たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミシジミ ( 34 ) タグの人気記事


2015.6.4 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.11 (記)

2015.6.4
雨が降った翌日、ミドリシジミの撮影を目的に横浜の公園に行ってみる。今年初めてだった。

いつもの池のポイントに立ち寄ったけれど、ミドリシジミは見つからず、ウラゴマダラシジミもいないだろうと思っていたが、ウラゴは飛んでいた。そのポイントの入り口にある大きな木を見上げたら、ルリシジミに混じってウラゴも吸蜜していた。その横に、オオミドリシジミ。残念ながら、すぐ、後ろに引っ込んでしまった。ウラナミアカシジミもゆっくり吸蜜していた。
a0181059_207116.jpg

もう一つの羽化直開翅の観察されるポイントにも、まるで見つからず、この2つのポイントを行ったり来たりする。そのうち、メスが何頭か見つかった。
a0181059_19042100.jpg

翅を開いたものもいたが、ことごとくO型だった。
a0181059_2072857.jpg

羽化直のO型は人気がないが、どうしてどうしてとてもきれいだと思う。日陰だと、このチョコレート色にしびれるのだが。
a0181059_2074374.jpg

午後3時半。オスのテリ張りが始まる時間だ。何頭かオスがチラチラ飛び始め、高い木に上で開翅を始める。残念ながら、撮ってもあまりにも小さくしか写らない。集まったみなさんがやきもきする中で、低めのところに突然やって来て開翅したのがいた。メスにしてはちょっと変。撮影中にわかったのだが、意外や意外、ムラサキツバメのオスだった。
a0181059_20105516.jpg

4時すぎ、オスが集まり始め、卍飛翔が始まるが、長くは続かず、すぐにばらけてしまう。ばらけた後は、また同じような場所に戻り、翅を拡げる。しかし、目より高い位置ばかりだった。半開翅だとよいのだが、全部開いてしまうと、こちらからは輝く緑は少ししか見えない。以下、300ミリでの撮影。横4896ピクセルを半分の2448ピクセルで切り出した。いかに高くて遠いところで開翅したか判ると思います。
a0181059_2075551.jpg

これは少し近かった。
a0181059_2082377.jpg

みなさんの期待もむなしく、なかなか低いところへは来てくれない。それでも、翅を開くたびにシャッター音が鳴り響く。どんどん、空は暗くなり、色も出ない。ISOは1600。
a0181059_207598.jpg


比較的下に来たのは1回だけ。やはり、暗くて本来の色が出ておらず、この時間帯では開翅してもダメかもしれない。
a0181059_1912315.jpg


午後4時30分、卍の宴はたけなわ。しかし、帰らなければならなかったので、残念ながら撤収した。

by otto-N | 2015-06-11 21:05 | Comments(0)

2014.10.27 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.10.31 (記)

2014.10.27
晴れた日は(曇った日もだが)、午前中は散歩が原則。Sビール本社前の花壇はあまりいい状態ではないけれど、ヤマトシジミの1つや2つはいるだろう。

ヤマトシジミのオスはチラチラしているのだが、目についたのはウラナミシジミ。スレばかりの中にも少しは傷んでないものもいた。並べてよく見るとこの4枚は同じ個体だった。なあーんだという感じ。
a0181059_2012883.jpg

低い位置にしかとまらないので裏がなかなか撮れなかった。透けた裏が一番好きかもしれない。
a0181059_20143272.jpg

ウラギンシジミの新鮮なメス。アゲハも何頭か来ていた。
a0181059_20121949.jpg

ヤマトシジミがとまったので、後ろから撮る。冒頭1コマ目のウラナミシジミと同様、イヌタデのボケを狙ってみたのだが、少し寄りすぎた。
a0181059_20152625.jpg

ここは花壇。なかなか近くにはとまらないオスをなんとか撮ろうと思っていたところ、メスがふらふら飛んできた。ちょっといい感じ。
a0181059_20154410.jpg

近くで吸蜜するかと思ったらそうはせず、手入れの悪い場所にとまったので、入ってみる。しばらく待つと開翅。スーパーブルーではないが、日影だったのでとても綺麗。ドクダミの葉はもっと明るい色なら嬉しいのだが、せっかくのハート形がもったいない。
a0181059_2019435.jpg

飛ばれて見失ったが、また見つけた。今度は日の当たる葉の上。また、開翅するだろうとしばらく待っていたら、少しずつ開き始めた。この位置から撮ると絶品。
a0181059_20133230.jpg

何とかして前の方に回り込む。日射に負けない濃いブルーだった。
a0181059_20193443.jpg

この日もフライング・バタフライは不出来。アゲハチョウのバトル。ゆっくりと飛んでいるので気がつかなかったが、結構激しい。脚を伸ばして相手に掴みかかろうとしている。ひょっとしたら上に回り込んだほうが勝ち?そうならば戦闘機と同じだ。
a0181059_20135138.jpg

ウラナミシジミはさすがに速い。撮れるとしたら花にまとわりついている時ぐらい。4コマ目はヤマトシジミ。
a0181059_20141020.jpg


珍しいチョウはいないSビール本社の花壇だが、高台にあるせいか、それなりにチョウが集まってくる。花壇なので撮影の制約が大きいし、犬の糞も転がっているので要注意だが、2時間くらいはあっという間に過ぎてしまう。花壇のドクダミはだいぶ引き抜かれたが、また蔓延ってしまった。そのときに、一緒に引き抜かれたカタバミはなかなか回復してこない。年々ヤマトシジミが少なくなっているような気がしてならない。

by otto-N | 2014-10-31 21:10 | Comments(0)

2014.10.17 東京・白金の森 アサギマダラ   2014.10.22 (記)

2014.10.17
晴れたけれど、ちょっと暑すぎるのでムラサキは出ないと思うが、その確認に行く。しかし、ムラサキツバメが1頭だけ降りてきた。でも、すぐ樹上へ。その後はムラサキシジミさえ現れなかった。

ムラサキを待っている間、キタキチョウを撮ったけれど、前日と似たような具合なので掲載はカットすることとして、突然、タイアザミに現れたのはアサギマダラのオス。日付としては、結構遅い部類だ。すぐ翅を開くが、ほとんど逆光の位置ばかりだった。(いつも逆光のような気がする)
a0181059_10575030.jpg

違う花に舞い移り、いなくなっても、しばらくすると戻ってきては吸蜜することを繰り返していた。
a0181059_1113360.jpg

アサギマダラは、あまりこの場所には来ないのだが、木の間の道にはよく日が当たり、撮りやすい。
a0181059_112335.jpg

チョウが大きすぎてピントが全部に合わない。
a0181059_1133198.jpg

飛んでる真下から上を狙うが、半分逆光の1枚しか撮れていなかった。
a0181059_1115964.jpg

花の間を舞いながらの吸蜜。教育園にはヒヨドリバナは一部にしかなく、タイアザミが主な吸蜜源。
a0181059_1114423.jpg

花の下から狙う。1枚目。
a0181059_114918.jpg

2枚目。
a0181059_1142654.jpg

似たような3枚目。
a0181059_1144690.jpg

そして、4枚目。ただし、近づきすぎ。ピンが甘い。
a0181059_116844.jpg

そのうち、吸蜜に飽きたのか、吸蜜を妨害されたのか、どこかへ行ってしまったので、池のほうに移動。キタテハやアオスジアゲハがいたが、ときどき飛んで来るウラナミシジミを待つ。でも、吸蜜時間が短かくなかなか撮らせてくれない。撮れたのは左翅に傷のあるこのオスだけ。飛翔も試みるが速すぎだった。
a0181059_1151778.jpg

オオニガナの透明感のある黄色が大好きで、キタキチョウを逆光で撮ろうとするが敏感で逃げられっぱなし。遠い所のオオニガナにはイチモンジセセリがたくさんいた。近いところにはなかなか来なかったが、少しはやって来る。
a0181059_11523033.jpg

オオニガナは結構珍しい花かと思う。自然教育園にはなぜかちょっと珍しいこんな花が多い。
a0181059_1154696.jpg


10月中旬の突然のアサギマダラ。いつもこんなに遅くには来なかったと思うが、今年一番の綺麗なオスだった。ふわふわと花のまとわりつくのは簡単に撮れるだろうと思ってたが、なかなかそうはいかなかった。思ったより上下動のある飛び方なので、フレームからはみ出るし、大きい分ピントが合わない。長時間逃げずにいてくれたおかげで撮影できたようなものだ。一方、イチモンジセセリは、その逆、小さくて飛び方が速い。しかし、花の前でホバリングするので、結構、かわいい正面顔を撮ることができる。

by otto-N | 2014-10-22 16:10 | Comments(2)

2014.8.29 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.9.1 (記)

2014.8.29
曇り空だが、前日より明るい。気温が低いしヤマトシジミが翅を拡げてくれるだろう、メスはシックに撮れるはず。

オスが2、3頭飛んでおり、そのうちの1頭がすぐメスを見つけてくれた。メスはそのオスを相手にせず、少し離れたところにとまった。横から撮っていると、突然の開翅。傷も少なくなかなかの美形。
a0181059_20352112.jpg

さて、オス。翅のきれいなものを探す。吸蜜中でも翅を開くので、探すのは楽だった。
a0181059_20372445.jpg

撮った時間が違ったけれど、上の個体と同じようだ。無傷のものはなかなか見つからない。
a0181059_20535618.jpg

後はもうフライング・バタフライの撮影。
a0181059_20363248.jpg

飛び上がりポーズ。あわてて方向を変える瞬間か。
a0181059_10115579.jpg

少しは明るいので、闇夜の鴉ということはないのだが、やはり曇り空は飛翔撮影には向かない。
a0181059_20371071.jpg

花壇なので、目につくところのカタバミは引き抜かれほとんどない。ヤマトはこの小さな白い花目当てで集まる。
a0181059_10125458.jpg

これもヤマトと思っていた。少し歩道から遠くやっと手が届く距離。
a0181059_2038398.jpg

ヤマトはこの花には決してとまらないのだが、吸蜜するそぶり。置きピン広角撮影の1コマ。この時点でもヤマトと思っていた。ヤマトシジミと同じくらいの大きさの、とても小さい個体だった。
a0181059_20391050.jpg

ピンクの花(ニチニチソウ?)にとまったのを撮ったのが、前記事の画像。その後は、白い花で次々と吸蜜。でも、この画像からでは、花弁の水滴を吸っていたようだ。位置が悪くて、この1枚しか撮れなかった。最後はイチモンジセセリに追い払われて終わり。
a0181059_20415413.jpg

ミソハギ?には、ここでは珍しいキマダラセセリが1頭。そして、ウラナミシジミのメス。
a0181059_204252.jpg

しばらくフライング・ヤマトで遊ぶ。ときどき空が暗くなり、LEDで照らしても写りが良くない。
a0181059_20443282.jpg

そして、超美形が登場。
a0181059_2043359.jpg

少し明るいところにとまる。青鱗粉がほとんどなく、真っ黒というのは気持ちがいい。
a0181059_20432252.jpg

これだけ新鮮でも、しっかりと産卵しているようだった。
a0181059_20432011.jpg

明るい緑のツユクサの上。
a0181059_2044351.jpg

ブラック・ヤマトのラスト・ショット。
a0181059_20434435.jpg


ヤマトシジミを撮影中にクロマダラソテツシジミが紛れ込み、この日の主役が奪われそうになってしまったが、あくまで主役はブラック・ヤマト。青鱗粉が中途半端に載っていないメスは、今しか撮ることができない。曇った日しか漆黒に撮ることができないし、背景も申し分なかった。

by otto-N | 2014-09-01 11:40 | Comments(2)

2014.7.30 山梨県・富士山麓 ミヤマシジミ (1)   2014.8.6 (記)

2014.7.30
自衛隊の演習地の平日の立ち入り日。朝から出かけたかったけれど、前日、尾瀬の山に登ってきたばかり。少々くたびれていたので、着いたのは10時。標高が高く東京より気温が低いといっても、快晴。この時間ではやはり暑かった。

簡単に見つかると思っていたクロシジミは、全然見つからず、クサフジもいたる所に咲いているのでヒメシロチョウくらいいるはずと思っていても、時期が終わったのかまるでいなかった。少し離れた所を探していると、飛んでいたのはミヤマシジミ。よく見ると、地面に這いつくばっているような、ちびたコマツナギがそこいらじゅうに咲いていた。1頭だけかと思っていたら、次々と飛んでいた。
a0181059_1544819.jpg

メスもオスも新鮮で、すぐ交尾カップルも見つかった。
a0181059_155304.jpg

オスの開翅を撮りたかったが、暑すぎるのか、開いても少しだけ。左手で陰を作ると開いてくれたが、色が出なかった。
a0181059_155182.jpg

とにかく、なかなか半開翅さえ難しい。
a0181059_1511561.jpg

後翅に青鱗粉が載っていたメス。
a0181059_15174626.jpg

メスを追いかけるオスを追いかける。
a0181059_15191861.jpg

マクロを構える間もなく、あっと言うまに交尾成立。その瞬間は取り逃がしたが、この写真はお気に入り。
a0181059_15214895.jpg

その後、少し落ち着いたところも撮る。今度はメスが外側。
a0181059_1522239.jpg

他のチョウはほとんど見なかったのだけれど、停めた車の後ろのクサフジに2頭のウラナミシジミが産卵と吸蜜にやってきていた。1頭はボロ、こちらが比較的新鮮。とても敏感なジャノメチョウ。今年、やっと撮れた。
a0181059_1529387.jpg


ここに来たのはこの日が最初だったけれど、炎天下、他の場所に移動する気も起らなく、ミヤマシジミだけ撮っていた。いつも行く栃木の河川敷とは違いコマツナギの草丈が低く、せっかく食草で吸蜜しているというのに背景が抜けないし、なにより、閉翅でも這いつくばらない限り、フラットに撮れなかった。こんなわけで、飛翔撮影がメインになってしまい、次回に掲載します。

by otto-N | 2014-08-06 17:50 | Comments(0)

2013.10.21 東京・目黒区の公園 ウラナミシジミ   2013.10.26(記)

2013.10.21
横浜でカバマダラを撮影した後、1つ手前の駅で降り、春先にツバメシジミが出る公園に寄ってみた。この時期、園芸種だがウラナミシジミが集まる紫色の花がある。しかし、花は咲いていたけど、ボロボロのウラナミシジミが2、3頭いただけだった。

小さなヒマワリ?にヒメアカタテハが来ていた。奥には少しセイダカアワダチソウがあり、ルリシジミ。やはり、翅は開かなかった。
a0181059_1222492.jpg

この公園は、よく手入れされた広い芝生があり、ボランティアの方々が造られた立派な花壇があるけれど、ツバメシジミの発生する場所は、わざと手をいれていない叢。少し前に来たときは、メドハギが目立ったけれど、クズの葉で覆われていた。クズと言えば、ウラナミシジミ。センダングサもあり、きれいなメスがいた。内側の青鱗粉がよく輝く位置を探した。
a0181059_1955308.jpg

センダングサにまつわりつくウラナミシジミは、撮りやすい。内側は青く煌めく。ゼフのB型のようだ。
a0181059_1212446.jpg

この藪に入って、草の種だらけになってしまった。
a0181059_12123895.jpg

キチョウやヤマトシジミも飛んでいた。先ほどのルリシジミも追いかけたが、ニアピン賞ばかりでボツ。
a0181059_12213642.jpg

このウラナミシジミは、朝、自然教育園の隣で撮ったもの。翅に生えている剛毛に感動。3枚も詰め込んだので、クリックして拡大しないと見えないかな。
a0181059_12241756.jpg


春先にこの公園で、ツバメシジミの青いメスを撮るのが恒例になっている。ツバメシジミの背景は枯れた草。青く輝く鱗粉がとても映える枯草だが、もう少し草を残してほしいと思っていた。しかし、この雑多な草がぼうぼうと茂っているのを見て、ある部分だけを残してほしいだなんて、こちらの身勝手。大変な手間だと悟った。これから草刈りが入ることだろうが、この公園のボランティアさんに感謝です。

by otto-N | 2013-10-26 16:00 | Comments(4)

2013.10.18 横浜・カバマダラの公園 キタテハ   2013.10.23(記)

2013.10.18
横浜でカバマダラが発生して、ちょっとした騒ぎになったけれど、発生した公園は台風26号による大雨で冠水したとのこと。自宅から近い場所なのだが、なぜか行きそびれていた。台風の影響で、チョウは分散したと思われたが、いなくてもいいからどんな場所か見に出かけた。

公園に着いてみると水は引いていたけれど、要所要所にガードマンが立っており、中には入ることができなかった。おまけに、土手の外側に咲いていたセイタカアワダチソウに集まるチョウを撮っていたら、草刈りするので立ち入り禁止だという。すでに、土手の内側の草はきれいに刈り上げられていた。しかたがなく、橋を渡り、公園の向こう岸を探した。カバマダラは沖縄ではセンダングサが好きだったことを思い出し、センダングサを中心に見て廻ったが、全然見つからず。セイタカアワダチソウにもいなかった。一回りして来たところで、同好の方(Yさん)にお会いしたので、一緒にフジバカマの所に行く。土手の上で、ちょっとだけ階段の下を見たいといっても、ガードマンは許してくれず、やっとのことで公園の管理室の電話番号を聞き出して電話したが、らちが明かず。ただ、14時に作業が終える予定だという。しかたがない、それまで待つか。セイタカアワダチソウのところで2時間つぶそう。

2時間をつぶすのは簡単だった。自宅近くにはないセイタカアワダチソウが土手一面に咲き、チョウが群がるほどではないが、日が雲に隠れると姿を消し日が出るたびにやってきた。まずは、ヒメアカタテハ。自宅近くにはいない。
a0181059_15464128.jpg

背景の黄色を優先した1枚。
a0181059_1547427.jpg

ヒメアカタテハより、この黄色に合うのはキタテハだった。
a0181059_154840100.jpg

とにかく、キタテハは黄色い花が一番よく合う。
a0181059_15485564.jpg

この土手で一番多かったのはイチモンジセセリ。白紋が透けるのを狙っていたけれど、なかなか敏感で撮らせてもらえず。やっと撮った1枚。
a0181059_15553788.jpg

ベニシジミもたくさんいた。ただ、イチモンジセセリや他のベニシジミがすぐ絡むので落着きがない。撮れた写真も似たようなものばかりになってしまった。背景がもっと黄色いところにとまるといいのにと思っても、そうはいかず。
a0181059_16107.jpg

交尾前かと思っていたら、もう終わっていた。とても敏感ですぐ逃げる。
a0181059_1602316.jpg

最後は、セイタカアワダチソウの花の上にとまってくれた。ベニシジミは翅の裏のほうが綺麗かもしれない。
a0181059_168412.jpg

オスのウラナミシジミ。川沿いのクズにたくさんいたけれど、スレばかりだったので、とてもうれしかった。
a0181059_16112566.jpg

どこから撮るのがいいか、色々アングルを変えたが・・・
a0181059_1611943.jpg

やはり、ちょっと下からのこの位置が一番だった。
a0181059_16114413.jpg

14時少し前、フジバカマの花壇の上に行く。いったん自宅に帰ったYさんがやって来た。花のところに行くとカバマダラはいなかった。いたのは2頭のアカタテハ。もう日差しがなくなり、少し寒いくらいなので、引っ込んでしまったか。とにかくいなかった。
a0181059_16213942.jpg

イメージはオレンジだったのだが・・・
a0181059_16215374.jpg


洪水で冠水した後の作業内容を質問したら、消毒だという。コンクリ部分ばかりでなく、野球場の芝生部分もやっていたようだが、ただの泥落としだったかもしれない。転んで破傷風にでもなったらという責任問題が出るらしい。冠水処理作業はともかく、問題は土手の草刈り。昼前にはガガイモが残っていた外側の土手はすっかり刈られてしまった。上の写真を撮っていた南向きの土手も草刈り中で、草刈り作業車が通るたびに撮影を中断し、去ったあと撮影を続けた。ここまで丸裸になると、土手の外にいったん逃げたカバマダラも中のフジバカマまでたどり着くのは難しそうだ。この日は晴れていたけれど、北風が冷たく、南国生まれのカバマダラには厳しかったのかもしれない。少し日が翳ると、キタテハさえも引っ込んでしまっていた。

by otto-N | 2013-10-23 17:27 | Comments(4)

2013.10.11 白金の森 ウラナミシジミ   2013.10.19(記)

2013.10.11
自然教育園に行く前に、近所でヤマトシジミを探す。絶好の位置のカタバミにオスを見つけるものの撮影失敗。さらに、メスを見つけたがこれも複眼にピントが合わなかった。
a0181059_16341144.jpg

自然教育園では、そろそろムラサキシジミとムラサキツバメが出るころなのだが、その気配はなし。前日と同じようなチョウを撮る。イチモンジセセリが飛んでるところが撮れたのは嬉しかった。
a0181059_16391629.jpg

太陽の影絵。ツマグロヒョウモン、コミスジ、アゲハチョウ。
a0181059_16423940.jpg

キタテハとヤマトシジミ。なぜか、キタテハは少ない。
a0181059_16383546.jpg

ウラナミシジミ。吸蜜している花は、ミゾソバに似ているがアキノウナギツカミという変な名前がついている。シロバナサクラタデとともに、湿ったところに混生している。
a0181059_16385091.jpg


このところ、ピントを合わせたつもりで合っていないものばかり撮っている。触覚に合っているのかと思っても、そうではなく、カメラが後ピンになっているわけでもなく、ただ、シャッターを切る瞬間にずれているだけだと思う。ここぞというときの失敗ばかりで、かなり悔しい。

by otto-N | 2013-10-19 17:01 | Comments(4)

2013.9.30 白金の森 ウラナミシジミ   2013.10.3(記)

2013.9.30
タイトルは白金の森なのだが、行った場所はその隣の小さな公園。数メートル先のフェンスの向こうは自然教育園。目的はウラナミシジミ。前々日に行われたチョウ類保全協会の観察会で、ちょっとだけ立ち寄った場所だ。

朝9時40分、現地に着いてみると、早速、ウラナミシジミのオスが飛んできた。翅をすぐ開いてくれる。
a0181059_13323812.jpg

少しずつアングルを変えて撮ったが、複眼にピンが来ていないものが多かった。このアングルはヤマトシジミの場合も、失敗が多いのはなぜだろう。
a0181059_13325382.jpg

この散策路脇の茂みには、以前はイヌタデが多かったがずいぶん減り、その後キツネノマゴが増えた。しかし、それも目立たなくなり、この地味な花の草が増えてしまった。この地味な花がウラナミシジミは好きなようで、なかなか離れようとしない。この花、後で調べるとイノコヅチというらしい。
a0181059_13361898.jpg

風にたなびく尾状突起。今にも切れそうだ。それにしても毛深い翅だ。
a0181059_13434121.jpg

日陰にとまり、やっと全開になってくれた。全開でないと、なかなか縁毛までピントが合わない。
a0181059_13451572.jpg

オスより、メスのほうが多いようだ。翅のデザイン、地味だが味わいがある。
a0181059_1353589.jpg

メスも毛深いが、オスより毛は柔らかそうだ。
a0181059_13532378.jpg

逆光で翅を透かす。透けた波模様がとても美しい。半透過の波模様はメスのほうがいいようだ。
a0181059_14111928.jpg

この波模様、真横から撮ると、各所に金色が散りばめられ、とても豪華。この画像、もっと大きくしたほうが良かったかもしれない。たくさん撮ったけれど、脚から縁毛、尾状突起までピントの合ったものは少なかった。
a0181059_1412172.jpg

例によって飛翔もチャレンジしてみた。こんな叢です。
a0181059_13425830.jpg

イノコヅチにはムラサキシジミもやって来た。ムラシの吸蜜をマクロで撮ったのは初めてだった。後に、近くで開翅したが、かなり傷んでいた。
a0181059_13524183.jpg


自然教育園の中にもウラナミシジミはいるけれど、散策路から離れているとまるで撮影できない。また、公園の花壇などの派手な花にも集まるけれど、好きなのは紫系のどぎつい色の花ばかりなので、いま一つ撮る気になれなかった。この小さな公園の片すみには、自然な感じでチョウを撮影できる雑草の茂みがあり、この日はウラナミシジミがやって来て、こころゆくまで楽しむことができた。

by otto-N | 2013-10-03 14:46 | Comments(4)

2012.11.16 東京・恵比寿 ムラサキシジミ    2012.11.22(記)

2012.11.16
とてもいい天気。もう飽きたけれど・・・

飛んできたのはウラナミシジミ。ヤマトシジミのオス。最後は擦れたスーパーブルー。
a0181059_10595750.jpg

他に、飛んできたのは、ムラサキシジミのオスとメス。少し休んだだけで行ってしまった。
a0181059_112950.jpg


カラッと晴れた朝、ムラサキシジミはときおり出てきて下草の汁(?)を吸うついでに、開翅してくれる。今年、ここではムラサキツバメはまだ見ていない。
そろそろヤマトシジミも少なくなってくるころだ。ツワブキはやっと咲き始めたが、昼近くになっても、花にヤマトシジミの姿はほとんどなかった。

by otto-N | 2012-11-22 11:14 | Comments(8)