たかがヤマト、されどヤマト

タグ:イチモンジセセリ ( 35 ) タグの人気記事


2014.8.20 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2014.8.20 (記)

2014.8.20
恵比寿ガーデンプレースのシャトーレストラン前の花壇。午前中は花壇の向こうにシャトーを入れるとしたら、チョウは逆光。順行で撮影できるのは、昼過ぎのちょっとだけ。午後1時30分になるとビルの陰で、日が当たらなくなる。昨日は午後に行ったけれど、風が強く、イチモンジセセリがほとんどいなかった。今日の朝、曇っていたので飛翔撮影には不向きかと思われたが、この程度の曇り空では、逆光・順光を気にせず撮影できそうだった。

曇っているせいか、イチモンジセセリが多数集まっていた。飛ばれても(実は飛ばしているのだが)、数が多い。こんなに撮影が楽かと思うほどだった。と言ってもせいぜい10頭ほど。シャトーバックのイチモンジセセリ。
a0181059_1721335.jpg

曇っているので、シャトー本来の温かみのある感じの色が出ない。セセリは逆光で撮ると白い斑紋が美しい。飛翔でも表現したかった。
a0181059_17233754.jpg

こちらはドーム側。曇っていてもさすが順光。翅の表と裏の色がよく出る。絞りを少し閉めた。
a0181059_17213732.jpg

横向きの似たような写真ばかりになってしまう。でも、横向きが一番ピントが合う。横向きはとまっているときと同じかもしれないが、撮りたいのはこの浮遊感。とてもシュール。
a0181059_19383767.jpg

気がつくと太陽が出ていた。順光・逆光に回る度に絞りを調節する。でも、ときどき忘れてしまう。正面顔を撮りたいがなかなか難しい。翅を開いて正面顔が最高なのだが。
a0181059_17214762.jpg

1/4000秒でも、翅の先端はとまらない。
a0181059_17221710.jpg

前回、naoggioさんから、このドームはタイムトンネルのようだとのコメントをいただいた。イチモンジセセリがトンネルに突っ込んでいく。ということはないが、なんかいい感じ。
a0181059_1722480.jpg

日射しが強くなったせいか、あるいは、もう吸蜜タイムが過ぎたせいか、イチモンジセセリは少なくなってきた。私が追い払ったせいではないとは思うが、もう邪魔しないでよ、といった風情。少しこちらを見返っていた。ガンをとばされたか。
a0181059_1725122.jpg


撮った写真を見ていたら、イチモンジセセリは首から先が少し動くらしいことに気がついた。小首を傾げてという感じのものがいくつかあった。まあ、写り方によってなんとなくそう見えるということにすぎないのかもしれないが、他のチョウでも、静止しているとき少し動かすのを見ているので、確かに動くのだろうとは思っている。セセリはやはり飛んでいるときがかわいい。くせになりそう。

by otto-N | 2014-08-20 20:10 | Comments(4)

2014.8.18 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.8.18 (記)

2014.8.18
恵比寿ガーデンプレースは、夏のイベントの後片付けの真っ最中だった。有名なシャトーレストラン(三ツ星のフレンチ)の前の広場の臨時花壇は残されており、まだしばらくはそのままのようだった。日持ちがするだけの丈夫な花なので、何もいないだろうと思って近づくと、意外にもヤマトシジミのメスが1頭吸蜜していた。背景にシャトーが写ればいいかもしれないと、カメラを取りに戻る。

先ほどのヤマトシジミは見つからず、飛んできたイチモンジセセリをまず撮る。シャトーは20年たち、やっと風格が出てきた。
a0181059_17114791.jpg

どこかに隠れていたヤマトシジミが出てきたので飛んでいるところを狙う。3コマ目は惜しかったピンボケ。風が強く、イチモンジさえも風に流される。ヤマトシジミはすぐ花壇のどこかに潜り込んでしまった。
a0181059_1712899.jpg

イチモンジもすぐいなくなってしまうけれど、しばらくするとやって来た。時には複数頭。オスがメスの後を追う。ヤマトと違い、とてもおとなしい。メスの後ろにぴったりとくっつき、いつもお許しを伺っている。オスがメスの後ろにとまっているシーンも撮ったが、割愛。
a0181059_17121966.jpg

あくまで、オスは適度の距離を保ちながら、メスの後についてゆく。着かず離れず、なんとも奥ゆかしい。
a0181059_17113511.jpg

シャトーの逆方向は、イベント広場。いつもかまぼこ型の天井の下で何かが行われている。この一枚は、躍動感があってよろし。
a0181059_17124356.jpg

ヤマトシジミも、草の陰から顔を覗かせてくれた。
a0181059_1713144.jpg
撮影している途中、花壇に日が射さなくなった。空は晴れているのに変だなぁと思っていたら、ビルの陰。午前中は、シャトーは逆光、日が当たるときにまた来なくては。

by otto-N | 2014-08-18 21:35 | Comments(2)

2014.8.14 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.8.16 (記)

2014.8.14
午後、曇りの中、LEDライトが役に立つのかヤマトシジミを撮りに近所へ行く。VL-136を2個連結しているが、もう1個増設すべきかどうか考慮中。点灯しないときと比較すべきだったが、ヤマトの数が少なすぎ、ライトを点灯っぱなして撮った分だけで終わってしまった。雨が降りそうな中、メスはともかく、オスの色はやはり出ない。この暗い中では、バックの緑色もこんなもの。そもそも、こんな暗い中、1/3200で撮ること自体、まともではない。
a0181059_17153632.jpg

暗くても、黒い翅は意外と撮れていた。
a0181059_1716314.jpg

だんだん暗くなってきたとき、いつのまにか、イチモンジセセリが増えてきた。といっても、たった3頭ばかりだけど。
a0181059_17154587.jpg

この花で吸蜜し始めると、かなり突っつかないと飛び立たない。
a0181059_17155880.jpg

この前日、恵比寿~代官山~渋谷~代々木公園~原宿と、雑踏のヤマトを求めて歩き回った。でも、遭遇したのは、たった2頭。これは、代官山の裏通りでのオス。
a0181059_17152116.jpg
イチモンジセセリは少し大きいのでノートリ、ヤマトシジミは一律の大きさで(4928×3264→3918×2612)、トリミングした。



2014.8.15
69年後、11時55分。
a0181059_1717266.jpg

そして、正午。
a0181059_17173738.jpg
a0181059_17174611.jpg
a0181059_17175713.jpg
戦後が始まった場所。この日も、国内から、世界中から観光客がやって来ていたが、おそらく、ほとんどの外国人は、この時間のことは知らないと思う。

by otto-N | 2014-08-16 22:13 | Comments(2)

2014.7.17 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2014.7.19 (記)

2014.7.17
朝、ミンミンゼミが啼いていた。ということは、これで夏の始まり。夕方、買い物の帰りにSビールの横を通ったらイチモンジセセリが何頭か飛んでいた。急いで、カメラを取りに戻り、出直した。

夕方になり少しは涼しくなったのか、ヤマトシジミもそれほど速くは飛び回らない。けれど、フレームになかなか入らなかった。
a0181059_1222433.jpg

背景が背景なので、撮ってもおもしろいものではない。小さな白い花の背景ではことごとくピンボケだった。
a0181059_1454286.jpg

花壇の中央にはアガパンサスが咲いており、ここが、テリ張りの根拠地。ときどき、他のオスとバトルし、追い払うと戻ってくる。ちょっと飛んでもらい、その瞬間を撮る。
a0181059_12225716.jpg

飛び立つとき、ちょっとだけホバリング状態になるときがある。ピンが来ていないが、この配色がよかった。
a0181059_14552795.jpg


セセリチョウは、目が大きくそれが可愛いと好きな方が多い。翅を開いてとまっているときは、ファントムのようでカッコいいと言った友人もいた。けれど、個人的には蛾のようであまり好きではなれず、子供時代は採集もしなかった。今でも、いたら撮るかいうスタンスではあるけれど、先日撮った飛んでいるときのイチモンジセセリの画像をよく見たら、とても可愛いことに気がついた。他のチョウより、目が大きい分、表情があるような気がするし、引っ込めた脚がなんかいい感じ。

by otto-N | 2014-07-19 15:05 | Comments(2)

2014.7.11 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2014.7.16 (記)

2014.7.11
広角レンズだけもって、近くを散歩。Sビール本社前くらいにしかチョウはいない。もうお馴染みのツマグロヒョウモン。私になついたのか挨拶にやって来る。
a0181059_10475055.jpg

雨上がりの朝はアゲハの類が多い。何度か絡んでいたが、すぐ舞い上がってしまう。
a0181059_1047593.jpg

珍しくアカタテハが来た。1回目は失敗したが、2回目に来たときに撮れた。アゲハはあまり気合が入らない。
a0181059_12121148.jpg

イチモンジセセリ。ダメかと思っていたが、撮れていた。
a0181059_12114113.jpg

以下、同じ画像をトリミングしてみた。トリミングすると、迫力が出るかわり、背景の粒子の粗さが目立ってしまい、なによりもピントにボロがでる。明るいのでISO1600で大丈夫かと思っていたが、ISO800との比較が必要か。いつもいきあたりばったりだ。
a0181059_10484158.jpg

1コマ目は、トリミングすると迫力が出たと思う。2コマ目は、ノートリだと構図がわるすぎた。
a0181059_10485213.jpg

逆光はつらい。ペンタックスのストロボは光量を落としても連続発光ができない。購入してから知った。大相撲をTVで見るたびに、土俵脇のカメラマンの連写が羨ましい。
a0181059_1049339.jpg

この日の一番、今までの撮ったセセリの中でも一番の出来。
a0181059_10491878.jpg


近所の見慣れた、そして撮り飽きてしまったチョウも、飛翔を撮るとヤッタと思う瞬間がある。でも、いつまで続くやら・・・。

by otto-N | 2014-07-16 11:45 | Comments(2)

2013.8.23 東京・新宿 京王プラザ横 ヤマトシジミ   2013.8.29(記)

2013.8.23
曇りの日が続く。こういう日は、ヤマトシジミのメスを撮るに限る。100ミリマクロを持って近くをぶらつく。

LEDを当てなくても、この日はオスもよく開いた。この2枚はおそらく同じ個体。
a0181059_15252335.jpg

メスもすぐ見つかり、とまった先々で撮る。
a0181059_15253135.jpg

ところが、ここぞというとき、突然、シャッターが切れなくなった。なんかミラーが上がらない感じ。これで、4回目。サービスセンターに持ち込んでも、そのときは正常だったので、そのまま経過観察していたが、すぐ持っていくことにした。とりあえず家に戻り、もう1台のカメラにレンズを付け替え、再び、このメスを撮影した。幸い、まだその近くににいたので、数ショットを撮影。もっと背景が抜ける所にとまってくれるのを期待したけれど、所詮、ムリな話。似たような写真ばかり撮ってもしょうがないかもしれませんが、私のブラック・ビューティです。
a0181059_15363269.jpg

サービスセンターは新宿西口の高層ビル街。カメラはシャッターが切れないままだったので、この故障を認めてもらえ、工場修理に出すことにした。直るまで2週間。それまで、調子の良くないもう1台でなんとかするしかない。サービスセンターを出た後、すぐ近くの公園に行く。ヤマトシジミが日蔭のちびた花で吸蜜していた。そして、サトキマダラヒカゲ。こんなところにもいるんだという感じ。2頭いたうちの1頭。
a0181059_15451964.jpg

キチョウが飛んでいたが、あまりにもチョウ的には淋しいので、帰ることとし、都庁~京王プラザホテルの横を撮ったとき、イチモンジセセリがアベリアで吸蜜していた。最初、マクロで撮ったが、広角に付け替えた。
a0181059_15483635.jpg

このイチモンジセセリ。とても敏感で追ってもすぐに逃げられ、撮影が難しかった。違うところに、ヤマトシジミがいたので、対象をこちらに切り替えた。さすがにビルの谷間、飛翔を撮るには暗すぎたので、広角撮影だけにした。しかし、とまるとすぐに、頭をすっぽり花に埋めるので、歩いている人とのタイミングがまるで合わなかった。
a0181059_15521285.jpg


新宿西口の高層ビル街。前日亡くなった藤恵子さんの住んでいたマンションは、このすぐ近くだったと思う。私の年代にとって、彼女は特別な存在だった。合掌。

by otto-N | 2013-08-29 16:07 | Comments(6)

2013.8.22 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2013.8.28(記)

2013.8.22
久しぶりに雨が降り、朝からどんよりとした曇り空。LEDライトを持って、ヤマトシジミの開翅を撮りに行く。

近くの高層マンションの敷地は、改修工事のため、フェンスが張り巡らされた上、シートに覆われているので、ヤマトシジミはとても少ない。それでも、1頭飛んでいた。とまっても翅を開かないので、LEDライトを当てた。至近距離でもヤマトシジミはこの光を嫌がらないようだ。少し後ずさりするものの、飛び去る気配はない。気温が高いときは、LEDで翅を開く確率が高い。この個体も、全開とはいかなかったが、翅を開いてくれた。でも、ライトを消すと、すぐ翅を閉じる。閉じる前に撮影した。
a0181059_132255.jpg

もう1か所のヤマトの溜まり場、サッポロビール本社前。しばらく来ない間にヒマワリがずいぶん大きくなっていた。マクロしか持って来ていなかったので、こんな写真しか撮れなかった。木の向こうは、通りを隔てて隣接する小学校。校庭で大騒ぎする休み時間のはずと思っていたが、静か。夏休みであることを忘れていた。
a0181059_1323879.jpg

ずいぶんイチモンジセセリが多かった。ヒマワリにも少しだけ来ていた。
a0181059_1324974.jpg

ヤマトシジミを探す。オスはほとんどスレていたけれど、新鮮なものもいた。少し明るくなってきたせいか、とまってすぐ翅を開く。メスも何頭か見つけた。新鮮な黒いメス、曇り空で撮るとなかなかいい。
a0181059_133044.jpg

アゲハが飛んできて、1頭が別の1頭を追いかけていた。
a0181059_1333831.jpg

メスを追いかけていたのかと思ったが、両方ともオス。逃げても執拗に追いかけていた。
→両方ともオスではなくて、オスをメスが追いかけているようです。yodaさん、ご指摘ありがとうございました。
a0181059_1334620.jpg
ときどき、シャッターを切っていたが、何か変?と思っていたら、1頭増えてのバトルだった。
a0181059_1335773.jpg

ナガサキアゲハ♂が飛んできたが、すぐに行ってしまったので、ヤマトシジミをもう少し探した。オスは相変わらず似たような斑紋。綺麗なメスがもう1個体見つかった。
a0181059_1332635.jpg


暑くてカンカン照りの日が続き、ヤマトシジミは飛び回ってばかりだったが、曇りになると翅を開く。なんの変哲もないただの道端のチョウではあるけれど、それなりの美しさはある。一番の狙いは、黒いメス。新鮮なものは少ないが、漆黒の翅表はどうしてどうして、捨てがたい。下草に潜ってばかりいるせいか、無傷のものはほんとに少ない。

by otto-N | 2013-08-28 14:00 | Comments(4)

2013.5.16 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2013.5.17(記)

2013.5.1-5.16
近所のヤマトシジミが比較的多い所、といっても、都会の片すみなので、郊外に較べるととても少ない。たまに郊外に出るとびっくりする多い。その近所の1つは、超高層マンションの改修工事とのことで、建物の周りの植栽は切られ、黒いビニールシートですっかり覆われてしまった。カタバミもなくなった。もう1つ、Sビールの庭だが、昨年暮れ、カタバミがすっかり引き抜かれてしまった。春先は、ヤマトシジミはそれでなくても少ないのに、もう見る影もない。それでも、朝、見回りに行った。

2013.5.1
オスは縁がまだ黒くは寒冷期型。スーパーブルーを探しても、あまり青くはないメスしか見つからなかった。
a0181059_20102975.jpg

2013.5.6
安かったので、タムロンの17-50ミリズームを買った。飛翔撮影の練習をしてみる。ジグザグに飛ぶので枠には入らないし(昔のJリーグのようだ)、ピントもまるでダメ。探雌行動のオスはお手上げ、メスのほうが少しは確率がいい。
a0181059_20113810.jpg
a0181059_20115826.jpg

2013.5.9
「今日こそは」と思っても思うようにならず。あいかわらず、距離がとれない。というより、近づくことができない。ノートリなんてできそうもない。
a0181059_20193152.jpg

2013.5.15
とまったのをよく見たら、黒縁が厚くなっていた。もう2化目、ひょっとしたら3化目かもしれない。久しぶりの静止写真。
a0181059_20232436.jpg

ピンボケながら、この翅のしなりは魅力的だ。飛翔はムズカシイ!
a0181059_2026915.jpg

2013.5.13
Sビールの庭には、アゲハもやってくる。このヤマトシジミのオスはたぶん同一個体。今季初のイチモンジセセリ。
a0181059_20304346.jpg

ここでは、モンシロチョウだって珍しい。ファインダー越しに見たら綺麗だったので少し追いかけた。
a0181059_20303488.jpg

飛翔は相変わらず失敗ばかり。こんなのもおもしろいけれど、ほんと全滅だった。
a0181059_20313770.jpg

2013.5.16
まだ少しは青いメスがいた。そろそろ青いのは終わりかもしれない。
a0181059_2028916.jpg

飛んでいるところも狙うが、やはり距離が遠すぎ。というより逃げられてばかりいる。
a0181059_20284134.jpg

花壇の中のイチモンジセセリ。すぐいなくなってしまった。
a0181059_20285698.jpg


ヤマトシジミを追いかけていると、あまりに撮れなく情けなくなる。オスは早すぎ。数も少ないので、もっとたくさんいるところで修行に励むことが必要なようだ。一面にカタバミが咲いているところが近くにないかしらん。

by otto-N | 2013-05-17 20:54 | Comments(6)

2012.10.26 白金の森 ムラサキシジミ    2012.10.30(記)

2012.10.26
近くでヤマトシジミを撮った後、自然教育園に向かう。徒歩15分。からっと晴れているので、ムラサキシジミが出ているはずのポイントに急ぐ。

路上には光があふれていたけれど、ムラサキシジミの気配なし。ふつうなら、次から次へとやってきて、両脇の低木の葉上で翅を拡げているはず。今年はなんか変だ。しばらく待っていたら、やっと1頭出てきて、ちょっと高いところにとまっただけだった(♀)。諦めて、別の場所に移動すると、ヤマトシジミに追われているムラサキシジミを発見。葉の上にとまり開翅した(♂)。ヤマトシジミはこんなに強かったっけと思った光景だった。チャバネセセリを見つけ横から撮る。今年初めてのムラサキツバメ(♂)。足元で吸水し近寄っても逃げなかったが、あまりにも位置が悪かった。当然、開翅はなし。
a0181059_12572051.jpg

ムラサキツバメも何処かへ行ってしまい、どうしようかとしていた時、ムラサキシジミが飛んできて葦の葉の上で開翅。ブルーが輝く位置を捜す。オスの濃いブルーは何度みても鮮烈だ。
a0181059_132616.jpg

教育園では、オオニガナが咲き始めた。その辺をムラサキシジミがチラチラしていたが、オオニガナに吸蜜をはじめた。長い吸蜜後、かすれた葦の葉の上で開翅。こんどはメスだった。
a0181059_13115978.jpg

オオニガナの花には、キタテハも来ていたが、イチモンジセセリがすぐ近くにやってきた。白紋が逆光できれいだった。
a0181059_13143358.jpg


今年はやっぱり変。ムラサキシジミがいつものようには出て来ない。ムラサキツバメに至っては、やっとの証拠写真。そういえば、まだ木枯らし1号が吹いていない。もう少し寒くならないと、出て来ないのかもしれないが、ちょっと不安だ。

by otto-N | 2012-10-30 13:27 | Comments(12)

2012.9.29 白金の森 ヤマトシジミ    2012.10.3(記)

2012.9.29
白金の自然教育園で、日本チョウ類保全協会の観察会が開かれた。教育園の大先輩、「散歩」のShinさんがインストラクターをされるということで、会に参加した皆さんがポイントに来られる前に、チョウがいるかどうかを偵察する斥候役をとしてのお手伝い(?)にと勝手に押しかけましたが、結果的には何も役にたたなかったようで反省しております。

正午すぎには晴れたが、それまではどんよりとした曇り空。先回りしてチョウを捜したけれど、自然教育園らしいチョウは出てきてくれなかった。とりあえず出会ったチョウを撮影しておいた。どこにでもいるのであまり撮らなくなったツマグロヒョウモン、例年になく多いツバメシジミ、まだ尾状突起が残っていたクロアゲハ。
a0181059_13253776.jpg

みなさんと合流してから見つけたヤマトシジミの新鮮なメス。ヤマトシジミは園内ではあまり多くはない。
a0181059_13271734.jpg

新鮮なイチモンジセセリ。
a0181059_13273338.jpg


私が見たのは、上の5種類の他、ナガサキアゲハ、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、キタキチョウ、キタテハ、コミスジ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ、ウラギンシジミの11種類。最初は、10種類も見つからないと思っていたが、日が射し始めてからチョウがよくでてきたようだ。他の方々から、アカボシゴマダラ、チャバネセセリ、モンシロチョウの目撃の声があがっていたので、この日、全部で19種類の出現ということになる。

この時期の自然教育園は、アサギマダラが立ち寄り、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモンが産卵のために現れ、ムラサキシジミが日光浴をし、ムラサキツバメも森の奥から出てくるという、とても面白い時間を過ごせたはずですが、あいにくの空模様。特に、午前中太陽が出ていれば、ムラサキシジミが全開翅してくれたはずなので、とても残念です。集まられたみなさん、季節は少し遅れ気味なのでこれにもめげず、また来てください。特に、ムラサキシジミの開翅は何度見ても素晴らしいものがあります。

(日本チョウ類保全協会の金子会長はじめ、いつも拝見しているブログの皆さんにお会いすることができ嬉しかったです。保全協会には入っていますので、都内でのイベントにはお手伝いできると思います)


P.S.
27日と28日に近所で撮ったヤマトシジミ。やっと秋の気配。
2012.9.27
a0181059_15111643.jpg

2012.9.28
黒縁が太い夏型から少し細いものが出てきた。
a0181059_1544965.jpg

a0181059_1525445.jpg

そろそろ、メスは青鱗粉が目だってくるころ。
a0181059_1534614.jpg


P.S.
観察会のとき、一同が集まって観察していた一番の場面を忘れていた。ジョロウグモに捕まったウラギンシジミ。小さく写っているのはどうやらオスらしい。
a0181059_1385631.jpg

(昨日、近くにあるムラサキシジミの開翅ポイント。行ってみると大きな巣。退治しました。すごいネバネバで、あのウラギンが捕まるのも無理はないですね)

by otto-N | 2012-10-03 14:30 | Comments(8)