「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミシジミ ( 29 ) タグの人気記事


2016.11.4 東京・恵比寿 (1)ヤマトシジミ   2016.11.10 (記)

2016.11.5
今日も近くのヤマトシジミ。最初に現れた青いメス。とても新鮮。青鱗粉部分は微妙な色彩だった。
a0181059_14525989.jpg

黒いメスは風格を感じさせる。
a0181059_14535522.jpg

イソギクに移動し、すぐ開翅。翅を微妙にパタパタさせると微妙に色が変わる。
a0181059_1454207.jpg

イヌタデで吸蜜するメタリックブルー。
a0181059_151265.jpg

しかし、光を反射しなければ、ただの青メス。日陰に入ると、全く感じが変わる。
a0181059_1513770.jpg

4個体目はあまり撮らせてもらえなかった。
a0181059_1591794.jpg

5個体目は大型。オスに絡まれ逃げ去ってもすぐに舞い戻ってきた。
a0181059_15114674.jpg

アベリアにはあまりヤマトは吸蜜に来ない。
a0181059_15113618.jpg

これは大きいと思ったらウラナミシジミ。メスはともかく、オスはこの時期としてはとても新鮮だった。
a0181059_1454981.jpg

夏と秋の中間型のオス。黒い縁取りが厚い。
a0181059_15213332.jpg

真夏だと、灰色がかったブルーだが、かなり白い。
a0181059_15212364.jpg

気温が上がり、とまらぬオス。
a0181059_16272394.jpg

昼食後にまた出動。黒いメス。新鮮だとつい後を追ってしまう。
a0181059_1515415.jpg

少しは青鱗粉が載っているが、中途半端でないのがいい。角度によって虹色が出るが写しとれず。
a0181059_1515317.jpg

この日の問題児。細かな青鱗粉が薄く載り、後ろ翅の斑紋は丸くなく、四角形。縁毛は薄茶色。初めて見た気がする。
a0181059_16162519.jpg

もう少しいい背景で撮りたかった。
a0181059_16163468.jpg

午後2時が過ぎただけなのに、だいぶ日が傾いてきた。自分の影になりアングルを選べない。
a0181059_16215053.jpg



   

by otto-N | 2016-11-10 20:50 | Comments(0)

2016.9.29 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2016.10.5 (記)

2016.9.29
少し晴れたので散歩に出る。Sビール前も飽きてしまったけれど、犬も歩かないと棒にも当たらない。

花壇にはほんの少しだけ、小さな花がカスミソウのように咲く、高さが30cmくらいの花があり、ときどきヤマトシジミが吸蜜しているが、この日のヤマトシジミは擦れていたので撮る気もなく、ぼんやり見ていたら、オスのウラナミシジミが飛んで来た。2、3ショット撮っただけいなくなったがメスがすぐやってきた。
a0181059_16145240.jpg

ウラナミシジミ♀の一番のチャームポイントは、尾状突起の根元にある大きな2つの紋。翅の地色がくすんでいるので、白く縁取られた紋はよく目立つ。
a0181059_1615910.jpg

チャームポイントの2番目いうより、こちらの方が一番かもしれない。飛び立つ時に撮れるピンボケ写真で素晴らしく輝く前表翅の青い構造色(?)。一番輝く位置を探すが、輝くのは一瞬。撮り損ねてばかりいた。ピントが合うと輝かないのか?
a0181059_16151829.jpg

もう少し、背丈のある花だといいのだが、膝に痛くなる苦しい体制。飛ばれてしまっては元も子もないので大事に大事に撮り続けた。
a0181059_16153010.jpg

もう少し前から撮りたかったけれど、ここは花壇。これが精一杯だった。
a0181059_16154267.jpg
この白い小さな花の名前は何だろう。「庭のチョウ」の花に推薦したいです。


   

by otto-N | 2016-10-05 16:48 | Comments(2)

2016.9.28 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2016.10.4 (記)

2016.9.28
Sビール本社の花壇は、近頃、以前ほど熱心に手入れされてなく、ちょっと淋しい。一時、ドクダミに占拠され、なんとか退治できたのだが、その後はそのままの状態。それはそうとして、この花壇を覗くと、何かしらのチョウがいる。この日は、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミなどなど・・・

秋になると咲くシソ系と思われる赤紫の花は、いつもはうるさいくらいの花をつけるが、今年はまばら。しかし、そのほうが、かえって訪れるチョウを撮りやすい。イチモンジセセリが多いが撮り飽きてしまい、時々やってくるウラナミシジミを少し撮る。

花壇なので一番手前に来たときしか撮れないのだが、チョウより後のボケが主役。
a0181059_13551676.jpg

赤いボケは終りかけた彼岸花。枯れかかっていても利用価値大。
a0181059_13555225.jpg

逆光だったが、何とか補正。
a0181059_13554056.jpg



2016.9.29

翌日のヒメアカタテハ。えっ。この色は何!なぜこんなに赤い?
a0181059_15455640.jpg

調べたら、ホワイトバランスが「CTE]という所に動いていた。いつもは、晴れ曇りにかかわりなく、「晴天」。カメラ付属のソフトで「晴天」に戻すと、やはり自然な感じになった。でも、「CTE]は紅葉に使ってみよう。
a0181059_15441033.jpg

a0181059_15391813.jpg


by otto-N | 2016-10-04 18:40 | Comments(0)

2016.9.27 東京・東京駅八重洲口 ヤマトシジミ   2016.10.2 (記)

2016.9.27
近くでヤマトシジミ撮っていたら雲が厚くなり撮影を中止したが、雨は降りそうにもなく、夏には皆無だった銀座でもヤマトシジミは増えているかもしれないと、出かけてみる。11時、地下鉄の銀座で地上に出てみると、かなりの人出。観光客がほとんどと思う。多くの人は上を見ながら歩いているが、車道と舗道の間の花壇を見て歩く。4丁目付近の花壇にはしっかりとカタバミが残されていた。吸蜜できそうなオレンジ色の花も植えられていた。しかし、またしてもゼロ。そのまま、東京駅のほうに向かう。昨年はヤマトシジミがたくさん飛んでいた銀座のはずれの場所もゼロ。曇りということもあるが、交通量が多く排気ガスのせいなのかもしれない。

昨年来た時、東京駅の八重洲口には何もいなかったが、黄色い花の咲く植え込みにチョウの姿を発見。近づくと、ウラナミシジミ。その傍にヤマトシジミも飛んでいた。カタバミもそこそこあった。
a0181059_201205.jpg

空は、相変わらずの曇り空。LEDライトを点け、F3.2解放で撮る。
a0181059_2012982.jpg

この場所は、タクシー降車口。2~4コマ目の車は同じだが、連続写真ではない。違法に近い車が長い時間停まっているだけ。
a0181059_20121975.jpg

途中で急に晴れてきた。少し絞る。絞り解放だと、さすがに一部しかピントが来ないのでやれやれ。
a0181059_20193295.jpg

黄色い花の植え込みは3か所。背景を考えて撮るのだが、ビルと車が写るだけで面白みに欠ける。
a0181059_20204814.jpg

ウラナミシジミのメスの構造色を撮りたいのだが、なかなかピントが合わなかった。
a0181059_2020383.jpg

連続する2コマ。
a0181059_20194265.jpg

もう1回。連続2コマ。2コマ目は、同一個体か、追いかけている個体かは不明。
a0181059_2020717.jpg

イチモンジセセリも多かったが撮り飽きていたのでスルー。その代わりチャバネセセリ。途中、八重洲地下街で昼食し、再び、地上へ。
a0181059_20195573.jpg

結局、八重洲口らしい風景は撮れないまま終わった。丸の内側ほど特徴がないのは仕方がないが、このポイントは駅ビルに近すぎる。
a0181059_2021248.jpg

最後にヤマトシジミ。実に、この日、ショット数は2000を超えた。過去最大で、どうしーよーもない画像ばかり。暗い時は撮っても仕方がない。K-3のシャッターユニットはいつまで持つか・・・
a0181059_20211410.jpg

この黄色い花は、ユーリオプス デージーと言うらしい。キク科の常緑低木。南アフリカ原産。秋から冬に咲く手入れ不要の安直な花のようだ。100ミリマクロも持っていた。
a0181059_2243560.jpg

新鮮なのはメスだけと思っていたが、オスも奇麗だった。しかし、なかなかいい角度で撮らせてくれない。
a0181059_2244883.jpg

ヤマトシジミ♂。黄色のボケが最大になるアングルを探す。
a0181059_2242265.jpg

羽化直らしいピカピカのヤマトシジミ♀。明るい色の花の上では、この表翅の漆黒を表現するのは難しい。
a0181059_22526.jpg

これからじっくり撮ろうかと思った時、オスに見つかり飛び去ったが、近づくとすでに交尾が成立していた。その気のあるメスは1発で交尾する。
a0181059_2251588.jpg

吸蜜しながら開翅するオス。そろそろ、気温が低い時期であることは確かだ。
a0181059_2252640.jpg



   

by otto-N | 2016-10-02 18:24 | Comments(0)

2015.10.13 東京・恵比寿Sビール本社前 ヤマトシジミ   2015.10.20 (記)

2015.10.13
午前の散歩。この場所に毎年植えられる苺の形に似たセンニチコウに摺れたヤマトシジミのオスが群がっており、その中にメスもいた。ただ、この光の中では奇麗に撮れないし、このどぎついピンクはどうもいけ好かない。
a0181059_1654633.jpg

逆光のアオスジアゲハ。背景はウエスティン。(しかし、これだけじゃウエスティンとはわかりません)
a0181059_1721787.jpg

キタキチョウを撮るが、やはり、オスもメスも晴れていると色が出ない。オスはときどき近くの葉上で休んでいたが、メスは吸蜜に貪欲だった。晴れていると飛翔写真は気持ちがいいけれど、背景がつまらないのでマイナス査定で一挙9枚組。
a0181059_16541874.jpg

午後の散歩。朝、花壇にウラナミシジミが来ていたが、尾っぽが1本欠けていたので、あまり撮る気になれず。でも、今年は全然撮っていないことを思い出し、別の公園に行ってみた。オスが2頭というところ。これも花壇なのでいい位置には踏み込めなかったのだけれど、背景の色を少しずつ変えながら撮る。
a0181059_16543297.jpg

少し広角で飛翔を撮ってみるが、すぐとまってしまう。花から花に移るところを狙うがなかなかうまくいかない。この濃い紫の花は紫蘇系だと思う。鮮明に撮るとあまり奇麗ではない。
a0181059_1713760.jpg

花壇のチョウはやはりマクロに限る。背景が美しい。
a0181059_16545042.jpg

これからというとき、日が傾きビルの日陰に入ってしまい、お終い。秋の日は短い。

by otto-N | 2015-10-20 20:20 | Comments(2)

2015.6.4 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.11 (記)

2015.6.4
雨が降った翌日、ミドリシジミの撮影を目的に横浜の公園に行ってみる。今年初めてだった。

いつもの池のポイントに立ち寄ったけれど、ミドリシジミは見つからず、ウラゴマダラシジミもいないだろうと思っていたが、ウラゴは飛んでいた。そのポイントの入り口にある大きな木を見上げたら、ルリシジミに混じってウラゴも吸蜜していた。その横に、オオミドリシジミ。残念ながら、すぐ、後ろに引っ込んでしまった。ウラナミアカシジミもゆっくり吸蜜していた。
a0181059_207116.jpg

もう一つの羽化直開翅の観察されるポイントにも、まるで見つからず、この2つのポイントを行ったり来たりする。そのうち、メスが何頭か見つかった。
a0181059_19042100.jpg

翅を開いたものもいたが、ことごとくO型だった。
a0181059_2072857.jpg

羽化直のO型は人気がないが、どうしてどうしてとてもきれいだと思う。日陰だと、このチョコレート色にしびれるのだが。
a0181059_2074374.jpg

午後3時半。オスのテリ張りが始まる時間だ。何頭かオスがチラチラ飛び始め、高い木に上で開翅を始める。残念ながら、撮ってもあまりにも小さくしか写らない。集まったみなさんがやきもきする中で、低めのところに突然やって来て開翅したのがいた。メスにしてはちょっと変。撮影中にわかったのだが、意外や意外、ムラサキツバメのオスだった。
a0181059_20105516.jpg

4時すぎ、オスが集まり始め、卍飛翔が始まるが、長くは続かず、すぐにばらけてしまう。ばらけた後は、また同じような場所に戻り、翅を拡げる。しかし、目より高い位置ばかりだった。半開翅だとよいのだが、全部開いてしまうと、こちらからは輝く緑は少ししか見えない。以下、300ミリでの撮影。横4896ピクセルを半分の2448ピクセルで切り出した。いかに高くて遠いところで開翅したか判ると思います。
a0181059_2075551.jpg

これは少し近かった。
a0181059_2082377.jpg

みなさんの期待もむなしく、なかなか低いところへは来てくれない。それでも、翅を開くたびにシャッター音が鳴り響く。どんどん、空は暗くなり、色も出ない。ISOは1600。
a0181059_207598.jpg


比較的下に来たのは1回だけ。やはり、暗くて本来の色が出ておらず、この時間帯では開翅してもダメかもしれない。
a0181059_1912315.jpg


午後4時30分、卍の宴はたけなわ。しかし、帰らなければならなかったので、残念ながら撤収した。

by otto-N | 2015-06-11 21:05 | Comments(0)

2014.10.27 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.10.31 (記)

2014.10.27
晴れた日は(曇った日もだが)、午前中は散歩が原則。Sビール本社前の花壇はあまりいい状態ではないけれど、ヤマトシジミの1つや2つはいるだろう。

ヤマトシジミのオスはチラチラしているのだが、目についたのはウラナミシジミ。スレばかりの中にも少しは傷んでないものもいた。並べてよく見るとこの4枚は同じ個体だった。なあーんだという感じ。
a0181059_2012883.jpg

低い位置にしかとまらないので裏がなかなか撮れなかった。透けた裏が一番好きかもしれない。
a0181059_20143272.jpg

ウラギンシジミの新鮮なメス。アゲハも何頭か来ていた。
a0181059_20121949.jpg

ヤマトシジミがとまったので、後ろから撮る。冒頭1コマ目のウラナミシジミと同様、イヌタデのボケを狙ってみたのだが、少し寄りすぎた。
a0181059_20152625.jpg

ここは花壇。なかなか近くにはとまらないオスをなんとか撮ろうと思っていたところ、メスがふらふら飛んできた。ちょっといい感じ。
a0181059_20154410.jpg

近くで吸蜜するかと思ったらそうはせず、手入れの悪い場所にとまったので、入ってみる。しばらく待つと開翅。スーパーブルーではないが、日影だったのでとても綺麗。ドクダミの葉はもっと明るい色なら嬉しいのだが、せっかくのハート形がもったいない。
a0181059_2019435.jpg

飛ばれて見失ったが、また見つけた。今度は日の当たる葉の上。また、開翅するだろうとしばらく待っていたら、少しずつ開き始めた。この位置から撮ると絶品。
a0181059_20133230.jpg

何とかして前の方に回り込む。日射に負けない濃いブルーだった。
a0181059_20193443.jpg

この日もフライング・バタフライは不出来。アゲハチョウのバトル。ゆっくりと飛んでいるので気がつかなかったが、結構激しい。脚を伸ばして相手に掴みかかろうとしている。ひょっとしたら上に回り込んだほうが勝ち?そうならば戦闘機と同じだ。
a0181059_20135138.jpg

ウラナミシジミはさすがに速い。撮れるとしたら花にまとわりついている時ぐらい。4コマ目はヤマトシジミ。
a0181059_20141020.jpg


珍しいチョウはいないSビール本社の花壇だが、高台にあるせいか、それなりにチョウが集まってくる。花壇なので撮影の制約が大きいし、犬の糞も転がっているので要注意だが、2時間くらいはあっという間に過ぎてしまう。花壇のドクダミはだいぶ引き抜かれたが、また蔓延ってしまった。そのときに、一緒に引き抜かれたカタバミはなかなか回復してこない。年々ヤマトシジミが少なくなっているような気がしてならない。

by otto-N | 2014-10-31 21:10 | Comments(0)

2014.10.17 東京・白金の森 アサギマダラ   2014.10.22 (記)

2014.10.17
晴れたけれど、ちょっと暑すぎるのでムラサキは出ないと思うが、その確認に行く。しかし、ムラサキツバメが1頭だけ降りてきた。でも、すぐ樹上へ。その後はムラサキシジミさえ現れなかった。

ムラサキを待っている間、キタキチョウを撮ったけれど、前日と似たような具合なので掲載はカットすることとして、突然、タイアザミに現れたのはアサギマダラのオス。日付としては、結構遅い部類だ。すぐ翅を開くが、ほとんど逆光の位置ばかりだった。(いつも逆光のような気がする)
a0181059_10575030.jpg

違う花に舞い移り、いなくなっても、しばらくすると戻ってきては吸蜜することを繰り返していた。
a0181059_1113360.jpg

アサギマダラは、あまりこの場所には来ないのだが、木の間の道にはよく日が当たり、撮りやすい。
a0181059_112335.jpg

チョウが大きすぎてピントが全部に合わない。
a0181059_1133198.jpg

飛んでる真下から上を狙うが、半分逆光の1枚しか撮れていなかった。
a0181059_1115964.jpg

花の間を舞いながらの吸蜜。教育園にはヒヨドリバナは一部にしかなく、タイアザミが主な吸蜜源。
a0181059_1114423.jpg

花の下から狙う。1枚目。
a0181059_114918.jpg

2枚目。
a0181059_1142654.jpg

似たような3枚目。
a0181059_1144690.jpg

そして、4枚目。ただし、近づきすぎ。ピンが甘い。
a0181059_116844.jpg

そのうち、吸蜜に飽きたのか、吸蜜を妨害されたのか、どこかへ行ってしまったので、池のほうに移動。キタテハやアオスジアゲハがいたが、ときどき飛んで来るウラナミシジミを待つ。でも、吸蜜時間が短かくなかなか撮らせてくれない。撮れたのは左翅に傷のあるこのオスだけ。飛翔も試みるが速すぎだった。
a0181059_1151778.jpg

オオニガナの透明感のある黄色が大好きで、キタキチョウを逆光で撮ろうとするが敏感で逃げられっぱなし。遠い所のオオニガナにはイチモンジセセリがたくさんいた。近いところにはなかなか来なかったが、少しはやって来る。
a0181059_11523033.jpg

オオニガナは結構珍しい花かと思う。自然教育園にはなぜかちょっと珍しいこんな花が多い。
a0181059_1154696.jpg


10月中旬の突然のアサギマダラ。いつもこんなに遅くには来なかったと思うが、今年一番の綺麗なオスだった。ふわふわと花のまとわりつくのは簡単に撮れるだろうと思ってたが、なかなかそうはいかなかった。思ったより上下動のある飛び方なので、フレームからはみ出るし、大きい分ピントが合わない。長時間逃げずにいてくれたおかげで撮影できたようなものだ。一方、イチモンジセセリは、その逆、小さくて飛び方が速い。しかし、花の前でホバリングするので、結構、かわいい正面顔を撮ることができる。

by otto-N | 2014-10-22 16:10 | Comments(2)

2014.8.29 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.9.1 (記)

2014.8.29
曇り空だが、前日より明るい。気温が低いしヤマトシジミが翅を拡げてくれるだろう、メスはシックに撮れるはず。

オスが2、3頭飛んでおり、そのうちの1頭がすぐメスを見つけてくれた。メスはそのオスを相手にせず、少し離れたところにとまった。横から撮っていると、突然の開翅。傷も少なくなかなかの美形。
a0181059_20352112.jpg

さて、オス。翅のきれいなものを探す。吸蜜中でも翅を開くので、探すのは楽だった。
a0181059_20372445.jpg

撮った時間が違ったけれど、上の個体と同じようだ。無傷のものはなかなか見つからない。
a0181059_20535618.jpg

後はもうフライング・バタフライの撮影。
a0181059_20363248.jpg

飛び上がりポーズ。あわてて方向を変える瞬間か。
a0181059_10115579.jpg

少しは明るいので、闇夜の鴉ということはないのだが、やはり曇り空は飛翔撮影には向かない。
a0181059_20371071.jpg

花壇なので、目につくところのカタバミは引き抜かれほとんどない。ヤマトはこの小さな白い花目当てで集まる。
a0181059_10125458.jpg

これもヤマトと思っていた。少し歩道から遠くやっと手が届く距離。
a0181059_2038398.jpg

ヤマトはこの花には決してとまらないのだが、吸蜜するそぶり。置きピン広角撮影の1コマ。この時点でもヤマトと思っていた。ヤマトシジミと同じくらいの大きさの、とても小さい個体だった。
a0181059_20391050.jpg

ピンクの花(ニチニチソウ?)にとまったのを撮ったのが、前記事の画像。その後は、白い花で次々と吸蜜。でも、この画像からでは、花弁の水滴を吸っていたようだ。位置が悪くて、この1枚しか撮れなかった。最後はイチモンジセセリに追い払われて終わり。
a0181059_20415413.jpg

ミソハギ?には、ここでは珍しいキマダラセセリが1頭。そして、ウラナミシジミのメス。
a0181059_204252.jpg

しばらくフライング・ヤマトで遊ぶ。ときどき空が暗くなり、LEDで照らしても写りが良くない。
a0181059_20443282.jpg

そして、超美形が登場。
a0181059_2043359.jpg

少し明るいところにとまる。青鱗粉がほとんどなく、真っ黒というのは気持ちがいい。
a0181059_20432252.jpg

これだけ新鮮でも、しっかりと産卵しているようだった。
a0181059_20432011.jpg

明るい緑のツユクサの上。
a0181059_2044351.jpg

ブラック・ヤマトのラスト・ショット。
a0181059_20434435.jpg


ヤマトシジミを撮影中にクロマダラソテツシジミが紛れ込み、この日の主役が奪われそうになってしまったが、あくまで主役はブラック・ヤマト。青鱗粉が中途半端に載っていないメスは、今しか撮ることができない。曇った日しか漆黒に撮ることができないし、背景も申し分なかった。

by otto-N | 2014-09-01 11:40 | Comments(2)

2014.7.30 山梨県・富士山麓 ミヤマシジミ (1)   2014.8.6 (記)

2014.7.30
自衛隊の演習地の平日の立ち入り日。朝から出かけたかったけれど、前日、尾瀬の山に登ってきたばかり。少々くたびれていたので、着いたのは10時。標高が高く東京より気温が低いといっても、快晴。この時間ではやはり暑かった。

簡単に見つかると思っていたクロシジミは、全然見つからず、クサフジもいたる所に咲いているのでヒメシロチョウくらいいるはずと思っていても、時期が終わったのかまるでいなかった。少し離れた所を探していると、飛んでいたのはミヤマシジミ。よく見ると、地面に這いつくばっているような、ちびたコマツナギがそこいらじゅうに咲いていた。1頭だけかと思っていたら、次々と飛んでいた。
a0181059_1544819.jpg

メスもオスも新鮮で、すぐ交尾カップルも見つかった。
a0181059_155304.jpg

オスの開翅を撮りたかったが、暑すぎるのか、開いても少しだけ。左手で陰を作ると開いてくれたが、色が出なかった。
a0181059_155182.jpg

とにかく、なかなか半開翅さえ難しい。
a0181059_1511561.jpg

後翅に青鱗粉が載っていたメス。
a0181059_15174626.jpg

メスを追いかけるオスを追いかける。
a0181059_15191861.jpg

マクロを構える間もなく、あっと言うまに交尾成立。その瞬間は取り逃がしたが、この写真はお気に入り。
a0181059_15214895.jpg

その後、少し落ち着いたところも撮る。今度はメスが外側。
a0181059_1522239.jpg

他のチョウはほとんど見なかったのだけれど、停めた車の後ろのクサフジに2頭のウラナミシジミが産卵と吸蜜にやってきていた。1頭はボロ、こちらが比較的新鮮。とても敏感なジャノメチョウ。今年、やっと撮れた。
a0181059_1529387.jpg


ここに来たのはこの日が最初だったけれど、炎天下、他の場所に移動する気も起らなく、ミヤマシジミだけ撮っていた。いつも行く栃木の河川敷とは違いコマツナギの草丈が低く、せっかく食草で吸蜜しているというのに背景が抜けないし、なにより、閉翅でも這いつくばらない限り、フラットに撮れなかった。こんなわけで、飛翔撮影がメインになってしまい、次回に掲載します。

by otto-N | 2014-08-06 17:50 | Comments(0)