たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アカタテハ ( 8 ) タグの人気記事


2017.10.30-11.2 しまなみ海道 (1) 尾道   2017.11.7 (記)

2017.10.30-11.2
新幹線で福山に、そこから在来線で尾道。しまなみ海道は路線バスを乗り継ぎ(一部徒歩のため)愛媛の今治へ抜け、そのまま山中の道を通ると道後温泉。翌日は古い街並みで有名な内子に寄ってから多度津に移動。翌日、松山から岡山へJR、岡山からはJALで帰京した。

2017.10.30
尾道に着いたのは昼ころ。駅前の歩道橋からの眺め。左の山にお城のようなものが見え、目の前には瀬戸内海が迫る。空には雲が多く、気温も低かった。(画像はすべてクリックする大きくなります)
a0181059_13094117.jpg

荷物をホテルに預け、とりあえず駅の裏山(=千光寺公園)に登ってみる。細い路地をあてずっぽうに、上へ上へと歩く。お寺の境内にはツワブキが咲いていた。イチモンジセセリとキタテハ。ツワブキはいつもながら、色がきれいには出ない。空地ではヤマトシジミが飛び回っていた。
a0181059_13202894.jpg

何も調べて来なかったので千光寺がこれほど有名とは知らず。それに尾道自体が林芙美子の放浪記で有名ということも知らなかった。境内を抜けると尾道が一望できる場所に出た。
a0181059_13274993.jpg


山頂には展望台があり、観光客でそこそこ賑わっていた。ほとんどロープウェイで登って来ているようだった。展望台のある広場にテリ張りしていたアカタテハ。着いた時には、何頭かバトルしていたのだが、展望台から下りてみるとこの1頭しかいなかった。
a0181059_16243866.jpg


春は桜が見事と思われる公園内を散策した後、やたらに句碑が多い道を下ると、小さな広場に猫が集まっていた。かわいい子猫もいたが塀の外にはついに出て来なかった。角を曲がると猫の小路という看板もあり尾道の猫は有名らしい。古い三重塔があり天寧寺とあった。狭い路地を通りロープウエイ乗り場の横を抜け、「古寺めぐりコース」の案内標識のままに石畳の路地を歩くが、あまり興味がないし数が多く切りがないので赤い派手な三重塔まで行くことにした。坂を登りたどり着いてみると、境内が広大ではあるけれど人影はほとんどない。西国寺。派手な割には荒れた感じのする寺だった。
a0181059_16293101.jpg


西国寺の石畳を下りJRの線路を抜けると、昔懐かしい景色が続く。至るところに尾道ラーメンが目についたが、中途半端に食べると夕食が入らなくなるので断念した。
a0181059_16332861.jpg


目的もない街歩きはいつも楽しい。寂びれた風景だが、新しい街だとしたら何も面白くはない。我が故郷「雪明りの路」の街から「雪あかりの街」となり今は観光地になってしまったが、少し外れると似たような感じだ。
a0181059_16340684.jpg


道路1本を挟んでの瀬戸内海。対岸は向島らしい。翌日、向島をバスで通り抜けたら、尾道の市街地としてはこの島のほうが大きいと感じた。
a0181059_16350741.jpg


再び街に戻るとアーケード街が続いていた。シャッターが閉まり淋しかったが駅のほうに進むと少し賑やかになる。ベッチャー祭りってどんなんだろう。銭湯は喫茶店風になっていたり、昔の店ってこんなに意匠に富んでいたのかと思うと、どこの街でもそうなんだろうが、とても面白い。時々、変な形の船が通るが、何の船か夕刻になってやっとわかった。対岸を往復する小型フェリー(というより渡し船)だった。ピストンで通学の自転車も通勤のクルマも丸ごと運んでいた。
a0181059_16343889.jpg


海岸の通りからホテルに戻る。もう少しで夕日。
a0181059_16470673.jpg


ホテルに着くとすでに日が沈んでいた。残念ながら空は焼けなかった。
a0181059_16481530.jpg


造船所の上に半月が浮かぶ。
a0181059_16484055.jpg

この日は月曜日。飲食店は定休日が多く目的の店も定休日。良さそうな店に入ったが外れた。しかし、関西のアナゴとカキの天麩羅、その他の魚料理について店主から色々教わった。関西ではアナゴは蒸すのではなく焼いてからたれをつける(ちょっと焦げ臭い)。カキも天麩羅よりフライがいいかなぁ。ホテルに戻ってみると、窓から見える造船所はライトアップされている風。暇つぶしに撮ってみた。(手振れするので何回シャッターを切ったことか)
a0181059_16485854.jpg


(しまなみ海道(2)に続きます)


by otto-N | 2017-11-07 16:50 | Comments(0)

2017.10.18 東京・白金の森 (1) ルリタテハ   2107.10.21 (記)

2017.10.18
季節はずれの秋雨前線で雨の日ばかりでテニスもできずひきこもり生活が続いていたが、午前中だけは晴れるという。9月から延び延びになっている所へ遠出することも考えたが8月に撮っているので、結局は雨上がりで期待はできないが近場のムラサキツバメを見に行くことにした。

空は晴れ上がっていても気温は低いのでムラツ日和だけれど路上は乾いておらず、これではムラツは出て来ないとすぐ諦め池の畔に移動する。ミゾソバはすでに終わりかけていたが、これと良く似たアキノウナギツカミの中に、ピンクのツリフネ、ユウガギクが雑然と咲いていた。ここでの撮影はロープ内へ踏み込めないので300ミリが基本。路上に下りてきたこのウラギンシジミは近すぎて撮るのに苦労した。
a0181059_15034154.jpg


まだ気温が上がっていないので飛ぶ速度が遅かったが、花にまとわりつくウラナミシジミはピンを外す。小さな花が散りばめられた背景はシジミチョウによく似合う。
a0181059_12520913.jpg

この湿地でもたまにムラサキツバメを見るが、やっと1頭出てきた。翅の隙間から紫色が見え、♂。しかし、翅を開くこともなく飛び去る。新品のキタテハは茂みから出てこず。オオウラギンスジヒョウモンは数日前から産卵行動のとのこと。藪の中に潜り込み全身をなかなか現さなかった。裏翅は我慢の末、置きピン飛翔を狙ってやっと撮る。
a0181059_12534118.jpg


ここではベニシジミは貴重品。ウナギツカミで吸蜜しその間を飛び回っている。翅の付け根が少しだけ虹色に輝いていた。
a0181059_13304600.jpg


しかし、吸蜜する花を変え、どんどん通路から離れて行った。
a0181059_13312842.jpg



この湿地にはオオニガナが咲いており、セセリ(なぜかイチモンジよりチャバネが多かった)とキタキチョウ(なぜか♀ばかり)が吸蜜に余念がない。アカタテハは飛び立たせ撮り。
a0181059_12555598.jpg


秋の湿地の花と秋のチョウ。透明感のある黄色が美しいオオニガナにキタテハがくるのを待っていたのだが、かなり傷んでいた。
a0181059_13430502.jpg


突然、ルリタテハがやって来た。とても新鮮。そういえば、近くのシオデで幼虫が育っていた。パタパタする翅の開いたところを撮るのは意外と難しい。
a0181059_13321874.jpg

アサギマダラが産卵しに来ているとのこと。行ってみたらキジョランの陰からふわりと飛び立ち、頭上にとまったきり動かなくなってしまった。今年もここで幼虫が冬を越すかもしれない。



by otto-N | 2017-10-21 10:08 | Comments(0)

2017.9.5 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2017.9.21 (記)

2017.9.5
近くにヤマトシジミを見に行くもののスレ個体が少しだけだったので、Sビールの花壇に行くとアカタテハが来ていた。右後翅に欠損があるので、左横から撮る。この日も、午後からは北アルプス・裏銀座の画像編集に追われた。エレメントを使ってのパノラマ合成。18ミリで撮ると画像が歪むので24ミリ程度で撮影し、そのままでは繋ぎ目が合わないので水平と輝度を1枚ずつ調整し、場合によってはトリミングして数枚を貼り合わせ、そのままでは画素数が大きすぎるので、1画像500Kbぎりぎりに縮小する原始的な作業の毎日。目をキッと細めないと月は二重に見え、ファインダーを覗いても合焦マークだけが頼り。目の筋肉がおかしくなりました。
a0181059_17360720.jpg

アカタテハはバーベナも好きなようだった。
a0181059_17365506.jpg


2017.9.7
雨の翌朝、ヤマトシジミの黒い♀を探す。少し綺麗な♂もいたので一緒に撮っておくがいずれも背景に難あり。
a0181059_17400124.jpg


2017.9.8
中途半端な青鱗粉が載る前に真っ黒いヤマトを今のうちに撮っておかねばと近くを探す。タンポポに新鮮なヤマトシジミ。実はこの記事を書くまでに日が経ってしまったので、♂か♀か忘れてしまったが、たぶん、次の次の♀。
a0181059_17505496.jpg


少し擦れているけれど、この後ろからのアングルはとても気持ちがいい。
a0181059_19154137.jpg


とても新鮮な♀。目で追っているとカタバミにとまる。
a0181059_19172321.jpg


半分翅を開いたが、なかなか縁毛もそろっているオールブラック。
a0181059_19182017.jpg


少し飛んでは開翅するけれど、あまりいい場所にはとまらない。せっかくのカタバミの葉上だが、手前の葉が邪魔。少しずつアングルと距離を変え何枚も撮った。
a0181059_19222610.jpg


縁毛にピントがきていないものを捨てベストショットを選ぼうとするが、どれも似たようなもの。少しトリミングして、3コマ目を選ぶ。
a0181059_19263043.jpg


2017.9.12
夕食前、外を見ると赤く綺麗な雲がかかっていた。富士山が見える西側の夕焼けを見るために、今から近くの高層ビルに行っても間に合わないだろうと思っていたら、突然の虹。てっぺんまでつながっていなかったけれど、右側の根元はまぶしく輝いていた。2枚の合成だが、ビルの向きをそろえるのは難しい。
a0181059_15270159.jpg



by otto-N | 2017-09-21 16:48 | Comments(0)

2014.7.11 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2014.7.16 (記)

2014.7.11
広角レンズだけもって、近くを散歩。Sビール本社前くらいにしかチョウはいない。もうお馴染みのツマグロヒョウモン。私になついたのか挨拶にやって来る。
a0181059_10475055.jpg

雨上がりの朝はアゲハの類が多い。何度か絡んでいたが、すぐ舞い上がってしまう。
a0181059_1047593.jpg

珍しくアカタテハが来た。1回目は失敗したが、2回目に来たときに撮れた。アゲハはあまり気合が入らない。
a0181059_12121148.jpg

イチモンジセセリ。ダメかと思っていたが、撮れていた。
a0181059_12114113.jpg

以下、同じ画像をトリミングしてみた。トリミングすると、迫力が出るかわり、背景の粒子の粗さが目立ってしまい、なによりもピントにボロがでる。明るいのでISO1600で大丈夫かと思っていたが、ISO800との比較が必要か。いつもいきあたりばったりだ。
a0181059_10484158.jpg

1コマ目は、トリミングすると迫力が出たと思う。2コマ目は、ノートリだと構図がわるすぎた。
a0181059_10485213.jpg

逆光はつらい。ペンタックスのストロボは光量を落としても連続発光ができない。購入してから知った。大相撲をTVで見るたびに、土俵脇のカメラマンの連写が羨ましい。
a0181059_1049339.jpg

この日の一番、今までの撮ったセセリの中でも一番の出来。
a0181059_10491878.jpg


近所の見慣れた、そして撮り飽きてしまったチョウも、飛翔を撮るとヤッタと思う瞬間がある。でも、いつまで続くやら・・・。

by otto-N | 2014-07-16 11:45 | Comments(2)

2013.6.22 白金の森 ムラサキシジミ   2013.6.25(記)

晴れたら港区にある自然教育園にトラフシジミ探し、雨あがりの朝は近くにヤマトシジミのメス探しが続いた。

2013.6.22
晴れ。自然教育園に行く途中、ヤマトシジミを探す。オスはまだ時間が早いせいか飛んでおらず、メスが1頭だけ。青鱗粉が一つもない、まっ茶色。
a0181059_1611294.jpg

ただ、この個体は新鮮なようで、日に当たると翅が油光りした。
a0181059_162103.jpg

教育園の開門までに少し時間があったので、隣の公園に行くとヤマトシジミのオスがいたので撮影した。9時ころだと、すぐとまり翅を開く。
a0181059_1683587.jpg

教育園では、2時間探しても、全くトラフシジミはいなかった。雨上がりで樹上も濡れているので散策路に降りてくる必要がないのかもしれない。キタテハがべったり開翅していた。時々翅を閉じるので、半開翅を狙う。
a0181059_1681258.jpg

今の季節としては、ムラサキシジミが多いような気がする。他にはモンシロチョウ、ベニシジミ、キマダラセセリくらいだった。昨年多かったコミスジがいない。
a0181059_1662437.jpg


2013.6.23
朝から晴れ。日曜だったが、1時間だけ教育園に行く。入園して早々、1頭だけトラフシジミを見るものの完全にすれすれ。これが、ここでの最後のトラフシジミになるかもしれない。
a0181059_16185593.jpg

池のそばのトラノオにアカタテハが来た。そろそろ、この花にオオウラギンスジヒョウモンが来るころだが、まだ見ていない。
a0181059_16205539.jpg

ムラサキシジミのメスが近くで開翅。いつもより多い気がする。
a0181059_16225094.jpg

トウキョウヒメハンミョウ。1頭だけいた。幼虫は穴の中だが、成虫は草の上で狩りの生活するらしい。
a0181059_1629171.jpg

ここへ来る前に近くで撮ったヤマトシジミのメス。少し擦れていたが、一応、翅は光る。
a0181059_16252885.jpg


2013.6.24
雨あがりの朝。植え込みの笹を探すとヤマトシジミが良く見つかる。といっての2~3頭だが。翅を閉じていても、LEDライトを当てると開くことが多い。朝一番は日の光で体温を上げたいらしい。
a0181059_16334071.jpg

まだ、カタバミの花が開いていない。開花は気温と日射に影響しているようだが、開花するころ、オスは活発に飛び回る。
a0181059_16335461.jpg


2013.6.25
雨あがりの朝。以下、同文・・・・・。
a0181059_16451785.jpg

雨上がりの朝、曇り空だと、オスのブルーはギラギラしない。ここは、まばらにしかカタバミがはえていない。一面がカタバミ(特にオッタチカタバミ)だったら、もっと楽しいのだけれど。
a0181059_1645048.jpg


今年は、自然教育園のトラフシジミはこれで終わりそうだ。23日は晴れていたが湿気があったので、樹上から降りてくるとは期待しなかったけれど、24日はカラッとした晴れ。昨年は、こんな日が全開フィーバーの日だった。路上吸水しながら次々と翅を開いた。ただ、全開する以前に、今年は個体数があまりにも少ない。来年はどうなるか心配だが、夏トラフは春トラフより数はいたので、少しは安心できた。

by otto-N | 2013-06-25 17:14 | Comments(6)

2012.10.12-24 白金の森 ムラサキシジミ    2012.10.25(記)

10月はムラサキシジミが出てくるころ。晴れたら開翅するはず、ということで、何度か自然教育園に出向いたが、ぱっとしない。ムラサキツバメに至っては、飛んでいるのを1度見ただけだった。

2012.10.12
珍しくアカタテハがいた他、キタテハなどいつものチョウばかりだった。
a0181059_108494.jpg

2012.10.17
ムラサキシジミがキク科の花にしつこく吸蜜していた。花に来ること自体珍しい。
a0181059_10562914.jpg

10時半すぎ、いつもの場所は日が当たるころ。行ってみると、ムラサキシジミが降りてきて、次々とはいかなかったが、開翅してくれた。
a0181059_10565533.jpg

あまり近くには来なかった。ピントもいまひとつ。特に、オスが合わない。突然すぐ近くのミゾソバで吸蜜した個体がいたが、近すぎてうまく撮れず。
a0181059_1011505.jpg

比較的傷んでいないクロアゲハとナミアゲハ。今年のタイアザミの花はしょぼい。そのせいかアサギマダラもとても少ない。これまで4頭来たとのことだが、1頭見ただけだ。
a0181059_10114986.jpg

2012.10.19
からっと晴れてたのにもかかわらず、ムラサキシジミは現れず。前日、雨が降ったせいか。キタキチョウとキマダラセセリ。
a0181059_10232333.jpg

2012.10.24
前日は前線の通過で雨。からっと晴れ上がり、少し風が冷たい。だが、園内ではムラサキシジミは現れない。雨の次の日は、どうやら降りてこないようだ。あいかわらずのツマグロヒョウモン、まだいた夏型のキタキチョウ、遠かったイチモンジセセリ、帰り道の生垣で翅を拡げるナガサキアゲハ。
a0181059_10263458.jpg

隣接した公園にいたムラサキシジミ。さっと降りてきて翅をちょっとだけ開いた。
a0181059_1026544.jpg


今年のムラサキシジミは、なんとなく少ない。からっと晴れた日、次々と樹上から降りてきて翅を拡げるはずだが、ただ晴れただけではだめなのかもしれない。夏のあいだもあまり見なかったような気がするが、これからが本番なので、期待しよう。

by otto-N | 2012-10-25 11:07 | Comments(4)

2012.7.20 横浜・ズーラシア (モンキアゲハ)    2012.7.23(記)

2012.7.20
梅雨が明けたはずなのに、曇り空。無料の招待券があったので、雨は夕方からとの予報を信じて、横浜市の動物園・ズーラシアに行く。

電車を乗り継いで、動物園に来てみると今にも降りそうな空模様。半袖では寒いくらいだった。動物園に入ってみると、動物たちが檻に閉じ込められている感じがしないオープンで、ジャングルを思わせるような木立に囲まれた所に動物たちはいた。入ってすぐの所にアジアゾウがおり、フェンス近くには茶色のチョウが舞っていた。ジャノメチョウのようだったが、なかなかとまらず撮影は諦めた。見上げると、モンキアゲハがネムノキの花に飛んでいた。とてつもなく大きかった。自宅近くにはいない。かなり遠いが一応撮っておいた。
a0181059_1348545.jpg

動物たちも撮影した。が、とにかく暗い。檻も写るが、動物たちの眼を中心に撮ることにした。さすが、肉食系は、閉じ込められた生活を強いられているとはいえ、鋭い眼光の面影は少しは感じられる。しかし、うつろ。望郷の眼差しか。
a0181059_13535555.jpg

3コマ目は、ツシマヤマネコ。
a0181059_13542342.jpg

この動物園にはテングザルがいた。日本ではここだけとのこと。このころ、雨が降り始めたので、テングザルの前で雨宿り。とても気にいった。しぐさがとてもユーモラス。
a0181059_1449189.jpg

a0181059_14143100.jpg

近くに来たのでその眼を撮ろうとしたが、なかなかうまくいかなかった。右はサル山のニホンザル。
a0181059_1504770.jpg



このズーラシアという動物園は、周りが緑に囲まれ、中も大きな木々に囲まれ緑が豊富だった。この日はあいにくの雨。天気のいい日には、周りからもチョウが飛んでくるに違いない。(ジャノメチョウは撮りたかった)
何にも期待しないで行ったズーラシアだったけれど、テングザルはとても気に入った。また来てもいい、上野動物園よりもいいと思った。
(そういえば、先日、「マウリッツハイス美術館展・真珠の首飾りの少女」を見に上野公園へ行ったとき、ジャコウアゲハ♀がいたのにはびっくり。皇居にいるとは聞いていたけれど、都心ではみたことがありません)



動物園では途中から雨。チョウを撮れなかったので、近所のものを少し貼り付けます。

2012.7.12
恵比寿ガーデンプレース内の30階建ての高層マンションの間を抜けようとしたら、ゴマダラチョウが飛んでおり、急に茂みに潜ったので、覗いた。真っ暗い中、カナブンに混じって樹液を吸っていた。あわててストロボ発光で撮影した。
a0181059_1412624.jpg

2012.7.19
高層マンションの裏には小さな公園があり、珍しくアカタテハが来ていた。
a0181059_14122135.jpg

2012.7.23
この公園には、毎日顔を出している。ヤマトシジミも、ここまで黒縁が幅広く、翅脈が黒いと別種のように見える。
a0181059_14182677.jpg
a0181059_14184639.jpg

この時期のヤマトシジミのオス(6/29~7/08)。
a0181059_1420336.jpg


by otto-N | 2012-07-23 14:38 | Comments(4)

2011.11.25 恵比寿 クロアゲハ    2011.11.30(記)

2011.11.25
いつもの日だまりに行く。小春日和、東京の最高気温は15.7℃だった。

ヤマトシジミの新鮮なメスは現れず、ムラサキシジミのポイントへ行くと、タテハチョウが横切る。まだ、エルタテハがいたのかと思って、近寄るとアカタテハだった。ここでは珍しい。
a0181059_14252533.jpg

アカタテハが去った後、ムラサキシジミが降りてきた。どちらもメスだった。
a0181059_14264963.jpg

ロベリアの植え込みに戻ると、クロアゲハが来ていた。右の尾状突起が欠損した昨日の個体だ。尾っぽだけが玉に傷、鱗粉の粒はくっきりしている。
a0181059_1427159.jpg
a0181059_1427284.jpg

昼過ぎ、再び行ってみたが、ヤマトシジミしかいなかった。新鮮なオスがいたので撮る。
a0181059_14275174.jpg


そろそろ、ヤマトシジミでさえ少なくなってきた感がある。ほとんどスレているが、中には、新鮮なものもいる。白い翅脈がくっきりと目立ち、全体的に白っぽいが、なかなか綺麗だと思う。
クロアゲハが、またやってきた。21日に最初に見たので、5日目になる。最初はピカピカだったのに、あちこち擦り傷がついていた。大きくて目立つので、子供たちに追い回されたのかもしれない。他に吸蜜の花がないとみえ、ロベリアの花にいつまでもつきまとっていた。

by otto-N | 2011-11-30 14:55 | Comments(2)