たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラギンヒョウモン ( 6 ) タグの人気記事


フライイング・バタフライズ 2015 (13) ヒメシジミ   2016.2.7 (記)

ヒメシジミ
6月下旬、福島・奥会津。午後からはキマダラルリツバメとして、午前中はそこいらに飛んでいるヒメシジミと遊ぶ。ただ、新鮮個体は少なく、背景は雑然とした茂みなので、大きくトリミングしてみた。なお、キマダラルリツバメの飛翔は全く手も足も出ず(何度見ても撮れる気はしない)。

ヒメジョオン(?)に来るけれど、中に潜り込んでなかなか上にはでてきてくれない。静止さえ、じっと我慢の子状態だった。背後の枯れ木は、もちろん桐。
a0181059_12425125.jpg

下から狙った構図。何もこんなに大きくトリミングしなくてもいいのだが、翅のしなり重視ということで・・・。
a0181059_12423710.jpg

こうして見ると、ヒメシジミはヤマトシジミと同じ。地方はヒメ、街中はヤマト。そう言えば、ヤマトシジミは見なかったような気がする。
a0181059_1243293.jpg

ちょっと美形がいたのでマークしていたら、すぐにボロいオスに絡まれた。
a0181059_13245474.jpg

とまって翅を開くのを期待していたのだが、これだけ撮れたらよしとしよう。
a0181059_13251019.jpg

ヒメジョオンよりクロバーのほうが好きなようだ。半分枯れかかった花に群がっていた。せっかく美形を見つけてもすぐ追われてしまうし、イケメンもこうも晴れすぎていては、ブルーが出ない。
a0181059_12432027.jpg

飛んでいるときのブルーは少し灰色がかって写るので、これではヤマトとおんなじだ。
a0181059_12433297.jpg

真っ正面顔。
a0181059_12435651.jpg

付近にはウラギンヒョウモンもメスを探して飛翔中。茂みの中にすぐ入り込む。
a0181059_1244733.jpg


by otto-N | 2016-02-07 16:58 | Comments(0)

2015.6.24-25 福島県・奥会津 (2) ヒメシジミ   2015.7.3 (記)

2015.6.25 AM
2年前にも泊まった、おばあちゃんが1人で切り盛りしている民宿に泊まった翌朝は、ヒメシジミと遊ぶ。午後のJRで帰る予定だったけれど、柴田さんが郡山まで送ってくださるというので、その厚意に甘え、夕方までいることにした。

前日にもヒメシジミを探したけれど、新鮮な個体がいない感じだったので、せめて只見線の線路を背景にヒメシジミの飛翔を撮ろうと線路脇を少し歩いた。しかし、ヒメシジミは1頭しか見つけられず、結局前日のポイントに戻った。ヒメシジミの数は多いがほとんどスレ個体ばかり、撮る気がおこらずいきなり飛翔撮影に入った。背景がとてもいい雰囲気の場所だ。
a0181059_17313899.jpg

しかし、気持ちのいい背景はちょうど逆光で、ヒメシジミがうまく撮れない。そのうち、新鮮個体もポツポツいることが判ったので、新鮮個体を探し静止を撮影した。
a0181059_17254153.jpg

ヒメジョオンが美しい。
a0181059_17261025.jpg

暑くなってきたので開翅は諦めていたけれど、開いてくれた。
a0181059_17255765.jpg

その辺をウラギンヒョウモンが飛び回っているが、全然とまらない。オカトラノオの群落を見つけ、近寄ってみると、ウラギンヒョウモンが吸蜜していた。
a0181059_17522111.jpg

道路の反対側に行くと、農道のシロツメクサにヒメシジミが群がっていた。どうやら、ヒメジョオンよりこっちのほうが好きらしい。でも、みんなボロだ。
a0181059_17334052.jpg

奇麗なメスがときどき飛んでくる。とまっても開かないので飛翔を撮った。
a0181059_174785.jpg

吸蜜に余念がないオスも、そこそこ絡んでくる。
a0181059_17465222.jpg

オスも新鮮であれば申し分ないのだが、破れオスもはなかなかいい感じだ。
a0181059_19544263.jpg

気温が上がり、新鮮なオスは全く開かない。陰を作ってみたら開いた。日を当てるとすぐ閉じる。左手だけではうまく行かず、真上からしか撮れなかった。撮影時間は違っていたけれど、同じ個体のようだった。
a0181059_17264289.jpg

新鮮なオスは、広い所に出てくるよりも藪の中を飛び回っていた。メスを探しているらしい。
a0181059_17474983.jpg

いつまでたっても、背景がごちゃごちゃのこんな画像しか撮れなかった。晴れているせいか、翅表の色は灰色がかり、ヤマトシジミと変わらない。
a0181059_17473796.jpg

最初来た場所に戻り、飛翔を狙うが相変わらずだった。でも、薄暗い中でミドリシジばかりを撮っていたので、こんな明るい中での飛翔撮影はとても楽しかった。そろそろ、11時。柴田さんから、「今、着きました」とのメール。
a0181059_19513396.jpg

さて、夕方までどうしょう。とりあえず、前日、栗の花にオオミスジが来ていたという場所に行く。しかし、オオミスジらしい姿は2回見たけれど、栗の花には来てくれず、高いところで吸蜜するメスグロヒョウモンを見上げ続けた。
a0181059_209342.jpg

低い場所には来たのはキバネセセリだけ。
a0181059_2093157.jpg

この場所は広い休耕地の一角。あいかわらず、ウラギンヒョウモンが探雌で飛び回っている。さんざん走り回っても、外してばかりいた。撮れたのは叢の中ばかりだった。
a0181059_20172873.jpg

オオミスジかと思ったら、ミスジチョウ。
a0181059_2095191.jpg

引き揚げようとしたとき、突然舞い降りてきたメスグロヒョウモン。
a0181059_20101685.jpg


午後1時、オオミスジを諦め、近くをドライブ。前日も、桐の古木のある河岸段丘を探して走り回ったそうだ。夕日の当たりそうな、キマルリが集まりそうな、そんな場所はいくつかあった。しかしながら、キマルリが出てくるのは4時すぎ。1日では1ポイントしかチェックできない。3ポイントで3日もかかってしまう。地元の人しかムリだろうということに話は落ち着いた。それにしても、桐の木はいたるところに植えられていた。


(午後の部に続きます)

by otto-N | 2015-07-03 11:28 | Comments(0)

2013.9.17 山梨県・乾徳山 キアゲハ   2013.9.22(記)

2013.9.17
台風18号が去った翌日、山梨県・勝沼から入る乾徳山(2031m)に登る。実は、山に登るのことは口実で、シャイン・マスカットという葡萄を買いにいくのが主目的。この時期、山でチョウチョを期待するのはムリというもの。

駐車場はよくわからなかったが、先客らしい1台が停めてあった小さな広場に車を置き、台風一過の登山道を登る。登り始めは暗い杉林、途中から広葉樹林。ドングリが台風で小枝ごと落ちていた。湿地帯をすぎたところで、岩だらけの山頂が見えた。
a0181059_13354818.jpg

このあたりは(約標高1600m)明るく開けており、ヒョウモンが数頭、産卵行動風に飛び回っていた。すぐ草の中に入り込んで撮影しにくかったけれど、どうやらウラギンヒョウモンのようだった。少し登ると吸水している個体もいた。
a0181059_1335756.jpg

ヒョウモンを目で追いながら、ススキの中の登山道を登っていたのだが、ふと振り返ると何と富士山。
a0181059_13404060.jpg

ヒョウモンはなかなかとまってくれないし、とまるのを待っていたら、妻に置いてきぼりをくらうので、登りながら飛んでくるのを、最後の手段で。
a0181059_13435567.jpg

アザミにとまったのがやっと撮れた。
a0181059_13454330.jpg

少し平らになったので、振り返ると富士山。これは、バックに入れなくてはと、あわててヒョウモンを探す。一応撮れた。
a0181059_20273635.jpg

富士山のほうは逆光。ススキの原っぱのほうが順光で写りはいい。
a0181059_13522727.jpg

あまりヒョウモンを追いかけまわしていても切りがないので、山登り開始。でも、ここからが、ちょっと大変だった。左手に富士山が見える尾根筋の岩のすき間をよじ登る。表面がつるつるの岩のこの鎖場、腕力の全くない妻は手こずった。
a0181059_1462088.jpg

登り始めて約3時間。やっと、頂上。この日、さんざん見た富士山だったけれど、頂上からは格別。
a0181059_14124360.jpg

そして、お約束の山頂キアゲハ。1頭だけいた。ヒオドシもいたが、キアゲハに追い立てられてしまった。
a0181059_14161226.jpg

向こうの山は南アルプス。
a0181059_14165573.jpg

なかなか富士山方面には飛んでくれなかった。粘りたいけれど、下山の時間になってしまった。
a0181059_14171748.jpg

近くにとまったので静止も撮っておく。
a0181059_14503689.jpg

最後に、富士山から南アルプスを望む大パノラマ。
a0181059_14204769.jpg


昨年の今頃、山に登った後、インターに入る前に寄った葡萄園で、「シャイン・マスカット」という品種を知った。それまでは「甲斐路」が一番だと思っていた。ものすごく甘い、そして大粒。種無しで皮も薄く、そのまま食べられる最強の葡萄、と密かに思っている。色が白っぽいものが甘いです。

夏眠明けのウラギンヒョウモンは、この日、「秩父の蝶」のtef_teffさんも観察されたようです。

by otto-N | 2013-09-22 14:53 | Comments(6)

2013.6.26-27 福島県・奥会津 (1) ヒメシジミ   2013.7.1(記)

チョウの写真専門のブログの存在を知り、自分も見よう見まねで写真を撮り始め、自らブログを始めるとは予定外だったけれど、みなさんの素晴らしい写真を見ているうち、これだけは見て見たい、撮ってみたいというイニシャルが「K」のチョウが5種類あり、その5Kの1つが未撮のキマダラルリツバメだった。福島県の奥会津でこのチョウを撮影できるということを知り、その機会をうかがっていたところ、この地で、長年にわたってキマダラルリツバメの保護と観察を続けておられるTさんのホームページで、22日に発生したとの知らせがあり、早速、訪れてみた。

2013.6.26
東京を出るとき、ポツンと雨が来ていたが、福島まで梅雨前線の影響がないだろうとたかをくくっていたけれど、14時30分ころ、現地に着くと傘が必要なほどの本格的な雨。何もしないよりはましだろうと、傘をさして、ブログの先輩から教わったポイントを歩く。なるほど、こういう場所かと思いつつも、足元はぐしょ濡れ。少し小降りになったところで、なんとか雨に濡れそぼるヒメシジミを撮影した。ほとんどスレてはいるが、雨の滴が美しい。
a0181059_12565654.jpg

傘をさしては撮影できず、傘を置いての濡れながらの撮影。
a0181059_13195951.jpg

オスはほとんどボロだったが、小さいめのこの個体は、開翅までしてくれた。接近するため茂みに入り込み、かなり濡れてしまった。
a0181059_12571083.jpg


2013.6.27
近くの民宿に泊まり、朝起きると快晴。昨日、下見したポイントで、ヒメジョオン吸蜜のキマダラルリツバメを探すものの、全然見つけることはできなかった。ヒメシジミが多かった。ウラギンヒョウモンも多かったが、探雌のためか全くとまらず、やっとオカトラノオで吸蜜するのを撮っただけ。他にキタテハ。
a0181059_13502247.jpg

ヒメシジミは多かったけれど、メスでさえ、ほとんどスレていて美形を探すのに苦労した。
a0181059_135046100.jpg

カンカン照りの中、1時間30分ほど探したが、ここを諦め、Tさんのドライブインに行ったところ、ちょうどTさんが来られ、ポイントに案内して下さった。ここで待っていると、その辺の花に飛んでくるとのこと。だが、しかし、Tさんが仕事の戻られた後、待てど暮らせど、歩き回っても、うーん、全然来ない。13時まで粘った後、昼食と休憩のためドライブインへ。その間、相変わらずのヒメシジミ。
a0181059_1442171.jpg

このオスだけは綺麗だった。ちょっと小振り。
a0181059_1443714.jpg

ドライブインで、ビールを飲みたかったところだが・・・。Tさんにキマダラルリツバメのことを色々うかがった後、14時半ころ、Tさんと再びポイントへ。15時20分までで帰る予定だったので、残された時間は残りわずか。でも、空はピーカン、気温も高いせいか、二人で待つものの、飛んでこない。午後からは、近くの栗の花にヒメシジミが来るようになったので、暇つぶしに少し撮る。ついでに甲虫も。
a0181059_1415281.jpg

少し離れたところのヒメジョオン。メスグロヒョウモン(♂)とヒメシジミのカップル。
a0181059_141715.jpg

そろそろ1頭くらい出てきてもよさそうな時間だそうだが、15時をすぎても気配なし。晴れすぎたので出てくるのが遅いらしいが、絶対出るとのこと。そこで、最後の手段、妻に延泊のお願いの電話。OKがとれ、夕べの民宿にも電話したところで、安心されたせいか、Tさんは店の後片付けに戻られた。1人で待つこと数分、西の空に少し雲がかかり薄暗くなってきたとき、いつのまにか、目の前に見慣れぬ小さなチョウが2頭、ブンブン飛び回っていた。

((2)に続きます)

by otto-N | 2013-07-01 14:34 | Comments(2)

2013.5.17 栃木県・鬼怒川河川敷 (2) ミヤマシジミ   2013.5.21(記)

2013.5.17 (続き)
何度かシルビアシジミらしきものを見かけたもののすぐ見失い、ミヤコグサを探して近くを歩いたけれど、ほとんど見つからないという状況の中で、目の前を横切ったシジミチョウ。とまったので近づいてみるとミヤマシジミだった。藪の中にとまり翅をすりすりするものの、開く気配はなかった。横からばかり撮っていてもしかたがないので、逃げられる可能性があったが、思い切って日陰にしてみた。そうしたら、おずおずと翅を開いた。オスだった。日陰にするのを止めると翅を閉じ、また日陰にすると翅を開いた。そこで、翅を閉じる前にピントを合わせ撮影した。
a0181059_16451745.jpg

下草を踏んでしまい飛ばれたが、すぐ近くにとまった。翅を閉じたままなので日陰にし開翅させ、翅を閉じる前に急いで撮影した。日影と日向でがブルーの感じが違う。白い縁毛は日向のほうが輝き、きれいだ。飛ばれても、近くにとまるのでちょっと居場所を変えてもらって撮影。左:日陰、右:日向。
a0181059_16481960.jpg

真横からのも撮っておいた。上は絞り解放F2.8。下は、少し引いてからのF4.5。
a0181059_16551740.jpg

ススキの葉にとまったところを下から見上げて撮った。陰を作り翅を開かせ、閉じる前にマニュアル・フォーカスで撮ったが、ピントが合う前に翅を閉じてしまうので、何度もやり直した。チョウにはちょっと迷惑だったかな。
a0181059_16573825.jpg

少し動いたので、逆サイドからも撮ってみた。こちらのほうが良かったかもしれないが、撮る方がくたびれてしまった。もっと引いて撮ったほうがいいのだが、陰を作る必要上、そうもいかなかった。
a0181059_16573066.jpg

この河原にいたギンイチモンジセセリ。さすがに少しくたびれていた。
a0181059_17122859.jpg

シルビアシジミを最初に撮った場所に戻る途中、ウラギンヒョウモンがアカツメクサでしつこく吸蜜していた。結構敏感で、近づけたのはこの一連の画像だけだった。他にシロツメクサで吸蜜している個体も見かけた。3時ころ、またシルビアが出てくることを期待したが、まったく見なかった。ツマグロキチョウも飛んでおらず、この時期、午後は草の中に潜んでいるのかもしれない。
a0181059_17204028.jpg

a0181059_172012.jpg


昨秋見た場所ではミヤマシジミがおらず、もう諦めていたが、ひょっこり出てきてくれた。気温が高くはないといっても、木陰の全くない河川敷。チョウもあまり飛んでおらず、決して楽しい場所ではない。そんな中、ほんとうに嬉しかった。無理やり開翅させ、いじめすぎたかもしれず、ちょっと反省しています。

by otto-N | 2013-05-21 17:39 | Comments(12)

8月、東北縦断、キベリタテハ (2010.8.4-7)  2011.3.3

2010.8.4-7
毎年8月、お盆には北海道へ墓参りに行っている。北海道ではクルマがないと動きがとれないため、新潟まで300km走り、そこからから小樽までフェリーで行っていたが、東北の温泉をいくつか回ってから、下北半島の大間から函館に渡ることになった。

8月4日:東京から東北道を一気に盛岡ICまで北上し、国見温泉「石塚旅館」に泊まった。秋田駒ヶ岳の麓にある鄙びた旅館だ。ここの温泉はほんとに素晴らしい。それまで見たことのない緑色の硫黄泉だった。朝の内風呂は印象的だった。
8月5日:田沢湖をかすめ、阿仁町、森吉町と山の中を走り、能代市に出てから、十二湖に行ってハイキング。人気のないブナの原生林は素晴らしかった。その後、「黄金崎不老不死温泉」へ。夕食前に、岩浜にある露天風呂に入り、太陽が沈むのを待つ。日が沈んだ後の赤く染まった空と海は圧巻だった。まさに黄金色だった。
8月6日:この日、白神ラインを通り、弘前に抜けた。事前にどうするか調べた結果、「めったに来ない所、走ってみよう」と、ちょっと無謀だったが走ることにした。1車線の砂利道が40km続いた。幸い、前半のタイトなところでは、対向車は1台だけだったけれど、先の見えないカーブが連続し、アップダウンを繰り返す薄暗い砂利道を4時間走った。途中カラスアゲハ(ミヤマ?)が吸水していたが、撮る余裕はなかった。津軽峠を通り、暗門の滝を見て、弘前に。そして、八甲田山麓の「猿倉温泉」に泊まった。
8月6日:七戸町、野辺地町を抜け、恐山へ。恐山は2回目だったが、やはり不気味。境内に温泉(硫黄泉)があったが、外が暑くて入る気にならず。山を下りて、尻屋崎に行った。そこで、予期せぬ野生の馬「寒立馬」の集団に出会う。この日は、下風呂温泉「まるほん旅館」に泊まる。濃厚ないい湯だった。
8月7日:朝、マグロの1本釣りで有名な大間へ。11:30発の函館行きフェリーに乗る。

さて、下の画像は、
 国見温泉「石塚旅館」の渡り廊下にいたヒメキマダラヒカゲ。
 朝の内風呂。朝日の反射がきれいだった。
 黄金崎不老不死温泉の夕焼け。(この4枚はコンデジ撮影)
 沖縄の海と錯覚するブルー。恐山の山頂の湖。
 偶然出会った寒立馬。たくましい体だった。
a0181059_15114970.jpg

チョウの画像はわずかです。
 国見温泉、駒ヶ岳登山口にいたルリシジミ。朝、旅館前にいたキベリタテハ。
 十二湖のサカハチチョウ。猿倉温泉の駐車場では、アカタテハとウラギンヒョウモン。
a0181059_1512817.jpg

クサギで吸蜜するぼろぼろのクロアゲハ (8/5 15:57 十二湖)
a0181059_15272434.jpg


温泉めぐりをしたわけだけれど、夏に東北の温泉に行くのは少し考えたほうがよいです。この夏はとても暑かった。大旅館はともかく個人的に好きな小さめの旅館は、冷房設備がない(北海道もです)。温泉から出ても汗が引かない。大誤算だった。
下北半島・大間から北海道に渡ったが、ちょっと失敗した。大間はゴマシジミの棲息地であることを北海道から帰ってから知った。大間では時間が結構あったのに、残念。
(ゴマシジミは北海道・十勝で撮ることができましたが、大間でも見たかったです。それから、弘前側から途中までならよいですが、白神ラインの走行はお勧めしません。)

by otto-N | 2011-03-03 16:12 | Comments(0)