たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミアカシジミ ( 9 ) タグの人気記事


2015.6.5 東京・白金の森 トラフシジミ   2015.6.12 (記)

2015.6.5
前日、「徘徊」のShinさんから、自然教育園でトラフシジミが路上に降りてきて開翅も見られたという知らせが入った。前日はからっとした晴天だったけれど、その前の日は雨だったので、トラフは出て来ないと踏んでいたのだが、この日も晴天の天気予報。トラフ祭りになる可能性が大だった。

開園前に着いてしまったので、隣の小さな公園に行くと、ムラサキシジミのメスがいた。少し待っていると開翅した。ムラシが開翅するときは、トラフも開翅することが多い。
a0181059_11522054.jpg

9時少し前に入口に行くと、Shinさんもバイクで登場。開門作業を手伝い(いつものこと)、ポイントに急ぐ。問題は天気。カラッと晴れておらず、薄曇りという感じ。日射しが強いことがトラフ降臨の条件なのだが、トラフは出た。その前に、ポイントで待ちながら撮った他のチョウの画像を貼っておきます。ムラサキシジミのオス。このチョウはほんとうに綺麗だ。
a0181059_11524456.jpg

ヒメジャノメとウラナミアカシジミ。(アカシジミもいたけれど、さすがにボロボロだった)
a0181059_11514032.jpg

ポイントで1頭目のトラフシジミを見た直後、目の前に飛んできて突然開翅した2頭目。驚愕のブルー。マクロを準備してなかったので300ミリでの撮影。少し葉被りだったけれど、それより、ピントが甘かった。
a0181059_1153139.jpg

その後は、次から次へとはいかないものの、路上に降りてきては吸水。そして、半数は翅を開いた。
a0181059_11515390.jpg

路上だけでなく、近くの葉の上にもとまり、葉の上でも吸水(吸汁)しているようだった。
a0181059_1152577.jpg

夏トラフは地味ではあるけれど、こうして、葉の上にとまっていると、なかなかの美しさである。
a0181059_12371694.jpg

半開翅。
a0181059_11535648.jpg

そして、全開翅(別個体)。
a0181059_12595041.jpg

怒り型のような前縁が強調され、背後に白い花がボケている(ドクダミ!)、引いて撮ったこちらのほうがいいかもしれない。
a0181059_1315249.jpg

少し暗いところでの開翅(さらに別個体)。暗いせいか少し色が出なかった。
a0181059_12494062.jpg

このブルーの金属光沢はトラフならではの色だと思う。そして、翅脈の太さがビュルビュルと渦巻くように高速で飛ぶトラフを物語る。
a0181059_12495419.jpg


普段は滅多に姿を見せないけれど、ぱらぱらとムクロジの花が散り落ち、路上が花で埋まるころ、カラッと晴れた日が続いた2日目に、自然教育園のトラフシジミが次々舞い降り翅を開くというのが、Shinさんと私が作った定説であったけれど、今年は覆されてしまった。まだ、この日はムクロジの花が咲いていなかった。今年は変。しかし、例年、ムクロジの花が咲くころはトラフの翅がすでに傷んでおり、奇麗なトラフをなかなか撮ることができなかった。5年間、通い詰めてのトラフの開翅、こんなの初めて。やったね!

by otto-N | 2015-06-12 21:06 | Comments(4)

2015.6.1 横浜・ハンノキの湿地 ミドリシジミ   2015.6.9 (記)

2015.6.1 PM
オオミドリシジミがいなくなった後は、ミドリシジミを探しにハンノキのある湿地に行く。11時をすぎると、ゼフの活性は低い。飛んでいるミドリシジミはいないものの、目を凝らすと下草や灌木にじっとしているのが見つかる。
a0181059_9512997.jpg

木漏れ日の中のミドリシジミ。
a0181059_9521489.jpg

歩いていると、ミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミ(♀)が飛び出す。翅は傷んでいるがアカシジミもまだいた。
a0181059_954974.jpg

斑紋異常のミズイロオナガシジミ。
a0181059_9574471.jpg

ミズイロオナガシジミは日陰のゼフ。暗いところが好きなようだ。いつも曖昧にしか撮れない。
a0181059_1005655.jpg

とても綺麗なウラナミアカシジミ。今年はどこへ行っても良く見る。
a0181059_1021316.jpg

昼下がり、下草でミドリシジミが開翅する場合もあるとのこと。とまっているのを見つけたので、じっと待つ。突然開いたのであわててシャッターを切る。金緑色に輝くいいアングルだった。しかし、寄りすぎていたので失敗。
a0181059_10122563.jpg

別個体(?)、上からのアングル。しかし、輝かない。これまで、真上からというのは経験がなかった。輝やくアングルを焦って探していたせいかピンボケだった。
a0181059_10113217.jpg

すぐマクロでも撮ったけれど、やはり、後翅が輝かない。この2枚を比較すると、屈み込んでもう少し下から撮ると全部輝いたかもしれない。
a0181059_1012844.jpg

やはり、300ミリよりマクロのほうがいいようだ。このマクロは合焦がとても遅いので使用をためらっていた。
a0181059_11174826.jpg

葦にとまっているオスを見つけた。ちらっとミドリが輝く。
a0181059_10263013.jpg

ミドリシジミの翅の輝きを撮るのは難しかった。後ろからでは全くだめ。目の高さだと輝くけれど、青っぽくなってしまう。
a0181059_10234992.jpg

結局、金緑色にはとれなかったけれど、この2枚がこの日の最良かもしれない。(ミドリシジミは虫食いの葉ばかりにとまるのがちょっとつらかった)
a0181059_106372.jpg
午後3時、樹上で開翅する個体は見られたけれど、下には全く降りて来ず、諦めて撤収した。朝早くから、ちょっと疲れました。現地で偶然、一緒になった Sさん、Tさん、色々とご教示いただきありがとうございました。

by otto-N | 2015-06-09 12:26 | Comments(2)

2015.5.26 横浜・とある谷戸 ウラゴマダラシジミ   2915.5.30 (記)

2015.5.26
先日(22日)はウラゴマダラシジミが少なく、夕刻になっても飛んでくれなかった。まだ、発生数が少ないものと考えて、またやって来た。

午前中に到着。ウラゴマダラシジミは、時々、飛び出してはじっと葉陰で休む。数は多いようだが、全然、翅を開いてはくれない。
a0181059_19491034.jpg

翅裏ばかり撮るのも飽きてしまったけれど、背景が抜けていたので気合いを入れたが、翅裏に直射日光が当たると、まるでステンレスの板、反射して白とびが著しい。
a0181059_19494479.jpg

ふらふらと舞い降りてきて、珍しく葦(薄?)の葉にとまった。逆光で300ミリ→100ミリ→順光側に回り100ミリで撮る。足場が非常に悪いので、ピントを外しまくった。
a0181059_19492052.jpg

イボタにやってきたイチモンジチョウ。白帯が広く、前翅の白点も大きいのでアサマイチモンジかと思った。
a0181059_20839100.jpg

標準的なイチモンジチョウ、大型でウラゴとすぐ間違えてしまうルリシジミ、逆光のテングチョウ。他にイボタにやって来たのは、ダイミョウセセリ、アオスジアゲハ、スジグロシロチョウ。
a0181059_19492970.jpg

ウラナミナミアカシジミがたまに近くにやってくる。
a0181059_19502575.jpg

とても大きい羽化直と思われるウラゴマダラシジミのメスが飛んできたが、翅は開かず。ほんとに大きかった。
a0181059_19504140.jpg

そして、3時過ぎ。やっとオスどもが飛び回り始めた。いつもながら、暗すぎ。ISO3200に上げざるを得ない。飛ぶのが速い。メスと間違えるのか、白くなった葉、鳥の糞、アワフキムシの泡、蜘蛛の巣、ルリシジミを見つけたときはちょっとだけその場で立ち止まる。イボタの花には見向きもしないので、どうやら、白ければいいという訳ではなさそうだ。
a0181059_201828100.jpg

鳥の糞に立ち止まり、
a0181059_20212321.jpg

ルリシジミに偽求愛。
a0181059_20221995.jpg

秒7コマでは少なすぎる。珍しく連続で入った。
a0181059_8291673.jpg

やっぱり、暗い。ISO3200、1/3200、F3.5解放でもこの通り。
a0181059_20215282.jpg

探雌飛翔のピークは4時だった。どんどん暗くなって、きれいには写らず、撮る気が失せてくる。
a0181059_20525258.jpg

乱舞のピークは4時だった。暗いのでISO4000まで上げる。そして、4時30分、暗すぎて撮影終了。
a0181059_20533041.jpg


夕方のオスの乱舞を見ていると、尾状突起がなくてもウラゴマダラシジミはゼフィルスなんだと再認識させられる。昼間の飛び方と全くそのスピードが違うし、暗いし、こんなものを撮るなんてできないと思っていたが、やってみると少しは撮れた。暗いのでLEDライトを用意した。しかし、1か月前に、コジャノメ撮影に一度使った後、ザックに入れっぱなしになっていたのだが、スイッチが入ってしまっていたらしい。電池がなくなり、片方が点かなかった。あわてて、使い古しの電池に取り換えたが、あまり明るくなかった。この日もFavoniusさんと一緒でした。ということは、2つのレンズ、いや、午後再びやって来たTさんを加え、3つのレンズの先15cmに1頭のウラゴが舞っているという恐ろしい構図でした。

by otto-N | 2015-05-30 20:09 | Comments(0)

2015.5.22 横浜・とある谷戸 ウラナミアカシジミ   2015.5.27 (記)

2015.5.22
今年はチョウの発生が早いようで、あわててゼフを撮りに行く。ウラゴマダラシジミが第1の目的。

朝、イボタの木のある現地に着いても、全然飛んでいない。まだ、早いのかと思っていると、ときおり姿を現すもののすぐ遠いところに飛んでいってしまう。夕方まで待つかと覚悟を決め、付近でチョウを探す。と言っても、いつものメンバー。この時期のルリシジミ(2化目)は大型、ウラギンシジミ、テングチョウ、イチモンジチョウ。みんなきれいだ。
a0181059_9385165.jpg

イボタの木で待っていると、羽化直らしきテングチョウ。とてもおとなしい、のでススキの葉にとまってもらった。
a0181059_9495056.jpg

イボタの木の前の道路脇には、10頭を越えるルリシジミが集まっていた。近寄ると一斉に飛び立つ。飛び立ってもすぐ戻ってくる。飛翔撮りは楽勝!と、撮り始めたけれど、なかなかヒットしない。5頭は撮れるはずなのに、このありさま。その上、日向部では白とびし、露光条件が難しい。
a0181059_1091575.jpg

日陰部ではブルーがとても美しい。
a0181059_10854100.jpg

横より縦のほうが低い位置では撮りやすいので、横ではあまり撮らなかった。ルリシジミが何に集っているって?答えは、肥料用にうず高く積まれた馬糞。横だとカメラが馬糞にくっつきそう。足の置き場が大変だった。100ミリマクロで撮った飛翔は馬糞がモロに写っていたので割愛。(横で撮っていた方は掲載するでしょうね)
a0181059_1093472.jpg

右隅に4枚の翅が入った一番のお気に入り。
a0181059_109563.jpg

昼すぎ、ウラゴマダラシジミはポツポツと現れはじめた。でも、翅を開いてはくれない。
a0181059_939368.jpg

その中の1頭、とまった直後、半分開いた。でも撮れず。がっかりしていたところ、再度の半開翅。半逆光の一番好きなアングル。
a0181059_9391475.jpg

透けた翅と向こう側のブルー。イボタの白い花。残念ながら開翅はここまで。
a0181059_9394620.jpg

3時半が過ぎても、ウラゴは出てこない。諦めて、ウラナミアカシジミの林に行く。この辺はアカシジミよりウラナミシジミのほうが多いのだが、1頭だけ新鮮なアカシジミ。寄りすぎてはいるが、残念ながらこれ以上、後ろに下がれなかった。
a0181059_9584751.jpg

ウラナミアカシジミはすぐに見つかるけれど、木が密生している場所なので、うまく撮れない。
a0181059_9392494.jpg

少し遠かったけれど、Favoniusさんが枝を引き寄せてくれたので、何とか撮影できた。ちらっと見える後翅の表の赤と、縁取りの白線が眩しい。
a0181059_9401077.jpg


都心にある自然教育園で、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミが早々に発生した(Shinさん)。こうしちゃおられんと、Favoniusさんと連れだって、少し遠いところにウラゴマダラシジミを撮りに行った。彼と連れ立ってということは飛翔撮影が目的だったけれど、とても数が少なかく、飛翔撮影のチャンスは1度もなかった。まだ少し早いのかなぁ、と思いつつ、とぼとぼと足取り重く帰路につく。

by otto-N | 2015-05-27 11:54 | Comments(4)

2014.6.13 横浜・ゼフの舞う公園 オオミドリシジミ   2014.6.19 (記)

2914.6.13
2日間続いた雨があがり、快晴。でも、遠い所へは行けず、またポイントの知らぬ悲しさ。とりあえず、ミドリシジミの卍飛翔をもう少し撮るつもりで、横浜に行く。実は、この公園、JR1本とバスで簡単に行くことができる。

ミドリシジミは羽化直とはいかなくなった。ところが、道路際に出てきた少し大きめのシジミ。ウラゴマダラシジミかと思ったが、とまってみると、なんとオオミドリシジミ。メスだった。
a0181059_1651156.jpg

近くを緩やかに飛びまわり、日の当たる葉上で何度も開翅する。残念ながら目より上。半開きの翅がとても美しい。
a0181059_16584723.jpg

翅を開いた後も、落ち着かない様子。日陰にも入り込む。
a0181059_1910223.jpg

そして、道路に降りてきて全開翅。飛び去ってしまったので、ここを離れたけれど、この付近には、その後メスが何頭も出てきて産卵もしたとのこと。この公園で、オオミドリのメスが短時間に複数出てきたというのはとても珍しい気がする。
a0181059_16521660.jpg

日陰にいたウラナミアカシジミ。まだまだ新鮮。
a0181059_16523437.jpg

午後3時をすぎ、日陰で動かないミドリシジミ(メス?)。ハンノキに産卵にやってきたメス。暑いのか開かない。
a0181059_16525486.jpg

卍飛翔が始まったのは午後4時50分。先日よりずいぶん遅い。最初は高いところでバトルし、少しずつ降りてくる。背景が空のほうがピントが合わせやすいと思ったが、かえって難しかった。
a0181059_16532148.jpg

だんだんと低くなるけれど、遠いところばかり。時間がたつにつれ、分離してもすぐまた卍を始める。その間隔が短くなり、参加する個体も増えてきた。最大3組が同時バトル。その中の1組のキラキラをファインダーにとらえシャッターを切る。
a0181059_16533064.jpg

少し近かったので、これ以下は、トリミングなし。でも、かなり暗くなってきたので、色がでない。ピントも合わないけど・・・。
a0181059_1654787.jpg

頭を突き合わせて、卍は続く。17時20分、まだバトルは続いていたが、あまりにも暗すぎ撤収。
a0181059_16534949.jpg


ミドリシジミを撮るために、同じ公園に通ってしまった。もう少し違う場所で撮ればいいものをと思われるかもしれない。でも、朝遅くやって来て、羽化直の開翅を撮影できるポイントは滅多にないような気がする。それ以上に、ここに集まる常連さんがとても親切で、目の前で開翅するかもしれないミドリシジミを待っている間、うだうだ喋っているのが楽しいせいもある。

by otto-N | 2014-06-18 16:49 | Comments(2)

2013.6.18 白金の森 トラフシジミ   2013.6.24(記)

2013.6.18
朝から晴れたので、トラフシジミを探しに自然教育園に行く。

9時開園のとともに園内に入ると、さっそくトラフシジミが飛んでいた。散ったムクロジの花の絨毯の上にとまる。さて、トラフシジミはどこ?。一瞬目を離すとわからなくなる。
a0181059_14155729.jpg

残念ながら第1号のトラフシジミは鳥に後翅をついばまれたらしい。第2号も降りてきたが、開翅せずに行ってしまった。別の場所では第3号。しかし、これも開かなかった。結局、トラフシジミは3個体しか見ずに終わってしまった。そして、尾状突起はついているけれど、縁毛もよく見たら少し擦れていた。春型は1頭しか見なかったのだが、夏型もこれで終わりかという感じだった。
a0181059_1415568.jpg

園内では珍しいベニシジミ。なぜか前翅がとがったウラギンシジミ。丸いウラギンシジミ。ヒカゲチョウも少ない。
a0181059_14233053.jpg
珍客、ウラナミアカシジミ。昨年も1頭だけしか見なかった。さすがに擦れていた。
a0181059_14235870.jpg


2013.6.20
前日は強風で雨。どんよりと曇った朝だったが、日が射すかものしれないと自然教育園に行く。

やってはきたものの空は暗くなるばかり、翅を休めているナミアゲハだけを撮り、トラフシジミのポイントを探すがまるでダメ。そこへ、「暖蝶寒鳥」のごまさんがやってきた。しばらくこの場所にいたけれど、池のほうに移動すると、ヤマトシジミがいた。とまっても開翅はしなかったが、ごまさんがLEDライトを照射すると翅を開いた。照射を止めると閉じる。トラノオにもとまり吸蜜したので珍しいと思いこれを撮影。今年はヒメジャノメも少ない。しばらくすると、雨が降ってきたで撤収。
a0181059_14402596.jpg


2013.6.21
雨の止んだ朝、すぐそばの公園にヤマトシジミを探しに行く。

笹の上で翅を開いているオスを見つける。尻尾(腹部)をたて懸命の日光浴。といっても日は出ていない。ほんのり空が明るいだけだった。
a0181059_14455119.jpg

メスも見つかった。最初の個体は擦れていたけれど、次の個体はとても綺麗だった。見つけたときは、翅を閉じたままだったが、LEDライトを当てると開き始めた。ライトを消しても開いたままだった。
a0181059_14504238.jpg

ほんの少しだけ青鱗粉を載せている個体。曇り空では黒々見え、ヤマトシジミのメスであることを忘れるくらいだった。
a0181059_14511692.jpg


昨年はあれだけたくさん現れ、一斉に開翅した夏型のトラフシジミだが、今年はまるで少ない。まだ一斉開翅する日があるかもしれないが、なかなか厳しい気がする。それにしても、今年の自然教育園はかなり変。
6月にはいり、ヤマトシジミは数を増してきたと同時に、夏型の趣き。オスもメスも曇天のときは綺麗に撮影できる。特にメスの、ほんのわずか青鱗粉を載せた個体は最高だ。

by otto-N | 2013-06-24 15:07 | Comments(2)

2012.6.14 横浜② ウラナミアカシジミ    2012.6.17(記)

2012.6.14 横浜②
昼近くになって、やっとミドリシジミを撮ることができたが、その後は、まるで姿はなし。夕方の卍飛翔を見て帰ることにした。しかし、3時半をすぎても、ミドリシジミは現れなかった。

朝、ミドリシジミが出る場所にいたヒカゲチョウ。久しぶりのヤマトシジミのメス。珍しくドクダミの花で吸蜜した。一瞬、翅が虹色に輝いたが、すぐ飛んでいってしまった。
a0181059_19592137.jpg

池の奥には高い木々に囲まれた原っぱがあり、入り口の木にとまっていたミズイロオナガシジミ。少し風がありボケボケだったが、やっと撮れた。待っていても帰るまで翅は開かなかった。
a0181059_2022724.jpg

この原っぱの中央付近にあった木に、ウラナミアカシジミが隠れていた。葉の間にレンズを入れ撮った。ゆっくりと動き回るので、ときどき前の葉がじゃまになった。
a0181059_2055713.jpg

a0181059_2061998.jpg

風が出てきたせいか、樹上から下に舞い降りてくる個体がいた。黒斑列と黒斑列の間が少し白っぽい。実は、右の尾状突起が半分欠けている。
a0181059_2093558.jpg

尾状突起の欠けがわからないように、左に回り込むものの、絶えず動き回り、なかなか撮らしてくれなかったが・・・
a0181059_2095981.jpg

この日の午後のハイライトは羽化直のシンジュサン。抜け殻の繭にとまったままじっとしていた。左が裏翅、右が逆光だが、表翅。
(蛾は守備範囲外ですが、これを撮っていた方々の中にブログをされている方がおられなかったようなので、写真としては不十分ですが、この日の報告ということで掲載します)
a0181059_20101193.jpg


午後からはミドリシジミの動きはなく、3時半になっても卍は見られず、諦め帰ることにした。その後に見られたとしたらちょっと悔しいが、この公園でのウラナミアカシジミを撮ることができたし、なにより、ミドリシジミの開翅が嬉しい日であった。

この公園で毎日のように顔を合わせたカメラマンの方々、今年も、とても楽しく撮影できました。たいへんありがとうございました。

by otto-N | 2012-06-17 20:40 | Comments(6)

2012.6.8 東京都・栗の花咲く公園① ウラナミアカシジミ    2012.6.10(記)

2012.6.8 東京都・栗の花咲く公園①
横浜の公園では、アカシジミはいてもウラナミアカシジミは極端に少ない。近いところでどこかないかを探したところ、多摩方面の公園にいるらしい。ミドリシジミも棲息しているとのこと。天気もいいので出かけてみた。

開園の9:30に合わせて行ってみると、ご夫婦の方がまだ日が当たっていない栗の木を覗きこんでいた。ここがポイントとのこと。暗くてなかなか見つからなかった。そうこうしているうち、昨年、横浜の公園で一度お会いしたことのあるMさんが見えられ、ウラナミアカシジミなら別の栗の木にいるとのこと。場所を教えてもらい、あわてて、探しに行く。

行ってすぐには、テングチョウとツマグロヒョウモンしか見つからなかった。ダメかなと思ったふと見ると、1頭の少し壊れたウラナミアカシジミを見つけた。2、3回シャッターを押すうち、その少し下にまともなのがいた。栗の花に囲まれてとても綺麗だった。もう少し下なら申し分ないのだが、首が痛くなるほど撮影した。
a0181059_2012959.jpg

少し低いところに来たとき、100ミリマクロで撮ってみたが、やはり遠かった。トリミングしてもシャープであるけれど、なんかつまらない。栗の花のふわふわ、キラキラ感が出ていない。この距離はムリなようだった。
a0181059_2065824.jpg

アカシジミもいつのまにか飛んできていたが、数は少ない。ウラナミアカシジミのほうが多い。ときどき場所を変え、花に潜り込んでしまい見失うが、この画面には3頭も写っていた。
a0181059_20175732.jpg

数いたうち、結局撮ったのは、お腹が大きいのでメスと思われる、近くにいたこの1頭だけ。
a0181059_2013446.jpg
a0181059_20157100.jpg
a0181059_2021551.jpg


栗の花に潜り込むので、顔が隠れ、日のあたり具合が違い露出も難しい、目まぐるしく動くので、とにかく数を撮った。ピントはともかく、栗の花での吸蜜するウラナミアカシジミを堪能した。見上げっぱなしで首が痛くなるほどだった。

(②へ続きます)

by otto-N | 2012-06-10 20:36 | Comments(8)

2011.6.6 横浜 ウラナミアカシジミ    2011.6.7 (記)

2011.6.6
朝から天気がいい。3日前はアカシジミとウラゴマダラシジミを撮るには撮ったが遠かった。2m以内での撮影を目的に、横浜の舞岡公園に行った。

9:00に現地到着。栗が咲いている場所にきたものの気配なし。暑すぎるのかと、その辺をうろつき、ふと栗の木を見るとアカシジミが1頭、木の低いところに潜ったのを見つけた。近くによって覗き込む。すぐにはわからなかった。が、見つけた(左)。これでは、全身はムリと、枝を引き寄せ、片手でマクロ撮影した(下段)。さらに、夕方、飛びぱなしで止まらないウラゴマダラシジミをあきらめ、ダメもとでこの場所を再訪したとき、下草に1頭止まっているのを見つけた(右)。
a0181059_19571474.jpg

少し窮屈だったが、なんとか撮ることができた。
a0181059_1957358.jpg

ミドリシジミ以外の5種がいるという栗林に行ってみると、先客の方がおられた。ミズイロオナガシジミを見かけたので張り込んでいるとのこと。一緒に待つこと10数分。ミズイロオナガが現れ、木陰に止まり動かない(1コマ目)。そのうち、後ろが少し明るくなってきた。縁毛がきれいだ(2コマ目)。
午後、この場所で、ジャノメと遊ぼうかと思って近づいた。ジャノメではなく、ミズイロオナガだった。日影でじっとしているが、ときどき、風にあおられ少し飛んでは近くに止まる(3、4コマ目)。
a0181059_1958324.jpg

寄りすぎたが、新鮮なのでいいでしょう。
a0181059_19585932.jpg

午前、ミズイロオナガが撮れたので、ミドリシジミを捜しにいったが、見つからず、そこで出会ったHackenbackerさんと再び栗林に戻ったところ、「ウラナミアカがいるよ」という声。急いで駆けつけた。声の主はメカロクさんという方らしい。ウラナミアカシジミは初めて見た。撮影のご相伴にあずかる。うーん、なかなか大きくてきれいだ。
a0181059_19594415.jpg

止まっている位置が少し高かったのだけれど、Hackenbackerさんが、枝を引き寄せてくれた。少し逆光になったところも撮った。
a0181059_200568.jpg

この後、少し上のほうに、ウラゴマダラシジミがいた。やはり、あまり明るいとはいえない木陰に止まった。逆光だと、翅が少し透ける。
a0181059_200312.jpg

少し飛んではすぐ止まるので、じっくり撮ることができた。
ウラゴマダラシジミがなぜゼフィルスの仲間なのか疑問に思っていたが、夕方の飛翔を見て納得した。確かにゼフィルスの飛び方だった。
a0181059_2005223.jpg

ゼフィルス以外に撮ったチョウ。
イチモンジチョウ、栗林でテリを張るオオミドリシジミ、じゃなかったルリシジミでした。ベニシジミ。産卵中のゴマダラチョウ。
a0181059_2011022.jpg


この1日で、この公園にいる6種のゼフィルスのうち、4種を撮影できた。残りは、ミドリシジミとオオミドリシジミ。ミドリシジミは発生が遅れているらしい。
またもや、Hachenbackerさんに助けられた。いつもありがとうございます。そして、メカロクさん他、舞岡公園のみなさん、いつも親切にしていただいて、本当にありがとうございます。

by otto-N | 2011-06-07 20:58 | Comments(20)