たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミシジミ ( 29 ) タグの人気記事


2013.10.21 東京・目黒区の公園 ウラナミシジミ   2013.10.26(記)

2013.10.21
横浜でカバマダラを撮影した後、1つ手前の駅で降り、春先にツバメシジミが出る公園に寄ってみた。この時期、園芸種だがウラナミシジミが集まる紫色の花がある。しかし、花は咲いていたけど、ボロボロのウラナミシジミが2、3頭いただけだった。

小さなヒマワリ?にヒメアカタテハが来ていた。奥には少しセイダカアワダチソウがあり、ルリシジミ。やはり、翅は開かなかった。
a0181059_1222492.jpg

この公園は、よく手入れされた広い芝生があり、ボランティアの方々が造られた立派な花壇があるけれど、ツバメシジミの発生する場所は、わざと手をいれていない叢。少し前に来たときは、メドハギが目立ったけれど、クズの葉で覆われていた。クズと言えば、ウラナミシジミ。センダングサもあり、きれいなメスがいた。内側の青鱗粉がよく輝く位置を探した。
a0181059_1955308.jpg

センダングサにまつわりつくウラナミシジミは、撮りやすい。内側は青く煌めく。ゼフのB型のようだ。
a0181059_1212446.jpg

この藪に入って、草の種だらけになってしまった。
a0181059_12123895.jpg

キチョウやヤマトシジミも飛んでいた。先ほどのルリシジミも追いかけたが、ニアピン賞ばかりでボツ。
a0181059_12213642.jpg

このウラナミシジミは、朝、自然教育園の隣で撮ったもの。翅に生えている剛毛に感動。3枚も詰め込んだので、クリックして拡大しないと見えないかな。
a0181059_12241756.jpg


春先にこの公園で、ツバメシジミの青いメスを撮るのが恒例になっている。ツバメシジミの背景は枯れた草。青く輝く鱗粉がとても映える枯草だが、もう少し草を残してほしいと思っていた。しかし、この雑多な草がぼうぼうと茂っているのを見て、ある部分だけを残してほしいだなんて、こちらの身勝手。大変な手間だと悟った。これから草刈りが入ることだろうが、この公園のボランティアさんに感謝です。

by otto-N | 2013-10-26 16:00 | Comments(4)

2013.10.18 横浜・カバマダラの公園 キタテハ   2013.10.23(記)

2013.10.18
横浜でカバマダラが発生して、ちょっとした騒ぎになったけれど、発生した公園は台風26号による大雨で冠水したとのこと。自宅から近い場所なのだが、なぜか行きそびれていた。台風の影響で、チョウは分散したと思われたが、いなくてもいいからどんな場所か見に出かけた。

公園に着いてみると水は引いていたけれど、要所要所にガードマンが立っており、中には入ることができなかった。おまけに、土手の外側に咲いていたセイタカアワダチソウに集まるチョウを撮っていたら、草刈りするので立ち入り禁止だという。すでに、土手の内側の草はきれいに刈り上げられていた。しかたがなく、橋を渡り、公園の向こう岸を探した。カバマダラは沖縄ではセンダングサが好きだったことを思い出し、センダングサを中心に見て廻ったが、全然見つからず。セイタカアワダチソウにもいなかった。一回りして来たところで、同好の方(Yさん)にお会いしたので、一緒にフジバカマの所に行く。土手の上で、ちょっとだけ階段の下を見たいといっても、ガードマンは許してくれず、やっとのことで公園の管理室の電話番号を聞き出して電話したが、らちが明かず。ただ、14時に作業が終える予定だという。しかたがない、それまで待つか。セイタカアワダチソウのところで2時間つぶそう。

2時間をつぶすのは簡単だった。自宅近くにはないセイタカアワダチソウが土手一面に咲き、チョウが群がるほどではないが、日が雲に隠れると姿を消し日が出るたびにやってきた。まずは、ヒメアカタテハ。自宅近くにはいない。
a0181059_15464128.jpg

背景の黄色を優先した1枚。
a0181059_1547427.jpg

ヒメアカタテハより、この黄色に合うのはキタテハだった。
a0181059_154840100.jpg

とにかく、キタテハは黄色い花が一番よく合う。
a0181059_15485564.jpg

この土手で一番多かったのはイチモンジセセリ。白紋が透けるのを狙っていたけれど、なかなか敏感で撮らせてもらえず。やっと撮った1枚。
a0181059_15553788.jpg

ベニシジミもたくさんいた。ただ、イチモンジセセリや他のベニシジミがすぐ絡むので落着きがない。撮れた写真も似たようなものばかりになってしまった。背景がもっと黄色いところにとまるといいのにと思っても、そうはいかず。
a0181059_16107.jpg

交尾前かと思っていたら、もう終わっていた。とても敏感ですぐ逃げる。
a0181059_1602316.jpg

最後は、セイタカアワダチソウの花の上にとまってくれた。ベニシジミは翅の裏のほうが綺麗かもしれない。
a0181059_168412.jpg

オスのウラナミシジミ。川沿いのクズにたくさんいたけれど、スレばかりだったので、とてもうれしかった。
a0181059_16112566.jpg

どこから撮るのがいいか、色々アングルを変えたが・・・
a0181059_1611943.jpg

やはり、ちょっと下からのこの位置が一番だった。
a0181059_16114413.jpg

14時少し前、フジバカマの花壇の上に行く。いったん自宅に帰ったYさんがやって来た。花のところに行くとカバマダラはいなかった。いたのは2頭のアカタテハ。もう日差しがなくなり、少し寒いくらいなので、引っ込んでしまったか。とにかくいなかった。
a0181059_16213942.jpg

イメージはオレンジだったのだが・・・
a0181059_16215374.jpg


洪水で冠水した後の作業内容を質問したら、消毒だという。コンクリ部分ばかりでなく、野球場の芝生部分もやっていたようだが、ただの泥落としだったかもしれない。転んで破傷風にでもなったらという責任問題が出るらしい。冠水処理作業はともかく、問題は土手の草刈り。昼前にはガガイモが残っていた外側の土手はすっかり刈られてしまった。上の写真を撮っていた南向きの土手も草刈り中で、草刈り作業車が通るたびに撮影を中断し、去ったあと撮影を続けた。ここまで丸裸になると、土手の外にいったん逃げたカバマダラも中のフジバカマまでたどり着くのは難しそうだ。この日は晴れていたけれど、北風が冷たく、南国生まれのカバマダラには厳しかったのかもしれない。少し日が翳ると、キタテハさえも引っ込んでしまっていた。

by otto-N | 2013-10-23 17:27 | Comments(4)

2013.10.11 白金の森 ウラナミシジミ   2013.10.19(記)

2013.10.11
自然教育園に行く前に、近所でヤマトシジミを探す。絶好の位置のカタバミにオスを見つけるものの撮影失敗。さらに、メスを見つけたがこれも複眼にピントが合わなかった。
a0181059_16341144.jpg

自然教育園では、そろそろムラサキシジミとムラサキツバメが出るころなのだが、その気配はなし。前日と同じようなチョウを撮る。イチモンジセセリが飛んでるところが撮れたのは嬉しかった。
a0181059_16391629.jpg

太陽の影絵。ツマグロヒョウモン、コミスジ、アゲハチョウ。
a0181059_16423940.jpg

キタテハとヤマトシジミ。なぜか、キタテハは少ない。
a0181059_16383546.jpg

ウラナミシジミ。吸蜜している花は、ミゾソバに似ているがアキノウナギツカミという変な名前がついている。シロバナサクラタデとともに、湿ったところに混生している。
a0181059_16385091.jpg


このところ、ピントを合わせたつもりで合っていないものばかり撮っている。触覚に合っているのかと思っても、そうではなく、カメラが後ピンになっているわけでもなく、ただ、シャッターを切る瞬間にずれているだけだと思う。ここぞというときの失敗ばかりで、かなり悔しい。

by otto-N | 2013-10-19 17:01 | Comments(4)

2013.9.30 白金の森 ウラナミシジミ   2013.10.3(記)

2013.9.30
タイトルは白金の森なのだが、行った場所はその隣の小さな公園。数メートル先のフェンスの向こうは自然教育園。目的はウラナミシジミ。前々日に行われたチョウ類保全協会の観察会で、ちょっとだけ立ち寄った場所だ。

朝9時40分、現地に着いてみると、早速、ウラナミシジミのオスが飛んできた。翅をすぐ開いてくれる。
a0181059_13323812.jpg

少しずつアングルを変えて撮ったが、複眼にピンが来ていないものが多かった。このアングルはヤマトシジミの場合も、失敗が多いのはなぜだろう。
a0181059_13325382.jpg

この散策路脇の茂みには、以前はイヌタデが多かったがずいぶん減り、その後キツネノマゴが増えた。しかし、それも目立たなくなり、この地味な花の草が増えてしまった。この地味な花がウラナミシジミは好きなようで、なかなか離れようとしない。この花、後で調べるとイノコヅチというらしい。
a0181059_13361898.jpg

風にたなびく尾状突起。今にも切れそうだ。それにしても毛深い翅だ。
a0181059_13434121.jpg

日陰にとまり、やっと全開になってくれた。全開でないと、なかなか縁毛までピントが合わない。
a0181059_13451572.jpg

オスより、メスのほうが多いようだ。翅のデザイン、地味だが味わいがある。
a0181059_1353589.jpg

メスも毛深いが、オスより毛は柔らかそうだ。
a0181059_13532378.jpg

逆光で翅を透かす。透けた波模様がとても美しい。半透過の波模様はメスのほうがいいようだ。
a0181059_14111928.jpg

この波模様、真横から撮ると、各所に金色が散りばめられ、とても豪華。この画像、もっと大きくしたほうが良かったかもしれない。たくさん撮ったけれど、脚から縁毛、尾状突起までピントの合ったものは少なかった。
a0181059_1412172.jpg

例によって飛翔もチャレンジしてみた。こんな叢です。
a0181059_13425830.jpg

イノコヅチにはムラサキシジミもやって来た。ムラシの吸蜜をマクロで撮ったのは初めてだった。後に、近くで開翅したが、かなり傷んでいた。
a0181059_13524183.jpg


自然教育園の中にもウラナミシジミはいるけれど、散策路から離れているとまるで撮影できない。また、公園の花壇などの派手な花にも集まるけれど、好きなのは紫系のどぎつい色の花ばかりなので、いま一つ撮る気になれなかった。この小さな公園の片すみには、自然な感じでチョウを撮影できる雑草の茂みがあり、この日はウラナミシジミがやって来て、こころゆくまで楽しむことができた。

by otto-N | 2013-10-03 14:46 | Comments(4)

2012.11.16 東京・恵比寿 ムラサキシジミ    2012.11.22(記)

2012.11.16
とてもいい天気。もう飽きたけれど・・・

飛んできたのはウラナミシジミ。ヤマトシジミのオス。最後は擦れたスーパーブルー。
a0181059_10595750.jpg

他に、飛んできたのは、ムラサキシジミのオスとメス。少し休んだだけで行ってしまった。
a0181059_112950.jpg


カラッと晴れた朝、ムラサキシジミはときおり出てきて下草の汁(?)を吸うついでに、開翅してくれる。今年、ここではムラサキツバメはまだ見ていない。
そろそろヤマトシジミも少なくなってくるころだ。ツワブキはやっと咲き始めたが、昼近くになっても、花にヤマトシジミの姿はほとんどなかった。

by otto-N | 2012-11-22 11:14 | Comments(8)

2012.10.4-5 白金の森 ウラナミシジミ    2012.10.7(記)

2012.10.4
台風が関東沖をかすめて去った翌朝、教育園の様子を見にいく。幸い、昨年のような倒木はなかった。

秋だというのにウラナミシジミが少ないと思ったら、この日は数頭出ていた。なかなか近くに来てくれなかったが、やっと撮れた。
a0181059_11211537.jpg

今年は、やたらとツリフネソウが多い。一面ピンクとはいかないが、山ではこんなに咲いているのを見たことがない。そこへ、ナガサキアゲハがやってきた。こちらへ来ないかと待っていると、ちょっとだけ来てくれた。
a0181059_11255381.jpg

ツマグロヒョウモンのメス。翅の裏だけを撮ろうとしたが、なかなか難しかった。
a0181059_11313656.jpg
a0181059_11321564.jpg

オスも撮っておいた。ただし、表のみ。
a0181059_113317.jpg

ヒメジャノメとヒカゲチョウも健在だった。
a0181059_1135546.jpg

自宅近くで見つけたウラギンシジミ(♀)。右:別の場所に移っていきなり180度の全開翅。ここまで開いたのは初めて。
a0181059_11373450.jpg


2012.10.5
曇り空も晴れ上がり、ヤマトシジミは撮れそうもないので教育園へ。

キタテハは意外と少なく、この1頭しか見なかった。
a0181059_1144675.jpg

葉の上で休むウラナミシジミ。
a0181059_11285265.jpg

ツマグロヒョウモンのペア。
a0181059_11511576.jpg



毎年、産卵のために姿を現わすミドリヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンはこの日も現れなかった。でも、アサギマダラがやってきていた。(結果は次回報告します)

by otto-N | 2012-10-07 12:17 | Comments(10)

2012.9.24 東京・恵比寿 ウラナミシジミ    2012.9.28(記)

2012.9.24
恵比寿ガーデンプレースの中のSビール本社の英国風ガーデンがヤマトシジミの小さな溜まり場だが、ヤマトシジミ以外にも、ナミアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ、もちろんモンシロチョウも集まる。そんな中で、この日やっとウラナミシジミが現れた。これでやっと秋が訪れた気がした。

突然飛んで来て、とまった。が、全然、翅を拡げない。ひょっとしたら眩しすぎる?と思って、手をかざして日陰を作るとおずおずと開翅。日に当てると閉じた。こんなに単純なチョウばかりだとよいのだが。
a0181059_20114796.jpg

2,3日前にも見たが、撮らせてもらえなかったキマダラセセリ。なぜかこの日はすぐには立ち去らなかった。真横ではなくほんの少し斜め前からがいいかな。
a0181059_2015723.jpg
a0181059_20151930.jpg

まだ、少し暑苦しいよそおいのベニシジミ。ツバメシジミのメス。どこからやって来るのか、ここでは珍しいヒメジャノメ。
a0181059_20181736.jpg


都心にもウラナミシジミが現れた。キマダラセセリもいた。撮りそこなったが、黒縁が薄いヤマトシジミのオスも出てきた。これで、やっと、暑い夏が終わった。

by otto-N | 2012-09-28 20:24 | Comments(8)

2011.11.2 白金の森 ムラサキシジミ    2011.11.9(記)

2011.11.2
中4日ぶりの教育園。天気は相変わらずよかったのだが。

ムラサキシジミは健在だったが、数は出なかった。
a0181059_1544784.jpg

池では、ウラギンシジミ(♀)がいた。追っているうち、池の中の枯葉で吸水、あるいは枯葉で吸汁。このとき、水面に姿が映った。
a0181059_15451025.jpg

ウラナミシジミのオス。黄色い花はオオニガナ。
a0181059_15452898.jpg

キタテハ。オオニガナの黄色い花に集まっていたが、この花は萎れ初めていたので、吸蜜シーンはカット。
a0181059_15455566.jpg


この日は、ムラサキツバメは出て来なかった。ムラサキシジミも少なかった。出てくるか来ないか、天候だけではよく判らない。秋が深まり、他のチョウもめっきり減ったのは確か、元気なのはキタテハくらいだった。

by otto-N | 2011-11-09 16:16 | Comments(4)

2011.10.28 白金の森 ウラナミシジミ    2011.11.6(記)

2011.10.28
(前回の続きです)

昼になったので、帰ろうとしたとき、まだ新鮮なウラナミシジミのメスを見つけた。いつものように、数枚、上から撮影した。
a0181059_9475122.jpg

横から逆光で撮ると、縁毛はまだまだ新しかった。
a0181059_948690.jpg

半開きになったとき、翅が透けてなかなか綺麗だ。
a0181059_9482012.jpg

少しずつアングルを変えて撮影する。背景の色がこんなに変化するとは思わなかった。
a0181059_949137.jpg

同じようなアングル。でも、横に少しずれただけで、背景の色が緑から茶に変わる。
a0181059_9495967.jpg

ちょっと大きすぎたが、ここは幅1mの通路際。後ろを人が通るので下がれない。それと、マクロではどうしても寄りすぎてしまう。
a0181059_9502086.jpg

ウラナミシジミ、頭部分を拡大すると、目に毛が生えている。やはり、びっくり。
a0181059_1042213.jpg


逆光で、ウラナミシジミの半開翅を撮ると、翅が透けてとても綺麗だ。いつも狙ってはいたが、吸蜜中、位置を絶えず変えるので、なかなかチャンスがなかった。この個体はあまり動かなかったので、かなりの枚数を撮ることができた。この日、一番の満足。

by otto-N | 2011-11-06 10:14 | Comments(12)

2011.10.13 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.16(記)

2011.10.13
前日、ヤマトシジミの青♀の中でも、青部分が広いスーパーブルーは見つかったが、撮りきらないうちにオスのヤマトシジミにじゃまされた。この日も晴れ。自然教育園を少し見ただけで、隣の公園に行く。

羽化したばかりと思われるオスのヤマトシジミ。大きくて翅脈が白っぽい。
a0181059_19512314.jpg

a0181059_19514150.jpg

青っぽいメス。1、2コマ目は同一個体。3、4コマ目はそれぞれ別。
a0181059_19543093.jpg

a0181059_19551417.jpg

こちらのほうが、もう少し青いか・・・
a0181059_1956824.jpg
a0181059_19562625.jpg

ヤマトシジミ以外のチョウたち。ウラナミシジミ♂、園内にいたクロアゲハ♂、オオウラギンスジヒョウモン♀は、ボロボロでもまだ頑張っていた。よく見ると、右前翅に穴があいており、9/29に撮った個体だ。
a0181059_2002339.jpg


2度あることは3度はなかった。しかし、ヤマトの青♀はどんどん出てくるようだ。飛んでいるときに色で区別がつくが、ときどき擦れたオスと間違えることもある。それにしても、もう少し背の高い所に止まってほしいものだ。

by otto-N | 2011-10-16 20:15 | Comments(6)