしい。しばらく、船はここで停止し、コンテナの積み出しを見物する。近寄りすぎて全体入らず、立ち去る時にやっとフレームに入った。
a0181059_106192.jpg

歴史ある赤灯台の横を通り、みなとみらい地区を正面に見ながら、ダイヤモンドプリンセスの停泊する対岸の赤レンガ桟橋に戻る。55分のヨコハマ港の観光だった。
a0181059_1063929.jpg

桟橋に着いた時、空が暗くなりかけたけれど、まだ、アオスジアゲハは飛んでいた。しかし、クスノキの前は芝刈り作業が入っていたので、他を探す。赤レンガ倉庫の駐車場の生垣のヤブカラシに群がっていた。ただ、高さが2m以上あり手が届かない。脇に道路工事でよく使われている鉄パイプの仕切りが、平行に2つ置かれていたので、その上に脚をのせての撮影。自由に動けないので目の前に来たものだけを撮る。
a0181059_1045015.jpg

ここからもダイヤモンドプリンセスが見えたが、どうやら遠すぎた。
a0181059_108163.jpg

どんよりとした曇り空だったし、港の観光なんてそれほど面白いものではないだろうと思って、15ミリしか持って行かなかったけれど、どうしてどうして、大きく撮りたいシーンもあり、標準ズームも持っていくべきだったと後悔した。

   

by otto-N | 2016-06-25 20:50 | Comments(0)

2016.5.3 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2016.5.11 (記)

2016.5.3
朝から晴天。テニスに行く前に近くでアゲハを少し撮る。札幌ビール本社前の花壇は黄色い花で埋もれているが、アゲハもアオスジアゲハも、カモミールには来るが、この黄色い花には来ない。しかし、1頭のアオスジアゲハがこの花の蜜を一度吸ったら味を覚えたのか、立て続けに、黄色い花から花へと飛び移っていた。しかし、蜜が少ないのか、長居はせず飛び去ってしまう。
a0181059_1738849.jpg

この花壇は、高台にあり、木々の間にほどよい空間が広がっているのでアゲハがテリを張り、時々2頭が絡む。たいていは一瞬だが、この時は長かったので、近くに走り寄って、あわてて300ミリのピントリングを回す。
a0181059_17382475.jpg

ビルの無機質な窓ガラスがぼおーっと背景に写っているのがわかるけれど、アゲハにピントがなかなか合わない。一瞬、クリアに見えたときシャッターを切るが、そのときはすでに遅いのか、これも練習。
a0181059_17383388.jpg

絡んでいるときはそれほど動かないのだが、撮れたのはこれだけだった。ピントも甘いが、遠いのでこの程度しか撮れないのかもしれない。
a0181059_17384464.jpg

その後、突然、3頭目が絡んだが、どんどん舞い上がり、ジ・エンド。
a0181059_17385744.jpg


2016.5.4
天気晴朗なれど風強し。だったので、予定のテニスには行かず、歩いて20分ほどの山種美術館に奥村土牛展を見に行く。技法は日本画ながら西洋画風のものもあり、繊細なタッチと大胆な構図がどれも素晴らしい。帰りがけ、恵比寿ガーデンプレスの超高層ビルの下の、片方がオープンスペース、もう片方がガラス壁の通路に、強風にあおられたアオスジアゲハが迷い込んでいた。持っていた21ミリで撮る。(このごろ、いつも持ち歩いている)
a0181059_19314276.jpg

暗くて、後から最大のEV補正をかけた。
a0181059_19321193.jpg

風にあおられ、オープンスペス側には飛ぶことができず、ホールのガラスに向かってはばたき、
a0181059_193216.jpg

やっとのことで、無事、抜け出すことができた。
a0181059_19322280.jpg
ガラスにドームの青空が反射し、ガラスの向こうのダウンライトとエスカレーターの照明が写り込み、アオスジアゲハのコスミック・ブルーが引き出せた。(露出不足とピンボケがなければね)


   

by otto-N | 2016-05-11 18:10 | Comments(0)