「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:イチモンジセセリ ( 28 ) タグの人気記事


2016.9.21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.8.27 (記)

2016.8.21
今シーズン、まだ、ヤマトシジミの温暖期のオスを撮っていないことに気づく。気温が低く、曇り。こんな日は、空が少し明るくなるだけで翅を開くので、登山用のレンズ(18-135ミリ)だけを持って散歩に出かける。ほとんどスレているに違いないと思っていたけれど、どうしてどうして、そんなことはなく、新鮮なものが意外と多かった。
a0181059_1334013.jpg

葉陰でゆっくりと翅を閉じたり開いたりしていたので、前に回ったが隙間が狭すぎた。
a0181059_1332521.jpg

晴れていると前縁が光りすぎるが、曇っているとあまり目立たない。晴れているとくすんで灰色がかったブルーに撮れるが、しっとりしたブルーに撮れる。
a0181059_1342970.jpg

もう少し個体差があるかと思ったが、似たような感じばかりだった。
a0181059_1343996.jpg

Sビール本社前。モンシロチョウが2頭、吸蜜に余念がなかった。1頭が奥から手前にでてきたところを撮る。赤いボケは彼岸花。
a0181059_1351758.jpg

時には、南国出身のチョウらしく、どぎつく。
a0181059_15175694.jpg

シャトー前広場。イチモンジセセリに混じって、チャバネセセリ。どうしても、逆光で透けた白斑を撮りたくなってしまう。
a0181059_1352960.jpg

イチモンジセセリ。ボケたオレンジ色はなかなかいい。このレンズのテレ端は使えそう。
a0181059_1354055.jpg





   

by otto-N | 2016-09-27 20:10 | Comments(2)

2016.9.15 東京・恵比寿ガーデンプレース イチモンジセセリ   2016.9.26 (記)

2016.9.15
イチモンジセセリはビュンビュン飛び回っていた。吸蜜を邪魔すると、恨めし気に首を捻りこちらの方を向く。ワルカッタかな。実は、この捻り顔が一番の狙いだった。
a0181059_943525.jpg

今度は逆向き。淡い色のシャトーが美しい。
a0181059_9431964.jpg

おはようさん。花にとまる前のホバリング。
a0181059_9434576.jpg

シャトーと逆サイド。ドームの天井には、震災前、巨大なオブジェが吊り下げられていたが、それがなくなり淋しい。というか、美しさに欠ける。
a0181059_9432943.jpg

午前中は人が少ない。
a0181059_9435980.jpg

再び、シャトー側。
a0181059_9441227.jpg

ヤマトシジミが1頭、飛んできた。
a0181059_9442852.jpg

すぐ花壇の真ん中のほうに引っ込んでしまい、撮るのが難しかった。
a0181059_9444022.jpg



P.S.
近くで、正月休みも返上し突貫工事で不思議な建築物を建てていた。出来上がってみると、「水素ステーション」。営業開始当時、給油訓練と思われるクルマを一度だけ見たことがあるがそれっきりで、スタンドの真新しい床にはタイヤ痕もほとんどなかった。この日、2度目のホンダ車。航続距離は500kmを越えるのに、価格が高すぎるのが難点か。水素は危険かと思ったら、すぐ上に拡散するので、ガソリンより安全らしい。
a0181059_11112740.jpg


   

by otto-N | 2016-09-26 18:37 | Comments(0)

2016.8.26 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2016.8.31 (記)

2016.8.26
前日の花壇のイチモンジセセリは日影で暗く、写りがよくなかった。いくらピンがきていても、カメラとレンズの性能上明るくは撮れず、人間が暗い中で目を凝らして見つめても、はっきり細部まで見えないようなもの。LEDで照らしても、目で見たほど明るくは写らないので使用していなかった。しかしながら、全体が明るくならないにしても、チョウの体毛や鱗粉に光があたると、少しはいいかもしれないので、久しぶりに、LEDライトを使ってみた。LEDライトは、LPLのVL-136を2台連結。この明るさは、先日、山登り用に購入した100ルーメンのヘッドランプよりはるかに明るい。

日影のイチモンジセセリ。LEDを点けると、縁毛がはっきり写るような気がする。ほんとうは消したり点けたりして比較すべきだが、確実に撮影できるほど余裕がなかった。ライトで照らすとチョウの微小な部分が光を反射し、輪郭が強まり、チョウが少しだけ明るく撮れる感じだ。暗くしか写らないチョウ明るくするため、ソフトで輝度をあげると背景の花の色がつぶれ、色が薄くなるが、チョウを少しだけでも明るく撮れると、花の色や葉の緑をそこそこ残すことができる感じだ。
a0181059_12231947.jpg

a0181059_12233267.jpg

白い縁毛と斑紋がクリアになった感じがする。残念ながら少しピンボケ。
a0181059_12234520.jpg


半逆光。シャッター速度1/4000だと、翅先はブレ、胴体の一部しか止まらない。また、F3.5だと被写界深度が浅いせいか、一部しかクリアに写らない。(使った21ミリは、開放でF3.2)
a0181059_12305547.jpg

a0181059_12304140.jpg


完全逆光。白紋が透き出るのでイチモンジセセリがきれいに撮れる。この位置からでは、通りかかる人がぼおーっと写り込むので、ちょっと面白い。コツコツとハイヒールの靴音が近づくたびに、胸が高鳴ったが、こんな時に限ってセセリが来ない。
a0181059_1239790.jpg
a0181059_12391624.jpg


順光。時間が経つと、花壇に日が当たる部分が増えてきた。明るいとさすがに細部まで写る。完全な逆光や、順光では、絞るよりもシャッター速度を上げた。LEDライトは、露出条件には無影響なので、点けっぱなしでもかまわない。ただ、電池の起電力が下がるとてきめんに暗くなるので要注意。
a0181059_143826100.jpg
a0181059_143899.jpg


by otto-N | 2016-08-31 18:20 | Comments(0)

2016.8.25 東京・谷中 ヤマトシジミ   2016.8.29 (記)

2016.8.25
東京の下町の路地裏に飛ぶヤマトシジミを探しに出かけるものの、予想したとおり結果は最悪。下町の路地は整然としすぎて雑草があまり生えていないのはわかっていた。それでも、路地裏の植木鉢の片隅に少しは飛んでいると思ったのだが・・・

最寄駅に行く前に、イチモンジセセリを見に行く。前日は花だけ背景に撮ってみたのだが、チョウに動きが感じられず、何かつまらなかった。そこで、少しは花壇の後ろを入れて撮ることにした。イチモンジセセリは多かったので、次から次へと撮ったけれど、背景が明るい分、セセリの翅は真っ黒になる。セセリ優先ということで、しかたがなく、花を犠牲にし、全体を明るくなるようにソフトで調整した。
a0181059_19323881.jpg

でも、なにか変。リアリティに欠ける。ほとんど、日陰なので、ISO1600、F3.5、1/4000秒でしか撮れない。暗くなる分、ソフトで無理やり増感したしだい。それでも、イチモンジセセリのビュンビュン感は出たかもしれない。
a0181059_1933766.jpg

翅の動きはとても面白いのだが、一番かわいいのは、ストローを丸めて飛ぶ姿。
a0181059_19331978.jpg


この後、JR山手線で行ったの先は恵比寿とちょうど正反対の日暮里。谷中の路地裏をカンカン照りの中を探す。チョウはいないもんです。セミさえ啼いていないし、緑が少ない。いい加減にくたびれ、路地に入った所で小さな手打ち蕎麦屋を見つけ、一休み。(ここの蕎麦の汁はほんとうにしよっぱった。落語に出て来る蕎麦汁はこのことだったのか!汁をたっぷりつけるとまるでダメ)。この蕎麦屋を出た瞬間、ヤマトシジミ♂が目の前を飛んでいた。このオスは全然ピンが来ず、撮れたのはこの路地をさまよっていたメス。放置された植木鉢のカタバミを探して、路地から路地へ飛び回っているようだった。撮ってもしょーがないのかもしれないが・・・
a0181059_19333572.jpg

メスはもう1頭いた。路地を背景に低い位置から撮ったけれど、左にあった枯れた植木鉢はちょっとみじめだったので、縦位置にトリミング。
a0181059_19335159.jpg

自宅に直接帰ろうと思ったが途中下車し、今まで一度も入ったことのない公園に行くと、刈りとられたばかりの広大な芝生の上に狂ったようにヤマトシジミが飛び回っていた。やけくそで少し追いかけたら1枚だけ入っていた。
a0181059_1041697.jpg

   

by otto-N | 2016-08-29 18:20 | Comments(0)

2016.8.24 東京・白金の森 アサギマダラ   2016.8.27 (記)

2016.8.24
朝から晴れ。自然教育園に行く途中、近くの花壇にひっかる。数頭のイチモンジセセリが来ていた。花だけを背景して、俯瞰気味に撮ってみる。
a0181059_19391974.jpg

もっと色とりどりの花の中に、セセリが浮かんでいるイメージではあったけれど、花の色が出ず、セセリも地味なので、しっくりとしない。
a0181059_19392920.jpg

翅の動きが面白いのを選んでみたが、イメージどおりにはならなかったのは、遠目では花いっぱいに見えたけれど、近くでみると、花が意外とまばらだったためのようだ。
a0181059_19394370.jpg

最初に、教育園の境にあるクサギを先に見に行くが、晴れていても、黒系アゲハは全くやって来ず。園内でも、撮れるものはキタキチョウくらい。しかし、キタキチョウも暑いせいか次々と草の中に休憩に潜り込む。数少なく、飛翔も撮影もやっと。
a0181059_1953723.jpg

そんなところへ、アサギマダラが1頭。持っていた広角で撮る。聞くところによると、この10日ほど前からいるそうだ。移動にはまだ1か月も早く、どうやら園内に定着しているらしい。翅はかなりボロ。
a0181059_2011224.jpg

吸蜜しているのはセンニンソウという花だが、そもそも、この時期にアサギマダラはいないので、ここでは珍しいシーン。このアングルでは右後翅の傷みがわからない。
a0181059_2012355.jpg



   

by otto-N | 2016-08-27 21:35 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2015 (17) イチモンジセセリ   2016.2.14 (記)

イチモンジセセリ
8月下旬。イチモンジセセリが都心で数を増やし始める。ここは、自宅近くの準幹線道路。車道と歩道の間の低いフェンスに咲いているテイカカズラの花にイチモンジセセリが集まる。しかし、歩道からは逆光。色がでなかった。
a0181059_14274079.jpg
a0181059_217332.jpg
a0181059_142752100.jpg

a0181059_1428096.jpg

a0181059_1428336.jpg

a0181059_14282051.jpg

a0181059_14284481.jpg

9月。イチモンジセセリが飛び交う恵比寿ガーデンプレース。逆光だが、こちらの背景の方がおもしろかった。
a0181059_15103323.jpg
a0181059_15105276.jpg
a0181059_151144.jpg


by otto-N | 2016-02-14 12:58 | Comments(0)

2015.9.22 東京・恵比寿Sビール本社前 カラスアゲハ   2015.10.2 (記)

2015.9.22
重い300ミリを持って朝の散歩。彼岸花にアゲハが来ていた。ところが、300ミリのAFが全く作動しない。しかたがなくMFでピントを合わせる。
a0181059_13391482.jpg

飛び立つところを狙うのだが、うまくいかなかった。背景が暗いので、ピンボケ、白とび。
a0181059_1340515.jpg

アゲハが複数飛び回っている中、カラスアゲハのメスがよたよたとやってきた。日の当たるところではピントは合わせやすいのだが、それでも外しまくりだった。日向の彼岸花はもう枯れ始めていた。
a0181059_13394566.jpg

木陰には、まだ新鮮な彼岸花。暗くてまるでピントが合わない。ピントマークの点灯だけが頼り。F4開放。シャッタースピードも速くできない。
a0181059_13401966.jpg

そうか、彼岸花は暗いといいのか。嫌いな彼岸花を見直した。赤と黒と緑。しかし、ピンボケは相変わらず。
a0181059_1339313.jpg

アカボシやウラギンシジミも来たが、ムラサキツバメのメスが来た。ここでは、この数年で2回目。どこにマテバシイがあるのか判らない。
a0181059_13411817.jpg

この日は休日だったことに気がつき、渋谷のヤマトシジミを見に行くことを思いつく。自宅に戻り、広角だけ持って渋谷の駅前に向かう。しかし、花壇の花はさえなくカタバミもなく、ヤマトは見つからない。スクランブル交差点では、赤信号になるたびに交差点に飛び出し、結婚式の写真を撮っていた。こんなの初めて。コングラッチュレーション。
a0181059_13413218.jpg

自宅へ戻る途中。恵比寿ガーデンプレースのシャトーレストランの横。花壇にイチモンジセセリが多数。
a0181059_1342781.jpg

逆光だと、斑紋が光に透ける。
a0181059_13421553.jpg

順光ではくっきり撮れるが、背景がイマイチだった。
a0181059_1342395.jpg

一応、ビルとビルの間に来るように狙う。
a0181059_1342577.jpg

ビュンビュン飛び回るイチモンジセセリ。撮ったらきりがない。
a0181059_13422647.jpg

目線ももらったし、これでお終い。
a0181059_13431697.jpg


毎日のように近くで何も珍しくもないチョウを撮る。PCで画像を確認し少し編集してみると、思ってもみなかったことに気がつく。それは、撮影のアングルであったり、チョウの背景であったりするが、ほとんど、どうしてもう少し右から撮らなかったのか、どうしてシャッターを切れなかったのかという反省ばかり。嘆いてばかりいるのだが、撮影は偶然の産物、こうやってまとめてみると結構楽しい。

by otto-N | 2015-10-02 20:22 | Comments(2)

2015.9.13-16 長野県・上高地(2) 涸沢カール   2015.9.24 (記)

2015.9.14
徳沢園の朝食は7時から。山小屋としては遅すぎるのだが、涸沢カールを登り、穂高岳山荘に着けばいいので、時間的には余裕があるので、きちんと朝食を摂る。ここの朝食はもちろんおいしい。

徳沢を出たのは午前7時30分。暗い道を抜けるとすぐ梓川沿いの道に出る。ごついアザミが咲いていた。フジアザミというらしい。
a0181059_17254370.jpg

横尾着8時30分。昨年来たばかりなので道を覚えている。すぐに巨大な一枚岩=屏風岩。
a0181059_17255849.jpg

花を探すがあまりない。ハンゴンソウ、ゴゼンタチバナの赤い実、ゴマナ。  
a0181059_17261153.jpg

至るところに咲いているコウシンヤマハッカ。暗いので何枚撮ったことか。
a0181059_17484977.jpg

屏風岩に沿って道があるのだが、木が邪魔で見える箇所は限られ、本谷橋で見納めとなる。
a0181059_17263444.jpg

本谷橋で小休止。ヒヨドリやアザミが咲いており、少しはチョウがいた。少し枯れた葉が秋を感じさせる。
a0181059_17264971.jpg

日陰の道をしばらく登ると右手に大きく開かれた谷間が見えてくる。左の手前の山は南岳(3033m)と思われるが、この谷間は絶景。しかし、登山道のダケカンバが50m以上にわたって根本から軒並み倒されていた。左の木の枝が不自然だが、横倒しになった木の枝。下山後、ビジターセンターで尋ねたら大規模な雪崩があったとのこと。2コマ目はその対岸。もう少しで全山、黄色くなるはずだ。やっと涸沢が見えてきた3コマ目。一歩一歩登る。
a0181059_17271111.jpg

涸沢が見えてくるこの辺が一番キツイ。今回は勝手を知っているので余裕があったが、見えるのに行けども行けども着かず、昨年は本当に疲れた。
a0181059_19312931.jpg

左の涸沢ヒュッテではなく、右の涸沢小屋に向かう。ナナカマドはまだ紅葉していない。葉から直接白い花が咲くオオヒョウタンボクの赤い実。クロマメノキと思ったがクロウスゴと思う。
a0181059_1727244.jpg

灌木地帯を抜けるとテン場。
a0181059_19373780.jpg

11時30分、涸沢小屋到着。テラスでゆっくり昼食。そして、ヘルメットを借りる(レスキュー保険に入っていると半額の500円)。
a0181059_19371262.jpg

それにしても。無風、雲一つない快晴。
a0181059_1131114.jpg

正午ちょうど、山頂の小屋を目指して出発。岩に書かれた目印をたよりに登る。
a0181059_17273855.jpg

少しずつ登っているのは前穂の高さから実感できる。
a0181059_19484128.jpg

斜めにだらだらと登った突き当りの縦に伸びた灌木地帯から、ザイテングラードが始まる。大きな岩をよじ登る感じだった。
a0181059_17275185.jpg

振り向けば、常念岳。
a0181059_19543389.jpg

進む先の山の形はちっとも変わらない。2コマ目、今思うとこの鎖場が一番の難所だった。えっ、まだ咲いていた大好きなイワツメクサ。
a0181059_1728974.jpg

思いきりアンダー。なかなかカッコよく撮れた。
a0181059_17291639.jpg

登って来た方を振り返る。キャンプ場のテントは豆粒。かなり上がった。
a0181059_2012099.jpg

鎖場を過ぎると、かなり楽。大きな岩が少ないが、滑るので注意。そして、午後2時、穂高岳山荘に到着。涸沢から3時間かからなかった。
a0181059_17282788.jpg

山小屋の受付を済ませてから、外でビール。この山小屋はカードが使えるし、WiFiも使える。涸沢岳と奥穂高の間に石を敷き詰め、その上に建っている。石畳のテラスから登って来た東方向を望む。
a0181059_22113377.jpg

個室を頼んであった。部屋は12畳ほどの大部屋に2人だけという贅沢。隅に布団が積んであったので、布団を拡げ昼寝、をしたのが大間違い。気がついたときは、すでに5時30分。外に出ると、奥穂のとりつき岸壁には日が下のほうから当たっていた。いつの間にか雲の上。雲海の上の太陽。そして、ブロッケン現象。
a0181059_221151100.jpg

夕食の時間になったので食堂に行く。夕食はこれまで泊まった山小屋の中で一番おいしかった。しかし、西側の窓から見えた太陽はすぐ沈みそう。急いで食べ、先ほどの場所へ戻る。間に合った。
a0181059_2212522.jpg

撮っていた場所は、山小屋の奥穂寄り。涸沢岳のほうを見ると、たくさんの人が夕日を見ていた。しまった、向こうのテント場のほうがよかった。と、あわてて移動し、沈んだ後の夕日を撮る。昼寝をしないで、山小屋の周りをうろついておくんだったと、後悔。後の祭り。なにしろ、この写真には、左の端に当然写っていてもいいはずのジャンダルムが写っていない。実は、見えるとは知らなかった。
a0181059_22122361.jpg



(上高地(3) 奥穂高岳に続きます)

by otto-N | 2015-09-24 20:24 | Comments(2)

2015.8.22 東京・JR目黒駅近く イチモンジセセリ   2015.8.29 (記)

2015.8.22
JR山手線の外側に線路を平行に走っている恵比寿駅と目黒駅を繋ぐ道路が数年前に拡張され、ずいぶん綺麗になった。車道と歩道の間には蔓性のテイカカズラが植えられ、夏の終わりにはイチモンジセセリが飛び交う。

21ミリだけを持ち、飛翔を狙う。一番欲しかったのは、向こうに高層ビルが写るアングル。しかし、逆光。チョウの色が出ないし、車道にはみ出して撮らねばならなかったので、途中で諦めた。
a0181059_1751642.jpg

もっと車道に出るといいのだが、土曜日といってもクルマが多い。しかし、ピントが合ったときに限ってなぜかクルマが通らない。
a0181059_1753591.jpg


2015.2.23
薄曇りの日曜日。前日に引き続き、テニスに行く前に1時間ほど遊ぶ。背景のクルマが狙い。さすがに日曜の朝は少ない。撮れたのはヤマト。
a0181059_17515081.jpg

顔がこちら向きのを集めてみた。
a0181059_17511661.jpg

体をひねりながらの方向転換。顔はこちら。
a0181059_1752157.jpg

チョウだけがちょっと日陰。PCで露出を補正してもそれほど明るくならなかった。
a0181059_17523418.jpg


2015.8.25
薄曇りではきれいに撮れない。晴れた日でなければと意気込んで出かけるものの、すぐ曇り空。撮れたのはピンが来ていないこの1枚だけ。ピンさえ来てれば、この翅のスレ具合、翅のブレ具合は最高だった。でも、これはこれでいいか。
a0181059_20373366.jpg


2015.8.27
曇っていたけれど、日が射してきた。平日なのでクルマが多い。背景にクルマというのがテーマだけれど、なかなかクルマが入らない。一番絵になるのは赤いクルマだが、ことごとく外した。フェラーリも通ったのだが。
a0181059_17544858.jpg

見てもすぐには理解できないポーズ。
a0181059_1755680.jpg

イチモンジセセリはビューンビューンと飛び回り続ける。根負けして1時間で退散。
a0181059_17545871.jpg

この日、最初に撮った画像。よく見たらちゃんと写っていた。これは奇跡。雲がなければ、この先に富士山が見える。
a0181059_17551841.jpg

テイカカズラの花にはヤマトシジミもやって来た。右のオスはとても小さかった。
a0181059_17543534.jpg


歩いて数分のロケ地。日によって、花の蜜の状態が違うのか、集まる場所が違っていた。どちらかと言うと、晴れた日より曇りの日のほうが数は多かった。でも、曇っていると色がまるで出ない。1/5000秒でも、イチモンジセセリは止まらない。

by otto-N | 2015-08-29 10:05 | Comments(0)

2014.10.17 東京・白金の森 アサギマダラ   2014.10.22 (記)

2014.10.17
晴れたけれど、ちょっと暑すぎるのでムラサキは出ないと思うが、その確認に行く。しかし、ムラサキツバメが1頭だけ降りてきた。でも、すぐ樹上へ。その後はムラサキシジミさえ現れなかった。

ムラサキを待っている間、キタキチョウを撮ったけれど、前日と似たような具合なので掲載はカットすることとして、突然、タイアザミに現れたのはアサギマダラのオス。日付としては、結構遅い部類だ。すぐ翅を開くが、ほとんど逆光の位置ばかりだった。(いつも逆光のような気がする)
a0181059_10575030.jpg

違う花に舞い移り、いなくなっても、しばらくすると戻ってきては吸蜜することを繰り返していた。
a0181059_1113360.jpg

アサギマダラは、あまりこの場所には来ないのだが、木の間の道にはよく日が当たり、撮りやすい。
a0181059_112335.jpg

チョウが大きすぎてピントが全部に合わない。
a0181059_1133198.jpg

飛んでる真下から上を狙うが、半分逆光の1枚しか撮れていなかった。
a0181059_1115964.jpg

花の間を舞いながらの吸蜜。教育園にはヒヨドリバナは一部にしかなく、タイアザミが主な吸蜜源。
a0181059_1114423.jpg

花の下から狙う。1枚目。
a0181059_114918.jpg

2枚目。
a0181059_1142654.jpg

似たような3枚目。
a0181059_1144690.jpg

そして、4枚目。ただし、近づきすぎ。ピンが甘い。
a0181059_116844.jpg

そのうち、吸蜜に飽きたのか、吸蜜を妨害されたのか、どこかへ行ってしまったので、池のほうに移動。キタテハやアオスジアゲハがいたが、ときどき飛んで来るウラナミシジミを待つ。でも、吸蜜時間が短かくなかなか撮らせてくれない。撮れたのは左翅に傷のあるこのオスだけ。飛翔も試みるが速すぎだった。
a0181059_1151778.jpg

オオニガナの透明感のある黄色が大好きで、キタキチョウを逆光で撮ろうとするが敏感で逃げられっぱなし。遠い所のオオニガナにはイチモンジセセリがたくさんいた。近いところにはなかなか来なかったが、少しはやって来る。
a0181059_11523033.jpg

オオニガナは結構珍しい花かと思う。自然教育園にはなぜかちょっと珍しいこんな花が多い。
a0181059_1154696.jpg


10月中旬の突然のアサギマダラ。いつもこんなに遅くには来なかったと思うが、今年一番の綺麗なオスだった。ふわふわと花のまとわりつくのは簡単に撮れるだろうと思ってたが、なかなかそうはいかなかった。思ったより上下動のある飛び方なので、フレームからはみ出るし、大きい分ピントが合わない。長時間逃げずにいてくれたおかげで撮影できたようなものだ。一方、イチモンジセセリは、その逆、小さくて飛び方が速い。しかし、花の前でホバリングするので、結構、かわいい正面顔を撮ることができる。

by otto-N | 2014-10-22 16:10 | Comments(2)