たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 42 ) タグの人気記事


2014.5.2 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2014.5.6 (記)

2014.5.2
さて、どうしようかと迷ったあげく遠くへ行かず、恵比寿ガーデンプレース・Sビール本社前。昨日と同じ場所。さすがに、昨日のツマキチョウは現れなかった。アゲハ類がしきりと飛び回っていた。アゲハチョウ、珍しくも、1発目で撮れた。今日は、これでOKと思ったが・・・。
a0181059_20211040.jpg

黒系のアゲハも来たけれど、多かったのはアオスジアゲハ。ハルジオンにも来るけれど、吸蜜時間はどういうわけか瞬間的。しかし、少しだけ日が当たっているヒメウツギは人気があった。
a0181059_2229199.jpg

ヒメウツギはここだけ。その向こうはクスノキの並木。
a0181059_17233232.jpg

日陰だと逆光に透けたアオスジが美しい。けれど、日陰は日陰、やはり暗すぎた。
a0181059_1724052.jpg

ヒメウツギの3m上空。ときおり、アオスジアゲハがゆっくりと舞う。マクロで、置きピン連写したものの4枚合成。距離を少しずつ変え何セットか撮ったが、ピンがきたのはこのセットだけだった。
a0181059_21404992.jpg

ヒメウツギの花とクスノキの梢との中間。毎年、いつもアゲハチョウがテリを張る。ときどき2頭が絡むが撮影できず。
a0181059_202455.jpg

少し日陰だったけれど、ハルジオンから飛び立つアオスジアゲハ。
a0181059_21462128.jpg

ツマグロヒョウモンのメスも来たが、とても敏感。すぐ行ってしまった。その代り、やって来たのはモンキチョウのメス。モンキチョウは、ここではとても珍しいのだ。しっかりと追いかけた。
a0181059_21434132.jpg

ヤマトシジミはオスが2頭飛び回っていたが、ピンどころかフレームにも入らなかった。そのうちの1頭が見つけてくれたメス。オスを振り切ってやれやれといったところ。翅はほとんど黒かった。
a0181059_20243826.jpg

飛んだので後をつけると、舗道のちびたカタバミに執着した。4コマ目は、ピンが来ず残念だった。
a0181059_20245040.jpg

これが今日一番のお気に入り。
a0181059_202538.jpg


またまた安直な自宅近くで、チョウと遊ぶ。遊んでいるのか遊ばれているのか、はたまた、チョウへの虐待か。チョウの食事を邪魔したり、伴侶を求めて飛んでいるのを妨害したりしているので、撮影も、妻には虐待ですと言われました。うーんと唸るばかりです。

by otto-N | 2014-05-06 20:18 | Comments(4)

2013.9.18 白金の森 ミドリヒョウモン   2013.9.25(記)

2013.9.18
台風18号が去って2日目、大陸性高気圧に覆われ、気温が低めで清々しい秋晴れ。自然教育園に行く。

池の周りにはシロバナサクラタデが咲いており、数頭のアオスジアゲハが来ていた。近くにもたくさん咲いているのだけれども、少し遠いところばかりで吸蜜していた。
a0181059_1393980.jpg

アザミ(タイアザミ)の花の少しずつ咲いてきたようだ。アゲハが飛んでくるが、やはり、9月の中旬だと擦れている。でも、これはこれでいい。カラスアゲハのオスとメス、クロアゲハのメス。
a0181059_13131819.jpg

タイアザミは1.5mから2mにも成長する。まだ蕾のものが多い。この日一番多かったのはカラスアゲハのオスだったが、園内の個体数はとても少ない。時間が変わってもアザミにやって来るのは同じ個体ばかりだった。
a0181059_13135010.jpg

遠くにヒョウモンチョウを発見。とまったので証拠写真を撮っていたら、頭上を飛び越えて行った。飛んでいった先を探すと、すぐに見つかった。ミドリヒョウモンのメスだった。とまって休むこともあったが、アザミの花の間を飛び回る。広角で飛翔も撮ったがピンが合わないものばかりだった。
a0181059_1323284.jpg

今年は北海道に行かなかったため、ミドリヒョウモンのメスの撮影はこれが初めて。黒っぽくて、とてもいい。
a0181059_13575358.jpg

自然教育園では、この時期、ミドリヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンのメスが現れる。ただ、6月には、オオウラギンスジヒョウモンには会うが、ミドリヒョウモンに会ったことがない。秋に現れるミドリヒョウモンは、夏眠後、遠くからやってくるのか、ここで夏を眠るのか、全くわからない。山ではあまりマジには撮らないけれど、都心のここでは格別だ。
a0181059_13333975.jpg

この日は、いつもより多くのチョウが出ていた。木陰で休むアカボシゴマダラ、年中無休のツマグロヒョウモン、サルトリイバラに突然ルリタテハがやってきたが、結局産卵はなかった。ヒカゲチョウはとても多かった。
a0181059_13401760.jpg


大陸の冷たい高気圧に覆われ、ミンミンゼミもちょっとしか啼かなくなり、いよいよ秋の気配。夏枯れだった自然教育園にも、少しずつチョウが出てきた。その先駆けとして、ミドリヒョウモンと出会えたのはとても嬉しかった。そういえば、昨秋は、ミドリヒョウモンは見なかった気がする。

by otto-N | 2013-09-25 13:24 | Comments(2)

2013.9.6 東京・白金の森 アオスジアゲハ   2013.9.6(記)

2013.9.6
1昨日に見つけたアオスジアゲハの植え込みにリベンジに行く。ダンダラさんから、リベンジの結果はどうでしたかというコメントをいただいたけれど、昨日は天候不良。それで、今日改めてのリベンジ。というわけではなく、少し早起きして、私としてはちょっと遠い所に向かっていたのだが、現地に近づくにしたがって雲が厚くなり空は真っ暗、途中で引き返し自宅に戻ったら、少しは空が明るかったので、ストロボを持って出かけたのが実情。結果は、リベンジ成功ではなく返り討ちでした。

今日は蚊が多く、ボコボコにされた。刺されたらすぐ「ムヒ」を塗り込みながらの撮影。後で調べたら、左腕9か所、右腕6か所がやられていた。すぐ塗ると、翌日はかゆみが出ないので、最近は、もっぱらこの方法。しかし、敵もさるもの、カメラを構えた瞬間に腕にとまり、撮影に集中できない。返り討ちにあったのはこのせいではないけれど、とにかく、大きくは出せない写真ばかりです。
a0181059_20165425.jpg
a0181059_2017427.jpg
a0181059_20171559.jpg

今日は、アオスジアゲハは少なかった。翅の欠けから個体を識別すると、次々やってくるわけではなく、付近にいるのがこちらに時々くるようだった。きちっと静止しているより(上)、翅先がブレているほうが(下)、自然のような気がする。
a0181059_20172660.jpg


今日は、暗かったけれど、敗因を考えてみた。
① カメラの設定ミス。絞りをF8にしたのだが、発光撮影補正が内部ストロボを使っていたときの-2EVのまま。ストロボが光っても、光らなくてもシャッター速度は変わらず、被写体ブレだけではないが・・・。
② 前回は、静止を撮ろうして、たまたま飛んだときが写っていただけ。今回は、欲張って、飛んだ瞬間を撮ろうとした。写っていたのは飛び去った後ばかり。
③ マニュアル・フォーカスでもやってみたが、ピント合わせが追いつかない。オート・フォーカスのほうがまだよかった。

長さ30mくらいの茂みを、蚊に刺されながらも、道路にはみ出ないように行ったり来たり、1時間半はすぐ過ぎ去った。というより、思うように撮れず、諦めて帰ったきた次第。上の反省点を克服できる自信はないし、来週、再リベンジはどうしようか悩むところです。

by otto-N | 2013-09-06 20:55 | Comments(9)

2013.9.4 東京・白金の森 アオスジアゲハ   2013.9.4(記)

2013.9.4
朝、起きたときには雨があがり、薄日が射していた。シャッター不調で修理に出していた1台が戻ってきたので、そのテストを兼ね、自然教育園に行った。昨日、自然教育園では、2年ぶりにテングチョウが出て来たとのことで、それを撮った「徘徊」のShinさんは、北海道でのオオイチモンジ♀撮影よりも嬉しいとのコメント。都心のチョウ探しは、こんなところにも楽しみがあります。

テングチョウはさておき、今日の目的は、教育園の塀の外に咲いているクサギに集まっているはずの黒系アゲハ。先日はまだ咲いていなかったが、あれから1週間、さすがに咲き始めていた。しかし、大きな枝がなくなり、残った枝にはあまりにも花の数が少なく、全然、アゲハはいなかった。今シーズンを含め、数年はダメかなと諦め、教育園に入る。入ったとたん、空が曇り始め、ポツポツと雨。キチョウとイチモンジセセリくらいしかいない。カメラのテストもできないまま、そこを教育園を出て自宅に帰る途中、通りの向こうの植え込みに、薄日が射す中、アオスジアゲハがたくさん飛んでいた。

横断歩道を渡ってみると、ヤブカラシの花にアオスジアゲハが集まっていた。撮影できる位置からは、ちょうど逆光。アオスジアゲハを撮るには最適の場所だった。ただ、車道にはみ出せば、時速60kmで車が通りすぎていくけれど。
a0181059_19525940.jpg

アオスジアゲハの他、アゲハやクロアゲハもやってきたが、まるで少ない。1頭しか来なかったカラスアゲハは撮れなかった。
a0181059_1953195.jpg

アオスジアゲハの静止時間は、どうしてというくらい短い。静止は同じような写真にしかならないので、飛び上がるかもしれないタイミングでシャッターを切った。
a0181059_19533020.jpg

なかなかピントが来なかったけれど、4コマに並べると雰囲気だけはよろし。
a0181059_19533926.jpg

少し暗いせいか、静止もピントが合わない、というより、せわしなくはばたきちょこまか動き続け、ピントが合う前に飛んでいってしまうアオスジアゲハの撮影は、楽しいが難しい。
a0181059_1953559.jpg


今年は、アオスジアゲハを撮っていなかったので大満足の思いで自宅に帰ってきたが、PCで見ると愕然。ピントがまるで甘い。シャッター速度をかせぐために、絞りF6.3だったのが敗因とも考えられたが、このレンズとカメラの合焦スピードの問題かもしれない。リベンジになるか返り討ちになるかどうなるか判らないが、なかなかいい場所なので、明日もちょっと行ってみよう。

by otto-N | 2013-09-04 20:19 | Comments(6)

2013.8.6 東京・代官山HRM裏 ヤマトシジミ   2013.8.9(記)

2013.8.6
自宅から徒歩20分、代官山に行く。今では、随所にお洒落な街が生まれているが、このころは東京で一番お洒落だった。もう時代遅れかなと思ったら、とんでもない。少し前、リニューアルされ、お洒落度がパワーアップした。30代、東横線と山手線の交叉するあたりに住んでいたので、ちょっと土地勘がある。でも、昔の面影は半分以下、街並みは大きく変わり、昔の店はほとんどない。変わっていないのはヒルサイドテラスだけだった。テナントは変わっていたが・・・

ヒルサイドテラス側の舗道を探してもヤマトシジミは飛んでいない。渋谷よりに進んでから折り返し、新しい蔦屋付近にも全然いない。あきらめていたところ、舗道にメスのヤマトシジミが産卵のためか、カタバミにとまろうとしていた。
a0181059_14443256.jpg

よく見ると、このメスの他、オスのヤマトシジミが飛んでおり、路地に入っていった。路地には丸太をくりぬいて作った花壇が放置され、雑草でいっぱいだった。どうやら、ここがヤマトシジミの溜まり場のようで、路地裏一帯にちらちら飛び回っていた。
a0181059_1605985.jpg

ほんとうは雑踏を背景にしたかったのだが、路地裏のヤマトになってしまった。
a0181059_14553421.jpg

ここは、30年前からのある「ハリウッド・ランチ・マーケット」という有名な店の左の路地。店自体は、古びた木造アパート風の1階。昔は木造だったが、よく見たら、建て替えられているようだ。休日は混んでいて店の中に入れないこともあるそうだ。(30年前ならともかく、今は全く縁のない店です)
a0181059_1513177.jpg

路地裏のヤマト。片方が店の壁なので、比較的撮りやすかった。
a0181059_1585469.jpg

都会の片すみの放置された花壇。こんなところで、たくましく、命をつないでいるようだ。
a0181059_161191.jpg

絡んだと思ったら、すぐ交尾成立。いつも拒否ばかり見ているので、とても不思議。
a0181059_223645.jpg

この花壇にいた真っ黒いメス。日陰なので、とても綺麗に撮れることができた。オスから逃げ回っていた漆黒のヤマト。
a0181059_15143564.jpg


街角でヤマトシジミを多く見かけるようになった。しかし、いざ撮影しようとすると、なかなか見つからない。街角で見るのは、ふらっと、たまたま飛んできただけのようだ。公園に行くとおそらく街角よりは多いとは思うけれど、しばらく公園以外で探してみようと思う。


P.S.
8月4日の日曜日は、テニスだった。テニスクラブには大きなニッキの木があり、ときどき、アオスジアゲハが飛んでくる。アオスジアゲハがいるなと思ってボオーッと見ていたら、突然、目の前でもう1頭が絡んだ。と思ったら、すぐ交尾成立。カメラを持ってきていなかったので、近くにいた女性のスマホで撮影した。Hさん、ありがとう。
a0181059_1552092.jpg


by otto-N | 2013-08-09 16:06 | Comments(2)

2012.8.20-31 白金の森 (6)オナガアゲハ    2012.9.10(記)

2012.8.20-31
昨年はオナガアゲハが多かったが、今年は1度も見ていなかった。もう出て来ないと思っていたけれど、1頭だけこのクサギの花にやってきた。

(6)オナガアゲハ
まるでボロボロのクロアゲハだと思っていたら、どうやらオナガアゲハのオスだった。20日に現れ、21日にも来たが、それ以後見なかった。今年初めての個体。
a0181059_15123596.jpg

ボロでなければと思うアングルなんだけれど・・・
a0181059_15125047.jpg

クサギの花にアオスジアゲハが来てもすぐ行ってしまう。どうやらアオスジアゲハにとってはこの蜜はまずいらしい。ナミアゲハも一応吸蜜するが、長続きはしない。シャッターを押す前に行ってしまう。毎日のように見たのはヤマトシジミ。やっと撮影できた。ストローを伸ばしているが、どうやら吸蜜ではないらしい。花びらの表面を吸っていた。
a0181059_15182423.jpg

このクサギの木から少し離れたところにタブノキがあり、時おりアオスジアゲハがやって来ていた。産卵のようだが、産卵は瞬間的でなかなか撮れなかった。産卵ということは、若葉に産み付けられた卵が写っていたことから、やっと納得できた。
a0181059_15233395.jpg

写っている卵は5個かなぁ。(クリックすると大きくなります)
a0181059_1524598.jpg

頭上のヤブカラシで吸蜜するアオスジアゲハ。
a0181059_15254860.jpg

近くの公園でのアカボシゴマダラ。光に透けた赤紋はちょっといい感じ。
a0181059_1527367.jpg

この期間はあまりにも暑かった。路上で吸水するルリシジミとウラギンシジミ。(ウラギンシジミは白線の上には水がないはずだが)。ちびたカタバミで産卵後休んでいるヤマトシジミ。最後のヤマトシジミは少し斑紋異常。
a0181059_152837100.jpg


というわけで、この暑い中、11日間、1本のクサギの木の元に通いました。アゲハたちがやって来る時間は決まっておらず、来ないときはパタッと来ない、来るときは一斉に来るような感じでした。木陰に待機し、アゲハが来たら、日向に出て撮影していたけれど、いささか飽きました。この間、東京では雨が1滴も降らず、まさに灼熱地獄、東京砂漠です。

by otto-N | 2012-09-10 15:39 | Comments(2)

2012.5.23-28 長崎・五島列島① イシガケチョウ    2012.5.29(記)

なかなか行く機会のなかった五島列島に旅行してきた。もちろん、チョウの撮影の目的ではない。チョウは観光の合間にちょっとだけ。カメラは1台だけ。

2012.5.23 長崎
10:20羽田発のJALで長崎へ。昼食はもちろん、ちゃんぽん。小さな店だったが、この旅行で4回食べた中で一番よかった。店の外観でわからない。昼食後、出島、大浦天主堂、グラバー園を回る。

グラバー園は、20年くらい前一度来たことがあるが、よく覚えていなかった。あらためて見ると、グラバー邸のソテツの木が見事だった。グラバー邸よりその奥にあったリンガー邸やオルト邸がいいと思った。昔のままの室内がひっそり残されており、なかなかのものだった。
a0181059_17203117.jpg
a0181059_17242973.jpg

さて、長崎といえばナガサキアゲハ。飛ぶ姿は何度かみていたもののなかなか撮れなかったが、新鮮ではないけれど、オルト邸の前に咲いている赤いバラにやって来た。バラに吸蜜するチョウを初めて見たような気がする。
a0181059_17284762.jpg

びっくりしたのはイシガケチョウ。長崎にもいるとは思いもよらなかった。すぐ翅を開く。
a0181059_17322611.jpg

すぐ全開するので、なかなか横からは撮れなかったが、この白い玉砂利と白い翅はちょっと奇抜。
a0181059_17342159.jpg

植え込みの葉裏にとまったので、下から撮った。
a0181059_17354823.jpg

17:00すぎ、グラバー邸の横にアカタテハはテリ張りしていた。2頭が追いかけ合いをしているが、撮影できず。アカタテハが夕日が当たる小高いところでテリ張りするとは知らなかった。


2012.5.24 福江島
7:40の高速艇で、福江島の福江市に。9:10分に到着、レンタカーを借り、島内を移動。堂島天主堂と水之浦教会、2つの教会回った。いずれもこじんまりしていて可愛い。ステンドグラスも素朴(木枠?)でとても可愛い。しかし、隠れキリシタンの歴史はすさまじい。
a0181059_17421589.jpg

気が向いて最北端を目指したが道に迷い挫折。本線に戻り、高浜という綺麗な海水浴場で一休み。
a0181059_17533563.jpg

この浜の右手には展望台の丘があり、絶景ポイントという。登ってみると、悠然と1頭のアオスジアゲハがテリ張り。海の青とアオスジの青が綺麗だ。ちょっと飛んでいるところを撮ってみたが、ムズカシイですね。
a0181059_17563314.jpg
a0181059_17581399.jpg

大瀬崎灯台。古くは「喜びも悲しみも幾年月」、新しくは「悪人」の追い詰められた男と女が逃げ込んだロケ地として有名な灯台。「悪人」はいい映画だった。
a0181059_1832840.jpg

この灯台の行くには、駐車場から、登山道みたいな細い道を1.2km下りなければならない。下りる途中で会ったチョウたち。最初、クロセセリは翅の開かない変なダイミョウセセリだなと思った。ここは九州。撮った後で思い出した。灯台の近くにはミヤコグサがあり、ひょっとしたらと思ったがそうはいかず、ヤマトシジミだった。だが、ヤマトシジミの九州ラベルは嬉しい。最後のはたぶんチャバネセセリ。アザミにはアサギマダラもいたが撮影できず。
a0181059_1881635.jpg

昼間は晴れていたが、夕方になって曇ってきた。この日は福江に泊まる。


(長崎・五島列島②へ続きます)

by otto-N | 2012-05-29 18:13 | Comments(10)

2012.5.7 恵比寿 ヤマトシジミ    2012.5.11(記)

2012.5.7 自然教育園~恵比寿
月曜は自然教育園は休園日。近所でヤマトシジミを探すことにした。しかし、朝早いせいか、といっても9時ころだが、全然いない。カタバミも花を開いていない。そこで、しかたがなく、自然教育園の隣の公園にでかけた。

公園に着いたものの、ヤマトシジミはオスが1頭だけ飛んでいたが、まるでボロ。まるでいない。というのも、ムリはない。昨年まで満開だったカタバミがない。引き抜かれて、しょぼい園芸種が植えられていた。昨年は、春にスーパーブルーを見つけた場所だ。今年はどうなるか心配になった。土が丸見えの花壇に間をあけて花を植えるより、一面カタバミが咲いているほうが綺麗だと思うけれど。

ヤマトシジミを捜しているときに土の上に吸水にきたカラスアゲハ。バイカウツギ(たぶん園芸種)にやって来た、とても小さくギフチョウ・サイズのナミアゲハ。
a0181059_2021415.jpg

アオスジアゲハはバイカウツギとヒメウツギが大好きらしく、絶えず飛んできた。また、珍しくクロバー吸蜜が好きな個体もいた。
a0181059_2041388.jpg

ヤマトシジミはこの公園にはいないようなので、いったん自宅に戻り、午後、近所(恵比寿)を探した。さすが午後になるとカタバミが満開に咲いており、カタバミの回りにメスがひらひらしていた。
a0181059_2017127.jpg

あまり青いとはいえなかった。ただ、日が当たっていなければ、もっと綺麗な青が出たと思う。
a0181059_20194262.jpg

紅葉の若葉にとまり半開したので、後ろから撮った。前翅の黒縁部分が妖しい色に輝いた。
a0181059_2020776.jpg

カタバミの咲いているところに戻ると、オスが飛び回っていた。撮ると新鮮な個体だった。上と下では、黒縁の太さが違っていた。
a0181059_20122418.jpg

下のオスに飛ばれ、追いかけると、ツツジの植え込みにとまった。が、なかなか翅を開いてくれなかったので、手をかざして日蔭にした。そうすると、短い間だが、おずおずと翅を開いてくれた。
a0181059_20304679.jpg

また飛ばれたが、別の場所でも翅を開いてもらった。
a0181059_20361042.jpg


やっと、春のヤマトシジミを撮ることができた。4月中はほとんど見ることさえもなかったが、ゴールデンウィークをすぎ、ボチボチ出て来たようだ。しかし、メスの開翅はまだ1頭しか撮っていない。そろそろ、気温が上がるころ、青いメスはもう期待できないかもしれない。

by otto-N | 2012-05-11 20:53 | Comments(8)

2012.5.6 練馬区 ナミアゲハ    2012.5.10(記)

2012.5.6 練馬区
土曜、日曜は原則的にテニスクラブで全然うまくならないテニス。コートはいつも混んでいるので、待っている時間に、近くでヤマトシジミを探す。

今年はヤマトシジミを満足に撮っていない。数が少ないし、やっと撮ってもスレていた。テニスコートは練馬区の環状8号線近くにある。この近くは、さすがスズシロ(大根)の国、モンシロチョウが多い。といっても、どんどん畑が宅地化されてしまい、都心よりは多いという程度。むしろ、チョウの種類としては少ないような気がする。練馬区も広く、石神井公園には、コムラサキやミドリシジミがまだいるのだけれど、ここからは遠い。

近くの空地には、ハルジオンが一面咲いていた。カタバミもところどころにあり、1頭だけヤマトシジミのオスが飛び回っていたが、一向にとまる気配はなく、追うのを諦めた。モンシロチョウに混じって、アオスジアゲハは2頭いた。それぞれテリがあるのか、1頭は一面花いっぱいのところだけ、もう1頭は花もまばらなところで吸蜜に余念がなかった。
a0181059_17463232.jpg

a0181059_15431049.jpg

しばらくすると、ナミアゲハが飛んできてハルジオンで吸蜜していたが、片隅に咲いているムラサキハナナに飛び移った。うすい黄色と紫色はなかなかいい組み合わせだった。
a0181059_15355257.jpg

a0181059_15362923.jpg

飛び回っていたヤマトシジミ、飛び疲れたのか一瞬とまったところを撮ることができた。まあまあの鮮度。とりあえず今年の第1号。
a0181059_15424322.jpg

P.S.
1週間前、ここのムラサキハナナに産卵するツマキチョウ(4月28日撮影)
a0181059_15485826.jpg


5月は、アゲハのシーズン。特に、ナミアゲハとアオスジアゲハは都内でも目につく。目まぐるしく花から花へと飛び回る。動きの早いアゲハを撮るのはとても楽しい。飛んで行ってしまうまで撮り続けるが、歩留りがとても低く、いつもボツ写真の山となる。

by otto-N | 2012-05-10 16:01 | Comments(8)

2011 白金の森 5月    2012.2.9(記)

2011 白金の森 5月
5月の初めころまでは、まだツマキチョウも飛んでいた。1コマ目のナミアゲハは、花が園芸種なので、どうやら教育園ではなく行く途中で撮ったもののようだ。教育園ではアカボシゴマダラも発生しはじめた。コミスジは数年前にはいなかったとのことだが、このところ常連のチョウとなった。
a0181059_14562754.jpg

曇って少し寒い日のアオスジアゲハ。ちょっと翅に傷かゴミ。
a0181059_14592930.jpg

教育園の入り口のツツジにやってきたカラスアゲハ、園内で撮ったイチモンジセセリ、サトキマダラヒカゲ。翅を拡げて吸汁(水)中の春型アカボシゴマダラ。傷んでいるわけではないが、なんか煤けた感じ。アカボシがある夏型のほうが綺麗なようだ。
a0181059_14564111.jpg

地べたで翅を開きっぱなしだったゴマダラチョウ。せっかくのマクロ撮影、緑のバックで撮りたかった。
a0181059_1458127.jpg

葉陰で休むヒメジャノメ。
a0181059_1459240.jpg


5月は教育園に結構通ったはずなのに、と思っていたのは間違いで5回しか行っていない。写真が少ないのは当然だ。他にルリシジミ、ツバメシジミ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミなども撮っていたが、ヤマトシジミ以外はうまく撮れていなかった。


PS
4月から5月初旬にかけては、ツマキチョウが一番好き。半逆光で後翅、緑の唐草模様が透ける。場所は代々木公園。
a0181059_2037592.jpg


by otto-N | 2012-02-09 15:36 | Comments(10)