たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラギンシジミ ( 23 ) タグの人気記事


2016.10.27 東京・白金の森 クロアゲハ   2016.11.7 (記)

2016.10.27
前日、自然教育園の帰り道に、花屋の前でアオスジアゲハがいたので、あわててザックからカメラを出し撮影し、自宅に帰ったら21ミリレンズのキャップがない。いつもは、ポケットかザックに入れるのだが、見つからない。さては、あの時、ザックに入れたつもりで入れなかったのだろうと、新しいのを買うつもりで値段を調べたら、あんなはめ込み式の簡単なものなのに、ちょっと悔しいくらいのお値段。ひょっとしたら、あの場所に落ちているかもしれないと、花屋に寄ってみた。えへへ、親切な人が置いてくれたのか、自分で置いたのか不明ですが(おそらく後者)、レンズキャップは舗道の車止めのポールの上にきちんとありました。その時に撮ったアオスジアゲハ。
a0181059_12393083.jpg

この花屋は、幹線道路にあるけれど人通りはとても少ない。通行人を背景に入れようとしても、全然来なかった。お客さんは、車横づけで買いに来るようだ。それはともかく、レンズキャップを回収した後、自然教育園に行く。紅白のウラギンシジミ。
a0181059_1246132.jpg

予想どおりムラサキ兄弟は出ず、収穫は新鮮なクロアゲハのメス。ほとんど枯れかかったアザミに吸蜜していた。
a0181059_12475038.jpg

これも新鮮なアカボシゴマダラ。逆光で撮ると赤紋が美しい。
a0181059_12484883.jpg

この後、池の中の石の上で吸水。水面に翅が写り込んだ。
a0181059_1250283.jpg



   

by otto-N | 2016-11-07 20:08 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2015 (11) ルリシジミ   2016.2.3 (記)

ルリシジミ
昼ころ、ウラゴマダラシジミの飛び回るイボタの木の近くで、ルリシジミが群がっていた。飛び上がらせると、数頭はしばらく付近を舞っているはずなのに、まるで入らない。
a0181059_1343723.jpg

順光側からは背景がさえないので、横から狙うがなかなか思ったようには撮れなかった。
a0181059_13144770.jpg

日の当たっている所では、ルリシジミの表翅は白とびしてしまい、日影でしか色は出なかった。
a0181059_1342188.jpg

向こうに1頭が写り、いい構図だけれど、頭のピントがちょっと甘い。
a0181059_1812856.jpg

なぜ縦型ばかりで撮ったのかと言うと、ルリシジミが集まっていた場所は、臭わなかったけれど肥料用の牛糞の堆積場。横だとカメラか手が下に着いてしまう。
a0181059_1341195.jpg

付近には、ウラギンシジミとテングチョウも吸水に群れている。地を這うウラギン。
a0181059_21345167.jpg

飛び立つウラギン、地を這うテング。しかし、あれだけチャンスはあったのに、これだけしか撮れなかった。汗と徒労の撮影者。
a0181059_21331477.jpg


by otto-N | 2016-02-03 16:58 | Comments(0)

2015.10.22 東京・白金の森 ムラサキツバメ   2015.10.28 (記)

2015.10.22
カラッと晴れた朝、絶対に出るという確信のもとに、出かける。

最初に出てきたのはムラサキシジミのオス。少しずつ開翅し始めたので、一番開いたところで背景に明るいボケを入れて撮る。
a0181059_13391553.jpg

次いで、ムラサキツバメのメス。180度以上の全開。300ミリなので近すぎ。
a0181059_13393010.jpg

と言う感じで、次から次へと降りてくる。
a0181059_13394361.jpg

暗い小川の底で日を浴びる。
a0181059_13551911.jpg

翅を拡げ始めたときのこんな角度からあまり撮っていなかったような気がする。
a0181059_1415455.jpg

狙いはムラサキツバメのオスなのだが、次々と降りてくるとはいかず、降りてきても茂み中に潜り込み、葉上で吸汁をし、なかなか表には出て来ない。表に出て来ても、メスのようにすぐには開かず。待っている時間の方が長い。そして、開いても色が出ない。頭が下が色の出る基本。1コマ目は向きが太陽のほうではなかった。
a0181059_13474657.jpg

頭が太陽の方向。しかし、今一つ。くるっと向きを変えると、ビロード状の複雑な色にはなった。
a0181059_13484244.jpg

これが一番よかったが、奇蹟のムラサキにはほど遠い。
a0181059_14294110.jpg

ムラサキシジミにしてもムラサキツバメにしても、太陽の光を最大限に反射するところに回り込んで撮るのだが、それでも、こんな色にしか撮れないこともある。
a0181059_13592829.jpg

テングチョウが地面に吸水にやって来た。その後、日光浴。テングチョウはここではとても珍しいので人気者。
a0181059_145529.jpg

ウラギンシジミもチラチラしていたけれど、ムラツにかまけていて撮らなかった。ムラツが出て来なくなったので暇になり少し追ってみた。
a0181059_147075.jpg

ムラサキシジミの飛び立つところは、まるで撮れない。一瞬で視界から消える。しかし、止まろうとするときは、少しだけチャンスがある。もっとも、この個体のように飛ぶのが遅いときだけだ。残念ながら、チョウは逆光。
a0181059_1410358.jpg


by otto-N | 2015-10-28 20:28 | Comments(4)

2015.10.15 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.24 (記)

2015.10.15
晴れた日が続き、カラッとした日の朝は、ムラサキシジミとムラサキツバメが樹上から下りてくる。ポイントに着くやいなや、すぐやって来た。でも、まだ気温が高いせいか、すぐには開かなかった。
a0181059_11522319.jpg

メスの明るいブルーもよいけれど、
a0181059_11533656.jpg

オスの強烈なブルーは最高。開く前に、順光の一番輝くと予想地点に回り込む。
a0181059_11535814.jpg

ムラサキツバメもやってきた。まずはメス。後翅にもうっすらと青鱗粉が載っていた。
a0181059_11523648.jpg

オスもやってきたが、オスはなかなか開翅しない。下草に潜り込んでは、吸汁を繰り返す。表に出てきても翅は閉じたまま。開くのを辛抱強く待つ。開いても、この角度では色は出ないのはわかっているのだが。
a0181059_11525022.jpg
 
少し遠くで開翅する。やはり頭を下にしないと輝かないようだ。
a0181059_1255474.jpg

このポイントにはマテバシイは見当たらず、集団越冬の場所もわからない。今の時期だけ、吸水や吸汁に現れ、11月にはもう出てこなくなる残り半月のポイントだ。
a0181059_1262879.jpg

ムラサキシジミがアザミに吸蜜した。あまり見たことはないのであわてて撮る。
a0181059_115308.jpg

ムラシやムラツは別なポイントでも現れたが、テリを張っていたこのベニシジミにことごとく追い払われてしまった。ウラギンシジミの前翅は尖がってきたし、相変わらずキタキチョウの翅の色はよく出ない。アオスジアゲハのミゾソバ吸蜜は逆光で撮りたかった。
a0181059_12132037.jpg


港区にある自然教育園のムラサキシジミ、ムラサキツバメの出現は毎年、10月いっぱいまで。それを過ぎるとパタッといなくなる。どこかに冬越しの塒があると思うのだが、どこにあるのか全く見当がつかない。残り半月。晴れたら、ここに通うことになるのだろう。

by otto-N | 2015-10-24 20:24 | Comments(2)

2014.12.2 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.12.7 (記)

2014.12.2
「されどムラサキツバメの日々」・・・、これは字余りか。「ムラツとムラシの日々」・・・、これでは優雅さとはほど遠い。とにかく、晴れ。少し寒く、風が強かったけれど、出陣した。

オス狙いといっても、べタ開翅でもこんなアングルだとメスもなかなかいい。風が強かったのでバランスを保つのがたいへんそうだった。
a0181059_16122880.jpg

オスは頭から撮るのだけれど、ヒカりませんね。
a0181059_15302473.jpg

向こうのも開いてくれればと願ったのだけれど、無視された。蜘蛛の糸が邪魔とは思ったが、風情があります。
a0181059_1612495.jpg

なかなか撮れないオスの色だったが、そんなに悪くはない色には撮れていた。
a0181059_15303861.jpg

ウラギンシジミは、なぜかこの日もメス。
a0181059_16113713.jpg

しゃにむにサザンカを入れ込んだ。
a0181059_16111489.jpg

全開より、ちょっと翅をすぼめ、少し後ろからという構図がいい感じ。
a0181059_16131620.jpg

この日の一番のオス。
a0181059_1723337.jpg

撤収寸前、ヤマトシジミが飛んできた。白く浮き出た翅脈と透けた(ように見える)翅室がとてもいい。頭にピントを合わせ、少しずつアングルを変える。そして縁毛にもピントがきているものを選ぶ。
a0181059_15311626.jpg


日射しが強かったが、風も強く、体感温度はかなり低かった。そのせいか、ムラサキツバメはいつもより少なかった。また、剪定作業が入り、マテバシイの一部と、先日見つけた塒のある広葉樹が丸裸にされた。そのせいか、その近くの植え込みにはムラサキツバメが見られなかった。ここで、輝く紫の個体を撮っただけに、とても残念だった。


2014.12.5
その3日後、本格的な冬型の気圧配置。最高気温は13℃、前回と1℃しか低くない。風も弱いにも関わらず、ムラサキツバメは少なかった。メスが数頭だけ、オスは翅欠けの1頭だけ。植え込みで日を浴びるだけで、吸汁をする個体は1頭もいなかった。朝の最低気温は1℃くらい。最高気温よりも最低気温の差が大きいのかもしれない(2日は6℃)。ムラサキシジミは比較的元気だったが・・・。
a0181059_2012733.jpg

マテバシイの樹上をときどき飛んでいたが、下にはほとんど降りてこない。樹の中に潜ったので、300ミリで見てみると、枯葉の上に数頭とまっていた。ぎりぎりまで近寄って撮った。
a0181059_111677.jpg

もう暖かくなっても最高気温は10℃どまり。そろそろ、「ムラツとムラシの日々」は終わりのようだ。

by otto-N | 2014-12-07 20:11 | Comments(2)

2014.11.28 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.12.6 (記)

2014.11.28
朝から晴れるはずであったが、曇り空。それでも予報では12時からは日が射すとのこと。

現地についてから、雲がとれるのを待つ。一瞬、日が射したが、ホントに一瞬だった。再び、厚い雲。ムラサキツバメは眠りについたままだった。
a0181059_1501543.jpg

上の4コマ目は、たった2頭だったけれど、その木の裏側ではウラギンシジミが2頭眠っていた。並んではいなかったが、上と下。残念ながら、いくらやっても両方にはピントが合わなかった。
a0181059_152254.jpg

よく見ると、上は先が尖っていたが、下は丸かった。
a0181059_151467.jpg


結局、日が射す気配もなく、空は暗いまま。こんな日もあるさと、諦めて撤退。

by otto-N | 2014-12-06 21:10 | Comments(0)

2014.11.19 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2104.11.27 (記)

2014.11.19
晴れた朝。ある方から、かねてからお誘いを受けていた所にムラサキツバメを撮りに出かける。

すぐ近くにマテバシイがずらーっと並び、サザンカが咲き乱れ、舗道に低い植え込みがあるそんな場所。到着するなり、あちこちでムラサキツバメが舞っていた。とまってもすぐ開かないものはスルーし、最初に撮ったのはこのオス。最初、翅全体を撮っていたが、頭のほうから撮らなくてはならないことを思い出し、左へ回り込む。後翅の黒縁の輪郭がバッチリ浮き上がった。しかしながら、色はまあまあというところ。もっと右から翅全体を撮ったのはピンボケでボツ。
a0181059_85604.jpg

飛ばれても、すぐ次が見つかる。ただし、なかなか翅を開いてくれないし、開いても半分のものが多かった。
a0181059_8561661.jpg

超接近しても逃げないのでこんなアップ。でも、これは隣で撮っていた方のパクリです。
a0181059_857260.jpg

メスはオスより開くようだったが、オスを探す。2コマ目のように、いつ開いてもいいようにカメラを向けていた。でも、たいていは半開翅の3コマ目。頭を下にしているときは、葉についた汁を吸っているとき。開くときは頭を上にしてとまる。それでも、半分だけ。
a0181059_8562929.jpg

半開翅の青い幻光。幻のままでいて欲しいと願うものの、開けば赤銅色。しかし、とても複雑な色だ。
a0181059_10252782.jpg

幻光の青が最大になるアングルを捜す。なかなかそんなアングルは見つからなかった。
a0181059_858582.jpg

せっかくのサザンカだが、背景に取り込むのは難しかった。1コマ目はムラサキシジミのオス。強烈なブルーとサザンカのピンク。ムラサキシジミのメスは少し高いところで、頭下向きで開翅することが多かった。4コマ目、赤紋に黄色が混ざるちょっと気になったベニシジミ。テリ張りなのか、近寄るムラツやムラシを追いかけていた。
a0181059_912188.jpg

決して翅を開かないサザンカ吸蜜。飛び立つところを撮ろうとカメラを構えていたが、油断した一瞬、飛ばれてしまった。
a0181059_8582099.jpg

翅の先がとんがっていなかったけれど、とても綺麗なウラギンシジミのメス。オスも何頭かいたがことごとくスレ個体。
a0181059_8591824.jpg

左は幻光、右は少し赤いがまあまあの深い紫。
a0181059_9471094.jpg

半開翅の幻光、開くほど薄れる。リアルな紫。
a0181059_9444975.jpg

もう少しで全開というところ。深い紫が出たと思う。
a0181059_9454229.jpg

結局は全開に至らず、また閉じ始めたが、幻光が美しい。
a0181059_9462627.jpg

フライイング・バタフライズ。色が出ないオスしか撮れていなかった。ムラツの広角飛翔は無謀のようだ。最後はヤマトシジミ。
a0181059_85943100.jpg


今まで行ったどの場所より、ムラサキツバメが多かった。次々とはオーバーだが、植え込みの間に潜り込み吸汁し、その合間に日光浴、また吸汁。ごくたまにサザンカ吸蜜。オスの輝くムラサキを撮りたいのだが、なかなか、いい位置にはとまってくれない。太陽が低いせいか、斜めになった葉に頭を上に向けて、最大限の光を浴びる。頭が上だと、翅が輝いてくれない。ただ、この状態での半開き、とても美しい青い幻光を楽しむことが出来る。この場所を案内していただいたSさん、どうもありがとうございました。

by otto-N | 2014-11-27 21:10 | Comments(4)

2014.11.13 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.11.17 (記)

2014.11.13
晴れ。ペンタックスの300ミリ単焦点(F4)のをザックに詰め、4回目のムラサキツバメ出撃。

いつもの時間に現地に着いたら、ムラサキツバメの塒はもぬけの殻。思ったより気温が高く、着ているものを1枚脱ぐ。これでは塒から出払っているわけだ。ムラサキシジミが少し上にとまったので、望遠で撮ったが白とびしていた。下におりてきたので100ミリマクロでも撮る。
a0181059_15392145.jpg

カシの塒にも1頭しかいない。近くを飛び回っていた1頭がとまったので、望遠で狙う。これも少し白とびしていたが、合焦速度はこれまでの300ミリズームより遥かに速く、ピントも迷わない。これならイケそう。白とびについては、遠い場合、ピンポイント測光が有効かもしれない。
a0181059_1550199.jpg

新しいポイントを開拓しようと公園内をうろつくものの、全然見つからない。とりあえず、重い望遠に体を慣らさなければということで、マクロではないほうで撮る。1コマ目以外はトリミングしたが、解像度はなかなかいい。これは楽チン。茂みの向こうにいるのも撮影できる。
a0181059_15394546.jpg

いつものアオキのポイント。ムラサキシジミがいたのでマクロで撮った後、そうだ比較しなくちゃと思い、少し下がって望遠で撮影した。どちらがどちらか判らないくらい、いい。
a0181059_15393692.jpg

知っている4か所の塒を行ったり来たりしていたが、一番いいのはこのアオキのポイント。斑入りのアオキの葉っぱが気にいらないが、贅沢はいっていられない。うまく行けば、隣のサザンカの葉に休むことだってある。さらに、サザンカ吸蜜だって・・・。この日は次々と3頭が吸蜜。1コマ目はマクロ、2コマ目は楽ちん300ミリ。
a0181059_1540745.jpg

最短距離は1.4m。いつもにじり寄って撮影していただけに、とても楽。ただ、上から撮らねばならないときは困ると思う。色が薄く、とても小さかったのでムラシと思ったが、ピッカピカのメスだった。
a0181059_1734596.jpg

このオスは、さきほどサザンカ吸蜜していた個体。しばらく、翅を閉じていたが、待っていると開き始めた。
a0181059_167391.jpg

頭が上だとあまり期待できないのだが、すぐに向きを変えてくれた。そのまま300ミリで撮影続行。
a0181059_1662056.jpg

全開ではなかった。少しは輝くアングルを捜す。前翅は黒縁が明瞭だったが、後翅ははっきりしない。頭が右なら翅全体が輝くはずなのだが。
a0181059_1664361.jpg

翅の傷から同じ個体と思う。真っ黒に近い紫にしか撮れなかったけれど、これはこれでシブくていいかも。
a0181059_1675341.jpg

昼過ぎ、続々とムラツが帰ってきていたが、カシの塒には2頭だけだった。ここは一時的な場所だったのかもしれません。そして、フライイング・ムラツは、またもや撃沈。
a0181059_1539561.jpg


ムラサキツバメのオス、少しはいい色に撮れたのだが、なかなか目標達成とはいきません。また次の機会ということで、チョウのとまる位置まで指定できず、焦らず撮りに出かけましょう。というわけで、300ミリ望遠をもっと早く入手すべきだった、せっかくのオスの開翅も少し寄りすぎた、と反省しています。

by otto-N | 2014-11-17 21:10 | Comments(2)

2014.11.4 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.11.9 (記)

2014.11.4
日射しが強く、ムラサキの出てくる好条件。しかし、自然教育園は前日(文化の日)の開園の代休。ならばと、ムラサキツバメが集まり始めたという千葉県の公園に行く。例年は、11月中旬以降に出かけているので、時期的に少し早い。

10時ころ現地到着。毎年、塒を作る場所にいたことはいたけれど、昨年より高い位置だった。2頭しかいなかった。ここは日当たりがよく、気温が上がり始めたようなので、すでに出払ったと思い近くを探すが見つからない。別の場所に移動すると、暗い葉陰に3頭。1頭のオスが日が当たり始めた葉上で開翅を始めた。さらに、別の昨年はいなかった場所にはムラサキツバメが舞っていた。見上げる位置や少し高い所で開翅するが、オスはなかなか下には降りてこない。
a0181059_21584848.jpg

そろそろ、背の低いアオキに日が当たり始めるころと2つ目の場所に行ってみる。目の下にオスが飛んできて全開。しかし、赤銅色に輝くだけ。それでも、少しは紫に見えるアングルを捜して撮った。3コマ目も、色がよく出なかった。
a0181059_2159433.jpg

幻の紫色。半分開いた時にぼおーっと見える。ビミョーな色。
a0181059_21591765.jpg

飛ばれたので、最初の場所に行ってみると1頭もいなくなっていたので、2つ目と3つ目のポイントを行き来し、ムラサキツバメを捜す。目より下にとまっているのを見つけると、順光の位置、光を最も反射するであろう位置に回り込み開翅するのを待つ。でも、あれだけ期待させておいて、全開したら傷だらけ。あるいは、やっと開いたらすぐ飛んでいったというのがほとんどだった。
a0181059_21592755.jpg

この公園、ムラサキシジミは少ない。サザンカの蕾のピンクがちょっと良かった。あまりにも開かないので接近撮影。メスはよく開いてくれる。
a0181059_21594183.jpg

このメス、傷んで鱗粉がはげた個体かと思ったら、ピカピカ。ただ、色が薄いだけだった。あまり見たことがない。
a0181059_2221943.jpg

標準的なメス。
a0181059_223986.jpg

休み場所をさがしているのか、あちこちでウラギンシジミも飛び回っていた。新鮮だけど赤というより朱色のオス。
a0181059_2202680.jpg

きれいなオスはなかなかいなかったけれど、結果てきには、この日一番のオス。アングルを少し変えただけで紫色が微妙に変わる。
a0181059_22095.jpg

似たような構図の中から、これが一番いいかな。とまった葉が斑入りのアオキというのが気にいらないけど。
a0181059_2224632.jpg

日の当たる地面にもとまるので、追いかけたが撮れたのはこの1枚だけ。オスの紫は写りっこない感じ。
a0181059_2232851.jpg

午後1時、散ったチョウが舞い戻ってくる時間。塒に直接入る個体がほとんどだが、その前に日を浴びる個体もいる。ただ、位置が高い。
a0181059_10491349.jpg


ムラサキツバメのオスを撮るのは難しい。まず、新鮮な個体でなければならない。次に、目より下にとまってくれなくてはならない。3番目、頭は下か、横向きの場合、頭は太陽の向きと逆にとまらなければならない。どうやら、この3条件が整ったうえ、全開したときに紫が輝くようだ。それでも、一番輝く位置に入ろうとすると、太陽の陰。マクロでは近すぎ、望遠では斜めになってしまう。

by otto-N | 2014-11-09 12:10 | Comments(4)

2014.10.27 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.10.31 (記)

2014.10.27
晴れた日は(曇った日もだが)、午前中は散歩が原則。Sビール本社前の花壇はあまりいい状態ではないけれど、ヤマトシジミの1つや2つはいるだろう。

ヤマトシジミのオスはチラチラしているのだが、目についたのはウラナミシジミ。スレばかりの中にも少しは傷んでないものもいた。並べてよく見るとこの4枚は同じ個体だった。なあーんだという感じ。
a0181059_2012883.jpg

低い位置にしかとまらないので裏がなかなか撮れなかった。透けた裏が一番好きかもしれない。
a0181059_20143272.jpg

ウラギンシジミの新鮮なメス。アゲハも何頭か来ていた。
a0181059_20121949.jpg

ヤマトシジミがとまったので、後ろから撮る。冒頭1コマ目のウラナミシジミと同様、イヌタデのボケを狙ってみたのだが、少し寄りすぎた。
a0181059_20152625.jpg

ここは花壇。なかなか近くにはとまらないオスをなんとか撮ろうと思っていたところ、メスがふらふら飛んできた。ちょっといい感じ。
a0181059_20154410.jpg

近くで吸蜜するかと思ったらそうはせず、手入れの悪い場所にとまったので、入ってみる。しばらく待つと開翅。スーパーブルーではないが、日影だったのでとても綺麗。ドクダミの葉はもっと明るい色なら嬉しいのだが、せっかくのハート形がもったいない。
a0181059_2019435.jpg

飛ばれて見失ったが、また見つけた。今度は日の当たる葉の上。また、開翅するだろうとしばらく待っていたら、少しずつ開き始めた。この位置から撮ると絶品。
a0181059_20133230.jpg

何とかして前の方に回り込む。日射に負けない濃いブルーだった。
a0181059_20193443.jpg

この日もフライング・バタフライは不出来。アゲハチョウのバトル。ゆっくりと飛んでいるので気がつかなかったが、結構激しい。脚を伸ばして相手に掴みかかろうとしている。ひょっとしたら上に回り込んだほうが勝ち?そうならば戦闘機と同じだ。
a0181059_20135138.jpg

ウラナミシジミはさすがに速い。撮れるとしたら花にまとわりついている時ぐらい。4コマ目はヤマトシジミ。
a0181059_20141020.jpg


珍しいチョウはいないSビール本社の花壇だが、高台にあるせいか、それなりにチョウが集まってくる。花壇なので撮影の制約が大きいし、犬の糞も転がっているので要注意だが、2時間くらいはあっという間に過ぎてしまう。花壇のドクダミはだいぶ引き抜かれたが、また蔓延ってしまった。そのときに、一緒に引き抜かれたカタバミはなかなか回復してこない。年々ヤマトシジミが少なくなっているような気がしてならない。

by otto-N | 2014-10-31 21:10 | Comments(0)