たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 46 ) タグの人気記事


2012.5.23-28 長崎・五島列島① イシガケチョウ    2012.5.29(記)

なかなか行く機会のなかった五島列島に旅行してきた。もちろん、チョウの撮影の目的ではない。チョウは観光の合間にちょっとだけ。カメラは1台だけ。

2012.5.23 長崎
10:20羽田発のJALで長崎へ。昼食はもちろん、ちゃんぽん。小さな店だったが、この旅行で4回食べた中で一番よかった。店の外観でわからない。昼食後、出島、大浦天主堂、グラバー園を回る。

グラバー園は、20年くらい前一度来たことがあるが、よく覚えていなかった。あらためて見ると、グラバー邸のソテツの木が見事だった。グラバー邸よりその奥にあったリンガー邸やオルト邸がいいと思った。昔のままの室内がひっそり残されており、なかなかのものだった。
a0181059_17203117.jpg
a0181059_17242973.jpg

さて、長崎といえばナガサキアゲハ。飛ぶ姿は何度かみていたもののなかなか撮れなかったが、新鮮ではないけれど、オルト邸の前に咲いている赤いバラにやって来た。バラに吸蜜するチョウを初めて見たような気がする。
a0181059_17284762.jpg

びっくりしたのはイシガケチョウ。長崎にもいるとは思いもよらなかった。すぐ翅を開く。
a0181059_17322611.jpg

すぐ全開するので、なかなか横からは撮れなかったが、この白い玉砂利と白い翅はちょっと奇抜。
a0181059_17342159.jpg

植え込みの葉裏にとまったので、下から撮った。
a0181059_17354823.jpg

17:00すぎ、グラバー邸の横にアカタテハはテリ張りしていた。2頭が追いかけ合いをしているが、撮影できず。アカタテハが夕日が当たる小高いところでテリ張りするとは知らなかった。


2012.5.24 福江島
7:40の高速艇で、福江島の福江市に。9:10分に到着、レンタカーを借り、島内を移動。堂島天主堂と水之浦教会、2つの教会回った。いずれもこじんまりしていて可愛い。ステンドグラスも素朴(木枠?)でとても可愛い。しかし、隠れキリシタンの歴史はすさまじい。
a0181059_17421589.jpg

気が向いて最北端を目指したが道に迷い挫折。本線に戻り、高浜という綺麗な海水浴場で一休み。
a0181059_17533563.jpg

この浜の右手には展望台の丘があり、絶景ポイントという。登ってみると、悠然と1頭のアオスジアゲハがテリ張り。海の青とアオスジの青が綺麗だ。ちょっと飛んでいるところを撮ってみたが、ムズカシイですね。
a0181059_17563314.jpg
a0181059_17581399.jpg

大瀬崎灯台。古くは「喜びも悲しみも幾年月」、新しくは「悪人」の追い詰められた男と女が逃げ込んだロケ地として有名な灯台。「悪人」はいい映画だった。
a0181059_1832840.jpg

この灯台の行くには、駐車場から、登山道みたいな細い道を1.2km下りなければならない。下りる途中で会ったチョウたち。最初、クロセセリは翅の開かない変なダイミョウセセリだなと思った。ここは九州。撮った後で思い出した。灯台の近くにはミヤコグサがあり、ひょっとしたらと思ったがそうはいかず、ヤマトシジミだった。だが、ヤマトシジミの九州ラベルは嬉しい。最後のはたぶんチャバネセセリ。アザミにはアサギマダラもいたが撮影できず。
a0181059_1881635.jpg

昼間は晴れていたが、夕方になって曇ってきた。この日は福江に泊まる。


(長崎・五島列島②へ続きます)

by otto-N | 2012-05-29 18:13 | Comments(10)

2012.5.7 恵比寿 ヤマトシジミ    2012.5.11(記)

2012.5.7 自然教育園~恵比寿
月曜は自然教育園は休園日。近所でヤマトシジミを探すことにした。しかし、朝早いせいか、といっても9時ころだが、全然いない。カタバミも花を開いていない。そこで、しかたがなく、自然教育園の隣の公園にでかけた。

公園に着いたものの、ヤマトシジミはオスが1頭だけ飛んでいたが、まるでボロ。まるでいない。というのも、ムリはない。昨年まで満開だったカタバミがない。引き抜かれて、しょぼい園芸種が植えられていた。昨年は、春にスーパーブルーを見つけた場所だ。今年はどうなるか心配になった。土が丸見えの花壇に間をあけて花を植えるより、一面カタバミが咲いているほうが綺麗だと思うけれど。

ヤマトシジミを捜しているときに土の上に吸水にきたカラスアゲハ。バイカウツギ(たぶん園芸種)にやって来た、とても小さくギフチョウ・サイズのナミアゲハ。
a0181059_2021415.jpg

アオスジアゲハはバイカウツギとヒメウツギが大好きらしく、絶えず飛んできた。また、珍しくクロバー吸蜜が好きな個体もいた。
a0181059_2041388.jpg

ヤマトシジミはこの公園にはいないようなので、いったん自宅に戻り、午後、近所(恵比寿)を探した。さすが午後になるとカタバミが満開に咲いており、カタバミの回りにメスがひらひらしていた。
a0181059_2017127.jpg

あまり青いとはいえなかった。ただ、日が当たっていなければ、もっと綺麗な青が出たと思う。
a0181059_20194262.jpg

紅葉の若葉にとまり半開したので、後ろから撮った。前翅の黒縁部分が妖しい色に輝いた。
a0181059_2020776.jpg

カタバミの咲いているところに戻ると、オスが飛び回っていた。撮ると新鮮な個体だった。上と下では、黒縁の太さが違っていた。
a0181059_20122418.jpg

下のオスに飛ばれ、追いかけると、ツツジの植え込みにとまった。が、なかなか翅を開いてくれなかったので、手をかざして日蔭にした。そうすると、短い間だが、おずおずと翅を開いてくれた。
a0181059_20304679.jpg

また飛ばれたが、別の場所でも翅を開いてもらった。
a0181059_20361042.jpg


やっと、春のヤマトシジミを撮ることができた。4月中はほとんど見ることさえもなかったが、ゴールデンウィークをすぎ、ボチボチ出て来たようだ。しかし、メスの開翅はまだ1頭しか撮っていない。そろそろ、気温が上がるころ、青いメスはもう期待できないかもしれない。

by otto-N | 2012-05-11 20:53 | Comments(8)

2012.5.6 練馬区 ナミアゲハ    2012.5.10(記)

2012.5.6 練馬区
土曜、日曜は原則的にテニスクラブで全然うまくならないテニス。コートはいつも混んでいるので、待っている時間に、近くでヤマトシジミを探す。

今年はヤマトシジミを満足に撮っていない。数が少ないし、やっと撮ってもスレていた。テニスコートは練馬区の環状8号線近くにある。この近くは、さすがスズシロ(大根)の国、モンシロチョウが多い。といっても、どんどん畑が宅地化されてしまい、都心よりは多いという程度。むしろ、チョウの種類としては少ないような気がする。練馬区も広く、石神井公園には、コムラサキやミドリシジミがまだいるのだけれど、ここからは遠い。

近くの空地には、ハルジオンが一面咲いていた。カタバミもところどころにあり、1頭だけヤマトシジミのオスが飛び回っていたが、一向にとまる気配はなく、追うのを諦めた。モンシロチョウに混じって、アオスジアゲハは2頭いた。それぞれテリがあるのか、1頭は一面花いっぱいのところだけ、もう1頭は花もまばらなところで吸蜜に余念がなかった。
a0181059_17463232.jpg

a0181059_15431049.jpg

しばらくすると、ナミアゲハが飛んできてハルジオンで吸蜜していたが、片隅に咲いているムラサキハナナに飛び移った。うすい黄色と紫色はなかなかいい組み合わせだった。
a0181059_15355257.jpg

a0181059_15362923.jpg

飛び回っていたヤマトシジミ、飛び疲れたのか一瞬とまったところを撮ることができた。まあまあの鮮度。とりあえず今年の第1号。
a0181059_15424322.jpg

P.S.
1週間前、ここのムラサキハナナに産卵するツマキチョウ(4月28日撮影)
a0181059_15485826.jpg


5月は、アゲハのシーズン。特に、ナミアゲハとアオスジアゲハは都内でも目につく。目まぐるしく花から花へと飛び回る。動きの早いアゲハを撮るのはとても楽しい。飛んで行ってしまうまで撮り続けるが、歩留りがとても低く、いつもボツ写真の山となる。

by otto-N | 2012-05-10 16:01 | Comments(8)

2011 白金の森 5月    2012.2.9(記)

2011 白金の森 5月
5月の初めころまでは、まだツマキチョウも飛んでいた。1コマ目のナミアゲハは、花が園芸種なので、どうやら教育園ではなく行く途中で撮ったもののようだ。教育園ではアカボシゴマダラも発生しはじめた。コミスジは数年前にはいなかったとのことだが、このところ常連のチョウとなった。
a0181059_14562754.jpg

曇って少し寒い日のアオスジアゲハ。ちょっと翅に傷かゴミ。
a0181059_14592930.jpg

教育園の入り口のツツジにやってきたカラスアゲハ、園内で撮ったイチモンジセセリ、サトキマダラヒカゲ。翅を拡げて吸汁(水)中の春型アカボシゴマダラ。傷んでいるわけではないが、なんか煤けた感じ。アカボシがある夏型のほうが綺麗なようだ。
a0181059_14564111.jpg

地べたで翅を開きっぱなしだったゴマダラチョウ。せっかくのマクロ撮影、緑のバックで撮りたかった。
a0181059_1458127.jpg

葉陰で休むヒメジャノメ。
a0181059_1459240.jpg


5月は教育園に結構通ったはずなのに、と思っていたのは間違いで5回しか行っていない。写真が少ないのは当然だ。他にルリシジミ、ツバメシジミ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミなども撮っていたが、ヤマトシジミ以外はうまく撮れていなかった。


PS
4月から5月初旬にかけては、ツマキチョウが一番好き。半逆光で後翅、緑の唐草模様が透ける。場所は代々木公園。
a0181059_2037592.jpg


by otto-N | 2012-02-09 15:36 | Comments(10)

2011.10.14 白金の森 ムラサキシジミ    2011.10.18(記)

2011.10.14
少し日差しが強い。教育園に行った後、隣でヤマトシジミを捜した。

日差しが強い午前は、ムラサキシジミが出てくることが多い。ポイントに着いて待ち構えていると、三々五々やってきた。4コマ目、樹上生活のシジミチョウが下草に降りてきたときは、草の葉の汁を吸っていることが多い。
a0181059_13593179.jpg
a0181059_13594748.jpg
a0181059_140481.jpg

ムラサキシジミを撮っていると、近くのアザミにアオスジアゲハが来襲。逆光で撮った。
a0181059_1403325.jpg
a0181059_1405551.jpg

ムラサキツバメが本命だったけれど、もう10:30。隣の公園でヤマトシジミを探す時間。急いで駆けつけるものの、止まらないオスばかりだった。ただ、黄色の花にここでは珍しいベニシジミが来た。右後翅に欠けがあり擦れてはいるが、悪くはない。
a0181059_1414058.jpg
a0181059_1415438.jpg

この日のヤマトシジミのメス。これは平凡、普通。
a0181059_1422131.jpg

青い部分は狭いが、後翅に青い鱗粉が散りばめられ、とてもゴージャス。青ければいい、というものではないようだ。
a0181059_1423549.jpg


この日も「スーパーブルー」は現れなかったけれど、青い面積が狭いがとても綺麗なメスがいた。光の当たり方によるのかもしれない。順光の位置に回りこんで撮るのが癖になっているが、検討の余地がありそうだ。

(画像は、クリックすると少し大きくなります)

by otto-N | 2011-10-18 14:40 | Comments(2)

2011.8.3 恵比寿 イチモンジセセリ    2011.8.5(記)

2011.8.3
近くを1時間ほど散歩。(もうここは飽きてしまっているが)

ヤマトシジミのメスを1頭見つけたが、翅を開かぬうちに飛び去ってしまった。1コマ目、今どき少ない、前翅の黒縁が細いオス。たいていは縁が太い。
a0181059_1251363.jpg
a0181059_1254675.jpg

ナミアゲハとアオスジアゲハ。今年は多い。
a0181059_1265917.jpg

イチモンジセセリ。アップで見ると、ストローの収容のためか、口?が長く割れていた。
a0181059_1262521.jpg


この日の夕方、大きな虹がかかった。左に東京タワー、真ん中が品川、その手前の森は自然教育園。
a0181059_127543.jpg


昼過ぎ、暑い中、青山と渋谷に行ったが、道路の片隅にヤマトシジミが飛んでいるのを何度も見た。驚いたことに渋谷駅前の交差点付の雑踏の上にも飛んでいた。ヤマトシジミは、都会のチョウのナンバーワンかもしれない。


(土曜と日曜は下手なテニス。月曜(8日)から、2週間くらい東京を離れます。ヤマトシジミのいない所へ行ってきます。チョウの撮影はできるかどうか判りません)

by otto-N | 2011-08-05 12:50 | Comments(12)

2011.8.1 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.8.3(記)

2011.8.1
ヤマトシジミのオスを撮るため、また、ここへ。この日も曇り、夏の暑さはなかった。

すぐに、ヤマトシジミの新鮮なオスを撮ることができた。しかし、陰気なドクダミの葉の上ばかりで翅を拡げる。
a0181059_13225663.jpg

そのうち、吸蜜中でも翅を拡げるものもでてきた。
a0181059_13232768.jpg

前翅の黒縁が太い。カタバミも咲いているが、この花のほうが好きなようだ。
a0181059_13191341.jpg

a0181059_13193351.jpg

メスも出てきた。この日に出てきたのも美人。
a0181059_13284052.jpg

メスも、この花が好きのようだ。
a0181059_13291031.jpg

このメスは、後翅の後方のうっすらとした斑紋がきれいだった。
a0181059_1330577.jpg

a0181059_13302734.jpg

この庭には、イチモンジセセリも姿を見せる。
a0181059_1336994.jpg

しばし、この葉の上でテリを張っていた。
a0181059_13364250.jpg

そうこうしているうち、アオスジアゲハが来襲。あまり翅が壊れていない個体だった。
a0181059_13393559.jpg
a0181059_1340076.jpg


連日、ヤマトシジミに遊んでもらっている。この庭に咲く薄ピンク色の小さな花に集まってくるようだ。カタバミよりは背丈があるので少しは撮りやすい。曇っているので、翅を拡げてくれた。昨年も撮っているが、マクロで撮影したかった。
ヤマトシジミの黒いメスは、なかなかいい。微妙に青い鱗粉を載せている。雲っているせいか、しっとりした感じに撮ることができた。

by otto-N | 2011-08-03 14:01 | Comments(2)

2011.7.29 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.8.1(記)

2011.7.29
連日のヤマトシジミだが、オスをまともに撮っていない。この日も天気は良くないので、ヤマトシジミ撮影日和。

オスが飛んでくるものの、あまり近寄らせてはもらえなかった。2コマ目、メスに迫ったがやはり振られたオス。4コマ目、前日ほどきれいなメスはいなかった。
a0181059_1454256.jpg

新鮮なオスもいたが、あまり良いバックに止まってくれなかったが、これはまずまず。
a0181059_1462296.jpg

ユリの花にはナミアゲハが時折やってくる。
a0181059_1464883.jpg

ヤマトシジミが好きな草丈数cmの園芸種(名前は不明)に、珍しくアオスジアゲハがしつこく吸蜜。2コマ目以降は、できるだけ低い位置から撮った。ずいぶん動きのでる感じになる。しかし、PCで見るとボロ翅だった。ま、いいか。
a0181059_147831.jpg


天気のあまりよくないうちに撮っておこうと思うのだが、オスの静止時間が短く、なかなか近寄らせてもらえない。バックがよくない場所ばかりに止まる。されどヤマトの日が続く。
(今年のSビール本社の庭、手入れが行き届いていない。ドクダミばかりがはびこってしまった。花もちょっとさびしい)

by otto-N | 2011-08-01 14:34 | Comments(4)

2011.6.21 白金の森 ヤマトシジミ    2011.6.22(記)

2011.6.21
雨も降りそうもなく、まあまあの天気。久しぶりに自然教育園に行った。お目当ては、トラフシジミの夏型。

トラフシジミは全然見ず、撮れたのは、キマダラセセリとコミスジ。他に見たものは、ピカピカのウラギンシジミ(♀)とムラサキシジミ。それに、種類不明のヒョウモンチョウとヒカゲチョウ。今日はここまでと、門を出ると、道路拡張工事の雨あがりの水たまりにアオスジアゲハとナミアゲハが吸水中であった。
a0181059_14593681.jpg

さて、ヤマトシジミの2化目がいるかもしれないと、隣の児童公園を覗く。カタバミ畑できれいなメスが産卵中であった。
a0181059_150672.jpg

なかなかの美人。
a0181059_1515279.jpg

オスはといえば、2頭しかいなかった。1頭はボロボロだったので、まあまあのこの1頭を追う。
a0181059_1521519.jpg

あまり太陽がまぶしくなく、気温も高くはなかったので、開翅してくれた。
a0181059_1525218.jpg

カタバミの花が中心の、このポーズもまあまあ。
a0181059_1531229.jpg

オスは2頭しかいなかったと書いたが、その前に1頭いた。最初こ、ちょろちょろ飛んでいる1頭を見つけ、止まるのを待っていた。ところが、飛んでいる最中、何か茶色いものが飛んできて、ぶつかり、ヤマトシジミが消えた。どうしたんだろうと、茶色のものが止まったあたりを見ると、茶色の正体はアブ(ムシヒキアブ科?)だった。ヤマトはアブにキャッチされていた。まだこのとき、目は生きていた。右は、少し移動した後の写真。しっかり獲物に抱き付いていた。
a0181059_1532633.jpg


ヤマトシジミの2化目、オスはちょっと遅かったかもしれない。自宅付近でときどき探したけれど、なかなか見つからなかった。いざ探すといないヤマトシジミ、遠くまでわざわざ探しに行くのも面倒なヤマトシジミ、見つかってほっとした。

by otto-N | 2011-06-22 15:30 | Comments(4)

2011.5.16 恵比寿 アオスジアゲハ    2011.5.18(記)

2011.5.16
天気がよく、近くのYGPでヤマトシジミを探した。いたにはいたけれど、翅が欠けていたので、あえて撮らなかった。
今が旬のアオスジアゲハが、ときおりやって来た。

アオスジアゲハの求蜜の忙しさは、撮影者泣かせであるが、ときどき、だらんとぶら下がって吸蜜するものがいる。花は、カモミールみたいな園芸種だ。
a0181059_20494897.jpg

別の個体かどうかはわからないが、アオスジアゲハはジオンも好きだ。この花は、どんなチョウでも絵になる。
a0181059_205039.jpg

この前開翅姿は、一番最初に撮ったもの。動かないのでマクロで撮った。もっとアップにすると判るのだが、後翅の先のレ型の紋付近に、青い鱗粉を散りばめ美しい。(ちょっと、鱗粉がはげかかっているのが残念)
しばらくこの姿で休んだ後、求蜜行動に出た。
a0181059_20501782.jpg


かなり翅が痛んだ個体も多くなってきたが、アオスジアゲハは、都心で確実に増えている。おそらく、食草のクスノキが街路樹としてたくさん植えられているためだろう。
撮りあきてはきたけれど、撮り始めるととても楽しくなってくる。都心で急増中のツマグロヒョウモンでは、そうはいかない。

by otto-N | 2011-05-18 21:15 | Comments(0)