たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アサマシジミ ( 2 ) タグの人気記事


2014.6.18 山梨県・早朝のクヌギ林 クロミドリシジミ   2014.6.30 (記)

2014.6.18
広い駐車場のあるビジホに泊まり、朝4時起床。コンビニで買っておいた朝食をそそくさと済ませ、まだ暗い中、虫林花山さんとの待ち合わせの場所へ。5時到着。早速、二人して長竿でクヌギの枝を叩く。すぐに、クロミドリシジミと思しきチョウが舞い降りてくる。でも、暗くてどこに下りたのかよくわからない。ずいぶん遠くに行ってしまうのもいる。10頭以上は降りたと思う。降りた場所を確認し、見失った個体を探す。これで、一休み。あとは、翅を開いてくれるのを待つのみ。少し、明るくなったところで、閉翅の写真を撮ってまわる。ISO1600でも思ったより暗い。

クヌギの樹上から降りたクロミドリシジミ。多くは、クズの葉にとまる。
a0181059_15422126.jpg

降りた場所がわかっているつもりでも、すぐに見つからない。撮影する前にすでにいなくなったのもいた。白っぽいのがメス(1コマ目)、黒っぽいのがオス。オスは眼が大きい。(明け方、まだ暗いうちに飛び回るせいか)
a0181059_16473928.jpg

メスとオスの2頭が1フレームに入った。左がメス。こんなことはめったにないとのこと。翅を開くのが楽しみだったが、残念ながら、いつのまにかオスはいなくなっていた。
a0181059_15184672.jpg

一通り撮影して、そろそろ開翅してもいい時間。しかし、一向に開かない。どうも空が曇って暗いためらしい。湿度も高い。開かないどころか、先ほどまでいた個体がどんどんいなくなっていた。6時30分、勤務のある虫林さんが帰られた。6時40分、たった1頭になってしまったオスも飛び去った。(冒頭の画像、実は飛び去る直前のもの。飛ばれては困るので、あまり近づかず恐る恐る撮ったのに)。残るはメス2頭だけ。メスだけでも開いてほしいと念じつつ、明るくなるのを待つ。しかし、一向に明るくなる気配はなく時間ばかりが過ぎていく。開いても撮影するには位置が悪い1頭(オスメスが1フレームに入った画像)に、飛ばれてもいいとLEDを当ててもじっとしているだけだった。もう1頭のところへ戻り、少し奥を見たら、なんと、チェックし忘れたのかオスが1頭いた。幸い、擦れてなさそうだった。横にバッタがいたので、動いたとき飛ばれるのが心配だったけれど、じっと待つ。7時30分、少し明るくなった気がした。ふとみると、バッタがいない。ひょっとしたら、と思ってカメラを構え続けた。そして7時40分、開き始めた。
a0181059_1520552.jpg

日が射したときより、曇天のほうが美しいと聞いていた。まさにそのとおりだった。
a0181059_15344757.jpg

茂みの中央なので、アングルは限られた。
a0181059_1535438.jpg

時間がたつとベタ開翅状態。前からはこれが限界だった。
a0181059_1521370.jpg

左斜め前にいるメスを見ると、これも翅を開いていた。近づくといったん翅を閉じたが、また開き出した。
a0181059_15232299.jpg

無傷でとても美しかった。もう1頭のメスを見に行ったらこれも開いていた。でも、少しスレていたので撮影せず。(すごい余裕)
a0181059_15235126.jpg


粘りに粘って、クロミドリシジミのオスとメスの開翅が撮影でき、今回の目的は完遂。空は、曇ったままだったけれど、前日訪れたゼフィルスの林道に行く。しかし、気温も低いせいかチョウの姿は全くなかった。ゼフはあきらめて、アサマシジミの最初のポイントに行ってみる。曇り空が少し明るくなったとたん、アサマシジミが飛んできた。飛んではとまり翅を開く。
a0181059_15243192.jpg

この黄色い花は嫌いかと思ったが、吸蜜した。
a0181059_15244768.jpg

この個体、拡大してみると、前縁の青鱗に小さい傷、前日の美個体と同じだった。
a0181059_1525792.jpg

これは、少し古びた別個体。前日はいなかった。
a0181059_15253123.jpg

とまってすぐ翅を開くし、見失ってもまた飛んでくる。しかし、同じ個体のようなので撮影は飽きてしまった。ので、ちょっとだけ、飛翔撮影。表翅は十分すぎるくらい撮っているし、背景もパッとしない所なので、飛翔を撮る意義があるかどうか疑問だった。ゆっくり飛ぶので撮りやすい。でも、上から被せなければ、翅が撮れないので同じような写真になってしまった。
a0181059_1526181.jpg

この後、前日行かなかった別のポイントを覗いてみた。ナンテンハギらしき葉上に1頭だけ見つけた。青鱗の載りが少ないけれど、個人的にはこちらの方が好きかもしれない。この後、もう一度、ゼフの林道に立ち寄ったところで、雨。11時に引き上げる。
a0181059_15254751.jpg


3年前、虫林さんのクロミドリシジミのオスの全開画像に一目ぼれ。以来、最も撮影したい頭文字「K」のチョウになっていた。毎年この時期、素晴らしい開翅画像を掲載され、今年こそと思っていたけれど、その撮影は朝5時からと知り、諦めていたのだが、ひょんな場所で虫林さんと知り合い、全面的に助けていただくことになった。3年越しのラブ・コール、かなえてくれた虫林さん、ほんとうにありがとうございました。

by otto-N | 2014-07-01 12:10 | Comments(8)

2014.6.17 山梨県・林縁の草地 アサマシジミ   2014.6.25 (記)

2014.6.17 PM
メスアカミドリシジミの卍飛翔を撮った後、アサマシジミを探しに行く。

現地に着いたらすぐに1頭が飛んでいた。初めてだった。大きい、そして、なんとゆっくり飛ぶことか。飛んではとまりすぐ翅を開く。すぐ、メスも見つかった。
a0181059_133367.jpg

どうやら数はそんなに多くはないらしく、この1頭と傷んだ1頭(4コマ目)だけのようだった。ただ、まだ暑い時間帯だったので、茂みから出て来なかったのかもしれない。
a0181059_13332090.jpg

青鱗粉は粒々になって載っている感じ。大きなヤマトの青メスといった感じ。
a0181059_13335941.jpg

メスはすぐ藪の中に潜って出て来ない。翅も半分しか拡げない。
a0181059_1333296.jpg

表をなんとか撮ることができたが、これがせいいっぱい。
a0181059_13341847.jpg


個体数が少ないため、違うポイントに移動した。オスがすぐ見つかったが、なかなか翅を拡げてくれない。
a0181059_13371314.jpg

諦めて、別の個体を探すとすぐに見つかった。このオスはとても綺麗だった。青鱗が広い。
a0181059_13374127.jpg

飛んでもすぐ近くにとまり、日陰でも全開する。
a0181059_1337599.jpg

日向と日陰。どちらも美しい。ヤマトだとこうはいかない。
a0181059_1340326.jpg

少し探すと、すぐ見つかる。とまらなかったり、茂みの向こうだったり、撮影できなかった個体も多かったけれど、個体ごとに青鱗の載りが違っていた。3コマ目は、撮影時刻が違っていたので別個体と思っていたが、よく見ると、2コマ目と同じだった。
a0181059_14252938.jpg

花での吸蜜も一瞬だったが撮ることができた。
a0181059_13391740.jpg

半開翅を斜め前から。
a0181059_1548490.jpg

このポイントはススキが多く、背景が抜けてとても撮りやすい。
a0181059_13402581.jpg

いつの間にか空には雲がかかり、アサマも消えていた。最後の画像。結局、この個体ばかり撮っていたことになる。午後4時撤収。
a0181059_13404222.jpg


やっと、念願のアサマシジミを撮ることができた。観察した個体数は少なかったけれど、ヤマトの青メスのように、青鱗が粒状になって載っているように見えたのだが、画像を拡大してみると、翅に生えた毛自体が青いように見える不思議なブルーだった。そして、ヤマトとは大きく違っていたのは、日が当たるほどブルーが輝くことだった。

by otto-N | 2014-06-25 18:10 | Comments(6)