たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミシジミ ( 36 ) タグの人気記事


2017.10.23 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.10.26 (記)

2017.10.23
台風が過ぎ去った朝、空は曇っており風もなかった。10時すぎ、ふと外を見ると晴れてきたので100ミリを持って外に出てみる。しかし、時々、前に進めないほどの凄まじい風。これではチョウは出てこないなと思ったが、いつもの花壇に行ったところ萩に数頭のウラナミシジミが飛び回っていた。♂はおらず擦れた♀ばかりだったが、1頭だけがまだ美形だった。
a0181059_10085928.jpg


擦れてはいるけれど、この1頭は部分的に青く輝いていた。構造色で輝くのは翅の内側だがそれとは位置が違っている気がする。
a0181059_09065884.jpg


冒頭の1頭は時々姿を現したが、角度を変えても青くは輝かなかった。
a0181059_10144627.jpg


強風は相変わらずだったが気温が上がったせいか、集まるチョウが増えてきた。吸蜜源は萩の他は、野生種のノコンギク。顔なじみになった花壇の世話をしている女性に尋ねると、野生種も色々植えているとのこと。確かに、ゲンノショウコも咲いているし(4コマ目)、このキタキチョウはその前にカワラナデシコで吸蜜していた。カタバミも少し残してもらっているし(感謝)、オミナエシの黄色も見事だった。
a0181059_09112661.jpg


そのカタバミで育ったヤマトシジミ。この時期になると、日射しが強くても翅を開いてくれる。やはり低温期型の♂は美しい。(そのうち飽きるとは思いますが)
a0181059_09120265.jpg


青くなった♀がやって来たが、日射しが強く奇麗に撮れなかった。
a0181059_09122449.jpg


今年はここではヒメアカタテハが多い。アカタテハに較べると翅の傷みが少ないのは気がせいか。チョウに風で揺らぐ木漏れ日がかすかに当たる瞬間を待って撮る。いい感じだった。
a0181059_09124188.jpg



午後3時半、いい感じの雲が浮び、左から右(北から南)に流れていく。2画像をつないだが、やはり建物の垂直が変。それぞれ勝手な方向を向いている。撮影位置を工夫する必要がありそうだ。右側の青空と中央のクレーンの上に小さな染み。センサーが汚れているようだ。たまには青空を写さないと気がつかない。数年前、アフリカに行った時、センサーが汚れてしまい、写真に写った無数の斑点をエレメントで消すのに苦労したことがある。ペンタックスのセンサークリーニングキット「O-ICK1」をこの後すぐに購入した。センサーの汚れを棒の先のシリコン樹脂(?)にペタペタと付着させ取り除く方式。簡単で便利で安いです。
a0181059_09315137.jpg




by otto-N | 2017-10-26 16:38 | Comments(0)

2017.10.12 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.10.18 (記)

2017.10.12
10月に入ったにもかかわらず晴れて暑い日が続く。21ミリだけを持って近所を散歩する。ヤマトシジミは傷んだ個体ばかりなので撮る気も起らず、いつもの場所に行くと、花壇の小さな菊(ノコンギク)にアオスジアゲハが来ていた。一面の花を背景に飛んでいる所を狙うが、花との距離が近すぎチョウが目立たなくなってしまう。
a0181059_20122035.jpg


このくらい花と離れるといい感じになる。
a0181059_12433926.jpg


アオスジアゲハは近寄るだけで逃げてしまう。撮ることができたのは、ちょっと鈍感な個体だけ。置きピン30~40cmでも後ろ姿が精一杯だった。また、この距離では自分の日陰になることが多く、シャッターを切るタイミングを逸してばかりいた。10月に入ると思った以上に、昼でも太陽が低い。
a0181059_12161475.jpg



もう少し翅が広く写って欲しかったが、こればっかりは運まかせ。
a0181059_12503523.jpg


ウラナミシジミとヤマトシジミが1ヵ所しかない萩に集まっていた。たくさんあるよりチョウが集中する。ときどき3つ巴になって絡むが片割れしか撮れなかった。
a0181059_12041268.jpg



もう1つの狙いは♀の表翅の構造色。ブルーがいい感じに写っていたけれど、チョウの位置が下端。しかたがなく大きくトリミングした。
a0181059_20491627.jpg



11時半をすぎ、引き揚げようとした時、目の前にホバリングする小さなムシ。咄嗟に25cmに距離リングを回す。
a0181059_12061138.jpg



ピントが合っているかどうかわからなかったが連写し続けた。さながら空飛ぶクリオネ。
a0181059_12092239.jpg


最後に正面顔をどアップで。しかし、大きさは数ミリ、ちょっと苦しい。
a0181059_12104570.jpg


葉の上にとまったので、AFに切り替え撮影。後で調べてみると、どうやらウリハムシの類らしい。
a0181059_12113843.jpg





by otto-N | 2017-10-18 16:51 | Comments(0)

2017.9.29 東京・中目黒 ウラナミシジミ   2017.10.8 (記)

2017.9.29
前日は雨。朝から晴れた徒歩20分の公園。ウラナミシジミがまだ奇麗なうちにと出かける。しかし、擦れ個体が多く飛翔さえ撮る気が起らなかった。しばらくすると珍しく新鮮なクロアゲハがやって来たので急いで順光側に駆け付ける。花壇の花がいい感じに撮れた。
a0181059_11094288.jpg


パタパタやっている後ろに回る。
a0181059_11113854.jpg


アゲハチョウもやってきたが、なかなか落ち着かない。
a0181059_11131973.jpg


どうやら引き上げようと思った11時すぎからこの花には集まるようだ。
a0181059_11153918.jpg


晴れて少し気温が高いせいか、ヒメアカタテハさえ翅を全部開かなかった。
a0181059_11162337.jpg


この紫の花にウラナミシジミが集まり飛び交う。この日はセセリは少なかった。
a0181059_11464500.jpg
a0181059_11190397.jpg



道路をはさんだクズにも少し♀がくるが、逆光なのでなかなか撮れない。まばらに咲く百日草にも吸蜜していた。
a0181059_11201947.jpg


ちょっとピンぼけだし、右ではなく左にチョウが入ってしまったのだが、形がよかったのでまあいいとします。
a0181059_11232776.jpg


ピンはきていた。ただし、翅がギラギラしすぎた。晴れているとやむをえないのかもしれない。
a0181059_11234803.jpg



by otto-N | 2017-10-08 16:26 | Comments(0)

2017.9.26 東京・中目黒 翅の中にレインボウ Ⅱ   2017.10.2 (記)

2017.9.26
所要があったついでに中目黒の公園に寄る。この公園の花壇はなかなか派手でチョウも集まる。花壇の一角にベニシジミが飛んできた。晴れて暑いせいか翅を閉じたままだったので、日陰を作ったら半分だけだが、翅を開いてくれた。夏から秋の装いだったが、翅の付け根の輝きにびっくりした。虹色にきらきら輝く。ただ、日陰だとあまり虹色に輝かない。日陰を外すとすぐ翅を閉じる。日陰を作り開翅させ、翅を閉じる前までが勝負。絞りを変えたりしながら、飛び去るまで30分間に200回のシャッターを切った。しかし、F4.5以下では眼と前翅縁にピンが来たのは1枚もなく、がっかりであった。この虹色ベニに遭遇したのはこれで2回目。前回は昨年11月のこの公園。今回も縁毛にはスレがあったが、羽化直に近い個体と思う。
a0181059_15222916.jpg


花壇に飛んでいたヤマトシジミは少し青くなっていた。ヒメアカタテハは今秋はよく見る。キタテハは意外と都心では少ない。
a0181059_16123967.jpg


暖色系の花の花壇。イチモンジセセリが飛び交っていたので、花いっぱいの背景を目論んだけれど、チョウが地味すぎて存在感なし。ヒメアカタテハも負けてしまった。
a0181059_16143919.jpg


何気なく撮った1枚だけがファンタスティック。
a0181059_16210125.jpg


公園の入口付近に毎年咲くシソ科と思われる青紫の花にはセセリとウラナミシジミが集まる。セセリはイチモンジだけと思ったのだが、この時間帯はチャバネセセリが圧倒的に多かった。
a0181059_16290420.jpg


ウラナミシジミはさすがにボロい。飛翔もあまり壊れているものは最初から撮らず。ピントが合わないのでそんな贅沢は言ってられないのではあるが、花だけ写っても面白いものではなく、やはり、その向こうの風景が欲しいところ。(左が抜けているのですが撮れなかっただけ)
a0181059_16224839.jpg


横ばかり撮れてしまった。「撮った」のではない、「撮れてしまう」のだ。横方向からではこんな画像ばかりになってしまう。
a0181059_16352038.jpg


気持ちいいジャスピンの♀。しかし、構図が悪く、トリミングのしようがないので、これもそのままノートリ。
a0181059_16371796.jpg


飛翔撮影がメインなので、右手首に21ミリをぶら下げたままのマクロ撮り。ウラナミシジミは風にたなびく尾状突起が写らないと様にならない。何枚か撮り、尾突が写っているものを選ぶのだが、逆風の時は全くダメ。♀は花では開かず、近くの葉上で開くものが多かった。
a0181059_16405045.jpg


不思議な色をした♂。
a0181059_16454525.jpg


風にあおられ少し位置を変えた。
a0181059_16461556.jpg




by otto-N | 2017-10-02 18:13 | Comments(0)

2017.9.22 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.9.28 (記)

2017.9.22
この日も曇り。日課となった朝の散歩。曇っているとてきめんに蚊が出て来るので、防虫スプレーと刺された時のムヒが欠かせない。いつもの花壇に行ってみると、どういうわけかイチモンジセセリはほとんどおらず、背丈の低い小菊にウラナミシジミがきていた。
a0181059_10441205.jpg


少し明るくなったので翅を拡げ始めた。ただ、花な密集したこの小菊の植え込みは、意外と撮りにくい。チョウはともかく、花弁が欠けていたり枯れた花が残っており、それらを写し込まないように注意するがそうもいかない。どうやら少し盛りの過ぎた花が好きなようだった。
a0181059_10445290.jpg


それと、花がすぐ白とびしてしまう。曇っていなければ完全にアウトだ。
a0181059_10495820.jpg


花の密集部分から離れてくれたほうがいい感じだった。
a0181059_10523997.jpg


♀は♂に時々追いかけられていたが、萩から離れなかった。後で画像を見ると卵が写っていたが、孵化し幼虫になっても冬越しはできないのだろう。
a0181059_10564809.jpg


ウラナミシジミの他にヒメアカタテハが小菊の植え込みから離れない。
a0181059_10581201.jpg


すぐ全開するので、背景を選ぶだけで撮っていてもすぐ飽きる。後ろはウッドデッキ風になっている。
a0181059_10583963.jpg


やっと好みの場所に来てくれた。植え込みの端には真っ白ではなく少し紫がかった花が咲いている。
a0181059_11015088.jpg


数頭のモンシロチョウがオミナエシにきていた。菜の花とは違うがなかなかいい。(菜の花よりいいかも)
a0181059_11060500.jpg


さて飛翔のほうはというと、PCで画像チェックするたびに自己嫌悪に陥る。目が疲れシャッターユニットが死に近づくだけだ。惰性でカシャカシャやっているような気がする。今回は、背景に一面の小菊のはずだったが、花がうるさすぎチョウが目立たなくなってしまった。
a0181059_11093472.jpg



ほとんど吸蜜で動かないし、飛んでもすぐ隣りに移って吸蜜するので、飛び立たせ撮り。でも、ポーズ的に自然な感じで撮れない。その逆もあり、2コマ目ときたら、静止を撮ったのとおんなじだ。
a0181059_11110819.jpg


上の4コマ目より後ろが広く写っているので、脚が折りたたまれてないが、こちらのほうがいいだろう。道路にクルマが通っていなかったのがちょっと残念だった。
a0181059_11160498.jpg



by otto-N | 2017-09-28 16:42 | Comments(0)

2107.9.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.9.25 (記)

2017.9.25
9月の日課となってしまったSビールの花壇。萩にウラナミシジミが少し来ていた。
a0181059_13572862.jpg

時々♀♂が絡むが、簡単に撮れるようで撮れなかった。構図的にもいい場所ではないし、ピントも甘すぎいいところなし。(今後のための忘備録です)
a0181059_13593851.jpg


黄色いオミナエシより萩かこの菊の花が好きなようだった。
a0181059_14030933.jpg


この♂はとても小さかった。しかし、強かった。近くにやって来る別な大きな♂をことごとく追い払い舞い戻って来た。
a0181059_14025471.jpg



前翅の表が少しだけ擦れていたが、なかなか雰囲気のある絵となった。
a0181059_14072624.jpg



by otto-N | 2017-09-25 16:54 | Comments(0)

2017.9.13 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2017.9.23 (記)

2017.9.13
9月中途半端な季節。こういう時は近くに限る。少しだけ咲いている彼岸花にはクロアゲハが来たが一瞬だった。教育園にはモンキアゲハが異常に多かったようだが、約1km離れただけのこちらにはほとんどやって来ない。新顔はウラナミシジミだけ。
a0181059_14233682.jpg


2017.9.14
たくさん出ているイチモンジセセリと遊ぼうかと、ガーデンプレースのサッポロビール前に出かける。センター広場の特設花壇には、今年は花が違うせいか、チョウは全く集まっていない。
a0181059_14245250.jpg


この日は新しいLEDライトの試験。主に日陰と逆光のイチモンジセセリを撮った。以前に使っていたものよりも少し明るい。上は日陰で撮った画像。花と顔がほんのりと明るい。下は逆光。さすがに全体は明るくならないが、縁毛が透け、かつ、顔の周りの微細な毛が表現できたようだ。
a0181059_14443743.jpg


これも逆光。なかなかよく撮れた。
a0181059_14493374.jpg


セセリファンには申し訳ないけれど、ギンイチ以外、セセリの静止を撮ってかわいいと思ったことはあまりなかった。ただ今回、イチモンジセセリを色々撮ってみて、大きな目の周囲にアイラインのように白い縁取りがあるのに気がついた。これが写っているのといないのでは印象が大きく違う。以下、縁取りがうまく写っていたもの。目元パッチリだと、とたんにかわいくなる。
a0181059_14552681.jpg


日陰で半逆光のイチモンジセセリ。本来キツイ色のバーベナの花だが、柔らかい色になった。
a0181059_14550851.jpg


ここでは珍しいベニシジミ。すでに秋の姿だった。大写しすぎたが、草の間にレンズをこじ入れたので仕方がない。
a0181059_15011726.jpg


一度花から出てきたが、すぐ花の間に潜り込んでしまった。開翅を撮りたかったのに残念。
a0181059_15031510.jpg



2017.9.15
この日は飛翔撮影に励んだのだが、結果は以下の2枚だけ。やはり日陰だと明るくは撮れない。
a0181059_15085686.jpg


翅の肩に光が当たったのは良かったが構図的にどうしょうもなく、縦にトリミングした。
a0181059_15104734.jpg


飛翔撮影はうまくいかないので嫌気をさし静止撮影に逃げこむ。
a0181059_15183411.jpg


背景を黄色に重ねるとド派手になってしまったが、鞭のように長いストローをしなやかに繰り出す姿はセセリの魅力だろう。
a0181059_15202590.jpg


これはチャバネセセリ。黄色一色(たぶんオミナエシ)の背景もいい感じだ。
a0181059_15241955.jpg


ハギの植栽が近くにあり、♀がときどきやって来て産卵していた。産卵直後の卵は緑色のようだ。
a0181059_15261230.jpg




by otto-N | 2017-09-23 16:18 | Comments(2)

2016.11.4 東京・恵比寿 (1)ヤマトシジミ   2016.11.10 (記)

2016.11.5
今日も近くのヤマトシジミ。最初に現れた青いメス。とても新鮮。青鱗粉部分は微妙な色彩だった。
a0181059_14525989.jpg

黒いメスは風格を感じさせる。
a0181059_14535522.jpg

イソギクに移動し、すぐ開翅。翅を微妙にパタパタさせると微妙に色が変わる。
a0181059_1454207.jpg

イヌタデで吸蜜するメタリックブルー。
a0181059_151265.jpg

しかし、光を反射しなければ、ただの青メス。日陰に入ると、全く感じが変わる。
a0181059_1513770.jpg

4個体目はあまり撮らせてもらえなかった。
a0181059_1591794.jpg

5個体目は大型。オスに絡まれ逃げ去ってもすぐに舞い戻ってきた。
a0181059_15114674.jpg

アベリアにはあまりヤマトは吸蜜に来ない。
a0181059_15113618.jpg

これは大きいと思ったらウラナミシジミ。メスはともかく、オスはこの時期としてはとても新鮮だった。
a0181059_1454981.jpg

夏と秋の中間型のオス。黒い縁取りが厚い。
a0181059_15213332.jpg

真夏だと、灰色がかったブルーだが、かなり白い。
a0181059_15212364.jpg

気温が上がり、とまらぬオス。
a0181059_16272394.jpg

昼食後にまた出動。黒いメス。新鮮だとつい後を追ってしまう。
a0181059_1515415.jpg

少しは青鱗粉が載っているが、中途半端でないのがいい。角度によって虹色が出るが写しとれず。
a0181059_1515317.jpg

この日の問題児。細かな青鱗粉が薄く載り、後ろ翅の斑紋は丸くなく、四角形。縁毛は薄茶色。初めて見た気がする。
a0181059_16162519.jpg

もう少しいい背景で撮りたかった。
a0181059_16163468.jpg

午後2時が過ぎただけなのに、だいぶ日が傾いてきた。自分の影になりアングルを選べない。
a0181059_16215053.jpg



   

by otto-N | 2016-11-10 20:50 | Comments(0)

2016.9.29 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2016.10.5 (記)

2016.9.29
少し晴れたので散歩に出る。Sビール前も飽きてしまったけれど、犬も歩かないと棒にも当たらない。

花壇にはほんの少しだけ、小さな花がカスミソウのように咲く、高さが30cmくらいの花があり、ときどきヤマトシジミが吸蜜しているが、この日のヤマトシジミは擦れていたので撮る気もなく、ぼんやり見ていたら、オスのウラナミシジミが飛んで来た。2、3ショット撮っただけいなくなったがメスがすぐやってきた。
a0181059_16145240.jpg

ウラナミシジミ♀の一番のチャームポイントは、尾状突起の根元にある大きな2つの紋。翅の地色がくすんでいるので、白く縁取られた紋はよく目立つ。
a0181059_1615910.jpg

チャームポイントの2番目いうより、こちらの方が一番かもしれない。飛び立つ時に撮れるピンボケ写真で素晴らしく輝く前表翅の青い構造色(?)。一番輝く位置を探すが、輝くのは一瞬。撮り損ねてばかりいた。ピントが合うと輝かないのか?
a0181059_16151829.jpg

もう少し、背丈のある花だといいのだが、膝に痛くなる苦しい体制。飛ばれてしまっては元も子もないので大事に大事に撮り続けた。
a0181059_16153010.jpg

もう少し前から撮りたかったけれど、ここは花壇。これが精一杯だった。
a0181059_16154267.jpg
この白い小さな花の名前は何だろう。「庭のチョウ」の花に推薦したいです。


   

by otto-N | 2016-10-05 16:48 | Comments(2)

2016.9.28 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2016.10.4 (記)

2016.9.28
Sビール本社の花壇は、近頃、以前ほど熱心に手入れされてなく、ちょっと淋しい。一時、ドクダミに占拠され、なんとか退治できたのだが、その後はそのままの状態。それはそうとして、この花壇を覗くと、何かしらのチョウがいる。この日は、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミなどなど・・・

秋になると咲くシソ系と思われる赤紫の花は、いつもはうるさいくらいの花をつけるが、今年はまばら。しかし、そのほうが、かえって訪れるチョウを撮りやすい。イチモンジセセリが多いが撮り飽きてしまい、時々やってくるウラナミシジミを少し撮る。

花壇なので一番手前に来たときしか撮れないのだが、チョウより後のボケが主役。
a0181059_13551676.jpg

赤いボケは終りかけた彼岸花。枯れかかっていても利用価値大。
a0181059_13555225.jpg

逆光だったが、何とか補正。
a0181059_13554056.jpg



2016.9.29

翌日のヒメアカタテハ。えっ。この色は何!なぜこんなに赤い?
a0181059_15455640.jpg

調べたら、ホワイトバランスが「CTE]という所に動いていた。いつもは、晴れ曇りにかかわりなく、「晴天」。カメラ付属のソフトで「晴天」に戻すと、やはり自然な感じになった。でも、「CTE]は紅葉に使ってみよう。
a0181059_15441033.jpg

a0181059_15391813.jpg


by otto-N | 2016-10-04 18:40 | Comments(0)